2019年 月  2 日 (日)  

曇り湿度あり


6月2日4

初めてのグラウンドと大会への参加。
 
青ユニで用意していたところ赤ユニへの変更。
 
開始前のアップの時間があまり取れず不安な展開に。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○
前 半
6月2日3
6月2日1
試合序盤

相手のシンプルに前に蹴ってくる展開にも

CBの岡部・高橋を中心にDF陣が跳ね返す。
 
箱田・稲生の両サイドバックが高い位置を

取れたので攻撃を仕掛けていく
 
村井が攻撃にアクセントを加える

だが

徐々にDFラインと前線で間延びをしていき

セカンドボールが取れない
 
ボランチに入った中島と緒方がスペースを

埋めるために運動量をあげていくが
 
15分過ぎから徐々に相手ペースに
 
そんな中、右サイド緒方からの展開から

左で受けた箱田がカットインからのミドルシュート
 
先制点を奪う
「GOAL !!」 


その後は

チャンスも作り大塚のゴール前ワンタッチで

相手をかわし角度のないところからのシュート
 
村井のフリーキックが

ゴールバーにあたるなどチャンスを作れていた
 
緒方のリスクヘッジが素晴らしかった

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○
後 半
6月2日
6月2日5
ピッチ内で緒方くらいしか声をかけているようには
見えず・・・
全員でしっかり応えることを念頭に後半へ。

後半も相手の少し相手に主導権を

持たれているものの、反撃していく
 
もう少し攻撃の時間を増やすために

失うまでの時間を短くすることと
 
最後までCB任せになってしまっていた

ボールの取り所を

ハッキリ出来ればチームとしての成長が

見れるかなと思います

後半10分に

チーム最大のピンチのGK1対1を

見事織田がスーパーセーブ

それを機に
 
熊澤を右サイド

大塚をトップ

芥をトップ下に
 
芥が中盤と前線の間に

その結果上手くポジショニング出来たため

徐々にこちらのボールになる機会が増えていく
 
左サイドを崩してセンターリング

中央で潰れたところを上がっていた

稲生が押し込んで追加点。
「GOAL !!」 

残り10分暑さと交代要員のない中

必死に耐えてそのまま2-0で勝利。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

総 括

みんな最後まで頑張って走っていたし

珍しくボランチに入った中島のスライディングなども

見ることが出来ました。
 
体力の向上も今後の課題にはしたいが

交代がいない中で試合に出ていた選手は

本当に頑張りました。
 
全体的に走れないのは問題だが、

走れなくなった時にラインを上げ切らないで

手数をかけずにカウンターなど
 
チームとしてどうするかをキャプテンの緒方を

中心に試合中にチームの意思を

明確に決めても良いと思いました。
 
最後まで前線と中盤との間延びが

とにかく目立ちました。
 
  ○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●
[レポート]TSUKAHARA  [フォトグラフ]YUSUKE

関連記事

 


score_クラブ1回戦
出場選手新型
組合せ結果(東京)2019--1




   スポンサー   
logo_applilab2
株式会社AppliLab(アプリラボ)
---------------------------------------------------

WNC_LOGO_3

株式会社 WNC
(主な業務:HRコンサルタント)
---------------------------------------------------サンプル3
有限会社ハヤタ企画
(主な業務:建築会社)
---------------------------------------------------


 メディカルトレーナーサポート 


    スペシャルパートナー    
FTA



!注意!
当ウェブサイトのページ上に掲載しているテキスト・画像などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。