一家に一本、ネジザウルス!をめざす社長ブログ

「道具」に機・能・美を追求して、世界中に発信する株式会社エンジニア

2010年10月

公開ミーティング@大阪創造取引所2010

10月26日〜27日に堂島リバーフォーラムで開催された「大阪創造取引所2010」の公開ミーティングに参加させて戴きました。

堂島リバーフォーラム

 

 


 

江戸時代には、ここ堂島で世界に先駆けた商品先物取引(米)が行われていました。

大阪創造取引所

 

 

 

目の前にないものに価値をつけるという先人たちの心意気を引き継ぎ、「大阪創造取引所」と名付けられた西日本最大のコンテンツの展示商談イベントが開催されました。

近畿経済産業局のコンテンツ産業支援室が推進母体となり、大阪府や大阪市などの自治体や関経連や大商も共催しています。

ヒットの秘訣

 

 

 

2日目の10月27日の公開ミーティングの参加者は・・・・Googleの名誉会長村上憲郎氏、工業デザイナー喜多俊之氏。

これら超有名人のトークの前のトップバッター? 前座? 露払い?として、「ネジ・ザ・ウルス」ヒットの秘訣というテーマで私と画屋の小川社長が1時間公開トークさせて戴きました。

公開ミーティングステージ1

 

 

 

 

一度にこんなにたくさんのフラッシュの放列を浴びたのは初めてでした。

(ハンチングはハレーション対策ではありませんよ〜)

公開ミーテング

 

 

 

 

司会進行は「大阪創造取引所」の名付け親でもある(株)スーパーステーションの敏腕プロデューサー野村卓也社長。

画屋(かくや)の小川社長との出会いのきっかけからお話しすることに・・・・。

頭がつぶれたネジが回せなくて困っているご家庭も多いはず。しかし どうすれば「ネジザウルス」という道具を広く知って貰えるか?

そうだ!せっかくネジザウルスという恐竜の名前があるのだから、キャラクター(マンガ)にしてはどうか? そこで大阪府のBMB(ビジネスマッチングブログ)の担当の方にに相談して、マンガ制作者を何名か紹介して戴きました。

その中の一人が、画屋の小川社長でした。

初めてお会いしたときに・・・「あっ! 同じようなハンチングをかぶっておられる!」  (注) 私の場合は夏の照り返しと冬の防寒対策の目的が大きいですが、小川社長の場合は純粋にお気に入りのファッションのようです。)

さらに、名刺交換すると・・・「あっ! 下の名前が同じミツヒロだ!」 (注)私は充弘、小川社長は満洋。字は違いますが、同じ読みです。)

これで99%お願いする気持になっていました・・・・・。

というようなエピソードからスタートして、野村社長の上手な司会進行で、1時間楽しくトークをさせて戴きました。

みつひろ〜ず2

 

 

 

 

はんちんぐみつひろ〜ず

 

 

 

 

こうして改めてツーショットの写真を見てみると、お笑いコンビみたいですね。

「はんちんぐ みつひろ〜ず」 ?

ネジ・ザ・ウルスの4コマ漫画はフランス語にも翻訳してYOUTUBEにアップしていますので、ひょっとしたらアニメーション好きのお国柄なので、人気がでるかも?

その時は、 「はんちんぐ みつひろ〜ず」 公開トーク in Paris をやりましょうね!

pc_trouble_french

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ご来場戴きました皆様、そして今回のイベントを企画運営して戴きました主催者の皆様、本当に有難うございました。皆様がたのお陰で本当に得難い経験をさせて戴きました! 心から感謝申し上げます。

チーム・エンジニア@HIROSHIMA (その3 海軍基地編)

大宴会の翌日は、すっきりと晴れあがりました。

宮島口に戻り、宇品港から江フェリーで江田島に渡ります。

チーム・エンジニア@フェリー2

 

船上では船長さんがブリッジから下りてきて、島々の説明などをして戴きました。

 

チームエンジニア@フェリー

 

 

 

 

江田島では、現在海上自衛隊の幹部候補生学校になっている海軍兵学校跡を見学しました。

江田島

 

 

 

NHKの「坂の上の雲」の第2部が12月5日から放映されますが、このロケにも使用されている大講堂や、明治に建てられた赤煉瓦の海軍兵学校生徒館などを、自衛隊のOBの方にご案内戴きました。

とてもわかりやすく、ユーモアを交えた解説をして戴きました。

海軍兵学校学生館

 

 

 

広島の原爆の記念館を見た後だったので、「何故、空襲の被害を受けずに、明治時代の建物が残っているのか?」という疑問が湧きました。

OBの方のお話しでは、江田島は、イギリスのダートマス、アメリカのアナポリスとともに、世界3大海軍兵学校に数えられている。開戦前はそれぞれの幹部は国境を越えて交流があり、お互い海軍軍人としての共通の意識があった。実際、広島周辺を空襲していたのは米国海軍の艦載機であった。 同時に、占領後は兵学校を米軍の司令拠点とする為に、無傷のままで接収したいという思いもあったようだ。

赤レンガ@海軍兵学校

 

海軍兵学校の生徒館の長〜い廊下。ロケでよく出てくるとのこと。

赤レンガはわざわざイギリスに特別に発注して、現在の価格で1枚約2万円したとのこと。全てにおいて当時の最高の材料を使用している。「坂の上の雲」の時代に、海軍の幹部候補生を養成する教育機関としての江田島に日本政府が託した熱い想いが伝わってきます。

当時、事業仕訳があったなら、真っ先に削られていたかもしれませんとOBの方は説明されましたが、国家の教育に関しては、目先の損得勘定だけでなく、100年の計が必要であると思います。

チーム・エンジニア@大講堂

 

 

 

毎年卒業式が行われるという大講堂で、チーム・エンジニアの記念撮影。私たちも熱い想いを秘めています!

閣下に敬礼@チーム・エンジニア

 

 

閣下に敬礼!

 

 

チームエンジニア会長

 

はい、敬礼!

(ちなみに海上自衛隊の帽子は会長のみゲット。いいな〜)

 

 

江田島から呉に向けてフェリーに乗船。今回の旅行で4回目のフェリーです。昔、造船会社に勤務していたので、呉の造船所の匂いが懐かしく感じました。

そして、最後の見学は、大和ミュージアム

戦艦大和

 

戦艦大和が当時の世界トップレベルの技術を駆使して作り上げられた事がよくわかりました。

さまざまな創意工夫、斬新な製造手法などが、戦後の工業分野で応用されたということで、まさに日本のモノ造りの原点であるとも言えます。

中国が「技能オリンピック」に国を挙げて参加するというニュースが先日の新聞に載っていました。 価格競争だけでなく、「日本のお家芸」であった技能分野でも中国がライバルになってくる可能性があります。

私たちチーム・エンジニアは、”モノづくりニッポン”の復活に向けて、役に立つ道具や工具を開発、製造してゆきたいと考えています。宜しくお願い致します!

■3回にわたって、チーム・エンジニアの広島旅行を掲載させて戴きました。 

原爆ドーム、平和記念資料館、厳島神社、江田島海軍兵学校、大和ミュージアム・・・戦争と平和、そしてモノづくりニッポンの未来を考える事が出来ました。

今回の旅行でお世話になった全ての皆様がたに感謝致します。また、社員各位、実行委員各位、本当にお疲れさまでした。 皆さんのおかげで素晴らしい旅行ができました。 有難うございました!

来年の旅行も楽しみに!

チーム・エンジニア@HIROSHIMA(その2 宴会だ〜編)

原爆ドームと厳島神社の2つの世界遺産を見学したあとは、ホテルでの宴会です。

先ずは、前菜から・・・

ozenn@チーム・エンジニア

 

 

 

この日のために、各自仕込んだネタを大披露!

kaburi@チーム・エンジニア

 

 

 

AKB48@チーム・エンジニア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AKB48を振りつきで熱唱するハタボー。

yannya@チーム・エンジニア

 

 

 

仕事場では見せない意外な一面に、やんや、やんやの大喝采!

チームエンジニア実行委員会

 

 

 


そろそろ、クイズの答え合わせしようぜ! あーい! (←実行委員さんたち)

※新幹線の車内で、以下のようなクイズが出題され、制限時間20分で回答させられたのですが、これが意外と難しかったですわ〜

もし、このブログをご覧の方で、クイズにチャレンジして戴いた方にエンジニア特製携帯クリーナーを差し上げます! maido@engineer.jp宛てにメールでご回答をおよせください。(15問中10問以上正解、先着100名様、期限:2010年12月31日) お待ちしています!

エンジニアクイズ

 

 

 

 

 

 

 

↑ちなみに、上の回答用紙は営業部のM課長のものですが、これが正解ではありませんので、ご注意ください。

 

得点の高かった人から順番に賞品をゲットしてゆきました!

HATABO@チーム・エンジニア

 

 

 

TAGA@チーム・エンジニア

 

焼酎げっと!

 

 

Kinoshita@チーム・エンジニア

 

うひゃひゃ、なんだろう!

 

TERAYAN@チーム・エンジニア

 

 

 

いや〜凄く楽しい宴会でしたね。

準備して戴いた、実行委員会の皆さん、ご苦労さまでした。本当に有難う! 

チーム・エンジニア演劇部

 

 

 

では、そろそろお開きのい時間ですね。全員集合! パチリ!

じゃあ、オヤスミナサイ・・・・・・とは行きません!

Karaoke@チーム・エンジニア

 

 

 

2次会でも、熱唱、爆笑の渦が続きました・・・

(to be continued)

チーム・エンジニア@HIROSHIMA (その1 世界遺産編)

先日、チーム・エンジニアで広島に行ってきました。1泊2日の社員旅行です。

小雨の中、平和記念資料館へ。

平和記念資料館

 

 

 

 

広島には何度も仕事で来ていますが、資料館の内部に入るのは今回が初めてでした。1945年8月6日にいたるさまざまなプロセス、戦況、そしてエノラ・ゲイによる原爆投下。その瞬間の広島の人々の生と死がストップモーションのように再現されています。数万の人が一瞬のうちになくなり、数か月以内の約10万人が命を失うという人類史上最悪の出来事を、あらゆる角度から検証、記録されています。

地球平和監視時計

 

ロビーにある「地球平和監視時計」の上段は原爆投下からの日数、下段は最後の核実験からの日を表示しています。

この日は、最後の核実験から502日と表示されていますが、私たちが訪れた3日後に米国が臨界前核実験を行ったことを発表したらしく、またゼロにリセットされたと思います。

平和を祈念せずにはいられません。

 

宮島口からフェリーに乗り、安芸の宮島に到着です!

チハル@チーム・エンジニア

 

 

 

 

原爆ドームと同じ1996年に世界文化遺産に登録された厳島神社チーム・エンジニア@厳島神社

 

 

 

海に浮かぶ高さ16メートルの大鳥居は迫力満点。 

鮮やかな朱色の廻廊を歩いていると、幽玄の世界に引き込まれます。チーム・エンジニア@安芸の宮島

 

 

 

大願寺の弁財天様にもお参りしてきました。ご真言は 「おん そらそばていえい そわか」

【続く】

【ウルス童話】 ウ〜ルス君、遊びましょう!(アヒルちゃん)

Good Morning Urus!  

アヒルちゃん、オハヨウ!

ウルスおはよう

 

 

 

 

What shall be play,Urus?

ついておいで! いい遊び場所を見つけたんだ。

ついておいで

 

 

 

 

 

ついたよ! アヒルちゃんの大好きな川もあるよ〜

Waooh!  it's a nice place!

さあついたよ

 

 

 

 

 

じゃあ、ここでかくれんぼでもしようか?

Okey Dokey!  Let's play tag!

かくれんぼしよか

 

 

 

 

 

■登場人(?)物

ウルス・・・・惑星ウルスからやってきて、頭がつぶれたネジが大好物の新型恐竜。研究所のレンスラー博士のもとで活躍中。http://www.engineer.jp/urusu/

アヒルちゃん・・・・オランダのホフマン氏によって創られた。成長すると巨大なラバーダックになる。12月12日から2週間、お母さんダックが中之島にやってくるのを楽しみにしている。

ラバーダックを見てきました!

昨日、「ラバーダック」を見てきました!

水都大阪2009光のルネッサンスで登場して、大人気となった、あの、「ラバーダック」が、大阪市住之江区の名村造船跡地で10月1日〜3日間展示されました!

建物の上には「名村船梁」という旧社名が掲げられています。私も以前岡山県の造船会社で10年間エンジニアをしておりましたので、とても懐かしく感じました。

正門奥に、黄色いアヒルちゃんがちらっと見えていますね〜

名村造船

 

 

 

 

 

早速、中に入ってみると!!

ラバーダック@名村造船

 

 

 

 

いました、いました! やはり大きいですね。

高さ約10メートル。

ラバーダックと2shot

 

 

 

 

 

アヒルちゃんと2ショット!

アヒルちゃんの目が真中にあるのではなく、ちょっとずれているところが可愛さの秘密らしいですね。 自分のほうを見てくれているようで、どこか横を眺めているような・・・・。

ラバーダック

 

 

 

 

造船所だけあって、ドックに浮いています。

ラバーダックは、オランダの芸術家F.ホフマン氏のアート作品。

「ラバーダックには国境もなければ、差別することもなく、政治的な意味合いもない。水辺に浮かぶ、親しみやすいアヒルは、人々に癒しを与え、世界の緊張を緩和する。」というホフマン氏のメッセージの通り、フランス、ベルギー、ブラジルなど国境を越えて展示されてきました。

所有者は千島土地(株)で、地域創生・社会貢献事業の一環として、「アヒルプロジェクト」にも力を入れています。

アヒルカー

 

 

 

この車はT-シャツやステッカーなどのラバーダック・グッズを販売する「アヒルカー」。私もいくつか購入しました!今回はレプリカの販売はありませんでしたが、ここだけのナイショ話です・・・ 12月中旬に約2週間、大阪市内某所で再度「ラバーダック」が登場する予定です! その際は、この「アヒルカー」でレプリカも販売されると思いますよ。乞うご期待!

 

■正門の建物の写真に「DESIGNEST」という白い垂れ幕があったのに気がつかれたと思います。これは「ラバーダック」展示と同時に開催された「DESIGNEAST 01」 という「都市/デザイン」をテーマとした3日間に渡るイベントです。

WORKSHOP2WORKSHOP

 

 

 

 

椅子

 

 

 

 

1階から4階まで、ミナーやモノ造りWORK SHOP、海外デザイナーの作品(椅子)展示などさまざまイベントが開催されています。

大阪の中小企業、特にモノ造り企業の復活は「MPDP」(Marketing Patent Design Promotion)にあると確信していますので、大阪の若いデザイナーやクリエーターに活動とPRの場を与える「DESIGNEAST 01」のようなプロジェクトには大いに期待しています。

同時に、「アヒルプロジェクト」や「DESIGNEAST 01」などを通じて地域創生事業を推進しておられる千島土地(株)様にも感謝したいと思います。

公開ミーティング@大阪創造取引所2010

10月26日‐27日に堂島リバーフォーラムほたるまち)で開催される「大阪創造取引所2010」の案内チラシが完成したという事で、事務局のNHKプラネット様から届きました。

できたてほやほやです! 

9月22日の近畿経済産業局での局長会見に同席させて戴き、簡単なプレゼンテーションを行い、また9月27日には「創造取引クラブ」で少し詳しくお話させて戴きました。 これらはいずれも10月27日の公開ミーティングに関連したものでしたが、正式なチラシができていなかったので詳しいご案内ができず、言葉足らずの部分があったかもしれません。申し訳ありません。

以下に内容を掲載させて戴きます。(クリックで拡大します。)

大阪創造取引所最終原稿-2

 

 

 

 

 

 

 

チラシにも掲載されていますが、10月26日-27日の公開ミーテングでは、グーグル名誉会長の村上憲郎氏、工業デザイナー喜多俊之氏奥田充一氏などそうそうたるゲストが登壇されます。

 

 

そして・・・・そんな中、10月27日(水)11時 私と画屋の小川さんが登場。

 

ネジ・ザ・ウルスのヒットの秘訣」 

 

工具メーカーと漫画制作会社のコラボレーション

 

というテーマで公開トークをさせて戴くことになりました!

 

いや〜緊張するな〜

 

(株)スーパーステーション代表の野村卓也氏にファシリテーターをつとめて戴きます。どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

大阪創造取引所最終原稿-1

 

 

 

皆様、是非お越しくださいね!

 

入場は無料ですが、事前登録が必要です。大阪創造取引所2010事前登録はこちらから

 

プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ