一家に一本、ネジザウルス!をめざす社長ブログ

「道具」に機・能・美を追求して、世界中に発信する株式会社エンジニア

音楽

齊藤一郎スペシャルコンサート

先週末、大阪中之島公会堂で開かれた「齊藤一郎スペシャルコンサート」に家内と行ってきました。

同氏は、東京芸大指揮科を主席で卒業、ウイーンで研鑽を積まれ、現在セントラル愛知交響楽団の常任指揮者としてご活躍中の気鋭の指揮者です。

高校の友人である吉井君から誘っていただいたのですが、「和敬塾」という首都圏のさまざまな大学で学ぶ男子学生の為の学生寮があり、そのOB組織である「塾友会」が、50周年記念として主催したコンサートでした。

吉井君はもちろん齊藤一郎氏も「和敬塾」の出身とのことで、会場には数百名の「塾友」とそのご家族、知人の方が来られていました。前衆議院議員の吉田おさむ氏も和敬塾塾友の1人として会場で応接のお世話をしておられました。

前半は、齊藤一郎氏のトークショー。

長身にピンクのスーツという派手ないでたちに、まずサプライズ。 「のだめカンタービレ」の指揮者のモデル(?)と噂されるだけのことはありそう。

和敬塾に入っていなければ、指揮者にはなっていなかったかもしれない。先輩、後輩との交流によって、音楽だけではない幅広い経験ができた。」

「ベートーベンがいなければ、100%指揮者にはなっていなかった。耳が聞こえなくなったあとの楽譜には、当時の楽器では出せない音域の音符も書かれていて、頭の中で音をイメージして作曲したのです。」 ・・・と言って、ピアノで弾いて聞かせてくれる齊藤氏。 

今世紀の偉大な指揮者たちの映像を次々とスクリーンに映しての解説がまた興味深かった。たった2小節で10回以上ダメだしする団員に嫌われる独裁的指揮者・・・褒め(まくっ?)て良い音を引き出すタイプの指揮者など・・・・経営者としても勉強になりました。

余談ですが、レナード・バーンスタインさんの声と話し方が、佐渡裕さんととても似ておられるのに気がつきました! これはひょっとすると大発見かも!?(ご興味があるかたは一度調べて見てくださいね。)

斉藤一郎

 

 

 

後半は、お色直しした齊藤一郎氏がピアノを弾き、セントラル愛知交響楽団のコンサートマスター吉田史人氏のバイオリン、本橋裕氏のチェロのトリオで演奏を聞かせてくれました。

「クラシックっていいなあ〜」という声が会場のあちこちから聞こえてきそうなコンサートでした。

梯剛之(かけはしたけし)ピアノリサイタル

全盲のピアニスト梯剛之(かけはしたけし)さんのリサイタルが5月14日(木)午後7時から宝塚ベガ・ホールで開催されます。

梯剛之








娘もボランティアとして少しだけお手伝いさせて戴いている宝塚アーティスト協会が主催していますが、私は残念ながら仕事の関係で聴きに行けません。

まだチケットは入手可能ということなので、ご希望の方はお早めにどうぞ!


今回は「オール・ベートーヴェン・リサイタル」とのこと。

公式サイトでベートーヴェンへの思いを次のように熱く語っておられます。

『皆様こんにちは。梯剛之です。(中略)
この二年僕はほとんど毎日ベートーヴェンだけと真正面から向き合っています。
それは何故か皆様にお話してみます。
僕ももう三十才を過ぎました。ピアニストとしてこれから何十年か演奏していく人生を思う時、ここで表現の幅も多彩さももっともっと増やして人生の本当の喜びを表現したい。それには苦悩、あきらめ、痛み、平安、郷愁、憧れ、そんな色々な感情を表現出来る力をつけたら、本当の喜びを伝えることが可能になると思えます。
今迄の自分よりずっと幹を豊かに太く育てる為には表現力にとっても技術的な面にとっても、又、自分の信条的にもベートーヴェンが一番と考えたのです。
ウィーンに住んでから、かれこれ20年になろうとしています。以前住んでいた家のすぐ近くにはベートーヴェンの散歩道や彼の住んでいた家がありました。今住んでいる家のすぐのところはドナウ河でその河沿いの道や手の届きそうに近い森も彼は歩いていたらしいのです。
僕はその道が大好きで、毎日のようにそこを散歩し、空気を吸っているとベートーヴェンをとても身近に感じ、彼の気持ちが伝わってくるような気がします。
又、僕にとって彼の残してくれた手紙や、耳が聞こえなくなって使用していた会話帳が、彼がどんな人で、どんな想いで作曲したのか、又どんな人生を送ったのか、その他のいかなる書物よりベートーヴェンを知る手がかりになってくれます。それでそれを繰り返し読んでいるのです。そして僕は彼に大きな愛着を今感じています。


ベートーヴェンのイメージはと言いますと...何か気難しく、いかめしそうに思われがちですが、実は彼はとても人間的な人でした。
確かに彼は彼の人生がとても大変なものだったので、かんしゃくを起こすことも、頑固な面もあったようですが、それにも増して、彼はとても愛情深く、相手のことを思いやる人でした。けんかをしても必ずその後に「僕が至らなかった、仲直りしようよ」と自分から人間的なつながりを修復しようといつも努めていたのです。人なつこく、又少し恥ずかしがり屋ですが、冗談の好きなところもあって、もし彼が冗談を言う時は、ちょっと顔を赤らめてうつむき加減で、頭をポリポリかきながら、遠慮がちにポロリと言っていたに違いないと僕はひそかに想像しています。』

合縁奇縁!

いろんな方のご縁をいただきながら、私たちの人生があるんだな〜ということを実感しました!

と言いますのは・・・・

週末に大阪ノネット・アンサンブルのコンサートを聴きにいった時の私のブログを、Y君が十数名の団員の皆さんにメールで紹介してくれました。

するとその日の夕方、メンバーのお一人、Kさん(女性)からこんなメールを戴きました。

「ブログに取り上げてもらって喜んでいますが、エンジニアという社名を見てビックリしました! 実は私は貴社の商品を販売している会社の購買部門におります。」

そのお会社は弊社のお得意先の一つで、私も購買部門がある東大阪の商品センターには何度かご挨拶にお伺いしたことがあります。気さくなお人柄のセンター長様もよく存じ上げている事などをKさんにご返信しました。

Kさんの後輩で弊社商品の購入を担当して戴いている女性の方もコンサートを聴きに来ておられたとか、また、センター長様も来年はご夫婦で来られるご予定とか・・・メールを戴きました。

そして週明けの月曜日、ブログにも記載した通り、大阪商工会議所で行われた社員永年勤続表彰式に、勤続35年の社員とともに参りましたが・・・・

そこで、表彰する側である組合団体の理事のお一人として、Kさんの会社の社長様も壇上におられました。 

あっ、Kさんの会社の社長さんや〜奇遇だな〜と思いながら、配布された受賞者名簿を眺めていると・・・・・(社員が五百数十名おられる)そのお会社からも勤続30年の方が2名受賞しておられました。

最初は気がつかなかったのですが・・・・・あとでKさんにお聞きしたら、その2名の方が実は商品センター長ご夫妻とのことでした!(気がつかなかったのには理由がありますが、ここでは省略!) 

センター長様ご夫妻は受賞式においでではなかったようですが、来年の大阪ノネットアンサンブルの「冬の夜の室内楽コンサート」(2010年2月20日予定)ではお目にかかれることと思います!

合(=愛)縁奇縁というのでしょうか、旧友のY君のコンサートから始まった皆様とのご縁を有り難く、楽しく感じています。

大阪ノネット・アンサンブル(続)

土曜日の大阪ノネット・アンサンブルはなかなか凝った演出でした。

yamamoto

 

 

 

これぞノネットアンサンブル、9重奏。 曲目はプーランクの「無窮動」。yamamoto9

 

 

ソプラノの歌姫川森有希子さん、ハープの江頭多紀子さん、語りの梶岡志保さんなど女性の活躍が素晴らしかった!

P1010375

 

 

ビゼーの「アルルの女」は、梶岡志保さんの語りと演奏が交互に織りなされ、あたかも歌劇を見ているようでした。

P1010377

 

 

 

Y君もフルートでソロの部分が多く、さすが影のプロデューサーだけあって、おいしい出番をしっかり確保していましたね〜(笑)

大阪ノネットアンサンブルの皆さんの素晴らしいハーモニーを全身で浴び、聴かせて戴きました。

有難うございました!

また、来年を楽しみにしています。

 

大阪ノネット・アンサンブル 第8回 プログラム 2009/2/21IMG_0001

 

 

 

 

 

 


IMG_0003

 

 

 

 

 

IMG_0004

大阪ノネット・アンサンブル

今日は夕方から旧友のY君が参加している「大阪ノネット・アンサンブル」というアマチュアの室内楽団の定期演奏会があり、西宮の教会へ聴きに行きます。

Y君は学生時代から勉強よりもクラシック、フルート一筋でしたが、某空調関係の会社の研究所長となった今も昼休みにはフルートの練習をしているとか・・・ 次回の演奏会の楽譜を探すために、ロシアの図書館のインターネットにアクセスして入手不可能な楽譜をゲットしているようです。

ちなみに、Y君も私も第2外国語は同じロシア語でしたが、彼はこんなところで役立たせていたんですなぁ〜。 私はたま〜にお酒の席でカタコトを使う程度ですが・・・・

今日のプログラムも「大阪ノネットアンサンブル」のプロデューサーのY君のアレンジによるものではないかと大いに期待しています。

■例によっての蛇足ですが・・・

「ノネット」という耳慣れない言葉が楽団の名称になっていることに、「ネーミングおたく」の私としてはとても気になりました・・・ が、ひらめくものがありました。

それは・・・音楽のアンサンブルで「トリオ」ってよく使われますが、昔、化学の授業で「モノ(1)・ジ(2)・トリ(3)・テトラ(4)・・・・・」というギリシャ語の数の表現があったことを思い出しました。 

ひょっとすると、「ノネット」は「ペンタ(5)・ヘキサ(6)・ヘプタ(7)・オクタ(8)・ノナ(9)・デカ(10)」のノナ(9)ではないかかと思い、調べてみるとノネットは「九重奏」のことでした。

■今夜はどんな、ノネット・アンサンブルを聴かせてくれるのでしょうか? 楽しみです。

大晦日は大騒ぎ!!

今年も大晦日恒例の<ジルヴェスター・ガラ・コンサート>が兵庫県立芸術文化センターで開かれます。

これまでも何度か聴きにゆきましたが、毎回、佐渡裕芸術監督と桂三枝さんによる愉快な司会進行、そして音楽あり創作落語ありの楽しいカウントダウンコンサートです。 うたい文句通り、「大晦日は大騒ぎ」。

SKO20081231A

 

 

 

 

 

 

娘もビオラでメンバーに入れて戴いている「スーパーキッズオーケストラ」も、幕間などで数曲演奏するようです。

私の学生時代のバンド仲間も聴きに来てくれる予定です。 コンサートの後は、彼らとお屠蘇で乾杯でしょうか。こちらでも、大晦日は大騒ぎってか!? お店開いてるかな・・・

10月12日題名のない音楽会に!

10月12日(日)午前9時〜放映の「題名のない音楽会」の収録の為、娘が昨日東京に日帰りで行ってきました。

佐渡裕さんが新司会者となった最初の放送に、スーパーキッズオーケストラとして出演した4月6日以来、2回目の出演です。

娘からはまだ収録内容は聞いていませんが、番組のホームページによると以下のようです。機会があれば是非ご覧下さい!!

♪♪♪ 10月12日 オンエア予定 ♪♪♪♪♪
スーパーキッズ育成法〜本気になれ!感謝しろ!〜  
小・中・高の子供たちで結成され、見事な音を奏でるスーパー・キッズ・オーケストラの魅力に迫る第二弾。訓練、素質だけではなく、合奏や演奏披露によって、子供たちが持つ秘めた力や才能を引き出していくその方法・秘密にも焦点をあてます。 松岡修造、スーパーキッズ・オーケストラ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちなみに、その前の週の10月5日のゲストは、ブルーマングループのようです。 こちらも楽しみですね!

チェロ奏者 クラウス・シュトルク先生!

兵庫県芸術文化センターの小ホールで  「クラウス・シュトルク先生を囲んで・・・北浦洋子とその仲間たち・・・」というチェロを中心とした室内楽コンサートがありました。

シュトルク先生コンサート

 

 

 

 

 

 

■出演 クラウス・シュトルク、北浦洋子、深井碩章、石原亜矢、植木美帆 、 竹内素子、岩佐典子、田中次郎 (敬称略)

シュトルク先生はミュンヘン在住のチェロの名手ですが、年に1〜2回日本に来られて、バイオリン、ビオラ、チェロなどの指導を続けてこられました。

シュトルク先生

 

 

 

 

 

そんな生徒の1人でもある、音大1年生との演奏後の2ショット。80歳を越えられたとは思えないお元気そうなお顔でした。

シュトルク先生いつまでもお元気で!また日本に来て下さいね!

 

□5月9日(金)には岡山県立美術館ホールでも以下のコンサートがあります。

「チェロとピアノの美なる旋律」

クラウス・シュトルク(チェロ)、岡山市出身の石原亜矢(ピアノ)がベートーベン「チェロソナタ」など。2000円、高校生以下1000円。ヤマハミュージック瀬戸内岡山店(086―224―5331)

ご興味のある方は是非聴きに行かれて下さい!

スーパーキッズオーケストラ

4月6日(日)朝9時からの「題名のない音楽会」に娘が出演します!

といっても、新司会者となる佐渡裕さんが育ててきたスーパーキッズオーケストラの1メンバーとしてビオラを担当しています。

どれだけ映るかわかりませんが、かき色のTシャツを着ているのはメンバーの中で娘1人らしいので探してみよう! (出張先のテレビで・・・・・)

プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ