2018年 4月 14日 (土)  17:30KO

4月14日1

ホームでの東京都4部リーグの第2戦。
天候に不安が残り風の影響に不安が残り・・・ 

今日のテーマ
「 第1節の反省を生かす。 」


4月14日2

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 前半 3 5 分           
{資料}出場選手前

試合が始まって間もなく、徐々に三鷹シティが試合を支配し始める。
 
ボールを持つ時間が長くなり始めると、相手のボランチが最終ラインに吸収されるくらい引いて守る展開に。

サイドのスペースを突いてゴールに向かいたい三鷹シティは、右SBの高橋が対角線上にロングボールを送り込む。完全にボールウォッチャーになった相手をしり目に裏へ抜け出し、祐太が幸先よく先制点をあげる。
 
その後も攻め続ける三鷹シティは、左サイドからのシュート気味のセンタリングをGKがはじき、そこを町口が詰めて追加点。
 
左コーナーキックからファーサイドで見取が折り返し、中央の高橋(直)が押し込み3点目。
 
更には裏に抜け出した見取が相手を引きずりながらゴール前に迫るとGKの手前で横パスを選択し、走り込んでいた塚原が流し込んで4点目をあげた。
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 後半 3 5 分           
{資料}出場選手後

左SBを変更して後半へ。
 
もっと相手のサイドのスペースを突く事を狙う。
 
しかし、完全に引いて守る相手になかなか崩しきれず、ゲームは支配し続けるものの徐々に攻撃が単調になり始める。
 
途中交代で入った松田が個人技で中央をこじ開けるものの、決めきれないシーンも多く前半ほどの勢いが出ない。
 
しかし、後半から左SBとして出場した大塚が個人技でボックス内に侵入すると、角度のない所から左足を振り抜き逆サイドネットを揺らす。
 
そしてまたも大塚がボックス内に侵入すると、右でフリーになった大澤にスイッチして6点目。
 
更に、後半途中出場の小松原が左からの鋭いクロスに抜群の反応。頭で合わせると7点目をあげて試合終了。
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 
関連記事
東京都4部リーグ 第1節 (2018/04/07)

所 感
相手のボランチが最終ラインに吸収されていた事で、相手DFラインの前には広大なスペースが生まれていた。長いボールをトップに送り、この位置でセカンドボールを拾う選択肢もあった事と思う。
また、サイドで相手SBを引っ張り出して1対1の局面に持ち込んだ時に、スピードダウンするシーンが多く見受けられた。
味方の上りを待つ事が、結果的に相手の戻りを許す事もあるので、チャンスだと思って積極的に仕掛けてみても良いように思えた。
また、裏のスペースを狙う試み自体は悪くなかったが、如何せん直球過ぎた感は否めない。角度をつけるなり、もう一工夫無ければ抜け出るのは難しいだろう。

ただ、まだまだ修正する所はあったにせよ、最低限の結果を出せた事は及第点。
無失点に終えた事はよかった所だと思われる。
初年度の挑戦。上手くいかない点もあるだろうが、一つずつ修正して、危機感を持って臨む事で、自ずと道は開けるハズ。

毎試合強くなろう。

{資料}スコア



メインスポンサー
(株)WNC
株式会社 WNC
主な業務:HRコンサルタント

 
三鷹シティF.C ▷こちら


スペシャルパートナー
FTA
Football Tryout Academy


提携&支援サッカースクール
アルムンド
ALmundo Soccer school