◆演劇集団円公式ブログ。
9月プラスワン企画『初萩ノ花』
◆作・演出=内藤裕子
/日程=9月7日(月)〜20日(日) 横浜・相模原・東京公演
詳しくはホームページでご確認下さい。https://hatsuhagi2020.wixsite.com/website

2020年12月19日

光射ス森、初日!!☆演出、内藤裕子さん紹介☆

本日初日を迎えます!!!
最後に我らが演出家、内藤さんの紹介ブログを若手のみんなで書きました!
思った以上に想いがぎっしりになりました...!!笑
1608345743705


☆☆内藤裕子さん紹介☆☆

内藤さんはこわい演出家です。
それは、怒鳴るとか、厳しいとか、そんな事じゃなく。
全部バレてるんです。
良い事もダメな事も、足りてる事も足りてない事も、楽しい事も苦しんでる事も、大切にしている事も。
それは、つまりは、それだけ作品に・役者に注ぎ込んで見ていらっしゃるということ、役者を信じて下さってるということなんだなと。
そんな、誰かを、何かを見つめる視線が、内藤さんの本には沢山描かれています。
大げさな事でなくても、それって愛だなと、思います。
そして、今回の台本に出てくる言葉をお借りすると、内藤さんはお芝居の「変態」です。
もちろん敬意を込めて!!
吉田久美

内藤さんとは2017年の『ぞんぞろり』で初めてご一緒させて頂きました。本当に、熱いエネルギーで作品を創られる方です。話を聞いているだけで胸が熱くなります。今回は、、、この状況下で、、稽古の日々は、、、、語り尽くせない程に沢山のものを頂きました。本番で、恩返しが出来ますように!!
清田智彦

芝居を演出することに関してはもちろんですが、
脚本を書く前の取材における熱意が印象的でした。
実際の林業家の方のお話に関しては仕事から家庭に関する事まで口から発せられる事は一言も漏らず聞いて聞いて聞きまくって、木目細かくこだわりながらストーリーを書くところに当事者の方々に対する誠意を感じました。
戎哲史

「藍ノ色、沁ミル指ニ」に出演させていただいてから2年経った今回の「光射ス森」。
あの時の稽古や本番で心得たと思っていた、本当に日常の当たり前な事ほど大切で幸せなものってないんだよってことを、私は稽古の終盤までカタチとして想いとして出すことができませんでした。自分でも訳がわからず。
だけど内藤さんは最後まで諦めずに向き合って声をかけ続けてくださいました。
感謝してもしきれません。
本当に熱い、繊細で、信頼のできる素敵すぎる演出家さんなんです。
稽古中に内藤さんが何度も言ってくださったこの言葉を胸に一日一日を精一杯大切に楽しんで生きていきたいです。
本当にありがとうございます。
木原ゆい

2年前の研究所の卒業公演が内藤さんの演出で、
舞台が大好きになりました。
役者としての基礎の基礎から、
芝居を一緒にやってる仲間を信じることや、存在の大切さ、そんな今があることへ感謝を忘れないことなど、芝居を通じで人としても成長させてくださいました。
内藤さんの背中を追っていると、自分には愛がなくて、心が狭くて、雑で...なんて子供でちっぽけなんだとガッカリすることが多いんです....。
ですが、
“ありのままの自分ももちろん大事だけど、飛び込むことで見えてくる世界に身を置いたほうが絶対に面白い”
という内藤さんの言葉で、
そんな自分も受け入れてあげて、絶対諦めずに一歩踏み込んで見えてくる世界を信じようと今は思うことができます。
内藤さんの作品と稽古場はそんな力のある、愛のある言葉で溢れています。
清水一雅子

5月の延期から半年の月日を経て、今日を迎えられることに座組一同、本当に感謝致します!
日々世界情勢が変わっていく中で、皆さんも私達も悲しみや不安を抱えながら希望を忘れず過ごしてきました。
未だその光は射し込んでいないコロナ渦の中ですが、
是非劇場で、「光射ス森」を目撃して、ほっこりして頂ければ幸いです。
1608345741143



engekisyudan_en at 11:43|Permalink 光射ス森 

2020年12月18日

光射ス森☆キャスト紹介☆岡本瑞恵さん

いよいよ明日から、
「光射ス森」
初日です!

無事にここまでこれました!
そして、キャスト紹介も最後の一人。
初日に間に合って良かったです。

☆☆キャスト紹介☆☆
沢村里子役、岡本瑞恵さんです。
家事や山の手伝いなど、朝から沢村家を明るくするお母さんです。

IMG_20201215_144745

ブログ用の写真を撮りたいとお願いしましたら、
こんなに素敵にポーズをとって下さり、
素敵だなぁと、本当に憧れます。

ありがとうございました!

今日は若手がカップラーメンを食べているのを見て、
蕎麦が食べたくなり、
お蕎麦屋さん行ってきたそうです^^

お腹いっぱいにして、今からゲネです!
頑張りましょう!

瑞恵さんありがとうございました!



engekisyudan_en at 18:33|Permalink 光射ス森 

2020年12月17日

光射ス森☆キャスト紹介☆佐々木敏さん

☆☆キャスト紹介☆☆

沢村民雄役、佐々木敏さんです。

敏さんが演じられる沢村民雄は、農林業をつとめる沢村家の大黒柱、私、吉田がつとめます沢村江里子のお父さんです。
農業と共に、民雄さんのお父さんがはじめた林業をここまで守り続けてきました。

敏さんとは今回初めてご一緒させて頂いています。
舞台上のお姿はもちろん拝見していましたが、お話させていただいたのは、今回のチラシの写真撮影の日が初めてでした。
稽古場では、あまり無駄なおしゃべりはせず、役のこと、お芝居のことを考えていらっしゃって(私にはそう見えています)、でも、ふとした時に声を掛けて下さるんです。

「なんて呼んだらいいですか?」
と私みたいな後輩にまで気を遣って下さり、そののち、名前で呼んで下さったり

私がひとりで「お父さーーーん」と声を出していると「はーーい」とふいにお返事して下さったり
大大大先輩に対してこんな事を言うのは失礼なのですが…最高にキュートな敏さんなのです。

IMG_20201214_162508


本当にお芝居が大好きな事をそばに居て感じますし、一瞬一瞬に全てをかけて舞台に立っていらっしゃる敏さんの背中はとても大きいです。
山を、家族を守ってきたお父さんの背中と、敏さんのその姿が、娘役の私には重なって見えたりしています。

佐々木敏さんの【沢村民雄】どうぞどうぞ、お見逃しなく〜!!!

吉田久美

[チケット情報]
19日,22日完売。

料金:全席指定

一般4,800円
夜割り4,000円〈12月22日、25日限定〉
学生2,500円(劇団扱いのみ)※当日学生証提示
ペアチケット9,000円(劇団扱いのみ)

​前売開始11月16日[月]11:00〜
・演劇集団円 0422-29-8135


engekisyudan_en at 10:42|Permalink 光射ス森 

2020年12月16日

光射ス森☆キャスト紹介☆野村昇史さん

演劇集団円の年間のレパートリーは3本ありますが、
今年はこの「光射ス森」のみです。
コロナ渦でこの一本もどうなるか分からない状況でした。
毎回これで最後の稽古かもしれないと思いながらでしたが、なんとかここまできました。
幕が開くまで気を引き締めて行きます!!

さて「光射ス森」は
若手23歳からベテラン82歳までの全11名が出演致します。

稽古が始まって間もない頃、
今回の稽古のように、幅広い役者が集まって稽古をできる事が劇団のいいところ。
そして、先輩方の稽古を近くで見れることが貴重なことだったと何十年後かに絶対に思うから、
毎日を大切にしてほしい。
というようなことを内藤さんが仰っていました。

この言葉を胸に稽古をすることができただろうか....

☆☆キャスト紹介☆☆
奥居正利役、野村昇史さんです。
奥居家のおじいちゃんで、
今もバリバリ現役の林業家です。

IMG_20201213_165711

ブログ用の写真を撮りたいとお願いしたところ、
快く受けてくださいました。
炭治郎のむさん。素敵な写真をありがとうございます!


芝居の話以外にも、戦争の話や相撲の話などしてくださいました。
色んな場面で私達若手にも声をかけて下さり、
本当にありがとうございました。

[チケット情報]
19日,22日完売。

料金:全席指定

一般4,800円
夜割り4,000円〈12月22日、25日限定〉
学生2,500円(劇団扱いのみ)※当日学生証提示
ペアチケット9,000円(劇団扱いのみ)

​前売開始11月16日[月]11:00〜
・演劇集団円 0422-29-8135




engekisyudan_en at 08:11|Permalink 光射ス森 

2020年12月15日

光射ス森☆キャスト紹介☆馬渡亜樹さん

本日、稽古場での最後の稽古を追えて、
明日から、いざ!!シアターXへ!!!

皆様をお迎えする準備を万全にしたいと思います!!
仕込みの怪我には、十分気をつけましょーー

☆☆キャスト紹介☆☆
沢村由里子役、馬渡亜樹さんです。

馬渡さんのお名前には樹という文字が使われていることに気づき、なんだか繋がりを感じております。

IMG_20201215_163034

ピンスポを一生懸命に当てる亜樹さん^^

【インタビュー】
誰かが植えた苗が、光や空気や生物によって育ち、
誰かに伐られ、製材され、何かになり、使われて、
役目を果たす。
その間には、林業でいうところの、間伐や下刈りといった科学的なんだか、哲学的なんだか、みたいなこともあり。
木に限らず、人間も含むすべてが同じだなと、日を追うごとに感じます。
そうすると、目の前の全部が急にたまらなく愛おしくなったりして、抱きつきたくなります。
(今は非接触推奨されているのでやってません…)
お越しいただけるお客様はもちろん、応援してくださるすべての方に感謝しかありません。
劇団だからこそできる作品です。
ちゃんと役目を果たしたいです。

馬渡亜樹さんありがとうございました!

さぁキャスト紹介もラストスパートです。

応援してくださっている皆様、
急に冷え込みが厳しくなっていますので、
温かいものを食べて、栄養をとって、お身体お大事にお過ごしください。

チケット情報]
19日,22日完売。

料金:全席指定

一般4,800円
夜割り4,000円〈12月22日、25日限定〉
学生2,500円(劇団扱いのみ)※当日学生証提示
ペアチケット9,000円(劇団扱いのみ)

​前売開始11月16日[月]11:00〜
・演劇集団円 0422-29-8135

engekisyudan_en at 22:17|Permalink 光射ス森 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ