2026年01月23日

愛煙家に今日も感謝

※この文章は2009年の4月に書いたものですが、
思うところあって約10年間は常に一番上に表示されるよう
設定しています。

最新の文章はその下に表示されます。
常連さんは右側の「最新記事」に見慣れないタイトルを見つけたら
それをクリックしてください。


ご面倒をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
(10年後は多少マシな状況になっているという淡い期待を込めて
2016.2)

 

 

☆    ☆    ☆    ☆

 

今日からJR東日本の全駅が禁煙になったとか。

私は20代のはじめ頃ほんの少しだけ吸っていたが、
ヘビースモーカーばかりの職場に転職してしまい、
そこでの受動喫煙のあまりのひどさに大嫌いになり、
以後20年ぐらいまったく吸っていない。

タバコを吸う人間の気持ちというのは理解できないね。
あんなもの冷静に考えれば弊害ばかりでいいことなど
何もないことぐらいわかるだろうに。

まず自分の健康に悪い。
室内や衣服にひどい臭いが付着する。
周囲にも迷惑がかかる。
環境に悪い。火災の危険性まである。
おまけにかなりの税負担がある。
とまあ、見事なまでにろくなことがない。


反対に吸わないことのデメリットをしいて挙げるとすれば、
タバコを吸う人間とは心底打ち解けることがない
ということだろうか。

融資が絡む不動産取引の決済の場では、
書類等の確認が済んでGOサインを出してから融資の実行が
なされてお開きとなるまで待ち時間がかなりある。
売主買主双方が不動産業者だったりすると、
仲介の業者も合わせてほぼ全員が喫煙者なので、
待ち時間はタバコを吸いながらの談笑となる。

その際、「あ、センセーは吸わないんですか」と聞かれて
「ええ、まあ…」なんて答えると、一応相手も
「その方がいいですよねえ」と口では言うのだが、
本心は「じゃあ、お前は俺たちの仲間じゃないもんね」という感じで、
相手との間に見えない壁が築かれたことがありありとわかる。

これはちょっと寂しい。
業者とは仲良くしておきたいのだ。


話を戻そう。
健康上のことなどは今さら言うまでもないので環境についてだけ
補則すると、世界で切り倒されている木の6本に1本が
タバコの葉を乾燥させるために使われているという調査があり、
日本国内でタバコを巻くためと外箱のために1年間に
消費される紙の量は約30万tにもなるという報告もある。
仮に話半分に聞いたとしても、とんでもない数字である。

その上、喫煙者全体によるタバコを燃焼させる行為が
地球温暖化を促進させていることも間違いないわけで、
要するにそばに人がいる場合はもちろんのこと、
近くに誰ひとりいない状況で吸ったとしても、
他者に迷惑をかけないということはあり得ないのだ。

つまりタバコを吸うということは、
「他者道連れ御免の地球環境破壊型、散財系、長期的、
潜在的、自殺」

と定義付けることができる。
しかし、こんなことはわざわざ言わなくても大抵の人間は
理解しているはずなのである。

そこがまた腹立たしい。
それでも吸い続けるというのは、もはや

余程のバカか余程の利口

と言うしかあるまい。


それでも私はタバコを吸う人間に対し、ある一場面を除けば、
怒り以上に感謝の念を抱いていると言っていい。
なにしろ体を張った高額納税者だ。
喫煙者がいなくなってタバコに課されていた税が
他の税に転嫁されては困ってしまう。
多少の迷惑には目をつぶるからこれからも頑張って
吸っていただきたい。

環境に悪いと言ったって、なあに、およそ人間が
長く生き続ける以上の環境破壊などないのであって、
早めにこの世から退場する喫煙者は案外環境問題の
優等生かもしれないのだ。
あとは他人にやけどをさせたり火災を起こしたりしないことに
注意してくれればそれでいい。


ただし、人がメシを食っているそばでタバコを吸うことだけは
断じて許さん。
それ以外なら、路上だろうが待合室だろうが駅のホームだろうが
吸うのは一向に構わない。
こちらが離れれば済むことだから。

こちらが譲歩するのは多少いまいましいが、
さっきも言ったとおり基本的には感謝しているので、
そのぐらいの協力は惜しまない。

しかし、食事中は移動できない。
長期的な健康への悪影響よりも一瞬一瞬が息苦しいことが
耐え難いし、それ以前にメシがまずくなることが我慢ならない。
食う前は黙って茶でも飲んでろ、食い終わったらサッサと出て行け、
と言いたい。
それが他の客のみならず店への配慮である。

だが、喫煙者囲い込み運動が過熱している昨今では、
特に禁止されていない飲食店においては他の場所での鬱憤を
晴らすかのごとく、ここぞとばかりに吸う輩が増えた。

今回のJRの全面禁煙も悪い影響を懸念している。
私にとっては中途半端な嫌煙運動はかえって迷惑なのである。
やるんなら、地球上からタバコそのものを撲滅するぐらいの
勢いでないと。


でも、タバコを吸う姿って格好いいよね。
ハードボイルド、フィリップ・マーロウ、松田優作、ルパン3世、
バーボン、ショットグラス、たなびく紫煙、流れるモダンジャズ……
と、格好いいイメージが次々浮かんでくる。
よっ、渋いぜ。そこの喫煙者のアンタ。

どうかこれからも身銭を切って、自分の健康を顧みることなく、
頑張って吸い続けてください。
私がメシを食っている隣以外でね。







面白いと思ったら、下の「拍手」をクリックしてください。
気が向いたらコメントもどうぞ。ごくまれにレスすることがあります。
誤入力を拍手コメントで教えていただけるとすごく助かりますw


それとは別に、「円月堂、休んでいいよ」という人以外は、
こちらを是非クリックしてください。
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

「円月堂さんのためなら二つクリックしてあげる」という優しい方は、
こちらもクリックしてください。
人気ブログランキングへ



抵当権抹消登記承ります。
http://app.blog.livedoor.jp/engetsudou/tb.cgi/211739



engetsudou at 17:56|PermalinkTrackBack(0)つぶやき | 好評&お気に入り

2017年11月19日

ウィークリー雑感201711第3週

1.チバニアン命名へ
めでたい話ですね。
千葉県には個人的にあまり縁はないのだが、前々からすごいとは
思っていた。

海があり山があり自然が豊か。
港があって国際空港があって、プロ野球チームにサッカーチーム、
娯楽施設では日本一の東京ディズニーリゾートがある。
もう独立できるんじゃないか?w
カタルーニャみたいにならないことを祈る。



2.松山市内を約50分暴走
これ怖いねえ。映像見たけど、猛スピードの車を間一髪で
よけた人なんかもいて、死者が出なかったのが不思議なぐらい。

「ストレスで自暴自棄になった」というのが動機らしい。
高齢者の「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」にも
ウンザリだが、こういう故意のものは一段と腹が立つ。


早く自動運転が実現しないもんかね。
あるいは、高速道路を走るとき以外は45キロまでしか
出せない構造にしちゃうとか。
高速を走る際に料金を払ったらリミッターが解除されて……
なんていう風にできないもんかねえ。

あとはAT車の廃止ね。
素人でもアクセルを踏んだらいくらでもスピードが出る
潜在的凶器が街中いたるところを走り回っているというのは
考えてみたら異常である。
ミッションで半クラッチが上手くできなければ十分な加速が
得られず、あんまりひどいとエンストする。
そういう車であれば起こりえなかった事故も多いのでは
ないだろうか?



3.紅白歌合戦出場者決定

竹原ピストルには驚いた。
数年前にラジオに帰ってきて以来、それまでまるで知らなかった
ミュージシャンの楽曲をずいぶんと耳にしてきたが、
その大半が「どうでもいい」または「明確に嫌い」である中、
数少ない例外のひとつが竹原ピストルである。

紅白でどういうパフォーマンスを発揮してくれるか楽しみだ。
エレカシの初出場もなんだかうれしいねえ。
ちなみに、私は全部録画して、後で興味ないものはすっ飛ばして
半分ぐらい観る。



4.坂本龍馬が教科書から消える?

歴史が無味乾燥な暗記物になっているとしたら悲劇であり、
詰め込み過ぎがその原因であるなら是正は必要だろうが、
龍馬や信玄、謙信といったメジャーな人々を消す前に
消せる人というか項目は他にいくらでもあるんじゃない?

私は龍馬のことを教科書で習ったかどうか記憶にないが、
学校で教わる以前からある程度知っていたことは確かだと思う。
教科書に載っていようがいまいが、家庭や社会全体で、
子供たちにそういう知識が自然と入ってくるような環境を
保つことが重要ではないだろうか。



5.声優の鶴ひろみさん死去

どのニュースも「ドキンちゃんとブルマの声」と紹介している
ことに軽いショックを受ける。
私にとってはひたすら「ペリーヌ物語」で、世代が違うというか、
自分は隅っこに追いやられつつある世代なんだなと痛感した。

そんなことはともかく、ご冥福をお祈りします。




今週は日馬富士(変換されるのね)の暴行問題一色だったので、
意地でもメインでは取り上げないことにしたw
相撲は、面白いとは思うが、どうしても好きになれないんだよね。

連日の過熱気味の報道に触れていて私が気になったのは、
そういえば日野皓正が中学生に暴行した件はどうなったのか
ということである。
映像を見た限り、ただ感情のコントロールを失って暴行しただけで、
とてもじゃないが教育とか指導とか言えるものではなかった。


それについては爆笑問題の太田が「その程度のミュージシャン」と
痛烈に批判したことが多少注目された程度で、沈静化してしまった。
あとはどなたかが書いた、「不倫にはやたらうるさいが、暴力には
寛容な日本社会」に警鐘を鳴らす主旨のネット記事を目にした程度。

少年側が被害届を出さなかったから刑事罰は課されないにしろ、
社会的制裁も一切なしで本当にいいのだろうか?
日馬富士の暴力がどうでもいいとは言わないが、
扱いに差があり過ぎる気がしてならない。



結局、この問題に関連していろいろ書いてしまった^^;
それでは、また来週。


engetsudou at 19:38|Permalink

2017年11月11日

ウィークリー雑感201711第2週

もう土曜日か。
やっぱり毎週はキツい^^;


「テキサスで銃乱射、27人死亡」について。

ラスベガスでの乱射事件から1ヵ月ちょっとしか経ってない
というのに……

これだけ頻繁に乱射事件が起きて多数の犠牲者が出ている
にもかかわらず、なぜアメリカ社会では銃規制を求める声が
あまり大きくならないのかね?


全米ライフル協会などガンロビイストの力が強いということも
当然あるわけだが、それ以前に一般市民の間でも銃規制に
反対する人間のほうが多いというところが理解に苦しむ。
銃を携えて開拓してきた歴史とか、自分の身を守るために
武装するという意識が高いことを考慮しても私にはサッパリ
わからん。

だって、全然銃で身を守れてないじゃん。
銃による悲惨な事件は頻繁に耳にするが、反対に
「銃で凶悪犯を撃退」とか「乱射事件を未然に防いだ」
といったニュースはついぞ聞いたことがない。
乱射事件に比べたらニュースバリューは低いし、
あまりに多すぎるのでいちいち報道されないなんて
ことではないと思う。


「銃を悪用する人間が悪いのであって、悪いのは銃ではない」
という主張が規制反対派からはよくされる。
それ自体は間違っていないと思うが、現実に悪用する人間が
後を絶たないわけで、乱射事件をなくす、または減らすという
見地からはクソの役にも立たない理屈であるのは明らかだ。

連射機能について制限をかけるなどといったセコい弥縫策では
どうにもならん。根本的になくせ。
という声が市民の間でなぜ大きくならないのか?

自分ひとりが銃を手放すのは誰だって嫌だろうが、
一般市民は全員持てないようにすれば不満は出ないはずである。
「誰かが銃で襲ってくるかもしれないから自分も銃を持つ
権利が認められている社会」より「自分を含めて誰も銃は
持ってないはずなので、銃で襲われることなどほぼない社会」
のほうがずっといいんじゃないのかね?


国家間の問題は容易に解決するものではないが、国内のことは
法整備して国家権力で規制すれば実現できるわけで、
要はやる気の問題である。

現実にはそのやる気が、ガンロビイストにべったりの
トランプ政権ではまるで期待できないわけだが、
国を動かすには、その前に銃規制を求める市民が大多数を
占めるようになる必要がある。

それに程遠いということは、結局のところアメリカ国民の
総意として「乱射事件がときどき起こる社会」を選択している
ということではないだろうか。
タバコは禁止されていなくても、銃は禁止されているという
だけでも、日本に生まれたのは幸運だった。



「アパートから9人の遺体を発見」の続報について。
その後の調べによると主に金銭目的だったようで、
辻強盗を働くよりは成功率が高く発覚もしにくいとはいえ、
数千円の稼ぎにしかならなかったこともあったようで、
殺人罪のハードルが下がり過ぎていることに絶句する。
大半の被害者は自殺願望を持っていたようだが、
「本当に死にたがっていたのはひとりもいなかった」という
供述に、もの悲しさとともに容疑者への一層の憤りを覚える。

容疑者と接触を持ち10人目の被害者になっていたかも
しれない女性の「自殺希望のツイートに対して説教する
人ばかりで、親身になってくれたのは容疑者だけだった」
というコメントが考えさせられる。
私も説教じみたことしか言えないだろうなあ。



「アパを騙した地面師事件で司法書士らを逮捕」について。
地面師に司法書士が騙されるということならわかるが、
司法書士が地面師グループの一員となって騙すというのは
わからんなあ。
騙しておいて登記名義だけは取得させてやろうというのも謎。

この司法書士は過去にも同様の事件で逮捕起訴されたらしい。
その時点で資格剥奪でしょ。
なんで業務が許されてたの?


この事件がそうだったのかは知らないが、京都などでは
売主側と買主側それぞれが司法書士を連れてくる
「司法書士分かれ」方式が主流だそうで、
そうなると買主側の司法書士としては売主の本人確認も
ままならないだろうから、売主側の司法書士までもが
地面師一味だったとしたら、なす術がない。

抹消側と移転側で分かれるだけでもやりづらいから嫌なのに、
移転で売主側と分かれるなんて絶対にやりたくない。
まあ、そんな高額案件を依頼されることはないんだけど^^;



「新語・流行語大賞ノミネート」について。

これ、言葉だけでなくモノや人物まで挙げているから、
企画に無理があるよね。

「忖度」は当然として、「圧力」と「排除」がなぜ入らない?
あと、個人的に笑えたのが「一線は超えていません」
だったんだけど、入らなかったね。


もうひとつあった。
「こんな人たち」
首相がこんな言葉を使ったことをよく覚えておかないと
いけないんじゃないかな。



しかし、1週間の間にいろいろあるもんだねえ。
他にも言いたいことはあるけど、疲れたので今週はこの辺で。
寒くなってきたから風邪ひかないでね。


engetsudou at 23:30|Permalink

2017年11月04日

ウィークリー雑感201711第1週

まずは10月30日に第一報が伝えられたニュース、
「アパートから9人の遺体を発見」について。

まだ解明されていない部分も多いが、どうやら犠牲者の多くは
自殺サイトに書き込みをした自殺願望を持った女性らしい。
自殺幇助も犯罪だが、殺害となるとますます罪が重い。
「首吊り士」と名乗っていたそうだが、
自分を殺人の有資格者だとでも考えていたのだろうか?
「士」の付く職業に就いている者としては、この点も不快だ。


容疑者は被害者たちの名前も知らなかったという。
憎悪でも金銭目的でもないわけで、一種の無差別殺人と
言えるのかもしれないが、通常の無差別殺人が銃やナイフ
などのわかりやすい道具を使って一度に誰彼お構いなしに
殺すことで発生と同時に発覚するのに対し、
短期間にひとりずつ、これといった凶器を用いずに
静かに進行していたという点で大きく異なり、
不気味さが後を引く。

自殺したがる人間が多くいて、簡単に人を殺せる人間がいる。
どちらも長らく戦争と無縁の平和な社会だからこそだが、
だからといって、こうした事件を「平和の代償」として
容認することなど絶対にできない。



次も同じ日のニュースから。
東名夫婦死亡事故誘発の男を危険運転致死傷で起訴について。

検察が逮捕容疑よりも重い罪で起訴するのは異例だが、
逮捕容疑の「過失」の二文字には多くの人が疑問を抱いたはずで、
私も危険運転致死傷の適用は当然という気がする。

「被疑者が車を降りた状態で起きた事故だから『運転』ではない
ので過失致死にとどまる」というのは、物事を表面的にしか見ず
犯罪行為全体を正しく捉えない硬直した考えと言えよう。


こんなヤツ懲役20年でも軽すぎるぐらいだ。
社会に有害な人物は半永久的に隔離する必要がある。

弁護側は当然「運転ではない」と主張してくるだろうが、
検察が精緻な理論構成をして、裁判所もまっとうな判断を
下すことを期待する。



次はニューヨークで起きたテロについて。
傷ましい話だが、日本の事件と違い犯人像も動機も手法も
わかりやすく、「ヨーロッパで起きていたことがアメリカでも」
という多少の驚きはあっても、「またか」という感じで
どことなく慣れてきたのが怖い。

これ、日本で起こるのも時間の問題じゃないかなあ?
トランプと一緒にテロリストが入国しないことを祈るばかり。



最後は2日(木)の「クローズアップ現代+」から。
「ひらがなが書けない若者たち」について。

ひらがながおぼつかず漢字はほぼお手上げの青年、
やはり文字があまり読めず九九も満足にできない若い女性が
紹介されて、本当に我が国のことなのかと軽い衝撃を受けた。

しかし、実際に2010年の国勢調査では小学校を出ていない
人間が12万人いて、そのうちの2万人が40歳未満だという。
原因はいじめの他、貧困や虐待といった家庭の事情らしい。


読み書きと計算ができないとなると仕事を得るのも難しく、
人間関係を築くのも容易ではない。
それでも、冒頭で紹介された女性は夜間中学に通うことで
急速に学力を身につけたというから希望はある。
ただ、そうした夜間中学を設置している都道府県はごくわずか。
高校無償化なんかより、こっちの対策のほうが重要ではないか。



今週はこの辺で。
早いもので、今年も残り2ヵ月足らずとなりましたね。
来週までお元気で。


engetsudou at 19:06|Permalink

2017年10月28日

ウィークリー雑感201710第4週

すまん、また間隔が空いてしまった。
ここ数週間体調がよくなかったということもあるが、
それ以上の問題として業務のことはほとんど書けないんだよね。
面白い話ほど書けない。

ひとつ格好のネタがあって、世間に注意喚起する意義もある
(そんな影響力のあるブログではないけど)ので、
本人の了解も得た上である程度書き進めたんだけど、
これは本人が読んだら絶対不愉快になるよなあということで
断念した。


既にそういうものを何本も書いていて、今さら手遅れ
かもしれないが、少なくとも今後はやめる。
ただ、そうなると書く頻度がますます落ちるので、
書く題材を変えようと思う。

その週の世の中の出来事を中心に、見聞きしたこと
感じたことを思いつくまま気の向くままに書き綴る。
もはや司法書士ブログじゃなくて普通のエッセイだけど、
私が書けば多分普通じゃなくなるw



前置きはこれぐらいにして、早速始めます。
まずは今週一番気になった25日(水)の日経に載っていた
「給料前借りサービス」に関する記事について。

これは、利用者・その勤務先・業者の三者間で予め契約を結び、
利用者が業者に「前借り」を申し込んでお金を受け取ると、
業者は利用者の勤務先に前借り額に手数料を上乗せして報告、
給料日にはその金額が業者に支払われ、利用者はその金額が
差し引かれた給料を受け取るという仕組みのようだ。


利用者はもちろんのこと、人手不足の中、この制度の導入が
人材確保につながるということで企業側にもメリットがある
という事情もあって急拡大しているそうだが、問題は
業者が取る限りなく利息に近い性質を持った手数料である。

利息と捉えれば、年利換算で闇金も顔負けの200%超えの
例もあるという。
記事を読むまで全然知らなかったが、これは遠からず大きな
社会問題になるであろう。


それにしても、前借りに頼らざるを得ない人がかなり存在する
というのが悲しい。
これが「好景気」で株高の日本の現実なのだ。

こうした状況で消費税率なんか上げたら大変なことになるよ。
税率が上がっても税収は上がらないという最悪の結果が
見えている。



次も同じ日の日経夕刊から。
「薬剤師の調剤報酬大幅下げ(財務省案)」について。

昔から思っていたが、薬剤師っていい仕事だよね。
調剤と言っても医師の処方箋どおりに薬出してるだけでしょ。
出し間違いとかしない限り何の責任も負わなくていいのだから、
真面目な性格で人並みの注意力と記憶力があれば誰だってできる。

現在どの程度の報酬を得ているのか知らないが、
「大幅」というぐらいだから、相当なものなのだろう。
下げるのは当然。
そもそもこんなもんを国家資格にする必要なんてあるのか?


とはいえ、薬物には毒物・劇物もあり、そうでないものも
大量に摂取すれば危険なこともあるので、取り扱いには
厳重な注意が必要。横流しとかが横行すれば社会に与える
ダメージも大きいから、携わる者には一定の既得権を認めて
身分保障が必要であろう。

やはり薬剤師をなくすわけにはいかないか。
オイシイなあ。
私も今度生まれ変わったら司法書士なんかやめて
薬剤師を目指そうと思うw



日経といえば、来月から大幅に値上げするんだよなあ。
パソコンやスマホでもある程度ニュースはつかめるけど、
情報の質と量に不安があるしスマホは目がつらいので、
紙の新聞はやめたくてもやめられないのだが、
朝刊で少し前に始まった林真理子の小説がクソつまらん、
というか、ものすごく不快なので、
できれば購読をやめてしまいたいところだ。

金持ちのボンボンが中年になってもろくに仕事をせず、
海外で贅沢な生活をしながら複数の女と利口に遊びまくる
というのが大雑把なストーリーだが、こんな主人公が
偉そうにたれる人生哲学に共感する人間など
ほとんどいないだろう。
その前の朝刊小説、伊集院静の「琥珀の夢」は非常に
よかったのにねえ。



次いきます。
「たばこ税引き上げ案」について。
またかね。

ぜんそく気味の私にとって喫煙者は憎悪と軽蔑の対象
でしかないので、「ざまあみろ」と言いたいところだが、
値上げに関してはほんの少しだけ同情する。
喫煙者は加害者であると同時に、有害性を知らされないまま
国策により中毒患者にされ、もはや理性的な判断力を失う
までに脳を破壊された被害者でもあるのから。

タバコについて必要なのは増税ではなく禁制品にすること
である。
あるから吸うんだよね。なければ吸いようがない。


自分の意志でやめられないなら法律で禁じるしかない。
案外それを望んでいる喫煙者って多いんじゃないかなあ?
タバコなしでは生きていけないという重症患者だけ
医療機関で治療すればいい。

税収が下がるからダメ?
タバコに起因する疾病にかかる医療費のほうがよっぽど高い
という試算がある。
余った財源でタバコ産業従事者に転職支援の補助金を
数年出すことだってできる。


念のために言うと、「愛煙家に今日も感謝」に書いたことは
全部皮肉だからね!
小池サンは都知事に専念して、なんとか東京都だけでも
早く飲食店全面禁煙を実現してちょうだい。



最後、プロ野球クライマックスシリーズについて。

セでは3位のDeNAが2位と1位を破って日本シリーズに
進んだことで盛り上がる一方で、こうしたシステムそのものに
あらためて疑問の声も上がっているようだ。
とはいえ、興行収入は大きいし、消化試合が減るといった
メリットもあるので今さら廃止は難しい。

私はプロ野球に対する興味がまるでないので基本的には
どうだっていいのだが、この点については前々から
思っていることがあるので、この機に表明したい。


私の案は、クライマックスシリーズなどやめ、代わりに
セ・パ1位同士の通常の日本シリーズに加え、
2位同士の第2日本シリーズ、3位同士の第3日本シリーズ
という3種類の日本シリーズを行うというものだ。

両リーグ通じての2位、3位には一定の価値があり、
それなりに盛り上がるだろうから興行収入を確保できる上、
3位が日本一になりうるといった理不尽も回避できる。


どうすか、この案?
もしかして誰かがとっくに提案していたりして
(なにせ私はスポーツ番組や専門誌とは無縁なので、
その辺のところはわからない)。

いっそのこと4位同士以下も全部対戦させ、
「逆日本一」をハッキリさせるのも一興であるw



結構長くなったので、今週はこの辺で。
やはり業務以外のことなら筆が進むことよ。

総選挙のことや所有者不明土地の問題とかもあったのに
触れていない^^;
それらが重要でないとは考えていないけど、既にいろんな人が
いろんなことを言っているので、私が書かなくてもいいかな。


それでは、また来週。
(本当に毎週やるのか?)


engetsudou at 20:25|Permalink