一家に一本、ネジザウルス!をめざす社長ブログ

「道具」に機・能・美を追求して、世界中に発信する株式会社エンジニア

講演会・セミナー

自分と職場を考える「きっかけ」 (6)

エンジニアでは、社員の能力のレベルアップと、強く柔軟性のある組織をめざして、さまざまな内容の研修やワークショップに参加しています。

チームビルディング」、「ビジネスマナー」、「メンタル・ヘルス」、「ロジカル・シンキング」、「アクティブ・リスニング」に続いて、今回のテーマは・・・

「発想方法と視点を変える技術」!

資材部のT主査と、製造企画部のH主査が学んできてくれました。 

二人の日報からの抜粋です。

 

【発想方法と視点を変える技術】 T主査

発想の技術
1.オズボーンの9つの切り口
2.マインド・マップ
3.ブレインストーミング
4.KJ法

視点を変える技術
1. 前提を疑ってみる
2. フレームで考える

思考の癖から逃れる為に、考える前に考える方法を考えることを実践できれば、思考の幅が広がると感じられた。

 

【発想方法と視点を変える技術】 H主査

発想の技術
マンネリ打破のアイディア出し。ポストイットなどで書き出し、系統立て、派生、似たようなものをまとめるなど。グループや集団で改善する最適。

・オズボーンの9つの切り口
・マインドマップ
・ブレインストーミング
・KJ法
・マンダラート

 

視点を変える技術

考える前に考える。どうやってやるか?

(1)ゼロベース思考  ⇒ そもそも〜だろうか・・・?と前提から疑って見る。
常識や経験の状態や問題点にとらわれない。

(2)フレーム思考 ⇒ 思考のクセにとらわれない。
細かいことにだけ目が行ってしまう、危険やリスクにとらわれ過ぎる、先入観など。

◎鳥の目・虫の目・魚の目
◎無想家・現実主義者・批評家
◎SWOT分析
◎4C分析
◎4P分析
◎会社の7S

(3)未来思考  ⇒ 原因・結果(PCDA方式)も大事であるが、理想に向かっているかわからないのであえて着目しないで、どのようにすればうまくいくか解決策を優先する。

 

※私自身の場合、最近特に「思考のクセ」に陥りやすく、狭くなりがちなのでゼロベース思考や、鳥の目・虫の目・魚の目、未来思考など実践して柔軟になればと思いました。

 

■T主査、H主査 お疲れ様でした。

ついついお酒を飲みすぎてしまうとか(^▽^;) どうしてもタバコが止められないとかが引き起こす生活習慣病も恐ろしいですが・・・

長年染み付いた「思考習慣病」に対しても、セルフチェックすべきなんですね!

久米信行さんの講演会に行ってきました。

創業1935年老舗のTシャツメーカー久米繊維工業株式会社久米信行社長様の講演会がありました。

ブログ道」、「メール道」の著書があり、10万部を突破した「考えすぎて動けない人のためのすぐやる!技術」に続いて、このたび、「がんばっているのに報われない人のための認められる!技術」を出版されました。

久米さんご本

 
 
 
 
 
 
 
 
ブログを始めてまだ2年足らずのヨチヨチ歩きの私ですが、昨日はたくさん「気づき」を戴きました。
 
 
「不況の時は軸をぶらさない」 「逆に、新しいことを始める」
 
「知・情・意のなかで意からスタートできることが多い」
 
「プチ修羅場」 「ようこそ失敗」
 
「ブログ炎上、アクセス5倍」 「amazon:褒められても、けなされてもOK」
 
「インターネット、エコ、公益。 一歩先をゆく」 「アウトサイダーを使いこなす」
 
「1日、10人に声をかける。社員の前で率先。」
 
「社員メルマガ」 「21歳の女性編集長」
 
「手書きの名刺、両親の出身地など」 → 「動的にしたのがブログ&メルマガ」
 
「旅行ガイドは見ない」 「失敗は笑える、成功は勝利」 「感性が磨かれ、ブログネタにも」
 
「成功哲学って、ノルマみたい。」 「ぼんやり考えて、時々ブログに書く」 「あとは運とご縁」
 
「あと5分間頑張ってみる。ターニングポイントを越えればランナーズハイ。」
 
「趣味の世界の○○○ハイ」  「プチ変人」
 
「Tシャツ姿でまともな話!? 意外性がうける。」
 
「自分がとんがっているだけでは、それでおしまい。」
 
「たくらまない、狙わない」 「適度にニコニコ」 
 
「お金はないけど、楽しい人が周りにいっぱい。」
 
「自分の損得考えず、周囲が喜ぶ選択を。」
 
などなど・・・・
 
 
 
講演のあとの懇親会では主催者の井寄事務所さんから、出版祝いのケーキがプレゼントされました!
 
久米信行さん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久米信行様、井寄様、e製造業の会の村上様、そして、ご参加の皆様、有難うございました!

工場見学@サワダ製作所(前編)

昨日、尼崎のサワダ製作所様の工場見学とTOC勉強会に参加しました。

同社は液面計のメーカーで、ここ数年間、TOC(Theory of Constraints : 制約理論)を実践することで、在庫を減らし、製造ラインをよどみなく流せるようになり、着実に業績を伸ばしてきておられるとのこと。

先ず、工場を見学させて戴いて驚いたのは、すみずみまで3S(整理・整頓・清掃)が徹底していることでした!

工場見学

 

昨年、見学させていただいた枚岡合金工具さんと全く同じような『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場』がここにもありました!

 

工具備品名札

 

全ての工具、治具が「形跡」管理されていました。

が、更に・・・・・

 

 

名札

 

誰がその道具を使用中か判る仕組みもありました。

社用車の使用などでは、弊社でもやっていますが、それを工具・治具にまで徹底されています。

 

ドリル

 

切削工具も同様の名札管理。

 

 


碁盤の目


碁盤の目の中に製品が1個づつ載っています。番号が振ってあるので、在庫数が一目でみれます。発注点は黄や赤で識(色)別されています。

 

金網

 

カラーの間仕切りで、数量を見える化する工夫も。

 

 

 

収納棚

 

収納棚には品名・品番・バーコード・発注点など商品情報を記載。

 



プラ箱

 

キャスターで移動できる部品ケース。

 

 

などなど、TOCの勉強をする前に、しっかりと3Sについて、再認識させていただきました。

 

澤田社長様いわく、

・TOCは現場のフロー(流れ)の改善。 流れの前に、現場が3Sされていることが、前提条件。

・3S(見える化)を徹底するだけで、コストは30〜40%減らせる!

 

■そうか〜、やっぱり3Sの徹底が、儲けとツキを呼ぶ出発点なんや!

社員の意識も少しずつ変わってきているし、もう一歩やな〜

みんな、頑張ろうな〜

 

■後半のTOC勉強会に続く・・・・・

USPの加藤洋一氏の処女本刊行

USPマーケティングの講師として弊社でもセミナーを行って戴いた加藤洋一氏が処女本を刊行されました。

USP処女本

 

 

 

 

 

 

 

USPとはUnique Selling Propositionの略で、従来は適当な日本語がありませんでしたが、本書で加藤氏は「うり力」と命名されました。

なんとく耳に残る、粘っこい(←良い意味で〜!)キャッチコピーってときどきありますよね!

商品やサービスの特徴をワンフレーズで表現する「貫通力」のあるコピー。

それを簡単なステップによって作制、構築する方法を加藤氏が考案し本書で公開されました。

既存商品をUSPによって売上アップしてゆくだけでなく、新製品の企画段階から「この商品のUSPは何だろう?」という意識を持つことが重要であると感じています。

プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ