今日は勘違いしがちな密度と比重の違いにまとめてみましょう。

密度とは、物質の単位体積あたりの質量のことです。
単位はSI単位系ではkg/m3で、CGS単位系ではg/cm3になります。

比重とは、ある物質の密度と基準となる物質の密度との比のことです。
一般的に基準物質は、固体及び液体については、大気圧(1気圧)、4℃における水で、
密度は0.999972g/cm3です。ほとんど1.0g/cm3なので、比重と密度の値はほぼ同じ値に
なります。気体については、同温度、同圧力での空気が基準になります。

比重は比なので、単位はありません。

参考
図解でわかる危険物取扱者講座 密度と比重


もしよろしければクリックして応援してください。


科学 ブログランキングへ