2019年 月  27 日 (土)  
 のち 

課題
「 自分の引き出しを知る 」 
 
日頃やらないポジションを全員配置

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○
1本目
出場選手1
4月27日試合

こちらは練習してからのこの練習試合だったので

出足に攻守の切り替えも優位に立って

試合を進めていくことに。

不慣れなポジションの選手ばかりなので

ぎこちない内容のまま

走れる能力だけでボールの保有率を上げていく

それぞれのポジションでの役割ではなく

与えられたポジションでいつものプレイをしようとする。

練習でやった相手の背後をとるプレイも少なく

点は取れたものの

見応えも個々のサッカーの理解度の低さを露呈してしまった。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○
2本目
出場選2
4月27日試合2
全体的にまたシャッフル!!

宝槻が入ったことで相手の背後を狙うパスが増え

狙いや目的が少し見えだす。

早々にFK失点してしまうが

右サイドを中心にバイタルエリアまで

ボールを運ぶ回数も増やしていく

しかし大半の選手は一向に不慣れなポジションに

順応していけない。

 声もさほど出せず

選手の戸惑いのため息だけ残る試合となる。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○
3本目
出場選手3
4月27日試合3
3−4−3という今後はフォーメーションも初

これで選手はフォーメーションもポジションも

全てを持っていたアドバンテージを無効にされる

全くいい所がなく

相手に勢い付けることに

全体を把握できないことで

本来いなければならないポジショニングも

行方不明になることもしばし

 いかに得意なポジションで自己中に考えてプレイしていたことが

より鮮明に選手たちに叩きつけられることになりました。 
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

総 括

試合ではみんながいつもとは違うポジションをプレー。
サッカーにおいて、
ポジションが違うからと言ってやることは大して変わらない。
サッカーの本質がわかっていれば
しっかり味方に指示を出してハイクオリティなプレーができるはず。
とのことでしたが・・・そう簡単には行かず・・・
結果は勝利したものの
どこに行って自分が何をすればいいのか
どう指示を出せばいいのかわからず、ぼんやりとした感触でした。
しかし
ここから得られるものはとても大きく
今後のプレー向上にとても役立つと感じました
 
  ○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●
[レポート]KUMAZAWA [フォトグラフ]Yusuke
{資料}スコア




   スポンサー   
logo_applilab2
株式会社AppliLab(アプリラボ)
---------------------------------------------------

WNC_LOGO_2
株式会社 WNC
(主な業務:HRコンサルタント)
---------------------------------------------------サンプル3
有限会社ハヤタ企画
(主な業務:建築会社)
---------------------------------------------------


 メディカルトレーナーサポート 


    スペシャルパートナー    
FTA



!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。