2018年 4月 21日 (土)  13:30KO

4月21日

茨城県に行って来ました。相手は学習院大学サッカー部のOBチーム。

今日のテーマ
「 勝つこと 」



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 前半 3 5 分           
{資料}出場選手前半

東京都4部リーグ 第3節
 
相手は同じグループの強豪の一角と言われるチーム

試合前からチーム一丸となってしっかりとまとまっているチーム。

三鷹シティも強豪相手ということで、念入りにアップ、ミーティングをし試合に臨みました。

前半は、相手の勢いに飲まれるところもあったが、当初の決め事であった、角に落とすを徹底できていた。
 
しかし、球際の強さ、気持ち、競合いのところで、正直勝てていなかったと感じる。
 
終了間際、左サイドからのセンターリングに対し、ディフェンスが3人いるもうまく合わされ失点。
 
左サイドを崩された際、両CBが前に引き出され、ペナルティエリア内の統制が取れていなかったことが原因。
 
その後は、暑さもあり前半はゲームが動かず終了。
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 後半 3 5 分           
{資料}出場選手後半

後半、両サイドハーフを交代
早速入った左サイドハーフが躍動感たっぷりの動き出しで早々に得点。
 
その後も左サイドハーフの躍動感が緩まず立て続けに得点。
 
逆転に成功し相手も動揺が見える中、チームとしての方向性を失う。
 
追加得点を狙うのか、守るのか、どっちつかずのプレーがミスを誘う。徐々に相手も前がかりになり後手後手に回ってしまう。
 
シンプルにプレーすれば良いところを、こねる、無理にパスをだして失う、、、
前半同様左サイドを崩される。
 
なんとか防ぐも、こぼれ球を豪快に押し込まれ同点。

そこからは、相手が攻勢に転じる。
 
なんとか最後のところで防ぐも失点の匂いが漂う。
 
そんな中、一対一のチャンスが二回訪れるも決めきれず。

そして、中盤の連携ミスによりカウンターを受ける。CBが決死の覚悟で止めに行くもPKにて失点。

そのまま試合終了
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 
関連記事
東京都4部リーグ 第1節 (2018/04/07)
東京都4部リーグ 第2節 (2018/04/14)

思うこと
相手は学生時代から一緒にやってきたチームと伺っています。
チームの完成度としては格上なのは間違いなかった。
ただ、個人個人の戦いではそんなハンデはない。

今日の試合に向けそれぞれがどこまで準備をしてきたか。ただの試合とは違う、今の僕らは、大きなプロジェクトの一員として戦っている。負けたら終わり。
この一敗で来年も四部で戦うことがほぼ確実。
自分のチームが負けることが、大きなプロジェクトの障壁になることを理解できているだろうか。

サッカーをしたいだけの人は必要ありません。
大きなプロジェクトを成功させるために、チームに貢献できる選手が必要なのです。
決めるところは決める、守るところは守る。
これが出来なければ上には行けません。
今日の試合にも応援してくれる仲間やスタッフも駆けつけてくれました。

自分たちの行動次第でチームの方向性が大きく変わることを自覚してもらいたい。
 

{資料}スコア都4


メインスポンサー
(株)WNC
株式会社 WNC
主な業務:HRコンサルタント

 
三鷹シティF.C ▷こちら


スペシャルパートナー
FTA
Football Tryout Academy


提携&支援サッカースクール
アルムンド
ALmundo Soccer school