一家に一本、ネジザウルス!をめざす社長ブログ

「道具」に機・能・美を追求して、世界中に発信する株式会社エンジニア

ユーザー訪問

空前のヒットを飛ばしている「ネジザウルス」の秘密に迫る!

本日発売の「工具の本2010」(学研パブリッシング 1,680円)に、弊社が紹介されました!

工具の本

 

 


 

 

 

 

空前のヒットを飛ばしている「ネジザウルス」の秘密に迫る!

というタイトルで、先日、ファクトリーギアの高野倉社長様とお話した内容が記事になっています。

ドイツのドライバー専業メーカーWERAの社長のと、ENGINEERの私の二人が、「ザッ!社長のセールス」というコーナーで取り上げられました。

私も先ほど届いたばかりの本のページをめくって・・・・150〜151ページに見開きで大きく掲載されていました!テカテカ頭も、ハレーションもなく、写っていて一安心。

工具の本ネジザウルス

 

 

 

 

「拝見 トナリの工具箱!」のコーナーでは、自転車メーカー技術者の宮内靖さんが、自転車のナッターを外す際の裏技ツールとして、奇しくもネジザウルスGTを紹介していただいており、大変嬉しく思いました!(161ページ) 感謝です!

また、この本の為に撮りおろした「アイアム ネジタリアン」の写真も153ページにありますので宜しければご覧下さい。

明日から出張ですので、じっくりと工具の本2010を楽しみたいと思います。

ネジタリアン

 

 

UTFFチームリーダーからの優勝報告

昨日、UTFFのチームリーダーの後藤さんと、テクニカルディレクターの澤田さんが、第7回学生フォーミュラ大会の総合優勝の報告に来社されました。

UTFF

 

 

 

 

FISITA

 

 

自動車技術会

 

 

 

 

 

こんなカッコイイ優勝トロフィーもわざわざ持参してくれました!!

後藤リーダーから、デザインコンセプトから、静的審査(デザイン・コスト・プレゼンテーション)や動的審査(加速性・耐久走行etc)などの詳細な説明をして戴きました。

制御基板の製作工程においては、弊社のハイパワー半田コテSKZ-03や精密圧着工具PA-09なども大活躍したという嬉しい報告もあり、また機器の搬送用としてENGINEER製のアルミケース樹脂ケースを使っていただいている写真も見せて戴きました。

 

UTFFでは、学生達にチームとしてのモノ造りの経験をさせるという教育目的があり、教官の関与は最小限にとどめているとの事。

「チームにはいろんな考えの人たちがいる事、そして、それをなんとかまとめる事ができたのが一番勉強になりました。」(澤田さん)

「全てのパートの技術的な問題に関しても知識を得ることができ、プレゼンテーション用のイラストレーター資料も自分で制作した。」(後藤さん)

将来の自動車産業を支える人材を育てるという学生フォーミュラーカー大会の目的がしっかりと機能していることを、この二人の言葉から確認することができました。

チームリーダー、テクニカルディレクターを後輩にバトンタッチして、一兵卒として次期マシンの製作を担当するという二人、1年間ご苦労様でした。来年度のUTFFのチャレンジにも大いに期待していますよ!

学生フォーミュラー総合優勝!

昨日の昼下り、UTFFの後藤チームリーダーから携帯に電話がありました。

「高崎さん、学生フォーミュラー優勝しました! 1位です。 いま静岡からの帰りのバスの中ですが、一刻も早くご報告したかったので!!」

という嬉しいお知らせでした。

大会の様子は早速YouTubeにもアップされていました。

大会1日目 プレゼンテーション
大会3日目 動的審査

 

■UTFFはここ数年、右肩上がりの成績を収めてきました。

2004年 17位
2005年 10位
2006年  8位
2007年  4位
2008年  2位

これを見ると誰しも思うのは・・・・

「次は優勝しかない!」

1年前にチームリーダーに就任した後藤さんには、周囲の大きな期待とプレッシャーがあったと思いますが、見事期待に応えてくれました!

今年6月、UTTFの工房を見学に行った際にも、メンバーが寝食を忘れてマシンの製作に打ち込んでいる様子を聞きました。今回の優勝は大きな自信に繋がったと思います。

本当にオメデトウ!! 近々、テクニカルディレクターの澤田さんと一緒に結果報告に来ていただけるのを楽しみにしています。

また、優勝こそ逃しましたが、仲間と一緒にモノを作り上るという素晴らしい経験をされた62校の学生諸君、将来の日本のモノ造りを支えてくれるであろう諸君にも大きな拍手を贈りたいと思います。

ご苦労さま! また、来年に向けて頑張って!!

フォーミュラーカー製作中!

学生の自主的なものづくりの能力を養成し、自動車産業を担う人材を育てるための公益活動として、2003年に始まった全日本 学生フォーミュラ大会

厳しい経済環境下ですが、今年9月には第7回大会が開催されます。

弊社は中小企業ではありますが、身の丈にあった社会貢献をしたいと考えております。毎年10月に律儀に大会の結果報告に来てくれる後輩のUTFFチームを応援するために、彼らが必要とするENGINEERの作業工具を協賛させて戴いております。

昨日午前、東京出張中に少し時間ができたので、UTFFの澤田テクニカルディレクターに連絡して、製作中のマシンを見せてもらういに行きました。

工学部8号館地下2階メカノデザイン工房で・・・・・

澤田テクニカルディレクター

 

 

 

 

鋭意、製作調整中のマシン。 澤田テクニカルディレクターによると、UTFFは情報は全てオープンで、他校に何も隠すことはないので、どんどん写真を撮ってくださいね〜とのことでした。

「私はもともと電装パートのリーダーでしたので、機械系の設計は各パートの専門家に任せ、スケジュールと人員管理にに注力しています。」とのことでした。企業でいうともう立派な管理職ですね。ムードメーカーとしても貴重な存在では?!

新製品ネジザウルスGTプチラチェ(DR-54)をお渡ししました。使い勝手など何かあればブログなどでもコメントお願いしますね〜!

ネジザウルス・高崎試乗中

 

 

 

 

澤田さんが乗るとカッコイイのですが・・・・  

私が乗ると何故かミスマッチ〜 背広だけのせいでもないって? ヘルメットがあったらな〜

本郷定食

 

 

 

 

チームリーダーの後藤さんも一緒に学食(銀杏メトロ食堂)で、本郷定食を戴きました。豚冷しゃぶと、かぼちゃのてんぷらで530円。

「昨年総合2位、今年の目標はただ一つ!」という周囲からのプレッシャーにも動じない、「平常心」を持った後藤リーダー。高校の後輩でもあり、報告会にはいつも澤田さんと一緒に大阪に来てます。

では、9月の大会、ぶっちぎりで優勝して下さいね!! 応援しています!!

ハイブリッド工場にダンボールクラフトが!

ロボットが大活躍する最新鋭の自動車工場のショールームに、ダンボールクラフトが展示してありました!

ダンボールHONDA

 

 

 

F1マシンやASIMO、スクーターなどHONDA製品をモチーフにした組立キットで、地域の子供たちにモノづくりの楽しさを体験してもらうために企画制作したとのことです。

ダンボールクラフト(小学生)から始まって、ロボコン(中・高生)全日本学生フォーミュラー大会(大学生)などに繋がってゆくのですね!

最先端のハイテク技術だけを展示するのではなく、モノづくりの原点をしっかりと認識している姿勢に感心しました。 

頑張れ日本! 頑張ろうモノづくり! ネジザウルスも宜しく!

工場もハイブリッド化!?

先日、HONDAの鈴鹿製作所を見学させて戴きました。

ハイブリッド車として初めて月間販売台数が1位となった「インサイト」や、第2位の「フィット」を生産しており、厳しい経済環境の中でも高い操業度を保っている工場です。

hondainsight

 

 

 

ラインに数十台並んだ溶接ロボットは、2本の腕をもち、しなやかな動きができる多関節によって、数十箇所の溶接を次々とこなしてゆく。

ロボットにはNo.○○とか番号がついていて、夫々得意技があるらしい。

時には数体のロボットがいっせいに「襲い掛かり」、あっという間にホワイトボディーと呼ばれる車体の骨格が出来上がる。

意外だったのは、そのロボット溶接ラインの前に、「溶接技能オリンピック」のメダリストなどの名前が大きく掲示されていたことです。

「どこにも人間の作業者がいないのに、何故・・・?」と思い、あとで質問したら、「最終工程で、ロボットの溶接の不良箇所が見つかれば、人間の匠の技で修正しています。」とのこと。

日本の自動車の品質を保っているのが、そのような技能者であることに、ちょっと、安心しました。

でもそのうち、溶接オリンピックのメダリストとして、「ノース2号」とかロボットの名前がでてくる時代が来るのかも・・・

組立ラインでも、シートやフロントガラスなどの重量物を軽々と装着する組立ロボットが活躍していた。そしてロボットに混じって、人間の作業者は軽量物の装着や外観検査工程などを担当していた。

ガソリン&電気のHV車を生産する最先端の自動車工場では、ロボット&人間のハイブリッド化も着々と進んでいるようでした。

日本橋ストリートフェスタ2009 

昨日、日本橋でんでんタウンで行われた「ストリートフェスタ2009」に行ってきました。

ストリートフェスタ

 

写真を撮る方も、撮られる方もコスプレ。

 

日本橋ストリートフェスタ

ウルトラマン&仮面ライダー&?? この人たち大人気でした。


 

でか丸君

当社の工具を販売していただいている電子パーツ店の店頭では、景品があたる「でか丸君連射大会」が行われていました。

はたして伝説の「高橋名人」を越える人はいたのでしょうかっ!?

 

実演販売

エンジニア工具の特売コーナーでは当社の営業マンJ君も応援に! たくさん売れましたか〜!?

 

 

 

ご家族連れてゆかれると本当に楽しいイベントだと思います。 来年は皆さんも是非日本橋ストリートフェスタへどうぞ!!

UTFFメンバー来社

先日のブログでもご紹介した、UTFFメンバーのお二人が来社され、大会の結果報告をして頂きました。

UTFF来訪

 

 

 

海外を含む77校中、総合2位という素晴らしい結果をおさめたフォームラーカーの基本コンセプトは‘EASY DRIVE’ そして、「低速コーナーでの走行性のアップ」。

メンバー数十人が、エンジンパート、電装パート、カウルパート、サスペンションパート、マーケティング担当、スポンサー企業との渉外担当のビジネスパートなどに分かれて、1台の車を作り上げるさまは、まさに、実際のフォーミュラーカーを製造する中堅、中小企業さながらです。

世界的な金融危機が深刻化していますが、やはり、日本が世界のナンバーワンになれるのは、チームワークを活かした自動車などのモノ作りではないかと思います。

お二人には昨年にも結果報告に来て戴きましたが、今回から後藤さんが新チームリーダー、澤田さんが電装パートリーダーになられ、「優勝」を目指されるとのこと。

ご提供させて戴いた精密圧着工具PA-09なども電装系作業で活用していただいているという嬉しい報告もお聞きしました。今年は鉛フリー対応ハイパワー半田コテなどもご支援させて戴く予定です。

来年、更に素晴らしい車が完成することを大いに期待しています!

全日本学生フォーミュラー大会速報!

岸和田でだんじりが華麗な四輪ドリフトをきめていた頃、静岡県の小笠山総合運動公園(エコパ)では、全日本学生フォーミュラ大会の最終審査が行われていました。

UTFF2

 

 

 

学生が自分達で構想・設計・製作した車両による競技会という、「ものづくり・デザインコンペティション」で、今年は全世界から77の大学とマシンがエントリーしました。

UTFF

以前にこのブログでも掲載しましたが、弊社はその中のUTFFチームに、なめたネジを外すネジザウルスハーフピッチコネクタ用の圧着工具など、主に電装関係の工具を提供しています。

審査結果、見事UTFFチームは総合2位という成績を収めてくれました! 祝勝会&反省会の余韻(酔いん?)も覚めやらぬ翌日の午前1時半に、ビジネスパートのリーダーをつとめるM君から結果報告のメールが入りました。オメデトウ!

弊社は、ものづくりのエンジニアをサポートする作業工具メーカーとして、UTFFをはじめとする、このような大会に参加される全ての学生諸氏の健闘を称えたいと思います。 来年も素晴らしい大会でありますように!  

ブーメラン世界一のトギーさん

5月10日のブログでご紹介させていただきましたブーメランの世界チャンピオンのトギーさんこと栂井(とがい)靖弘さんが来社されました。

トギーs

 

 

 

 

 

 

私が手にしているのが、土井飛行士が宇宙ステーションで投げたものと同じブーメラン。 当社の会議室でもきれいな円弧を描いて還ってきました!

たむけん」の頭上の風船を、トギーさんが投げたブーメランが150mの軌跡を描いて命中させたテレビ番組の録画もみせていただきました。やはりプロはすごい! 飛距離150ヤードといえば、ゴルフのホールインワンに相当しますね。

今回トギーさんが来社されたのは、ブーメランを数十枚収納する為のアルミケースの特注品のご相談でした。現在使用中のケースは耐久性と断熱性に難点があるそうです。

今年8月にシアトルで開催されるブーメラン世界大会に出場する際に、できれば日本製のしっかりしたアルミケースを持参したいとのことでした。表面にトギーさんのロゴマークなどを入れることも可能です。

先ずはオリジナルケースの設計を行うことになりました。

プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ