2018年 1111日 (日)  17:05KO

11月11日

前回対戦時(2018.5.27)、完封負けを喫した府中アスレチックFCさんとのトレーニングマッチ。
来週のカップ戦大一番にいい形で繋げたい一戦となります。

ミーティングでは、
「オフェンスはFWをターゲットにすることを徹底すること」
 
「ディフェンスは相手を外に追い込んでボールを奪うこと」

の2点を確認し、いざ試合へ。
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
1本目30
{資料}出場選手1
FWの2枚を意識し、どんどんボールを放り込むこちらに対し、相手は前プレでロングボールを多用する展開。

開始5分で右サイド奥に抜け出したキョウヘイからのピンポイントクロスをタクヤがスーパーバイシクルシュートで幸先よく先制!
 
そのまま流れに乗りたいところだったが、自陣でボールを奪われ相手の個人技で2失点してしまう。
 
その後は前線がターゲットであると相手が理解し、常にインターセプトを狙っており、ボールが繋がらない。

それでもキョウヘイが相手を背負いながらうまく反転し個人技で1点、その後カズのカットインからシュートがサイドネットに突き刺さり逆転。1本目を3-2で終える。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
2本目30
{資料}出場選手2
守備の時、サイドへの追い込み方を改めて確認し、

2本目へ
 
ボランチの守備の意識、全体の追い込む意識統一で相手のボールが奪いやすくなる。
 
前線にボールが入った際に中盤がいい距離感でサポートに来る、中盤に落としたタイミングで両サイドが動き出し空いたスペースにボールが入る。

いいタイミングで2枚目、3枚目の選手がどんどん前に出て行き、分厚い攻撃が出来たことで立て続けに

ミドリ、キョウヘイ、カズが得点し得点。
守備も特に乱れることなく無失点で終える。
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
3本目30分
{資料}出場選手3
お互い疲れが見え始め、攻め急いでいるシーンが多く目立った。前線へのボールもターゲットを意識というよりはただ蹴っているという印象。
最後のチャンスも決めきれず0-0で終了

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


総 括

攻めについてはターゲットにボールが入ってからの展開を今後突き詰めて行きたい。
相手がターゲットにボールが入る時、徹底してインターセプトを狙っていたということは前線をターゲットにというテーマが意識できている証拠である。
 
守備はとにかくチーム内で意識統一が大切になると思う。

行くなら行く、引くなら引く、その声掛けは誰がするのかなど突き詰めて行けばさらに良くなっていくと思う。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○




{資料}スコア





スポンサー
(主な業務:HRコンサルタント)

株式会社 AppliLab 

スポンサー

システム会社らしくないシステム会社



スペシャルパートナー
FTA
Football Tryout Academy
(フットボールトライアウトアカデミー)

アルムンド
ALmundo Soccer school 
(アルムンドサッカースクール


!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。