一家に一本、ネジザウルス!をめざす社長ブログ

「道具」に機・能・美を追求して、世界中に発信する株式会社エンジニア

道具

元世界GPメカニックの吉村誠也さんが!!

一昨日、京都在住の元世界GP(グランプリ)メカニックの吉村誠也さんと初めてお会いさせて戴きました。

ご自身のブログにも書いておられるように1年半かけてチューンアップされた愛車YAMAHA XJ900に乗ってこられました。しかもなんと、前日に車検が通ったばかりのできたてホヤホヤの「超爽快チューンアップ」マシンです。

手前が吉村さんのXJ900(排気量900cc)。お隣はDr.Ginjiroの250cc。やはり格が違いますね。更にその奥、ちょっと見えているのがDr.Rensslaerの愛車(排気量は青色吐息)です・・・(^^;)
XJ-900









そして、爽快チューンの秘密を見せて戴く事になりました!! パチン、パチンと外装カウルやカバーをいとも簡単に外してゆかれる吉村さん。え〜こんなに簡単に?Dr.Ginjiroとイッシャンも固唾を飲んで見ています。ハラハラ、ドキドキ・・・
XJ900着脱中








そして、ものの数分でメカトロニクスの塊が出現しました!!
XJ900素っ裸









近くによって見てみると・・・えっ!これがバイク?というほど電気系統がチューンアップされているのが良くわかります。吉村さんによると「各部をリレー給電にする」改造が今回のチューンアップの主目的の一つとの事でした。
ダスベーダ―1













ダスベーダ













素人ですので詳しい事は全くわかりませんが・・・アナキン・スカイウォーカーダース・ベイダーになったような超精密かつ強力な改造がなされているという印象を受けました。「爽快チューン」にご興味がある方は是非こちらをご覧ください!

■■■■■
その後、ネジザウルスGTをはじめとするチーム・エンジニアの開発工具をご覧戴きました。その中で「ポケットベンダー(品番:TV-40)」というアルミ板を曲げる工具については、「これを1年半前に知っていたら、改造の内容が変わっていたのに!残念〜!(笑)」とおっしゃって戴きました。どこが、どう変わっていたかは「謎」ですが、次回の「爽快チューニング」時には是非お使いくださいね!吉村さんと2ショット













これからもチーム・エンジニアはバイクメカニックの方にご愛用戴けるような工具を開発してゆきたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。今回は本当に有難うございました!
吉村さんと3ショット

所さんの世田谷ベースでネジザウルスGTが活躍しました!

タルボット社(独)製のレアもののドアミラーを所さんが入手され、愛車のシェルビー・コブラに装着する作業で、ネジザウルスGTが活躍しました!

50〜60年前に製造されたタルボットミラーの内部のネジが一部錆びていて、どんなドライバーでも回せなかったのを、ネジザウルスGTで弛めることができたとのことです!!

6月13日(日)放映のBSフジの「所さんの世田谷ベース」での1シーンです。

SEAF



 

【BSフジ再放送】617日(木)24002455 620日(日)23:0023:55

心配そうな清水圭さんを横目に、自信満々、コブラの車体に電動ドリルで穴をサクサクとあけられる所さん。

そして、説明書不要で、見事ミラーを装着された所さんはさすがでした。

もう1つのタルボットミラーは北野武さんの車にも装着されるとか!? そのシーンも見たいものですね! 

前回の放映ネジザウルスGTのネーミングについて、所さんから聞いておられた清水圭さんも、今回はきちんと「ネジザウルス」を覚えて戴いたようでとても嬉しかったです!前回の放映部分は未公開シーンも追加されDVDに収録され、発売されています!

ネジザウルスGTで解決したトラブル事例を全国の愛用者様から大募集してみたい!最もユニークな活用事例に「怪傑ネジザウルス大賞」の表彰と記念品をプレゼント! その際は、所ジョージ様@SEAFのタルボットミラーネジ外しもエントリー戴けるかも!? (工具屋のオヤジの妄想)

「全世界気がつくまで時間がかかる会(謎)」のGT会長様、有難うございました! お元気を取り戻され、本当に喜んでおります。会長様の面白く役に立つ世田谷ベースをこれからも楽しみにしています!弊社も、面白く役に立つ工具の開発に、楽しく取り組んでおります。 今後とも宜しくお願い致します。nejisaurus_Panel

 

 

 

 

「月刊ネジザウルス」

会津からものづくり人財育成事業の報告書が届きました。

会津ものづくり人財育成事業」の実施報告書が送られてきました!

会津ものづくり人材育成事業

 

 

 

 

 

 

 

弊社も微力ながらご協力させて戴きました「L字型オフセットドライバー」の共同研究成果も掲載されています。

ものづくり共同研究

 

 

 

 

 

 

L字型オフセットドライバーは昨年12月のセミコンショーにも出展され、好評のうちに初回限定制作10丁を完売されました。

更に、L字型ドライバーの進化バージョンの「可変ドライバー」は、平成21年度のパテントコンテスト日本弁理士会会長賞を受賞という快挙をなし遂げられました。

昨今、中国、韓国など新興国のパワーやグローバル戦略に圧倒されて、日本のモノづくりに陰りが見えるという声もありますが、福島県のこのような人財育成事業は必ず日本の活力の源泉になると確信しています

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ネジザウルス・タカサキ的 あいづっこ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

このL字型ドライバーの設計協力をさせて戴くきっかけになったのが、会津ものづくり研究WGの高橋リーダーです。

 

工業高校の生徒諸君のやる気を引き出し、3年間にわたってご指導してこられました。

 

そして、先日のブログにも掲載しましたが、ウルスカップを陶芸で制作して戴きました!

 

ものづくりの原点はやはり、人づくりなんだなあ〜とつくづく思います。

皮膚兎(うさぎ)と道具の不思議な関係

 
一昨日の、毎日新聞の朝刊の記事に思わず目がとまりました。
 
不思議な「皮膚兎」現象
道具を介しても体感
 
 
皮膚うさぎ
 
 
 
 
 
 
 
 
2010年2月16日 毎日新聞朝刊
 
 
 
脳には、道具を自分の体の一部(延長)と感じる(錯覚する?)メカニズムがある事が実験で証明されたという記事でした。
 
進化の過程で、それが有利に働く場面があったのでしょうか・・・?
 
石器を使って獲物をとったり、調理、加工したりというサバイバルの中で、道具を体の一部として使いこなす「脳」の仕組みができあがった?
 
工具屋としては、とても興味をそそられる内容です。
 
これからの研究にも大いに期待したいと思います。

セミコンジャパンの東北パビリオンで!

セミコン・ジャパン2009が幕張メッセで本日から開催されています。

5ホールの東北パビリオンのなかで、福島県の会津工業高校と喜多方工業高校の生徒が開発した「アイデア工具」が出品されています。(小間番号:5C-813)

この中で、弊社も少しだけデザイン面でお手伝いした「直角ドライバー」も展示されるとのことです。

実は今年7月、弊社のホームページをご覧になった会津ものづくり人財育成事業 、ものづくり研究ワーキンググループリーダの高橋様から、「福島県内の2つの工業高校の生徒がアイデア工具を考案・製作しているが、工具メーカーとしてアドバイスやコラボレーションが可能ですか?」というお問合せがございました。 

いろいろとお話をお聞きかせ戴き、日本のモノ造りを支える工業高校の生徒さん達のお力になればと思い、微力ながらお引き受けいたしました。

L字型オフセットドライバー

 

 

 

 

 

 

この「直角ドライバー」は、セミコン会場限定で10個、プレミア販売されるようです。

福島県商工労働部、産業創出課から招待状を送っていただきましたので、最終日(4日)にブースにお邪魔する予定です。

どんな反響だった? 何丁売れたの?・・・・初対面の工業高校の生徒の皆様からお聞きするのをとても楽しみにしています。

L字型オフセットドライバーパンフレット_

武蔵野電波のブレッドボーダーズが単行本に!

武蔵野電波さんのブレッドボーダーズが本になりました!

サブタイトルは・・・

「誰でも作れる! 遊べる電子工作」 

電子工作ファンには、とても楽しそう!

8月20日の「武蔵野電波のプロトタイパーズ」に「工具メーカーを訪ねて」というタイトルでブログ掲載していただきましたが、今回の単行本でもエンジニア製品と開発チームをご紹介いただきました!

社内でも大評判で回覧中なんですが、エンジニア掲載ページもさることながら、百瀬みのり先生のカラーグラビアページも密かな人気があるようです〜

詳しくはこちらから。 


(オーム社 スタパ齋藤船田戦闘機共著 2,520円) 

「工具メーカーを訪ねて」

先月、武蔵野電波の船田戦闘機さんスタパ齋藤さんの取材を受けた事はすでに本ブログでも掲載致しましたが、この度、その記事がアップされました!!

【武蔵野電波のプロトタイパーズ】 第10回 「工具メーカーを訪ねて」

10_title

 

 

 

 

タイトルバックの写真は、エンジニアの超精密圧着工具のひとつ「PA-20」の心臓部です。
2001年宇宙の旅」に出てくる「モノリス(石版)」みたいにカッコ良くアレンジされています!

エンジニアの独自性のある工具類をピックアップして、様々な角度から取材をして戴きました。

そして、工具の初心者の方にもわかりやすいように、写真だけでなく、動画まで武蔵野電波さんで撮影して戴きました! (モデルになっていただいた武蔵野電波さんの百瀬みのりさんにも感謝です。)

船田さん
スタパ齋藤さんの卓越した「検証力、説明力」によって、エンジニア工具の面白さと楽しさを感じていただけるのではないかと大いに期待しています。

皆様も是非、ご覧になって下さいね。

21世紀 ネジザウルス 第2章

【21世紀ネジザウルス 第2章 予告編】

SEAF Vol.9 から始まったネジザウルスの第1章は、ネジザウルスと愉快な道具たちを産んで、幕を閉じました。

そして、2009年8月 超進化したネジザウルスが再び大阪に出現しました。

パワーアップした、21世紀 ネジザウルスGT

GD

 

 

 

GTという名前に隠された意味を探るため、e研究所では「ネジザウルスよげんの書」の解読が進められています。

 

■ナベネジだけではなく、頭が低いトラスネジまでガッチリ回せる凄いヤツらしい。 すると Grip a Truss か?

■それとも、高性能、上位機種を意味する Gran Tourismo なのか?

どっちのGTにしたらええんや〜

 

「ネジザウルスよげんの書」 第2章最初のページには・・・・

西暦2009年8月 
きゅうせいしゅが せたがやに あらわれる。

と記されていました。

 

ひょっとするとこれは、救世主のイニシャルか?

世田谷の G・・・・ T・・・・・ というと?

 

頭のつぶれたネジの救世主GT@SEAF

 

さあ、第2章の始まりです!

ガオ〜!

(to be continued...)

武蔵野電波さんの取材を受けました!

先日、武蔵野電波の代表取締役の船田さんスタパ齋藤さんが、東京から取材に来られました。

武蔵野電波

 

 

 

 

秋葉原で気に入った工具を購入したら何故かいつもエンジニアだった!ということで、弊社にお声がかかりました。

製造部のスタッフから、精密圧着ペンチワイヤーストリッパーポケットベンダーミクロカッター鉄腕ハサミなど、コンピューター周辺で使用される各種工具の基本的な使い方をご説明させて戴きました。

さらに、エンジニア工具の特徴的な部分と、それを応用した上級者向けのスキルもご披露すると、たちどころにその真の意味をご理解されました。お二人ともさすがです!

詳しい内容につきましては、「武蔵野電波のプロトタイパーズ」で8月に掲載される予定との事です。 お楽しみに!

 

ブーメランのトギーさんが「世界を変える100人の日本人!」に出演されます。

ブーメラン世界チャンピオンのトギーこと、栂井(とがい)さんが、6月19日(金)20:00〜「世界を変える100人の日本人! JAPANALLSTARS スペシャル」(テレビ東京系列)に出演されるそうです。

トギーさんからのメールで初めて知りましたが、【あなたの側にきっといる「ニッポンの星」発見バラエティー】というのが番組の概要。

今回はスペシャル版ということで、豪華内容のようですが、その中でもおそらく一番下の「目玉企画」のところだと思いますよ〜

今回の日本の星は「全米が大興奮!ハリウッドの“ヤッターー”俳優」
ブラピ、キアヌ・リーブスを変幻自在に操る気鋭のクリエイター
ニューヨーカーが大熱狂!ほうきとバケツが似合うやまとなでしこ
365日働きづめ、2万人を救った神の手を持つ男
今回のスペシャルの目玉企画「世界で一番スゴ技チャンピオン」

皆さんも、トギーさんの華麗なるブーメランを是非お楽しみ下さい

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

トギーさんが昨年のシアトルの世界大会(個人で2位)遠征用として製作させて戴いたのが弊社の特殊断熱アルミケースでした。

そもそもは、「国際宇宙ステーションに滞在中の土井さんが投げたブーメランが、無重力の空間でも戻ってくることを実験で確認した。」というニュースに興味をもって、その紙ブーメランを作られたトギーさんにご連絡したのがきっかけでした。

私こと、ネジザウルス・高崎も、中学・高校と天文大好き少年でしたので、いまでも宇宙への憧憬はとても強いものがあります。

トギーさんの紙ブーメランが宇宙にゆかれたように、ネジザウルスも宇宙にゆきたいと願っております。

プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ