6月14日午前9時30分、大型バス4台に分乗した野蒜(のびる)小学校の生徒と先生約200人がマリンピア松島水族館に到着しました!

「こんにちわ!」「宜しくお願いしま〜す」 大きな声であいさつしながら、続々とゲートから入ってきました!入場
続々と

















とびきりの笑顔!笑顔!笑顔!
ピースピース3











ピース4ピース2













じゃあ、記念撮影をするから、並んで下さ〜い!
整列











いいですか? では大きな声で合言葉を言ってくださいね。 「ずんだもち〜!」 もう一回! 「ずんだもち〜!!!」集合写真




















※ちなみに、「ずんだもち」とは、仙台地方の有名な郷土菓子。「ずんだ」は枝豆を細かく砕いたもので、ずんだパンとかずんだプリンなどもあるようです。豆を打って作るから、豆打(ずだ)→「ずんだ」と言うそうです。味が気になったので、翌日食べてみました。確かに、枝豆の味と、ザクザクした触感の美味しいお菓子でした。「記念撮影の言葉なんやった?」「がんもどき〜!?」 いやちゃうちゃう・・・となかなか覚えられませんでしたが、もう忘れません。
ずんだ餅






※ちなみに、私は最後列の左端にいま〜す。(赤いヤッケ)

木島美智子校長先生によると、「臨時校舎にはもちろん運動場がなく、体育の時間もありません。避難所で生活している生徒もたくさんいます。親や兄妹を亡くした児童もおられます。そんな状況でこのような遠足ができることは本当に有り難い。全校生徒が一緒に遠足に行くことは通常ありません。生徒を9つの班に分け、6年生が班長さんになって低学年の面倒を見ます。協調性や生徒の一体感も生まれました。」とのことでした。

早速、班ごとにマリンピア松島水族館の見学に出発しました。
原色の魚みつめる











可愛い!ペンギンちゃん
ペンギン











あっ、ワニだ!
ワニ亀










クラゲだ!見つめる2








海坊主!?(笑)
海坊主?











アシカショーのはじまり、はじまり〜アシカショー
あしかショー1















班ごとのランチタイム。メニューはカレーか焼きそば!



昼食後は、遊園地にゆくぞ! 私たちはアストロジェットに挑戦!遊園地1
遊園地3














遊園地2











私たちはミニSLで館内一周!

遊園地5









こうして、マリンピア松島水族館での楽しい1日が過ぎてゆきました。

最後に、生徒代表の方から私たちへのお礼の挨拶がありました・・・(涙)
生徒代表












「ありがとうございました〜」「さようなら〜」 来た時と同じように大きな声で挨拶をしてくれました。さよなら1












バイバイ〜 今度は大阪に遊びにおいでや〜
さよなら2











嬉しいような、寂しいような・・・ 「元気でね!」
さよなら3















バスまでお見送り。
バス








さよなら〜 
バス1



さよなら〜
バス4






さよなら〜
バス2






これから彼ら、彼女らが帰ってゆく先は、震災と津波に襲われた野蒜地区です。昨日見た風景が目に浮かんできます。避難所暮らしの生徒も多数おられるそうです。親を失った生徒、兄妹を亡くした児童もおられます。

しかし、今回、野蒜小学校の生徒の皆さんの明るい笑顔をみることができて、ボランティア参加させて戴いた私たちは本当に嬉しく思いました。感動を覚えました。 「未来」 そして、「希望」というイメージが浮んできました。この子供たちには、素晴らしい未来が待っていると確信しました。

子供たちの笑顔を想い出すたびに、一日も早い復興を願ってやみません。有り難い事に、世界中の人々が様々な形でサポートしてくれています。私たちもできることから支援を続けてゆきたいと思います。

今回のボランティアを企画して戴きました松島ロータリークラブの皆様、そして、木島校長先生以下の野蒜小学校の先生方、本当に有難うございました!

生徒の皆さん!今度は大阪にも是非遊びに来てくださいね! 大阪城や海遊館をご案内します!また一緒に記念撮影しましょう。
「ずんだもち〜!」