2018年 11月  25 日 (日)  18:05KO

11月25日

約2ヶ月前に対戦いただき、レベルの差が歴然・・・この2ヶ月でどこまでチームとして戦えるようになったのか測れる試合となりました。

ミーティングでは、
「オフェンスはFWをターゲットにすること」
 
「ディフェンスは取り所を試合中に判断すること」

の2点を確認し、いざ試合へ。
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
1本目35
{資料}出場選手1

GKが不在という不安要素を残しつつ1本目へ

ボール回しがうまい相手に対して後手後手のディフェンスで耐える展開が続く序盤

相手は間間でボールを受けて良い状態で前向く。全てが一個先を考えてプレイする相手に対してその場その場の意識だけでディフェンスしてしまう。 

簡単に1失点してしまう。

ロングボールで裏へ蹴るだけしかチャンスが作れない・・・どうにかしたい・・・

そんな時、攻撃のキーマンのハルトが肉離れで負傷(全治数ヶ月・・・痛い)   
{資料}出場選手2
ここでフウマミドを投入して流れを変えることを期待する。 

しかしまだまだ流れを変えれず・・・失点。 良いシーンがあまり作れず相手に優勢のまま終了。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
2本目35
{資料}出場選手2
2本目に向けてそれぞれがしっかりと意見を出し合い雰囲気が向上

メンバー交代なしで再びピッチへ
 
ボランチのシュンを中心にチームが一丸となり攻守にバランスが良くなっていく。

ヒビキオノケンを中心にしっかりとディフェンスを統率、攻撃ではミドキョウヘイがゴールへの道を見つけ出しゴールの匂いがしてくる。

中央のFWにボールを放り込むことを控えてボールを繋ぐ、繋げることを優先にパスコースを選択

無理に後方から前線へボールの配給を抑えて中盤を使ってサイドに展開する形で リズムを作る。

ヒビキの対角線のボールにオーバーラップしたナオが頭で合わせて1得点。

右サイドから横パスでミド・・・豪快にミドルから狙い・・・こぼれ球にキョウヘイが押し込んで追加点。

1点こそ返されたけど、1本目で押し込まれたことからしっかりと対応し2本目終了。 

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
3本目35分
{資料}出場選手4
フレッシュな選手を優先にメンバーを決め3本目へ

ディフェンス勢がしっかりと守れていたことで3本通して1番主導権が握れた試合となる。

ミキヤシュンを中心に試合を組み立てる。
中央からサイドへの攻撃でゴールへ向かう。

パスミスから1失点してしまいましたが・・・試合内容としては決して悪くない。

ベンチからも声が出ていてチーム一丸なって戦えていた。

サイドにボールが入ってからの次なる攻撃が作れずゴールに結びつかない

それさえ出てきていたら逆転もあったかもしれません。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


総 括

格上でした・・・認めるしかない現実。
負けてしまったけど、選手は何か得ることができていたと思います。
でも負けは負け。これから自分に何が足りないか1週間の反省期間です。

しかしあのレベルで・・・神奈川3部・・・FC NEXTAR・・・これからもお願いします。
 

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

関連記事
vs FC NEXTAR(神奈川県3部)2018.9.9



{資料}スコア






スポンサー
(主な業務:HRコンサルタント)

株式会社 AppliLab 

スポンサー

システム会社らしくないシステム会社



スペシャルパートナー
FTA
Football Tryout Academy
(フットボールトライアウトアカデミー)

アルムンド
ALmundo Soccer school 
(アルムンドサッカースクール


!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。