視力回復方法

近視を治す新しい治療法として注目されているものに「オルソケラトロジー」と言う視力回復の治療があります。

夜寝るときに近視矯正用のレンズを装用し近視を矯正すれば、日中は何もつけない裸眼状態で生活ができると言うものです。

人間の目に入ってきた光は角膜と水晶体で集められて屈折し、網膜上で像を結びます。きちんと網膜上でピントが合っていると正常に見ることができるわけです。

ところが、ちゃんと網膜上でピントが合わない状態になる事があり、これが屈折異常と言われ、結果、近視、遠視、乱視となるわけです。

ほどんどの場合の近視は、屈折性近視で屈折が強すぎるため網膜より手前で焦点を結んでしまうのです。

簡単にいえば、角膜が通常より出っ張っている為屈折異常が起こるわけで、その出っ張った角膜を正常なラインに削るのが「レーシック」。出っ張りを矯正レンズで押さえて正しい形にするのが「オルソケラトロジー」と言うわけです。角膜はやわらかく、しかも新陣代謝が非常に活発な組織なので、形状が変わりやすく矯正しやすいという特性を利用した治療法です。

オルソケラトロジーは米国で40年以上前に生まれ、1990年代後半から世界中で急速に普及しました。

米国では120万人がオルソケラトロジー近視を治しています。夜、寝ている間にレンズを装用し、朝起きたらレンズを外して、日中は裸眼で過ごす「夜間装用」が主流の使い方です。寝ている間にレンズをつけるのは、日中は重力でレンズが下がったり、また目をひんぱんに動かすので、正しい位置にレンズが定着しないからです。

米国で開発された従来型オルソケラトロジーは、西洋人の角膜データに基づいて発展した技術なので日本人の角膜には必ずしも合致しないケースもあったり、また当初は、強度の近視は治療対象にできなかったりと、改善すべき点もあったようですが、現在では様々な研究機関やクリニックの研究開発により、日本人の様々な程度の近視にも対応できるようになっているようです。

 


視力回復方法

視力回復方法

効果的な視力回復方法を考える場合、視力に関係する目の機能について考える必要があります。

まず、光の明暗を感知し、目の中に入ってくる光の量を調節する機能。

カメラでも、光が強すぎる所でそのまま写真を撮ると、白く飛んでしまって画像がハッキリしなくなりますし、暗すぎる所では、それこそ全体的に黒くなって、何が何だか分からなくなります。その為、入ってくる光の強さを調整する事により、写真がより鮮明に写るようにする為の絞りと言う機能がありますが、目にもこの機能が備わっています。

昔から伝わる視力回復方法の一つに、この光の調節機能に着目したものがあります。

やり方はとても簡単で、意図的に暗い環境と明るい環境を交互に作ってやります。
たとえば、日中でしたら、太陽に向かって眼をとじ、しばらくしたら手で眼を隠す。
これを繰り返すことによって虹彩を閉じたり開いたりすることができます。
夜でしたら真っ暗な部屋で卓上蛍光灯ランプをつけたり消したりを繰り返して
みてください。
この視力回復方法がどれほどの効果があるのか正直未知数ですが、昔からよく言われている視力回復方法なので、一度試してみる価値はあると思います。

先の光の明暗による視力回復方法より、実績もあり、私も効果を確信している一押しの視力回復方法があります。それは、次の遠近による視力回復方法です。

目には、近くを見るとき、遠くを見るときに、水晶体の厚さを調節し遠近の焦点を合わせる機能があります。

この機能が、近くのものを見続けがちな現代の生活環境の中で、次第に柔軟性を失い機能の低下が起こり視力に影響してくるのです。遠近による視力回復方法はこの衰えてきた機能に働きかけ、その機能の柔軟性を取り戻し機能を回復する事により視力の回復につなげようと言うものです。

私の知る限り、この方法には、2つの方法があり、一つは、単に遠くのものを見つめる訓練を中心にしながら、パッと視点を変えて近くの物に焦点を合わせる。そしてコレを繰り返すと言うもの。

コレだけでもかなり効果がありましたが、もう一つの3Dを使った視力回復方法は、広く実践されており、効果も出ているようです。

この視力回復方法は3D本を使って行います。
3D本とは、平行法やクロス法を用いることにより平面の本の中に奥行きのある
絵やイメージを楽しむ本です。(書店ではマジックアイとか、3Dアートと言う名で販売されています)
 平行法とは、近くに本を置き、視点は遠くを合わせることによって立体的に図形を見る方法。
 クロス法とは、寄り眼をすることで物が3つに見えたときそのときの真ん中を意識して見る立体的な方法。
どちらの方法も、まず本を近くに置いて、立体的に見える状態を作り、その後腕を伸ばして、本を遠く離しまた近づけると言うパターンを何回か繰り返すと言うものです。
具体的方法には、いろいろあるようですので、別の機会に詳しく書きたいと思います。

いずれの視力回復方法も、根気良く続ける事が肝要です。少しやっては効果が出ないと止めてしまわずに、気長に続けてメガネの必要ない生活を取り戻しましょう。




視力回復!視力回復でメガネを取ったらアラ美人!トップページ



 


視力回復実現!