2019年 日  (日)  14:00KO


1月6日
(
試合写真寒さで撮り忘れた)

年始早々に三鷹市 市民体育祭の3回戦の舞台へ。。。正月ボケなんて言ってられません。

結果・結果結果
 
エースの不在・・・ キャプテンの不在・・・ 中盤の王様が怪我明けで・・・
 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
前半

{資料}出場選手前半

キックオフから相手へプレッシャーをかけていく

早々に村井から大塚へスルーパス、GKのとの1対1を向かえるが得点できず・・・

30分しかない前半だけに不安な立ち上がり

相手は完全にブロックを引いて少ない人数でカウンターを仕掛けてくる戦術

完全に指導権を握っているが、なかなかこじ開けられない。 

サイドを使えている時はゴール前までボールは運べるが、中央に固執した時はカウンターをあっさり受ける展開。  

15分が経過・・・ 左サイドの杉山が深い位置までボールが運べるようになりチャンスを演出していく

その杉山が左サイドから中央の村井へ、そのままミドルレンジからブレ球をサイドネットに突き刺し先制。

やっと点が取れたことで一気に攻め立てる。

大塚が右サイドを攻略し折り返しを杉山が押し込んで追加点。

少し物静かだった本日のキャプテン中島がミドルシュートを豪快に突き刺し3点目

終盤ではGKは寒さとの戦いだけで危なげなく前半を終了する。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
後半
{資料}出場選手後半
怪我明けの村井を榊原へ 寒さに耐えたGK織田を吉田へ

少し中盤での激しさを感じられないこと。(-ε-)ブーブー 敵陣でのボール奪還する位置が低いことで(-ε-)ブーブー
4−3−3へチェンジ。サイドバックを高い位置へ

相手のモチベーションが下がった  こともあり、明らかにボール保有率と奪還率が上昇

センターバックを残しほとんどの選手が敵陣でプレイする、中盤の3人の運動量が光だし、次々をチャンスを演出していく

町口がこぼれ玉を押し込んで追加点。

{資料}出場選手後半2
メンバー交代 高橋から熊澤へ

両サイドに起点を置き手薄になった中央が空いたらそこを攻め込む

やりたい放題の展開へ・・・やることがないセンターバックの岡部をセンターフォワードにする荒行事することもでき (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?  (゚Д゚≡゚д゚)エッ!? (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

完全なる試合の指導権を得ることに。

大塚が追加点。熊澤が追加点。岡部が追加点。

試合終了を迎える。
 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

総 括
コンディション的に寒さにオフ期間といろんな要素がありましたが無失点で勝ちきれたことはまずまずの結果かと思います。
しかし切り替えの部分相手に合わせてしまう部分など気持ちの部分でのたるみが勝負師ではありませんね。負けてしまったら終わりという危機感を勝負勘に変換できるようにしたい。
 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□



{資料}スコア





スポンサー
(主な業務:HRコンサルタント)

株式会社 AppliLab 

スポンサー

システム会社らしくないシステム会社



スペシャルパートナー
FTA
Football Tryout Academy
(フットボールトライアウトアカデミー)

アルムンド
ALmundo Soccer school 
(アルムンドサッカースクール


!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。