一家に一本、ネジザウルス!をめざす社長ブログ

「道具」に機・能・美を追求して、世界中に発信する株式会社エンジニア

2011年05月

「世田谷ベース」にネジザウルス・オヤジが登場?出演?

今回放映の所さんの世田谷ベース(第102回)のタイトルは、『満員御礼!ニコタマ展お忍び視察』。
※再放送 6月1日(水)26:00〜26:55、6月5日(日)23:00〜23:55 BSフジ


そうです! 4月27日から5月8日までの12日間、玉川高島屋S・Cで開催され、連日満員御礼の大盛況だった「史上最大のニコタマ上陸作戦」です。ニコタマロゴ










このブログでも毎日【速報】で戦果をご報告しましたが、私どもチーム・エンジニアもネジザウルス・ブースを出展させて戴き、世田谷ベースストアでネジザウルスGTを販売致しました。お陰様で、SEAFのロゴとお好きな名前をステンシルフォントでお入れする会場限定のネジザウルスが大好評でございました。有難うございました!ニコタマストア








NISHIKI様2

そこで今回の放映ですが、上陸作戦7日目の5月3日08:30分、所ジョージ司令官と清水圭副官が開場前のニコタマにお忍びで視察に来られたのです! ちょうどアメリカ合衆国の大統領が前線の基地を電撃訪問するかのように、スタッフには事前には知らされていませんでした。(撮影スタッフは展示風景だけを収録する目的でスタンバイしていましたが、そこにいきなりお二人が登場!) いや〜チーム・エンジニアや会場のスタッフの喜ぶまいことか! どよめきこそ上がりませんでしたが、緊張と興奮が会場内に広がります。

そして、いつもの所さんと清水さんのかけあいトークが炸裂します!「ここ、広くていいね〜これからずっとここで収録しない?」、「高島屋さんくれないかな〜(笑)」

うっわ〜、番組やん! 周りの関係者が笑ったり、所さんのトークに反応したりするシーン(音声)がありますが、いままさに私たちが関係者やん!

スゴイな〜これが世田谷ベースか〜 ・・・・ としばし感動しながら見ておりましたが・・・あっ!会場を順番に回ってはるわ・・・ ということは、もうすぐネジザウルス・ブースにも?? 

当日スタッフで詰めていた超ラッキーなGENちゃんとイッシャンとともに、ネジザウルス・ブースに戻ります。 う〜ん、私はどこに立ったらええんやろか〜 レーザーマーキングの実演を所望されるかもしれないから、この辺かな? ウルスの携帯ストラップをお渡しするタイミングはあるかな〜?など、頭の中をフル回転(空回り?)させながら、スタッフとともに直立不動で待っておりました。

いま、お隣の清水圭さんのマグナムの前でお話されている。次や〜、もうすぐや〜 (ドッキン、ドッキン)

そして遂に、所さんが「こんにちは〜」と気さくに声をかけて戴きながらブースに来られました。「大変お世話になっております!視察お疲れ様でございます!有難うございます!」と大きな声でご挨拶しなければと思いましたが、笑顔で何度もお辞儀をするのが精いっぱいでした。(大変失礼いたしました〜) それから後は、緊張と興奮と幸福感で、記憶が断片化してしまっておりました。今回の放映で、「あ〜そうだったのか!」とあらためて記憶が甦り、感動しております。ニコタマ挨拶









この続きは、是非、番組の再放送でご覧くださいね!
再放送(BSフジ)は6月1日(水)26:00〜26:55、6月5日(日)23:00〜23:55です。

ちょうど12日間の真ん中に来て戴きまして、チーム・エンジニアのネジザウルス・ブース守備隊の士気も飛躍的に高まりました!!所ジョージ総司令官殿そして清水圭副官殿、電撃視察有難うございました! 

平成23年度全国発明表彰「日本商工会議所会頭賞」を受賞しました!

弊社の「頭が潰れたり錆びた小ネジをつかんで外す道具」(ネジザウルス)の発明が、このほど社団法人発明協会が主催する平成23年度全国発明表彰において、「日本商工会議所会頭発明賞」を受賞しました。

全国発明表彰は、大正8年の第1回帝国発明表彰開催にはじまり、優れた発明を完成した人、実施化に尽力した人、発明の指導・奨励・育成に貢献した人を顕彰することにより発明の奨励・育成を図り、我が国科学技術の向上と産業の振興に寄与することを目的として行っています。


GD受賞写真









ネジザウルスGT










受賞対象は2002年に出願し、2003年に特許登録された発明(特許第3486776号)です。 本発明は、通常のプライヤー先端に設けられている「横溝」を90度回転させて「縦溝」としただけでなく、「縦溝」に後方にゆくに従って離れてゆく角度を持たせた事が最大の特徴です。これにより、ネジの外周をつかんだ際のプライヤの挟み面が平行になり、且つ、ネジの最外周に噛み込む事ができる為で極めて大きな回転摩擦力が発生し、頭が潰れたネジを容易に外すことができます。 現在、ネジはあらゆるところで使用されています。「ネジザウルス」が普及することで、自動車やオートバイのメンテナンス、産業用機器の保守作業の能率向上だけでなく、一般家庭でのリサイクルや分別回収などの環境保護にも貢献できます。
特許証_日本






















本賞の表彰式は、6月20日に虎ノ門のホテルオークラで常陸宮殿下、同妃殿下ご臨席のもと行われる予定です。ネジザウルスの開発、製造、組立、営業、出荷などを行ってきたチーム・エンジニア全員が受賞者です!この名誉ある受賞を喜びましょう!そして更なるイノベーションに向かって全員で力をあわせてゆきましょう!
そして、ネジザウルスをお使い戴いている全ての皆々様に感謝申し上げます。有難うございました!

元世界GPメカニックの吉村誠也さんが!!

一昨日、京都在住の元世界GP(グランプリ)メカニックの吉村誠也さんと初めてお会いさせて戴きました。

ご自身のブログにも書いておられるように1年半かけてチューンアップされた愛車YAMAHA XJ900に乗ってこられました。しかもなんと、前日に車検が通ったばかりのできたてホヤホヤの「超爽快チューンアップ」マシンです。

手前が吉村さんのXJ900(排気量900cc)。お隣はDr.Ginjiroの250cc。やはり格が違いますね。更にその奥、ちょっと見えているのがDr.Rensslaerの愛車(排気量は青色吐息)です・・・(^^;)
XJ-900









そして、爽快チューンの秘密を見せて戴く事になりました!! パチン、パチンと外装カウルやカバーをいとも簡単に外してゆかれる吉村さん。え〜こんなに簡単に?Dr.Ginjiroとイッシャンも固唾を飲んで見ています。ハラハラ、ドキドキ・・・
XJ900着脱中








そして、ものの数分でメカトロニクスの塊が出現しました!!
XJ900素っ裸









近くによって見てみると・・・えっ!これがバイク?というほど電気系統がチューンアップされているのが良くわかります。吉村さんによると「各部をリレー給電にする」改造が今回のチューンアップの主目的の一つとの事でした。
ダスベーダ―1













ダスベーダ













素人ですので詳しい事は全くわかりませんが・・・アナキン・スカイウォーカーダース・ベイダーになったような超精密かつ強力な改造がなされているという印象を受けました。「爽快チューン」にご興味がある方は是非こちらをご覧ください!

■■■■■
その後、ネジザウルスGTをはじめとするチーム・エンジニアの開発工具をご覧戴きました。その中で「ポケットベンダー(品番:TV-40)」というアルミ板を曲げる工具については、「これを1年半前に知っていたら、改造の内容が変わっていたのに!残念〜!(笑)」とおっしゃって戴きました。どこが、どう変わっていたかは「謎」ですが、次回の「爽快チューニング」時には是非お使いくださいね!吉村さんと2ショット













これからもチーム・エンジニアはバイクメカニックの方にご愛用戴けるような工具を開発してゆきたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。今回は本当に有難うございました!
吉村さんと3ショット

両手に女流作家!?

先週、社会保険労務士の井寄奈美さんの出版記念会に参加させて戴きました。社労士だけでなくさまざまな士業の方や中小企業の経営者、ブログやツイッター仲間など70名以上が集まってお祝いをしました。「昭和の宴会」という謎めいた案内を戴きましたが、そのココロは・・・・この写真(右)のように新地のお姉さんのような衣装をまとった井寄先生が昭和の宴会につきものの「コンパニオン」になる・・・というだけの(笑)ものでした。でもみんなから記念撮影をせがまれていたので、結構人気があったのでは・・・?両手に女流作家  












そして、偶然お隣の席になった左の女性も作家(のタマゴ)という事をお聞きしてビックリしました!FP(ファイナンシャル・プランナー)の前野彩さん。6月に日本経済新聞社から処女本を出版されるとのこと。子育てママさんを対象にした「一生役立つお金のキホンamazonでも予約受付中のようなので、皆様も是非どうぞ!

いや〜みなさん、素晴らしいですね。バイタリティーがあります!女性がもっともっと社会で活躍されることで、日本が元気になってゆくような気がします。

でも男も負けてられへんし。処女作に挑戦して見ようかな〜(笑) その時は先生方、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます!!

中小企業総合展で「ネジザウルス」受賞パネルが展示されます。

5月25日(水)〜27日(金)にインテックス大阪6号館A・Bゾーンで開催される中小企業総合展2011 in Kansaiネジザウルスの受賞パネルが展示されます。(入場無料)

第23回中小企業優秀新技術・新製品賞「優良賞」を受賞した「ネジザウルスGT」で、展示位置は6号館Bゾーンの「りそな中小企業振興財団」コーナーです。

中小企業総合展










皆様、中小企業総合展にお出かけの際は、りそな中小企業財団のパネル展示も是非ご覧くださいね!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
りそな中小企業振興財団からは来場案内のパンフレット数部とともに、2011年5月11日にホテルグランドパレスで行われた贈賞式の写真が送られてきました。専属のカメラマンに撮影して戴いた写真表彰状授与1です。












りそな中小企業振興財団の水田廣行理事長から表彰状を戴いているところで、大変良い記念になりました!本当に有難うございました!表彰状授与2

ウルスの大冒険 4コマ漫画 【心のネジ編】

羅仙(らせん)家の長男で高校1年生のなめ太がどうやら5月病・・?何もする気が起こらず布団に入りっぱなし・・・心配そうに兄を見守るさび太。またまた博士たちとウルスが登場!今回のネジは・・・なめ太の「心のネジ」です!なめ太の当番になっている家の周りの掃き掃除を3人が手伝う事に!みんなの友情に感謝するなめ太だったが・・・・博士たちはなめ太の【心のネジ】を回せるのか!? 続きはこちらをご覧くださいね〜



レンスラー博士





ウルスの大冒険は毎月1回(月初)、新作の4コマ漫画がWEBで公開されています。こちらからご覧ください。

ウルスと仲間たちのメッセージ(東日本大震災)

Message from URUS and his fellows

この度の東日本大震災で亡くなられた
方々のご冥福をお祈りするとともに被災者の方々へお見舞い申し上げます。

世界のみなさまのご支援と真心…
本当に本当にありがとうございます!

んな苦難でも人類はあきらめず乗りこえてきましたんや!今はしんどくても…きっとよぅなりまっせ!

あきらめない心」で…この地球の上に素晴らしい世界を一緒に創ってゆきましょう!



レンスラー博士

ウルスの大冒険 4コマ漫画 【ウルス進化編】

今回のウルスの大冒険は【ウルス進化編】。今回初めて明らかにされるネジ・ザ・ウルス誕生秘話!お楽しみください!


******************************
場所はおなじみe研究所。レンスラー博士とDr.Ginjiroがウルスの進化記録を振り返っています。テレビではウルスが大ファンの所ジョージさんの世田谷ベースが放映中。ウルスが地球にやってきてe研究所で居候をはじめた幼年期、ネジタリアンのウルスは研究所の倉庫にストックされたネジを毎日食べていました。しかし、固く締めつけられたネジを外して食べることはできませんでした。そんなある日、ウルスのDNAが突然変異して、何と・・・・!! (続きは以下をご覧くださいね〜)



nejisaurus
ウルスの大冒険は毎月1回(月初)、新作の4コマ漫画がWEBで公開されています。こちらからご覧ください。


中小企業優秀新技術・新製品賞の記念誌に掲載されました。

5月11日に贈賞式が行われた中小企業新技術・新製品賞で「優良賞」を受賞した「ネジザウルスGT」に関する技術が記念誌に掲載されました。

授賞式で戴いた楯と同じく、幸福を呼ぶ鳳凰が表紙を飾っています。本賞のシンボル的な存在なのでしょう。
りそな優良賞表紙




















今年は一般賞の応募総数416件の中から優良賞8件を含む30件が選ばれました。
りそな優良賞内容















ご多用の中、審査にあたられた吉川弘之委員長様をはじめとする審査委員の皆様にあらためて感謝致します。有難うございました!これからも、チーム・エンジニアは道具のイノベーションを続けて参ります。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

.審査委員(敬称略・順不同)
委員長吉川 弘之科学技術振興機構研究開発戦略センター長
委 員盡供^賚中小企業庁 長官
前田 正博中小企業基盤整備機構 理事長
小原 満穂科学技術振興機構 理事
青木 利晴(株)NTTデータシニアアドバイザー
浅井 紀子中京大学教授
玉井 哲雄東京大学大学院教授
中川 威雄東京大学 名誉教授
橋本 久義政策研究大学院大学 教授
堀池 靖浩物質・材料研究機構 名誉フォロー
岡村 裕りそな総合研究所(株) 社長
水田 廣行りそな中小企業振興財団 理事長(主催者)
越智 道雄日刊工業新聞社 取締役編集局長(主催者)

 

.専門審査委員(敬称略・順不同)
[一般部門]
委員長堀池 靖浩物質・材料研究機構 名誉フェロー
委 員佐藤 文一中小企業庁 経営支援部創業・技術課長
浅見 徹東京大学大学院情報理工学系研究科 教授
安齋 正博芝浦工業大学デザイン工学部デザイン工学科 教授
泉 克文泉特許事務所 弁理士
植松 豊コンサルR&D 代表
内川 英興三菱電機(株)役員理事 知的財産センター長
大滝 英征埼玉大学 名誉教授
小林 慶三産業技術総合研究所 サステナブルマテリアル研究部門
研究グループ長
齊藤 誠一小田・齊藤特許事務所 弁理士
高井 まどか東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 教授
中村 聡東京工業大学大学院生命理工学研究科 教授
中山 實鹿島建設(株)技術研究所 専任役
松岡 甫篁(株)松岡技術研究所 代表取締役
光石 衛東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻教授
宮永 賢久オフィス・ノバ(株) 代表取締役
村中 昌幸村中技術士事務所 所長
吉田 保日本工営(株) 取締役常務執行役員
技術本部長兼技術企画部長
渡部 幸夫(株)東芝 電力システム社
電力・社会システム技術開発センター 技術主幹
渡 淳二サッポロビール(株)取締役執行役員営業本部副本部長兼
新価値開発部長












中小企業優秀新技術・新製品賞の贈賞式に出席しました!

ネジザウルスGTが、第23回中小企業優秀新技術・新製品賞の「優良賞」に選ばれ、本日午前10時半から東京九段下のホテルグランドパレスで贈賞式が行われました。

東日本大震災でお亡くなりになられた方への黙祷の後、主催者を代表して、りそな中小企業振興財団の水田廣行理事長と日刊工業新聞社の井水治博社長のご挨拶がありました。科学技術振興機構研究開発戦略センター長の吉川弘之審査委員長からの審査講評に続いて贈賞式となりました。
一般部門の「優良賞」を受賞した潰れたネジを外せるツール「ネジザウルスGT」に対して、水田理事長から表彰状を授与されました。有難うございました!
授賞














表彰状













鳳凰をあしらった立派な記念楯と副賞も授与されました!感激です!
金屏風前で記念撮影

















表彰盾

























中小企業庁長官からのご祝辞が披露され、りそなホールディングス細谷英二会長からは、「震災復興のためには今回受賞された皆さん方のような中小企業に国民が期待しています!」という熱い想いのこもったメッセージを頂戴しました。最後に、受賞者代表挨拶として中小企業長官賞を受賞したナイトライド・セミコンダクター株式会社の村本社長から、「紫外線発光ダイオードによる太陽光に近いRGB方式白色LED」の開発エピソードの披露がありました。「実現不可能と言われ、何度も壁にぶつかり、挫けそうになることもあったが、なにくそ!という想いで完成した。ほとんどのイノベーションは中小企業によるものではないでしょうか?我々は従業員10人の小さな会社だが、これからもイノベーションを追及してゆきたい!」 ・・・・・・分野は違えど我々チーム・エンジニアも全く同じ気持ちです。

最後に全員で記念撮影を行いました。さて、ネジザウルス・オヤジはどこにいるでしょう?記念撮影











ここにおりました!これは写真班として同行してくれたDr.Yasuda撮影ですので、カメラ目線になっているのは私だけ!?
記念撮影ここです


 








最後になりましたが、このような素晴らしい受賞の場を与えて戴きました、主催者のりそな中小企業振興財団様と日刊工業新聞社様、そして、震災前後のご多忙の中、審査を行って戴きました吉川弘之委員長様をはじめとする審査委員の皆様に、心から御礼申し上げます。まことに有難うございました。

今回の受賞を機に、チーム・エンジニアは更なるイノベーションを続け、世界中の人々の役に立つユニークな発想の道具を創り続けてゆきたいと思っています。皆様、今後とも宜しくお願い申し上げます。


Archives
プロフィール

ネジザウルス・タカサキ

こんにちは!既存の概念にとらわれない自由な発想で、新しい工具の世界を創造する螢┘鵐献縫△旅盧蠅任后

略歴:東京大学舶用機械工学科卒業後、造船会社のエンジニアとして10年間勤務、この間米国のRPIの修士課程卒業ののち、1987年2月家業の工具屋に入社、2004年9月に2代目社長となる。来年2013年は創業65周年を迎える。

「ネジザウルス・タカサキ」のルーツ:
小学生の頃、1歳上の姉と一緒に大阪の父親の会社によくアルバイトにきていました。ニッパやペンチのビニール絶縁と防錆油の入り混じった匂い、パッケージの四角い箱・・・・。仕事の後は、叔父の家で夕食を食べることもありました。(当時の社員さんで、いまでも働いて戴いている方も何名かおられます!)

大学卒業後、造船会社で、舶用ディーゼルエンジンの事故調査を担当し、世界中を飛び回りました。頻発する燃料ポンプの固着事故の原因が、プランジャー表面の微細な機械加工の凹凸であった事、クランク軸の軸受け損傷が、プロペラと船体の電位差によるスパークエロージョンが原因であった事など大事故のトラブルを迅速に解決できたことは大きな自信になりました。

レンスラー工科大学は全米最古の工科大学で、GEの発祥の地であるNY州のTroy市にあります。NASAのアポロ月面着陸指揮者のジョージ・ロー氏が学長でした。
大学院では、Tribologyという分野の研究を行いました。トライボロジーとは潤滑、摩擦、摩耗、焼付などを対象とする科学と技術です。スペースシャトルの耐熱タイルが脱落した事故の原因をテーマにした講義もあり、航空宇宙技術の深さを実感しました。軸受のコンピューター解析を行った修士論文はASME(米国機械学会)にも掲載されました。

その後、父と叔父が創業した作業工具メーカーに、家業を継ぐ形で入社しました。入社当初は、舶用エンジンに使用される直径200mmもの大きなネジと、直径2mmの小ネジとのスケールギャップも感じたこともありました。その後は、工具の品質不良の原因追究と対策などに、造船会社時代のトラブルシュートの経験が大いに役に立ちました。そのお陰もあり、ISO9001(品質)も早期に取得し、ISO14001(環境)も引き続き取得できました。

現在の「ネジザウルス・タカサキ」は世界で通用する工具の開発に向けて、社員とともに日々奮闘努力しております。

■中小モノ造り企業の活性化の為には、M(マーケティング)、P(パテント)、D(デザイン)、P(プロモーション)という4つの必須要素全てが融合したときに初めて大ヒット商品が誕生するという確信を持ちました。MPDP戦略と命名しています。

■平成25年春 黄綬褒章受章
このたび黄綬褒章受章の栄に浴し、身に余る光栄です。これもひとえに受章の対象となりました「ネジザウルス」を長年ご愛顧いただきましたお客様、並びにご指導を賜りました機械工具業界、関係団体の皆様方のお陰と心より感謝申し上げます。一緒に汗を流してきた社員とその家族とともにこの喜びをわかちあいたいと思います。今回の受章を機に、モノづくり企業活性化のための「MPDP理論」と「知的財産管理技能士」の普及に取り組んで参りたいと存じます。


■家族:妻と娘(音大生)

趣味:居合道(無双直伝英信流)初段 卓球(中ペン 裏&粒高)

資格:知的財産管理技能士(国家資格2級)

年齢:58歳

●ホームページ
http://www.engineer.jp

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ