2019年 20日  (日)  13:20KO


1月20日4


いざ!決勝です。
去年は1回戦敗退・・・その時に負けた相手が決勝の舞台で再戦できる喜び

今日のミッション

「 得点5点以上とっての勝利  」(大会全試合5得点以上になるため)
 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
前半
{資料}出場選手1

晴天でむえた大沢総合グラウンドでキックオフの笛が鳴り響く、僕らにとってはリベンジ勝利優勝を目指して!!

大塚の裏の動きから攻撃の先手を取り試合を進めていく、それに杉山が絡んで厚みを出す。

ディフェンスも落ち着いてしっかりと対応して攻撃の糸口を探っていく展開。

前半8分右サイドの村井からスルーパスに大塚が抜け出しシュート、こぼれ球を今日でチームを離れてしまう杉山がサイドネットに技ありシュートで先制!!


その後は相手のボール回しに取りどころを定めることができず、個の力でどうにか対応する我慢の時間へ

怪我明けの不安要素のあった村井が怪我の再発で交代へ

{資料}出場選手2
(チームキャプテン緒方を投入)
緒方が入ったことで中盤の守備が安定し、チームとしてまとまり出し、流れをグッと引き寄せる。

そして今日の主役はやはり杉山!! いくどとなくゴールへ向かっていく

中盤のパス交換で相手をボールウォッチャーしてスルーパスで抜け出した杉山が追加点。持っている男かよ!!!って外野が盛り上がる。
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

その後の相手の裏を何度も何度もとり攻撃を仕掛けていく。

相手にはシュートは打たせないディフェンス陣の集中力。相手のウィークポイントへの攻撃を再三仕掛けるチーム力
 
勝利という2文字をグッと近づけて前半終了となる。
1月20日1
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□ 
後半
{資料}出場選手3
(イエロー1枚の新名を高橋へ)  (町口から大砲見取へ) 

「 球際の寄せが甘い! 」 「もっともっと運動量をあげる」の指示を受けて後半へ

2点差ということで肩の荷が落ちたのか、リラックスして焦ることなく試合をコントロールしていく展開へ。

攻撃陣はまだ3点足りないことと、俺が決めたいと気持ちがあり運動量を上げていく。

中盤の攻防は優勢だったことで相手ゴールへの道筋やイメージが見えていたと思います。

そしてついに杉山が3点目となるゴールを叩き出す。。。残り25分ある。。。彼は何点取るんだろう・・・という期待とは裏腹に非情な交代!!オイオイ 空気読めよ!Σ( ̄ロ ̄|||)

{資料}出場選手4
(杉山から榊原 塚原から熊澤 織田から吉田)

相手の気持ちが切れていたこともあり相手陣地でのプレイが続く

トップの見取に当てて裏を狙う。サイドに散らす。熊澤がドリブルで仕掛ける。

仕事が減ってきたサイドバックの箱田がインターセプトから1人交わし、2人交わし足がかかり体勢を崩すが(会場が沸いてくるノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!)そのまま3人目交わしてゴールニア上に突き刺し4点目。

選手たちの中でミッション5得点が現実になっていく・・・

残り3分にセカンドボールを拾った熊澤が豪快に振り抜いてGKの手を弾いて5得点目

まだまだという気持ちを持って試合終了の笛を聞く。 
1月20日2
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

総 括
去年とまった時計は動き出せました。

勝たないと意味がない、負けて学ぶことなんてないと言っていた意味が少しわかったように思います。

今回選ばれた選手や選ばれなかった選手たちみんなの勝利です。 
 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
写真撮影:フォトグラファー 植村健一 
Web : https://www.forpix.jp 




{資料}スコア
1月20日


全試合5点(5-1 / 6-0 / 7-0/ 5-0)


スポンサー
(主な業務:HRコンサルタント)




スペシャルパートナー
FTA
Football Tryout Academy
(フットボールトライアウトアカデミー)

アルムンド
ALmundo Soccer school 
(アルムンドサッカースクール


!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。