日時:2017年12月24日 (土)  

場所:調布市 西町グランド(人工芝)

選 抜 〉 セレソン 〉 一 般
12月24日

本日対戦をしていただき大森FCさんありがとうございます。m(_ _)m

〜試合前のことを少し〜

陽が落ちるとやっぱり冬でした。
寒いのでしっかりアップを行うことに。

試合に入る前に、6対6にわかれピッチを1/4使ってボール回し。

・ダイレクトでまわす。
・相手から取ったボールも1タッチにカウント

味方が近くに来ないとボールがまわせない。2人だけではまわせない。
→最低3人、受ける・つなぐ意識を持つ、その際に次の展開を考えてないと
 手詰まりになり、結果ボールを失うことに。

→取ったボールも1タッチにカウントすることで、
 ボール奪取前に次の展開を予測する、近くの見方も次のプレーに向けて準備を初めておく。

そんなことを考えながらアップに取り組みました。
試合でも意識して臨みたい。(屮゚Д゚)屮 カモーン

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

1本目 30分               

 スタートこちら
フォーメーション1本目

立ち上がりから、ボールを保持して、左・右へとボールを動かす。
最後の部分で精度を欠いてしまうものの、得点自体は3点重ねる。
その後も危なげなく攻撃をして、カウンターはDF陣がカラダをはって弾いていく。

結果3-0

《良かった部分》
FWが相手のギャップに入ってボールを引き出すことができていた。
失点がなかった。
全体、まずまずの運動量があった。


《もうちょっとな部分》
最後の部分で崩すアイデアがあっても良かったのかなと。
(単純にクロスを上げるとかではなく・・・)

2列目から抜ける、ワンツーで抜けて相手を動かす、などなど。。。
(言うのは簡単ですが・・・)

前線の選手が少しポジションに縛られてるかなと感じました。ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

2本目 30分               
フォーメーション2本目

相手の前がかりになったプレスに。
後ろからパスでつないでいくことができない。
こちらのサイドバックの裏にもう一枚相手がいて、何度か抜け出されそうに。
そこで、一度DFラインをしっかり整えることにして、あまり前に出過ぎず、構えるカタチをとる。

→こちらのバランスが崩れていたと思います、
 試合中に修正出来たことは良かった点と思います。

真ん中・サイドと相手の高いラインの裏を取っていく。
何度かシュートシーンを迎えるものの、最終的にウエマツの1点にとどまる。

体力がなくなってきたときに見えるような
変なボールの失い方が今日は比較的少なかったと思います。
失わない前提でみんなが前がかりになったところをカウンターを受け、
よく失点することがあるため。。。

→これは、今後も続けたいです。
 全体のボール保持に対する意識か、DFラインのリスク回避か、
 どちらにしても、続けたい。よかった。

結果1-0


《良かった部分》
カウンターの際にゴール前に2人は必ず入ってきていた。
変な失い方がなかった。
失点がなかった。


《もうちょっとな部分》
相手が後ろを向いてボールを保持している時には、しっかり取り切る。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

3本目 30分               
フォーメーション3本目

もっと、やれるよね、いけるよね!という気持ちを持ってスタート。
終始足が止まることがなく、
前からガンガンボールを追えていた。

真ん中、サイドからと幅広く攻撃も出来ていたし、走れてもいました。
何度かカウンターをくらうこともあるものの、最後のところでカラダを張って
しっかり守ってました。

ただ、ゴールキックからのボールを拾われて、そのままGKとの1対1を沈められたのが残念でした。

→同じようなゴールキックを拾われるパターンが続いていたので、
 ペースを変えるよう、GKから繋ぐなどの選択肢があっても良かったと思います。
 相手にボールを先に拾われてしまったことは大いに反省すべき点。

とはいえ、走り勝ち、ゴールを重ねて4得点。

《良かった部分》
球際を戦えていた。
最後まで走れていて、攻守の切り替えも段々と良くなっていった。


《もうちょっとな部分》
失点がただただ、勿体ない。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
 
総 括
eneedは泥臭くみんなで走るチームでした、
もちろん、この数年で技術的にもうまくなった部分はありますが、
全員で泥臭く戦っていたことをもう一度、思い出したい。
まずは、「勝つこと」、そして、次に「個々のプレー」を考えること。
まずは勝ちにこだわりましょう、ロングボール1本だけの攻撃でも、勝ちにこだわりたい。

(これは最近のレポート記者の個人的な考えです)
 
スコア



ーーーー次の練習試合ーーーー

1月7日 日曜日
  
ーーーー次の練習試合ーーーー

eneed Soccer Club
(エニードサッカークラブ)


Football Tryout Academy
(フットボールトライアウトアカデミー)