一家に一本、ネジザウルス!をめざす社長ブログ

「道具」に機・能・美を追求して、世界中に発信する株式会社エンジニア

2009年07月

飛翔橋に奉拝船が集結!

今朝は飛翔橋の上から、今宵本番を迎える天神祭りの奉拝船を見ることができました。

食品ご三家そろい船

 

 


スーパードライ、チキンラーメン、サントリー・・・食品ご三家そろい舟!?

大阪検定

 

 

 

今年6月に始まった「なにわなんでも 大阪検定船」もさっそく登場!合格者の中から希望者で乗れるのかな???

案内図

 



乗船案内図です。 皆さんのご関係の船はありませんか??

 

■天神祭りの花火は19:00〜ですが、奉拝船は18:00頃からの出航だと思います。

乗船される方は、必ず折りたたみ傘&できれば雨合羽、そしてタオル数枚持参されることをお勧めしますよ!

準備万端ととのえて、皆さん楽しんできて下さい!

船渡御の艤装も着々と・・・

今朝も自転車で通勤中に、船渡御の乗船場の前を通りました。

ご覧のように一日ですっかり飾りつけができていました。

天神祭り船

 




【AFTER 20009/7/24】


天神祭り準備







【BEFORE 2009/7/23】


 

天神祭り船2

 


【追手門学院船&近鉄百貨店船】

天神祭り船1

 

 

 


【毎日新聞・スポニチ船】

天神祭り船3

 

 

 

【こちらはまだ、艤装中】

 

昔、何度か家族で乗船したことがありますが、とても楽しい時間を過ごすことができました。

またいつか機会があれば是非乗ってみたいと思っています!

祭りの前の静けさ・・・

大阪の夏を彩る天神祭りが明日から始まります。

クライマックスは7月25日の船渡御(ふなとぎょ)と花火大会です。

自宅付近はちょうど、乗船場にほど近く、今朝も船が何艘か集まっていました。

化粧廻しを施したり、番号がつけられた船もありました。天神祭り準備

 

 

 

天神祭り船番号

 

 

 

祭りのあとは静けさは、淋しさと虚脱感が残りますが、

祭りのまえの静けさは、期待と緊張感が充満しています。

都島の夏祭り〜金魚すくいの値段は?

昨夜、自宅近くの都島神社の夏祭りがあり、境内にはなつかしい夜店がたくさん出ていました。

都島神社

 

 

 

(1)ダーツゲーム ・・・・ 大人500円、子供400円
ダーツは投げるのが難しいので、大人と子供で金額が違っていました。
ダーツ

 

 

 

(2)輪投げ ・・・・ 5本:300円、10本500円
これは子供でも投げられるのでハンディーなし。本数で価格差。輪投げ10本がおトク?

 

 

 

 

(3)射的(タナ落し)・・・・ 500円
これも狙えばあたるので、大人も子供も一緒。 ちなみに弾は5発。タナ落し

 

 

 

 

(4)玉入れ ・・・・ 大人500円、中学生400円、小学生以下300円
これは結構、コントロールが難しいので、小学生以下は更に割引アリ!
玉入れ

 

 

 

 

(5)金魚すくい・・・・・ さて、ここで問題です。
夜店の定番、「金魚すくいの価格」はいくらだったでしょうか? 金魚すくい

 

 

 

 

 

 

正解は・・・ 「あそび」300円、「すくいとり」500円 でした!

 

■いずれの夜店も大人も子供も大賑わいでした。

きめ細かい値段設定の効果もあったのでしょう。

三元ラセン管工業さんの工場見学!

昨日午後3時から、e製造業の会のメンバーで三元ラセン管工業様の工場を見学させて戴きました。

同社はベローズとフレキシブルチューブの設計、製造を行っておられる会社で、特殊素材や超薄肉ベローズの分野ではオンリーワン企業です。

ITを駆使して短納期、低コストを実現し、また高嶋社長のブログでの情報発信などによって、これまでも中小企業IT経営力大賞などを受賞しておられます。

現在進行形としては、Dellのスモールビジネス賞の最終選考の7社に選ばれておられます。日本一になれば、世界大会も!?

工場では、大阪テクノマスターにも認定された凄腕職人の兼綱さんがチューブの銀ロウ付け作業をしておられました。テクノマイスター

 

 

 

 

 

近接した2箇所を順にロウ付けするので、2回目は少し温度を低めに、時間も短めにするのがコツ。 技術の伝承者としての若手の教育に力を入れておられるとの事。

いや~カッコ良かったです。日本の技術者はやっぱり最高ですね!

高嶋社長

 

 

 

工場見学のあとは、高嶋社長から会社の沿革と、将来の目標についてお話いただきました。

質問が集中したのは、やはり高嶋社長の「経営哲学」でした。

◎ギブ・ギブ・ギブ&怒らない。 

◎社員を信頼しきって任せる。

◎社員教育に注力。(自分で学ぶ、集合教育、資格を取得)

◎賞与ではあまり差をつけない。みんなそれぞれに全力を出し切っているから。

高嶋社長様、三元ラセン管工業の社員の皆様、有難うございました! これからも宜しくお願い致します!

自分と職場を考える「きっかけ」 (7)

エンジニアでは、社員の能力のレベルアップと、強く柔軟性のある組織をめざして、さまざまな内容の研修やワークショップに参加しています。

チームビルディング」、「ビジネスマナー」、「メンタル・ヘルス」、「ロジカル・シンキング」、「アクティブ・リスニング」、「発想方法と視点を変える技術」に続いて、今回のテーマは・・・

「タイムマネジメント」

財務部のTさんと、営業部のJさんが学んできてくれました。 

二人の日報からの抜粋です。


【タイム・マネジメント】 Tさん

タイムマネジメント=時間の有効な使い方

時間の使い方を効率よくして、自分のための時間を作り出す事。
 
急ぎの仕事にばかり時間を費やすのではなく、緊急ではないが重要な仕事に対する時間を活用する方法。 (=効率の良い仕事の仕方)

仕事の優先順位をつける。

時間を割り振り予定表に入れる。

スキマ時間を利用。

終了時間を決め集中。・・・・それでも終わらない場合は次の仕事に切替

 

【タイム・マネジメント】 Jさん

本セミナーは、初めて組まれた講座であった為か受講人数が15名と多かった。

時間管理とは出来事管理であるとの事。

タイムマネジメントとは、いかにうまく出来事を管理するかという事であり、時間は単に出来事の開始と終了を指定する合図に過ぎない。

タイムマネジメント=自分のための時間をつくりだす事。

時間管理の技のひとつとして紹介されていた着手する手段が印象に残った。

仕事を、まるまま放置しておくのではなく、少しでも手を着けてみる事が重要。

これにより、

「この仕事はどのくらい時間がかかるのか?」

「自分ひとりでできるのか? それとも協力者が必要か?」

等が把握でき、時間を有効に使えるとの事であった。

 

■Tさん、Jさん お疲れ様でした。

日常業務多忙の中、いこのようなセミナーやワークショップに参加することは結構大変だと思います。

しかし、今回のテーマはまさにその解決方法のヒントになると思います。

時間を効率よく活用する方法を身に付けて行きましょう。

自分自身を高めるための時間、気付きの時間として、このようなワークショップを活用してください。

武蔵野電波さんの取材を受けました!

先日、武蔵野電波の代表取締役の船田さんスタパ齋藤さんが、東京から取材に来られました。

武蔵野電波

 

 

 

 

秋葉原で気に入った工具を購入したら何故かいつもエンジニアだった!ということで、弊社にお声がかかりました。

製造部のスタッフから、精密圧着ペンチワイヤーストリッパーポケットベンダーミクロカッター鉄腕ハサミなど、コンピューター周辺で使用される各種工具の基本的な使い方をご説明させて戴きました。

さらに、エンジニア工具の特徴的な部分と、それを応用した上級者向けのスキルもご披露すると、たちどころにその真の意味をご理解されました。お二人ともさすがです!

詳しい内容につきましては、「武蔵野電波のプロトタイパーズ」で8月に掲載される予定との事です。 お楽しみに!

 

共伸技研さんの早朝工場見学会

一昨日の朝7時45分から共伸技研さんの早朝工場見学会に、製造部社員のA君と一緒に参加させて戴きました。

オーダーメード工業用ブラシを1個から製造される共伸技研の加藤さんは、e製造業の会などでご一緒して戴いているバイタリティー溢れる社長さんで、これまでもインターネットの活用方法についていろいろと教えていただいております。
 
従来から3S(整理・整頓・清掃)にも積極的に取り組んでおられ、昨年11月からは毎月1回、早朝工場見学会を開いておられます。
 
と同時に、「橋下知事に工場見学に来てもらおう!」という目標を掲げておられます。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 8:00 朝礼

朝礼

 

 

 

   
・「 おはようございます!」 加藤社長から元気いっぱいの訓示朝礼
内容はやはり3Sの大切さ。
社員が理解できるまで、何度も、同じテーマで話をされるとのこと。

・危険予知トレーニング(タッチ&コール)指差し呼称

 

 

隣の人の方に左手をあてて、右手で指差し確認。危険予防の徹底!

・業務連絡
・3S区域発表(毎朝10分の清掃活動の場所を確認)

3S計画表

 

 

 

 


・経営理念唱和

心を込めた、ものづくりをしよう!
ともに働く仲間の元気のために
お客様の笑顔のために
社会に夢を与えるために
心を込めた、ものづくりをしよう!

「よろしくお願いします!」の挨拶

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 8:20  10分間 3S活動 

掃除タイム加藤社長

 

 

 


加藤社長は床磨き

共伸技研外観

 

 

 


会社の周囲のゴミ拾い

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 8:30  営業と製造のミーティング
・見学者も傍聴させて戴きました

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 8:40  食堂にて共伸技研さんの3Sの歩みについてプレゼン

加藤社長誰いつ説明

 

 

 

 

 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 9:10 事務所・工場の3Sの改善結果を見学
什器の識別

 



 

「5頓」が徹底されています! 

5頓とは・・・
(1)定位置、(2)定量、(3)定方向、(4)表示←モノに、(5)標識←場所に

仕入注文カード

 

 

 

「仕入注文カードホルダー」
消耗品がなくなったときに、どこで(アスクル?コーナン?)、品番は?数量は?単価は?すべて1枚のカードに記載されている。誰でも簡単に、間違いなく、無駄なく仕入発注できる仕組み。 

トイレ赤ランプ

 








この目立つ赤い灯はなんでしょう? ネオンを見つめる男性は・・・?
実はこれもカイゼンの成果で、社員に大好評とか。

このSさんが考案したのは、トイレに入って鍵をかけたら赤いランプが点燈する仕掛け。工場の端にいる人や2階の事務所にいる人にも、使用中であることがよくわかり、中にいる人もしょっちゅう「ノック」されずに安心とのこと。

・・・夕方近くになるとネオン街が恋しくなり、定時までに仕上げようと能率アップするかも!??(一石三鳥ですね〜)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 9:40 食堂に戻り、質疑応答

一緒に見学会に参加された皆さんからも活発な質問が相次ぎました。

例えば・・・

Q:3Sによってどれくらい売上がアップする?或いは時間が短縮される?

A:現場とデスクワークで異なる。現場の製造ラインではある程度のムダは排除されているので、3%程度かもしれない。 しかし、業務、営業、開発、資材などデスクワークの人が3Sをすることで、時間が1/3、1/5、場合によっては1/10にも短縮できる! 

Q:勤務時間中に通常の仕事をするのと、3Sをするのではどちらが良いのか?また上司によっては、部下が就業時間中に3Sをすることを好ましく思わない・・・・

A:トヨタでは、仕事=「作業」+「カイゼン」 と定義している。

つまり、カイゼンは仕事の一部なんだと! 作業は売上に貢献する。しかしカイゼンは利益に直結する。

「カイゼン」+「作業」 の順が正しい!と主張するトヨタの幹部もおられた由。

「作業」よりも「カイゼン」を優先すべし、「売上」よりも「利益」を重要視すべしということであろう。

つまり、部下の3Sを好ましく思わない上司がいたとしたら・・・売上しか見ず、利益を考えない「無能」な上司となる。

Q:3S活動に熱心な社員やそうでない社員の比率はどうですか? よく2:6:2の法則と言われますが・・・・

A:はい、やはりどこまで行っても2:6:2です。理由はわかりませんが、これは組織の定理のようです。 下の2のグループを底上げするのは効率的ではありません。上の2のグループを徹底して応援し、中間の6のグループを引きあげる様にしています。

予定時間を40分ほどオーバーしましたが、加藤社長には一つ一つ、丁寧に答えて戴きました!

■■■■■■■■■■■■■■■■
11:00 最後に社員さんも一緒に記念撮影。

今回は、加藤社長様、そして、仕事の手を止めてまで、3S活動の成果を説明して戴いた社員の皆様! 本当に有難うございました!

 

橋下知事様! 大阪の中小企業のこのような取組みを是非、ご自身の目でご覧ください! 共伸技研さんのような会社が増えることで、きっと大阪が、地方が、日本のモノ造りが活性化してゆくと思います! 宜しくっ!!

蝉の穴見つけました。

初鳴きのあった翌日、自宅の近くにある楠神社で、蝉の穴を見つけました。

蝉の穴

 

 

 


抜け殻

 

抜け殻もすぐ近くに落ちていました。

 

 

 

蝉

 

楠の樹上を見ると、幼虫が羽化したあとの抜け殻も残っていました。

 

 

7年間暗い土の中で生活してきた蝉の幼虫は、樹上で最後の脱皮を行いました。

これから7日間という短い命を完全燃焼して、我が世の「夏」を謳歌する・・・・それが蝉時雨なんですね。

 

蝉の初鳴き!

皆さん、オハヨウございます。いきものみっけの時間です

トップニュースは、蝉の初鳴きみっけです。

本日、午前7時30分頃、大阪市都島区の大川河畔で、クマゼミの初鳴きが観測されました。

初鳴き

 

 

 

 

昨年の初鳴きは7月12日でしたので、2日早くなりました。これも地球温暖化の影響でしょうか・・・。

早速、みっけ報告もしておきました。

今のところ、大人しく「2分鳴き」です。もう1週間もすれば、シャワーのような蝉しぐれになるでしょう。

プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ