2018年 10日 (月)  11:30KO

5年連続かな?!決勝のこの舞台・・・天候もよく
いざ

10月8日カップ戦
10月8日カップ2


【目標&目的】リベンジ優勝

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

【前半】
相手が前線からプレスになくGKを交えて楽にボール回しができました。

指導権を握りながら長短のパスを織り交ぜてビルドアップ

セカンドボールも高い確率で拾えていて厚みのある攻撃で前半は圧倒!
 
そんな中左サイドから細かいパスをワンタッチツータッチでまわしてペナルティエリアに進入、

マチグチからのパスに抜け出したツカハラが冷静に沈めて先制点奪取。そのまま前半を終える。

○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○

ハーフタイムでは
細かい修正点を確認してから後半へ

○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○

【後半】
相手がロングボールを放り込んでくるようになるものの、CPタカハシオノウエがしっかり
はじき返す。

そのセカンドボールを拾いこちらも攻撃へ出る。

そんな拮抗した状態で相手のクロスをGKがクリアしきれずこぼれ球を押し込まれて同点にされてしまう。

だがすぐに取り返す。CPタカハシからのロングボールにオオツカが反応、頭で落としてマチグチが押し込み再度勝ち越しに成功する。

ここからは無理な攻撃はせずに時間を使い試合終了。

○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○

【総括】
昨年のリベンジを達成!!3試合通して安定感ある試合運びだったと思います。
これで大会は終わってしまったがまだ決定戦が残ってます。
それに向けてしっかり準備を進めていきたい。

大会参加当初不安しかありませんでした、メンバー構成は創設メンバーをベースとなる新しい試み
42歳の選手を筆頭に35歳 33歳 30歳などほとんどがOver30これで戦えるのだろうか・・
不安はすぐに吹っ飛ばしてくれました。最後の試練となったのは決勝前夜がメンバーの結婚式ですでにビールかけ状態で決勝の日を迎えたこと。しかしここでもしっかりと結果を残し優勝
サッカーはやはりチームスポーツなんだと改めて感じさせてくれた。

サッカー好きなら続けること!!いつかそれぞれのスポットライトの場所が用意されているんだと思います。

チームの代表として戦ってくれた13名に「お疲れ様&恐れ入りました。」

○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○
 
{資料}スコアCUP


関連記事
ファーストカップ 決勝(2017.10.16)



スポンサー
(主な業務:HRコンサルタント)

株式会社 AppliLab 

スポンサー

システム会社らしくないシステム会社



スペシャルパートナー
FTA
Football Tryout Academy
(フットボールトライアウトアカデミー)

アルムンド
ALmundo Soccer school 
(アルムンドサッカースクール


!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。