一家に一本、ネジザウルス!をめざす社長ブログ

「道具」に機・能・美を追求して、世界中に発信する株式会社エンジニア

2012年06月

メキシコ産まれの不思議な恐竜!?

先日来社されたメキシコ人弁護士のアレックスさんが、MPDP講義のお礼という事でお土産を持って来て戴きました。
それはメキシコ生まれの不思議な恐竜!!イグアナのようでイグアナでない、想像上の生き物。アレブリヘス(Alebrijes)と呼ばれるウッド・カーヴィングで強烈な色彩と絵柄が印象的です。
P1020847










せっかくなのでe研究所の裏庭(ウルス星原生林)に連れていってやりました。美味しそうに川の水を飲むイグアナドンの後ろに怪しい人影が・・・!?
IGUANAGT



















アレックス、有難う!!今度中崎町のメキシコ料理店に一緒に行きましょう!

VamPLIERSが米国のPopular Mechanics誌に掲載されました!

Popular Mechanicsは米国で最も人気があるメカニック誌です。2012年7月号に、弊社のVamPLIERS(=ネジザウルスGTのUSA版)が掲載されました!
英文でのコメントも面白いですよ。特に最後の部分!!是非読んでみて下さい! 'not blood,we hope.'
Popolar Mechanics




















しかも掲載ページも28ページと縁起がいいですね〜(プチ解説:株式会社エンジニアの変更前の社名は双葉工具株式会社。双葉=28なんで、社員みんな28という数字には愛着があるんです。)
VamPLIERS @Popular Mechanics

KOSENとMPDPの相性抜群!?

6月11日、香川高等専門学校産業技術振興会主催のセミナーに講師としてお招き戴きました。同振興会は、香川高専と地元企業との連携によるイノベーションを推進し、地域の発展の為に貢献するための組織で、株式会社ヒューテックの平田喜一郎氏が会長を務めておられます。

会員企業の幹部の方や、香川高専の嘉門雅史校長先生をはじめとする教授の皆様に 「ものづくり企業を活性化する4つの秘訣
 〜ネジザウルスGTの開発から得られたMPDP」という演題で約70分お話をさせて戴きました。ご参加の会員企業様にどれだけお役にたつお話ができたかどうか、心もとありませんが、「MPDP」の考え方を少しでも活用戴ければ幸いです。

会場の様子(後ろ)















二人目の講師の富山工業高等専門学校の袋布昌幹准教授のお話から、日本のモノづくり再生にとって、KOSENが極めて大きな役割を担う可能性があると感じました。5年一環教育という強みを活かし、単なるモノづくりの技術や研究だけでなく、事業として成功させるまでのプロセス、即ち「MPDP」を実践教育できる場であると確信しました。KOSENとMPDPは極めて相性がいい〜!!絶対にそう思います。全国のKOSENの生徒さんにも是非「MPDP」を勉強して戴ければと願っております。

このような講演の機会を作って戴きました香川高等専門学校 地域人材開発本部 兼四国地区産学官連携コ-ディネータの関丈夫教授様には大変感謝致しております。有難うございました。


*************************
ディーゼルエンジン技師時代(1977-1988)にお世話になった岡山県玉野市の造船所時代の先輩が聴きに来てくれました!有難うございます。懐かしかったです!!
鷲田先輩

メキシコの特許庁関係者3名が来社されました!

昨日、大阪工業大学の知財学科長林教授とともに、メキシコの知財専門家3名が来社されました。ノラさんとカルラさんはメキシコ特許庁(IMPI)の弁護士さん、アレハンドロさんは知財専門の弁護士さん(ATTORNEYS AT LAW)で、大工大で日本の知財制度などの研究留学中です。

メキシコの知財専門家の方に弊社においで頂くのは、2010年2011年に続いて3年目です。
メキシコからのゲスト
















知財学部3年生の諸君も一緒に来てくれました。(インターンシップでも待ってるよ〜)
大工大のお客さん
















2010年にお聞きしたときは、メキシコでは特許出願の97%が米国やヨーロッパ日本などの海外企業からの出願。メキシコ企業からの出願は僅か3%と地場企業が特許をほとんど取得できていない状況との事でした。今回、同じ質問をしたところ、80%が海外から、20%が国内企業とやや改善されているようですが、まだまだ啓蒙が不十分と感じておられました。

弊社からのプレゼンテーションとして、前回同様「 ものづくり企業を活性化する4つの秘訣 〜ネジザウルスGTの開発から得られたMPDP」を約1時間半お話させて戴きました。英語でのプレゼンも3回目になるのですが、まだまだ思うように話せませんでした。拙いプレゼンでしたが皆さん熱心に聴いて戴き、まことに有難うございました。

メキシコの特許制度の普及啓蒙とともに、事業を成功させるための「MPDP」の考え方も広めて戴ければ嬉しいですね!

Buena suerte!

日本の土木インフラ技術を世界に!!

6月1日に東京工業大学で開催された日本コンクリート工学会主催の研究委員会の報告会に参加して参りました。コンクリート工学会






















微破壊試験を活用したコンクリート構造物の健全性診断手法調査研究委員会」の2年間にわたる活動成果を、4つのワーキンググループ(WG)が発表されました。弊社の安田上席研究員は同委員会の副委員長として「微/非破壊試験の活用方策に関する第4WG」を担当させて戴きました。安田主査報告













委員会メンバー


























4つのワーキンググループの熱心な研究発表を聞かせて戴きまして、大変心強く感じたことがあります。韓国や中国などに追い上げられ、追い越されて、苦戦を強いられている日本の家電産業ですが、「素材」や「部品」など川上に位置する産業はまだまだ元気があります。同様に、コンクリート構造物などの土木分野は華やかな建築物に比べると地味な存在かもしれませんが、その高度なインフラ技術は世界に輸出できる日本の強い産業分野です。またコンクリート建造物の健全性判断という保守ノウハウも海外で極めてニーズの高いサービスであると確信しています。弊社でも保守サービス分野でお役にたてる装置、工具の開発を鋭意進めてゆきたいと考えております。今後とも日本の土木工学、コンクリート工学の発展を大いに期待しております。
全員集合

「ラセン銀河の大家族」 第6話が完成しました!!

ネジザウルス累計100万本記念の「ラセン銀河の大家族」。 第6話「ネジれた家族の仲直り」が完成しました!100万本達成ウルスバナー













【前回までのあらすじ】

ネジがどんどん錆びていく不思議な現象が頻発! 宇宙の放浪家族ネジクレール家の末裔の恐ろしい陰謀により大阪中のネジが錆び出し、通天閣までが!! 地球を救うための唯一の方法がネジクレール家の一人娘「瑠璃」とラセン家のなめ太との結婚であった。瑠璃を自宅に招待し、プロポーズしたなめ太だったが、父親ネジクレールの説得という難問が控えていた。1話





















【第6話 ネジれた家族の仲直り】
ネジクレールに瑠璃との結婚の承諾を迫るなめ太。体を張ったなめ太の強烈な粘りにネジクレールもついに根負け。「そんなに娘がすきなら、好きにするがいい」 婚礼の儀式「家族の絆をつなぎとめるネジ」をしめる二人・・・世界中の錆びたネジが消えて大喜びのe研究所。しかし、その上空に不気味な「月」が近づいていた・・・・ (続きはこちらから
rasen-mcsize51




























「ラセン銀河の大家族」は毎月1話づつアップして行きます。次回の第7話は7月7日の七夕、第8話は8月8日・・・・・そして9月9日の重陽の節句に最終回をアップする予定です。 どうぞご期待ください!

プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ