2019年 月  10 日 (日)  

3月10日

目的

「 チャンスとピンチの意思統一 」 
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
1本目30
{資料}出場選手1

早々、ゴール前の混戦からショートカウンターを喰らいそうになるも中盤二枚がすぐさまプレッシャーをかけてボールを奪取。

緒方が相手のハンドを誘いPKを獲得。これを中島が右隅に決めて先制点。
 
1トップの見取がサイドに流れたところを両サイドが連動して抜け出し良いコンビネーションを見せる。
 
右SB稲生からサイドに流れた見取へ、軽く相手を交わしサイドネットへ突き刺し二点目!!
 
続いてコーナーから見取が合わせ三点目!!
 
左サイドの高い位置で相手を追い込み、バックパスのミスを誘い見取が決めて彼自身がハットトリック達成でチーム四点目!!
 
一本目は全体的に連動もあり、今日のコンセプトに取り組む意識をもってできていた。
 
最初はいい意味で省エネしながらコンセプト通りできたいたようにみえたが、小さなズレやミスを運動量でカバーしていったことで、相手を圧倒しているのに疲労度は確実にこちらの方が上だった点は改善が必要か!

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
2本目40
{資料}出場選手1

1本目のいい流れのまま試合をコントロールしてしく展開へ

攻撃イメージの共有もできてきて圧倒的な支配力で攻め込んでいき多くのチャンスを作る。

左サイドをうまく攻略できていたのが勝因かと思います。20分で3得点を取り

半分のメンバーを交代。試合自体は難しくなり2失点してしまうが想定内。 
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
3本目30
3月10日2

{資料}出場選手3

コンセプトが薄れ、個々でサッカーをしてしまっている印象を持った。

技術、運動量云々も必要だが、チームコンセプトを全員が正確に理解することが最優先課題と感じた。
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

総 括
チームとして同じ方向を見てプレイする、プレイを選択する。 
 
 ⚽️見取祐太①②③④⑤  
⚽️中島駿①②     
⚽️山中健 ⚽️熊澤奨太郎 ⚽️稲生大輔

  ○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


関連記事

 
{資料}スコア








   
スポンサー   
logo_applilab2
株式会社AppliLab(アプリラボ)


WNC_LOGO_2
株式会社 WNC
(主な業務:HRコンサルタント)


 メディカルトレーナーサポート 


     スペシャルパートナー     
FTA
Football Tryout Academy
(フットボールトライアウトアカデミー)



!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。