2018年 11日 (日)  19:15KO

11月5日

DSC07946

東京都3部リーグ所属のA.C ammaliatoreさんとトレーニングマッチ
今回で5回目を数える親交のあるチームさん。
 
無理を言って40分ハーフでの試合となりました。

そして今日のテーマは
「ボールのとりどころの明確さ」
【補足】
今日のテーマはここ1カ月で取り組んでいるターゲットに当てることをベースに攻撃を組み立てていくこと守備の面では相手のサイドバックところで奪うプレスをかけていくことで試合に臨みました。
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
前半40
{資料}出場選手前半
開始すぐに前線に当てて前線から右に展開、ナガトミのクロスにマサルがニアで合わせてをゴールに蹴り込み先制。

さい先の良いスタートをきる。

その後はスリーピーなグラウンドに対応できない時間帯が多く。

今まで積み重ねたものを見ることはできなかった。

ボタンのかけ違いのような攻撃ばかり

そんな矢先にスギが肉離れで離脱・・・少し疲れがあるハルトを投入することとなる。

しかしファーストタッチでゴールを決めるパフォーマンスでチームの士気を上げる。
 
ハルトが蹴ったコーナーキックをシュンタロウが直接ボレーでゴールに叩き込み追加点。
 
その後は攻撃はターゲットにボールを当てれないことが増えてきてその場しのぎのプレーに終始。

守備も狙ってる場所でのボールを奪うことがなかなか出来なかった。

チームとしての狙いがハッキリと表現できないまま前半終了。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
後半40
{資料}出場選手前半
ハーフタイムに個々にうまくいかなかったことを話し合い。

チームとしてはどこからディフェンスのスイッチを入れるかを再確認。

指導権は握っていたが、連動性の攻撃は感じれなかった。

個々ではいいプレイはあったと思うが、チームとしてどうで攻めてどう守るという意図と意識が全く見えず・・・

時間だけがどんどん過ぎていく。当然点が取れるわけでもなく・・・

サイドを奥深くまでいくシーンを増やしていけたがあと一歩足らず・・・

中盤での攻防もボールの奪還しきれない部分も多数。

うまくいかないときなのに・・・それぞれの価値観のぶつかりあいが発生

無駄な運動量だけで増えていく

2点こそそれたが・・・何とも

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

総 括
守備の面では徐々にやりたいことをやれて奪えるシーンが試合が進むごとに増えてきた印象がありました。
攻撃面ではいつもと違うタイプの選手をターゲットにした面もありなかなか狙い通りなシーンを作ることが少なかったような印象を受けました。
どんな相手や環境でも自分たちのやりたいことを出来る「対応力」を発揮できてないことを感じる一戦でした。との選手の感想です。

見てる側の意見
ガチャガチャして何をして何をしたいのかわからない2歩も3歩も質が下がってしまったチーム。
もっと見てる人にもわかるようなプレイを全体的にして欲しい。 

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

関連記事
vs 12月06日 TM レポート(2016.12.6)


{資料}スコア





スポンサー
(主な業務:HRコンサルタント)

株式会社 AppliLab 

スポンサー

システム会社らしくないシステム会社



スペシャルパートナー
FTA
Football Tryout Academy
(フットボールトライアウトアカデミー)

アルムンド
ALmundo Soccer school 
(アルムンドサッカースクール


!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。