2018年 1118日  (日)  14:20KO

11月18日
11月18日2

今回で5回目の参加となる大会です。初参加は2回戦敗退・・・優勝・・・3位・・・初戦敗退

いい結果があまり出ていない大会です。初戦は不戦勝で2回戦

前回王者のJamF.C(東京都3部リーグにも所属)さんと対戦・・・結果は。。。 
 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
前半
{資料}出場選手1
攻め方の優先順位を確認。守備のスイッチを確認。いざ試合へ

30分ハーフという短い試合時間だけに先制点が重要となる

相手の中盤を省略してくる試合運びにボールの取り所が定まらないことでいいリズムに持っていけない序盤

セカンドボールも相手の方が対応が良く、苦戦・・・

左サイドの奥にボールを運ばれて折り返しをダイレクトに打たれポスト直撃!

その後もキーパーのキックミスで絶体絶命なシーンもオフサイドに助かられて失点せず・・・

ここで守り方を一旦変更して対応していく。その結果セカンドボールを中島を中心に奪還率を上げる。

前線の見取町口に配給も多くなり、両アタッカーの永冨大塚が裏でボールを受けるシーンも増やして相手ゴールに圧力をかけていく。

相手を中央に意識させてサイドからゴールに向かう形がはまりだし決定機が増えていく。

そして大塚が裏へ抜け出してGKの1対1を蹴り込んで先制点。

その後も次々をゴールへ襲いかかり、攻守に主導権を握って前半終了。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
後半
{資料}出場選手2
いいリズムで試合を終えていたので些細な修正のみで後半へ 選手は2名交代

指導権は握れていたが相手が守備に対応できるようになり裏をとることが難しくなっていく

村井が入ったことで中盤でのボールはよく回りだし、センターに岡部を入れたことで跳ね返しがより制度が上がり、攻撃の起点となる。

テンポよくボールを回すが最後の精度が悪く、追加点とはいかない

右からゲームを作り、中央へ・・・ボールを受けた見取が豪快に蹴り込んで追加点。

ここで永冨が負傷・・・メンバー交代準備中に・・・一瞬のスキに1失点してしまう。

それから怒涛の攻撃を受けてしまうが守りきり、怪我気味の永冨が追加点

ここでやっとメンバー交代、高垣を投入
{資料}出場選手3
相手は攻めるしかないため、手薄になったディフェスを完全の攻略。

次々にゴールへ襲いかかる。大塚が追加点。中島が追加点。まだまだ点を取る余力を残して試合終了。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

総 括
先制点がどっちに入るかでかなり状況は変わっていたと思います。
運も味方して得ることができた勝利かと思います。
試合中に守り方を修正できたことは収穫でもありチームの成長でもあると思います。
しかし対人を戦えるようにしないと問題です。まだまだ甘い!
そしてパススピードが遅い点
3回戦は来年1月6日 
 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□



{資料}スコア




スポンサー
(主な業務:HRコンサルタント)

株式会社 AppliLab 

スポンサー

システム会社らしくないシステム会社



スペシャルパートナー
FTA
Football Tryout Academy
(フットボールトライアウトアカデミー)

アルムンド
ALmundo Soccer school 
(アルムンドサッカースクール


!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。