2019年 月  12 日 (日)  


5月12日都

課題
「 7点以上 」 
 
前節、前々節と10得点以上で勝利していて
今日も多くの得点をとって勝利しようという目標

5月12日3
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○
前 半
5月12日2
出場選手前半
序盤は相手のロングボールにうまく対応できない場面などがあり
 
押し込まれる時間があり修正に時間がかかった。
 
攻撃は良い形を作れることが少なく

球際に激しくくる相手に対応できず

ごちゃごちゃとした内容にしてしまった。

前半10分頃

相手のコーナーキックからのカウンターでゴール前まで攻め込み

混戦のこぼれ球を大塚が押し込み先制。

その後も、相手のミスや混戦の中からのこぼれなどで2点を追加して

それにしてもよく外れたシュートの雨霰

前半終了
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○
後 半
5月12日4
出場選手後半
1枚カードを使う。

後半開始から大塚の前からの献身的なプレスから

相手陣内でボールを奪うことができ

追加点をとることに成功

その後も

相手が間伸びしたことによってできた中盤のスペースを

うまく使うことができチャンスの場面が増えていく。

コーナーキックからのチャンスも多くあったが

そこは決めきることができず。

逆に相手のコーナーキックからニアで頭で合わせられ失点してしまう。

失点後はディフェンスラインのコントロールがうまくできるようになり

裏を取られる回数が少なくなった。

その後は、サイドの奥のスペースを攻略し、見取が3点を追加し試合終了。
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

総 括

前半は、球際に激しくくる相手に対して、
単純な縦パスなどが多く、そこで潰されることが多かった。
また、チャンスの場面で決めきることができなかったため
もっと得点が取れたのではないかという印象。
 
後半は、球際でも負けないようになり、
さらに中盤のスペースやディフェンスラインの
裏のスペースなどをうまく使えるようになったため、
スムーズにゴール前まで運べていた。
ディフェンスラインは1試合通して
縦パスなどには強くいけていたが裏への対応には少し課題が残った。
 
  ○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●
[レポート]SHION  [フォトグラフ]NINA
{資料}スコア都リーグ



笑顔道さんの超強度のあるウォーミングアップ
笑顔道さんの強度のある試合後のトレーニング
ありがとうございます。

笑顔道グループ
小向トレーナー 堀トレーナー
 
笑顔道1
笑顔道
笑顔道3





   スポンサー   
logo_applilab2
株式会社AppliLab(アプリラボ)
---------------------------------------------------

WNC_LOGO_2
株式会社 WNC
(主な業務:HRコンサルタント)
---------------------------------------------------サンプル3
有限会社ハヤタ企画
(主な業務:建築会社)
---------------------------------------------------


 メディカルトレーナーサポート 


    スペシャルパートナー    
FTA



!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。