視力回復!コラム

ほとんどの方は白内障の事はご存知だと思いますが、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気ですよね。私も前から知っていました。というか、知っていたつもりでした。実は、私どうやら白内障になっているようなんです。それもだいぶ前から。
なってても気付かなかったんですよね。知ってても。

水晶体とは、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。
通常は透明な組織ですが、白内障では白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなり、次のような症状が引き起こされます。

なんて事が、いろんなところに書いてあります。

でも実際なってみると、ただちょっと目がかすむみたい。とか単に少しだけ見えにくいとか、余計に眩しいとか、普通あんまり気にならない症状なんですよね。

少し前からスマホなんですが、それがだいぶ見えにくくなってきたので、それでおかしいという事で判明しました。

しかしスマホに慣れてしまうと、スマホを使わないわけにはいかないですよね。
こればっかりは、早く眼医者さんに行って治療しないとと思いました。

そうそう、スマホと言えば、このサイトでスマホのテンプレを無料でプレゼントしてるので紹介しておきます。 http://template.offer123.net/


もしかして、アナタ、いまだに、「視力は一生治らない」と 思い込んで

悩んでいるんじゃないですか?

 

実は当ブログで何度か紹介してきたように、本当に視力は治るんです。

 

もちろん、方法により視力回復の度合いや再現性に、ある程度の差はありますが、今回ご紹介する視力回復方法は、年間2万人にのぼる患者を診察し、
多くの方の視力回復を成功に導いてきた現役眼科医師が,脳科学に即した視点から生み出した、独自の視力回復方法なんで、再現性抜群なんです。

 

なんと、裸眼視力が ≪0.4≫ しかなかった男性が、
わずか20日間で、≪1.0≫ にまで回復!した視力回復方法です。

 

医学書では語られない、『視力回復の秘密』の詳細はコチラ


視力回復手術

視力回復手術(近視手術)を開発したのは、一般的に旧ソ連時代のフィヨドロフ博士であると言われていますが、実はそれより20年近くも前に、日本の順天堂大学の故佐藤勉教授が視力回復手術を開発していました。

 

佐藤教授の佐藤式視力回復手術は、角膜の裏から放射状の切込みを入れて視力矯正を行なうもので、1950年代に世界で初めて視力回復手術の臨床実験を行い、その後10年間に850例以上の手術を行ないました。

 

しかしこの佐藤式視力回復手術は、世界中の注目を集めたものの、あまりに高度な技術が必要なことや、検査に必要な精密な測定機器が一般に普及していなかった為、一般の眼科医が行なうことが困難で、普及することはありませんでした。

 

しかも、佐藤式j視力回復手術は、角膜の裏から放射状の切込みを入れる為当時はまだ解明されていなかった大切な器官である角膜内皮細胞を傷つけることになり、術後手術を受けた患者さんの約2割に後遺症が出ていまい、日本では、視力回復手術は危険だと言うイメージが定着してしまいました。

 

これが、後に視力回復手術(レーシック)が欧米でどんどん普及していく中で、日本では、普及が遅れて行った原因のひとつとなりました。


1,353人ものメガネ使用者が、たった三日で視力向上したとの

驚くべきニュースを聞きました。

 

これは、年間2万人にのぼる患者を診察し、多くの方の視力回復を成功に

導いてきた現役眼科医師が 脳科学に即した視点から生み出した、
独自の視力回復方法の話なんですね。

 

たった三日で視力回復する視力回復方法

 

その視力回復方法の説明文によると

 

「メガネやコンタクトを装用し続けた結果、  ますます視力低下が進行して

しまう」

「え?そんなことがあるの?」 と思いたくなりますが、

どうやら本当のようです。

 

メガネやコンタクトは確かに便利ですが、
結果的に、あなたの目を甘やかしてしまうのです。

見えないことが当り前、メガネやコンタクトが当り前、

……という状態になると、

 

あなたの目は自分で運動することをやめ、
「視力を回復しよう」という力を奪ってしまうのです。

 

そればかりか、その「見え過ぎる」状態が
さらに視力低下の進行を進めることにもなります。

 

「最近、メガネの度が進んで……」

これを繰り返しているうちに、あなたの目はどんどん力を失い、
見えなくなってしまうのです。

 

じゃ!どうすればいいのよ!!

 

その解説はこちらです


視力回復手術

テレビの目の特集番組でレーシックを…

この間、テレビで目の特集番組をやっていまして、そこでレーシック
取り上げていたんです。
気づいてチャンネルを合わせた時は、既にだいぶ進んでいて、
全てを見ることができなかったのが、とても残念でしたが、
そう思えるほどなかなかいい番組でした。

お笑い芸人のカンニング竹山氏が中心になって番組を進めていくの
ですが、その中で、とても興味深いことを言っていました。

コンタクトを愛用している人にとって、目薬は必需品で、日に何度も
目薬をささなかればいけないわけですが、地球上にいる時は何の
苦もなく普通にさせるわけですが、宇宙空間では無重力状態である
ため、地上では何の苦もなく行なえる目薬をさすと言う行為が、
宇宙ではとても困難になるそうなんです。

その為、宇宙ではコンタクトレンズを使用できない。となる為、
NASA(アメリカ航空宇宙局)では、宇宙飛行士全員に(目の悪い人
にはと言うことでしょうが…)レーシック手術を受けさせたし今も受け
させているそうなんです。

しかもこれには、続きが合って、

NASAが、この方針を出した背景には、軍におけるレーシック手術に
関するデータがあったというのです。

それは何かと言うと、実は米軍のパイロットを養成する過程において、
目の悪い者をどうするかと言う問題があり、その様な者にレーシック
手術を受けさせ、視力矯正を行なってパイロットを養成していたの
ですが、その結果、軍のパイロットを取り巻く過酷な訓練や任務及び
環境の中にあっても、その後の経過や結果に何の問題もなく、
レーシック手術の安全性が証明されたとのデータがあったというのです。

ねー、ちょっと興味深いでしょ?

日本では今でも、本当に安全なのかなとか、長い年月がたっても
大丈夫かな とか
そう、思いがちですよね。

でもアメリカでは、軍やNASAで正式に採用されているんですね。

我々もレーシックについて、もう少し詳しい情報を調べてみるべきでしょうね。


SBC新宿近視クリニック
くわしくはこちら


視力回復実現!