2018年 10日 (月)  17:20KO

10月8日リーグ2
10月8日リーグ

本日は試合に適した気温の中、選ばれた13人のメンバーでMU-RE FCとのゲームとなった。
試合前に別メンバーが必死に戦い、府中にて行われていた大会決勝を勝利し、優勝したとの一報を聞いた中、雰囲気を上げて、こちらも是非勝利が欲しいところであった。
 
結果から言うと前半2ー0,後半2ー1で勝利することができた。
では、内容を振り返り
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
前半
{資料}出場選手1本目
後半
{資料}出場選手1本目
後半8分
{資料}出場選手3ぼんめ
 
まず、試合に臨むにあたって、練習でも取り組んできたサイド攻撃と中央からの攻撃パターンのサイド攻撃の方をメインに組み立てていこうということになった。
 
前半は左サイドから良い形を作れていた。例えばボランチからサイドに展開し、サイドから抉るといったパターンがあった。
 
中でもスギヤマナガトミが良い動きをしており、かなり相手に効いていた。また、中盤の緒方と矢田も互いに連携を取り合い、役割分担が良くできていた。
 
サイドのマサハル、FWのイサムも上下にスプリントを続け攻撃のキッカケを作り出せていた。

DF陣も要所でしっかり対応し、前半をゼロ封することができた。

しかし、反面で不足点も多々見受けられた。
まず、DF面から言うと、相手が対角線に蹴り込んでくるとわかっていながら、対応が後手になってしまったということ。
 
それから、攻撃面では組み立てたサイドを使わず、急に別の場所にボールを放ってしまい、勿体ない形があったり、サイドに入れた後のもう一つの展開にアイデアが欠けていたりといった具合で改善すべき点がでてきた。
最後に挙げるなら「コミュニケーション」の向上である。
 
最近良くはなってきているが、もっと良くなる、良くできるのではと感じた。
○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○

総 括
本日試合を通して、得られたことは個々人で少なからずあったと思う。
サッカーはチームスポーツであるが、個々の意識上げがなければ、上手く機能しない。
それを念頭に日々のトレーニングでプレーやコミュニケーションの質を上げていけたらと思う。
ともあれ、試合には勝利したので、このまま勢いよく前進していきたい。 
と試合に出ていた1選手からの意見です。
 
今日の運営代表から
見応えはなかった。作り出したスペースに誰も入れないことが多く
3人目4人目という目線でサッカーできている人はいなかったかな
いつも当時者になり当時者になることばかり考えてしまう。
成功したからいいじゃないでは前進しません。
試合中にコーチングもしてはいるけど、ミス修正のコミニケーションは取りますが、目的への調整力というコミニケーションは一向に見えず。。。
全体を見てもがっかりなメンバーに内容でした。


○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○



{資料}スコア公式戦


{資料}順位三鷹2



スポンサー
(主な業務:HRコンサルタント)

株式会社 AppliLab 

スポンサー

システム会社らしくないシステム会社



スペシャルパートナー
FTA
Football Tryout Academy
(フットボールトライアウトアカデミー)

アルムンド
ALmundo Soccer school 
(アルムンドサッカースクール


!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。