2019年 月  18 日 (土)  


5月18日3


課題&目的
普段やらないポジションでプレーすることをテーマにおき
ポジションが変わってもやるべきことは変わらない。
これをキーワードとして戦った。

 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○
1 本 目
5月18日2
出場選手1本目

最初に先制したのは・・・

試合立ち上がり相手のこぼれ球を尾上が豪快にシュートを打ち先制。

幸先の良いスタートを切る。

その後FWの受けるタイミングとボランチのパス出しの

タイミングが合わない場面があり中盤で失うシーンがあったが

中盤の武井池ヶ谷が要となり試合を支配していく。
 
守備においては中盤でのボール奪取率が非常に高く

守備から攻撃へと攻守の切り替えが多い場面が続く。

裏のスペースを狙われてピンチになるシーンはあったものの

最後の場面で身体を張って守り切る。

その後中盤の武井が相手のボランチからボールを奪いそのまま点をとる。

前半終了間際裏に抜け出した木戸が点を取り1本目が終わる。
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○
2 本 目
5月18日4
出場選手2本目

2本目は自分たちのサッカーを遅行にシフトチェンジし

1本目よりFWのディフェンスはハマりだすが

1本目より中盤のボール奪還率が下がってしまった。

前線でハイプレスで奪ったボールを

町口から小楠で追加点
 
センターバックの和崎が相手自陣で

ドリブルを仕掛けシュートまで持ち込むシーンが生まれるなど

野村と和崎の相手のズレを生み出せるセンターバックが効果的だった。

守備においては相手のチャンスというチャンスはなく

しっかりと埋めることができていた。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○
3 本 目
5月18日
出場選手3本目

両チームせめぎ合う中

宝槻がペナルティー付近でボールを受け前を向き

裏へ抜け出した池ヶ谷にスルーパスを出し

池ヶ谷が落ち着いてループ気味のシュートをネットに揺らす。

宝槻はそのプレーの後

池ヶ谷にグッド。というボーズを示す。

選手同士のイメージの共有が一致した瞬間だったのであろう。

その後PKで一点を取られるも一点を取り返し総括して6-1で試合は終了した。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

総 括
ポジションが変わってもやるべきことは変わらない。

そのポジションで自分の能力を最大限に引き出せるように考えてプレーすること。
 
  ○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●
[レポート]ONOUE  [フォトグラフ]Yusuke


 
{資料}スコア


suaipuuyinglabo_kido-shirt-01
DSC09191

今日も木戸選手も元気に参加してくれました。

まだまだシルエットTーシャツ販売してます。

部門別でランキング2位 (o^∇^o)ノ

 
スタイル ボーノさんより制作販売しています。
購入サイトはこちら

Yahooショッピングにて購入可能です。 




   スポンサー   
logo_applilab2
株式会社AppliLab(アプリラボ)
---------------------------------------------------

WNC_LOGO_2
株式会社 WNC
(主な業務:HRコンサルタント)
---------------------------------------------------サンプル3
有限会社ハヤタ企画
(主な業務:建築会社)
---------------------------------------------------


 メディカルトレーナーサポート 


    スペシャルパートナー    
FTA



!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。