一家に一本、ネジザウルス!をめざす社長ブログ

「道具」に機・能・美を追求して、世界中に発信する株式会社エンジニア

エンジニア社員

ニコタマ上陸作戦祝勝会!

史上最大のニコタマ上陸作戦」(2011/4/27-5/8)に参加したチーム・エンジニアの有志で祝勝会を行いました。

作戦終了日から1ヶ月しか経っていないのに、半年以上前の出来事のように思えるのは、ニコタマでの強烈な印象からなのでしょうか。作戦に参加したメンバーとOsakaベースでネジザウルスGTやカタログの兵站にあたったメンバー併せて17名が、午後7時から90分飲み放題1本勝負に挑みました!「乾杯!お疲れさんでした!」
祝勝会開始










テーブルの端にあるパソコンで、世田谷ベースでの放映シーンや多数のデジカメ写真をスライドショーで流しました。「うわっ!懐かしい!」、「ホンマに所さんがネジザウルス・ブースに来られてるやん!」、「俺も会いたかったな〜」、「営業所長〜香坂みゆきさんと握手したんだって?」、「アズマックス、おったよな」、「ほ組のHONDAさんのダンス最高やね。」「ギガテンバギーのお兄さんの声真似したろか?」 と大いに盛り上がり、居酒屋からニコタマ会場にタイムスリップ!テレビ画面アップ








お母さんを囲んで!






ニコタマ上陸作戦戦果を記録した社長ブログをコピーして全員に配布しました。
ニコタマ上陸作戦の戦果記録








みんなのトリス ハイボール









やっぱり、営業が一番頑張ったよな〜営業はやるで! 最後はお互い声枯らしてたもん!











製造部も応援頑張ったやんな〜 世田谷ベースのマーキングはお任せ!開発はまかせんかい!








「私は出荷で頑張りました!」「有難う!兵站は大事やで。ところで、これ何のポーズ?」次回は私も!










90分1本勝負の予定が、延長戦にもつれ込み、中締めもとっくに済んだのに最後まで盛り上ったのはこのメンバー。気が付くと12時過ぎになっていました。最後まで盛り上った8人いや〜お疲れさん!楽しかったね!










また、明日からイノベーションに向かって、邁進して行きましょう!チーム・エンジニアで新しいネジザウルス伝説と歴史を創ってゆこう! 「エイエイ、オー 出陣だ!」

お花見@大阪城公園

先週の土曜日、午前中に品質マネジメントシステムのフォローアップ会議を行って、午後から大阪城公園でお花見をしました。

前日からの雨も午後にはすっかり上がって、ポカポカ陽気となりました。
大阪城公園












卵焼き

調理係は昨年に引き続き、K次長が担当です。










お花見岩見さん



うっわー、目玉焼きがこんなにたくさん〜 いい匂い。




目玉焼き









紙芝居2
おっと、ここでいきなり黄金バット!?











黄金バット女の子

昔懐かしい紙芝居のお兄さんが来てくれました。










紙芝居鑑賞

「お前のような奴は、八つ裂きにしてくれる!」

「そういうお前こそ、生八つ橋だ!」





紙芝居全員注目



紙芝居初めての人もたくさんいましたが、みんな真剣に見ています。








お花見兄弟





兄弟で2ショット!








お花見親子

お母さんと2ショット!





お花見那須部長










お花見三姉妹




3姉妹?







食べる人撮る人

私食べる人、私撮る人、私笑う人。





お花見源ちゃん

焼肉だいすき!うまいっす!

















お花見ニコタマ
届いたばかりの、世田谷ベース 史上最大のニコタマ上陸作戦のチラシです。






お花見一之瀬さんと大畑君







お花見片岡課長









お花見大畑くん








お花見源ちゃんと千晴ちゃん







お花見桜独り占め






満開の桜と私!






お花見ジョンレノン



あっ!ジョンレノン?



お花見会長

会長も差し入れに来てくれました。



お花見お昼寝

ちょっと一眠り・・・



お花見カメラ目線が難しい


カメラがたくさんあると、目線が・・・







お花見全員集合

















全員で記念撮影。お疲れ様でした!楽しかったですね。
この度の大震災で被災された方々も、来年はご一緒にお花見ができますことを心から祈念しています!
私たちチーム・エンジニアも、できることを一生懸命がんばります。

バースデーケーキが!

Dr.銀次郎が昨日誕生日を迎えたようで、こんな写真を送ってきてくれました。

銀次郎































Dr.銀次郎も一目おく、親友のW君からのプレゼントのようです。

銀次郎君のケーキといえばウェディングケーキが有名ですが、あれからはや3年。

二世も誕生し、スパナを片手メラメラと燃えるようなオーラを出しながら、銀次郎が見つめるモノは・・・・?

「世界中があっと驚く、道具のイノベーション!」

ネジザウルスGTを超える大ヒット商品!」

だよな! 

MPDPの推進役として、チーム・エンジニアのトップを走ってくれ!

恋のキューピット!? ネジ・ザ・ウルス。

先週の末に、チーム・エンジニアの仲間の結婚式が神戸でありました。東日本の大震災の被害が気になりながらではありましたが、若い二人の門出を皆で祝福しました。

泰輔とウルス










ウェルカムボードの右下の写真を見てビックリ!泰輔とウルス2














ウルス君が、あたかも恋のキューピットの如く、二人の真ん中に!
「どんな捻(ネジ)れた問題も、ぼくが一発で解決しますよ〜」と言っているようですね。

3年前のK君(銀次郎博士)の結婚式には、
ネジザウルスm2がウェディング・ケーキの上にのって登場しましたが、今回は「ウルス君」!
チーム・エンジニア全員がネジザウルスを愛している事を感じ、本当に嬉しく思いました。

結婚指輪






結婚指輪を皆さんにご披露〜 どんなもんや!

泰輔と弟










一卵性双生児のような、2歳下の弟さん。挙式当日、新婦のお父さんが間違えて挨拶されたそうです。無理もありませんね。
会社の仲間









チーム・エンジニアの仲間たちと。(会長のピースサインは珍しい!?)
卓球仲間







卓球チーム・トモタクの仲間たちと。(同一人物が約1名!?)

****************************
昨日までの二人は、シングルでしたが、今日からは、ダブルスです。 二人力をあわせて、厳しい試合も、幾多の苦難も乗り越えて、素晴らしい人生になりますことを祈念して、「ラブ・オール!」 
****************************
神戸での素晴らしい結婚式でした。16年前にはまだ、震災の爪痕があちこちに残っていたところです。この度の東日本の被災はその数倍の規模でしたが、必ずや何年か後には、その地で、結婚式を挙げる若いカップルが次々と誕生する事と思います! その日に向けて、日本国民全員で、頑張って参りましょう!




等々力ターバンズの公式ステッカー装着車!!

先日、所ジョージさんから送って戴いた、「等々力ターバンズ」の公式ステッカーを社用車に貼りました!

所さん大ファンの営業のM主任に、よだれを垂らして、懇願の目つきで、「お願いです・・そのシールを下さい・・」と迫られたので、自宅に持って帰ろうと残していた1枚も全部M主任に!

「わかった。全部あげるから、そのかわり撮影して、送ってくれよ。」

と頼んでいた写真が昨日メールに添付されてきました。

送迎車

 

こちら、TODOROKI TURBANS!

 

送迎車

 

こちら、おなじみ世田谷ベース系!

 

 

両方貼ってる車は、多分大阪ではエンジニアだけだろうな〜(満足感・・・)

営業車

 

 

 

 

 

 

 

営業車

 

 

 

 

 

営業車

 

 

 

 

営業車

 

 

 

 

M主任、そして、営業マン諸君!

さあ、このTODOROKI TURBANS仕様車で、我らがネジザウルスGTの販売に出発だ!!

昼食には、激辛カレー(10辛)の大盛りを忘れるな!!

知的財産管理技能士(管理業務)二級に合格しました。

本日、国家試験「知的財産管理技能検定2級」の合格証書が届きました。

知的財産管理技能士

 

 

 

 

管轄は特許庁を所轄する経済産業省かと思っていましたが、厚生労働省となっています。 様々な職種の技能検定を実施、認定するのは厚生労働省の仕事なんですね。

「労働者の有する技能を一定の基準によって検定し、これを公証する国家検定制度であり、労働者の技能と地位の向上を図り、ひいては我が国の産業の発展に寄与しようとするもの・・・」

開発部の社員も何名か受験して、I君が3級合格! おめでとう!! 2級受験のYさんは学科は合格でしたが、実技で惜しくもあと一歩! Hさん、Aさん、Kさん、T君! 是非、再チャレンジして全員合格を目指しましょう!

 

世界でただ一つの「マイネジザウルス」

おやっ? ネジザウルスに人の顔が!?

ネジザウルスタカサキ1

 

 

 

 

おおっ! よく見ると、レンスラー博士ではないですか!

ネジザウルス高崎

 

 

 

 

 

コックピットに入って、ネジザウルスを操縦しているようです!ネジザウルスが、ガンダムやマジンガーZなどのスーパーヒーロー達の仲間入りを果たす日も近いのか!

ネジザウルスタカサキ2

 

 

 

 

 

皆さんも、ネジザウルスにご自分の写真を入れて、世界にただ一つの「マイネジザウルス」をつくって見ませんか?

もちろん顔の写真だけでなく、イニシャルや名前もマーキングできますので、ご贈答用にも最適です! 

ご希望の方は、maido@engineer.jpまで!

エンジニア・オールスターズ 収録中!?

 ヘッドフォンを装着して歌っているのは、チーム・エンジニアが誇るカウンターテナー(ボーイソプラノ)のJ君。 P1050235

 

 

 

こちら、カラオケのアニソン(アニメソング)の名手、Dr.銀次郎。

P1050236

 

 

 

P1050238

 

 

 

女性ボーカルはエンジニア社員旅行の2次会カラオケの華、Kさん。

P1050240

 

 

 

おっと~ レンスラー博士も一緒に!?

P1050244

 

 

 

レコーデイングを担当していただいたアドマックスさんとサウンドニアの方と、収録終了後記念撮影。

さて、どんな音楽ができあがるか?? お楽しみに!

 

チーム・エンジニア@HIROSHIMA (その3 海軍基地編)

大宴会の翌日は、すっきりと晴れあがりました。

宮島口に戻り、宇品港から江フェリーで江田島に渡ります。

チーム・エンジニア@フェリー2

 

船上では船長さんがブリッジから下りてきて、島々の説明などをして戴きました。

 

チームエンジニア@フェリー

 

 

 

 

江田島では、現在海上自衛隊の幹部候補生学校になっている海軍兵学校跡を見学しました。

江田島

 

 

 

NHKの「坂の上の雲」の第2部が12月5日から放映されますが、このロケにも使用されている大講堂や、明治に建てられた赤煉瓦の海軍兵学校生徒館などを、自衛隊のOBの方にご案内戴きました。

とてもわかりやすく、ユーモアを交えた解説をして戴きました。

海軍兵学校学生館

 

 

 

広島の原爆の記念館を見た後だったので、「何故、空襲の被害を受けずに、明治時代の建物が残っているのか?」という疑問が湧きました。

OBの方のお話しでは、江田島は、イギリスのダートマス、アメリカのアナポリスとともに、世界3大海軍兵学校に数えられている。開戦前はそれぞれの幹部は国境を越えて交流があり、お互い海軍軍人としての共通の意識があった。実際、広島周辺を空襲していたのは米国海軍の艦載機であった。 同時に、占領後は兵学校を米軍の司令拠点とする為に、無傷のままで接収したいという思いもあったようだ。

赤レンガ@海軍兵学校

 

海軍兵学校の生徒館の長〜い廊下。ロケでよく出てくるとのこと。

赤レンガはわざわざイギリスに特別に発注して、現在の価格で1枚約2万円したとのこと。全てにおいて当時の最高の材料を使用している。「坂の上の雲」の時代に、海軍の幹部候補生を養成する教育機関としての江田島に日本政府が託した熱い想いが伝わってきます。

当時、事業仕訳があったなら、真っ先に削られていたかもしれませんとOBの方は説明されましたが、国家の教育に関しては、目先の損得勘定だけでなく、100年の計が必要であると思います。

チーム・エンジニア@大講堂

 

 

 

毎年卒業式が行われるという大講堂で、チーム・エンジニアの記念撮影。私たちも熱い想いを秘めています!

閣下に敬礼@チーム・エンジニア

 

 

閣下に敬礼!

 

 

チームエンジニア会長

 

はい、敬礼!

(ちなみに海上自衛隊の帽子は会長のみゲット。いいな〜)

 

 

江田島から呉に向けてフェリーに乗船。今回の旅行で4回目のフェリーです。昔、造船会社に勤務していたので、呉の造船所の匂いが懐かしく感じました。

そして、最後の見学は、大和ミュージアム

戦艦大和

 

戦艦大和が当時の世界トップレベルの技術を駆使して作り上げられた事がよくわかりました。

さまざまな創意工夫、斬新な製造手法などが、戦後の工業分野で応用されたということで、まさに日本のモノ造りの原点であるとも言えます。

中国が「技能オリンピック」に国を挙げて参加するというニュースが先日の新聞に載っていました。 価格競争だけでなく、「日本のお家芸」であった技能分野でも中国がライバルになってくる可能性があります。

私たちチーム・エンジニアは、”モノづくりニッポン”の復活に向けて、役に立つ道具や工具を開発、製造してゆきたいと考えています。宜しくお願い致します!

■3回にわたって、チーム・エンジニアの広島旅行を掲載させて戴きました。 

原爆ドーム、平和記念資料館、厳島神社、江田島海軍兵学校、大和ミュージアム・・・戦争と平和、そしてモノづくりニッポンの未来を考える事が出来ました。

今回の旅行でお世話になった全ての皆様がたに感謝致します。また、社員各位、実行委員各位、本当にお疲れさまでした。 皆さんのおかげで素晴らしい旅行ができました。 有難うございました!

来年の旅行も楽しみに!

チーム・エンジニア@HIROSHIMA(その2 宴会だ〜編)

原爆ドームと厳島神社の2つの世界遺産を見学したあとは、ホテルでの宴会です。

先ずは、前菜から・・・

ozenn@チーム・エンジニア

 

 

 

この日のために、各自仕込んだネタを大披露!

kaburi@チーム・エンジニア

 

 

 

AKB48@チーム・エンジニア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AKB48を振りつきで熱唱するハタボー。

yannya@チーム・エンジニア

 

 

 

仕事場では見せない意外な一面に、やんや、やんやの大喝采!

チームエンジニア実行委員会

 

 

 


そろそろ、クイズの答え合わせしようぜ! あーい! (←実行委員さんたち)

※新幹線の車内で、以下のようなクイズが出題され、制限時間20分で回答させられたのですが、これが意外と難しかったですわ〜

もし、このブログをご覧の方で、クイズにチャレンジして戴いた方にエンジニア特製携帯クリーナーを差し上げます! maido@engineer.jp宛てにメールでご回答をおよせください。(15問中10問以上正解、先着100名様、期限:2010年12月31日) お待ちしています!

エンジニアクイズ

 

 

 

 

 

 

 

↑ちなみに、上の回答用紙は営業部のM課長のものですが、これが正解ではありませんので、ご注意ください。

 

得点の高かった人から順番に賞品をゲットしてゆきました!

HATABO@チーム・エンジニア

 

 

 

TAGA@チーム・エンジニア

 

焼酎げっと!

 

 

Kinoshita@チーム・エンジニア

 

うひゃひゃ、なんだろう!

 

TERAYAN@チーム・エンジニア

 

 

 

いや〜凄く楽しい宴会でしたね。

準備して戴いた、実行委員会の皆さん、ご苦労さまでした。本当に有難う! 

チーム・エンジニア演劇部

 

 

 

では、そろそろお開きのい時間ですね。全員集合! パチリ!

じゃあ、オヤスミナサイ・・・・・・とは行きません!

Karaoke@チーム・エンジニア

 

 

 

2次会でも、熱唱、爆笑の渦が続きました・・・

(to be continued)

Archives
プロフィール

ネジザウルス・タカサキ

こんにちは!既存の概念にとらわれない自由な発想で、新しい工具の世界を創造する螢┘鵐献縫△旅盧蠅任后

略歴:東京大学舶用機械工学科卒業後、造船会社のエンジニアとして10年間勤務、この間米国のRPIの修士課程卒業ののち、1987年2月家業の工具屋に入社、2004年9月に2代目社長となる。来年2013年は創業65周年を迎える。

「ネジザウルス・タカサキ」のルーツ:
小学生の頃、1歳上の姉と一緒に大阪の父親の会社によくアルバイトにきていました。ニッパやペンチのビニール絶縁と防錆油の入り混じった匂い、パッケージの四角い箱・・・・。仕事の後は、叔父の家で夕食を食べることもありました。(当時の社員さんで、いまでも働いて戴いている方も何名かおられます!)

大学卒業後、造船会社で、舶用ディーゼルエンジンの事故調査を担当し、世界中を飛び回りました。頻発する燃料ポンプの固着事故の原因が、プランジャー表面の微細な機械加工の凹凸であった事、クランク軸の軸受け損傷が、プロペラと船体の電位差によるスパークエロージョンが原因であった事など大事故のトラブルを迅速に解決できたことは大きな自信になりました。

レンスラー工科大学は全米最古の工科大学で、GEの発祥の地であるNY州のTroy市にあります。NASAのアポロ月面着陸指揮者のジョージ・ロー氏が学長でした。
大学院では、Tribologyという分野の研究を行いました。トライボロジーとは潤滑、摩擦、摩耗、焼付などを対象とする科学と技術です。スペースシャトルの耐熱タイルが脱落した事故の原因をテーマにした講義もあり、航空宇宙技術の深さを実感しました。軸受のコンピューター解析を行った修士論文はASME(米国機械学会)にも掲載されました。

その後、父と叔父が創業した作業工具メーカーに、家業を継ぐ形で入社しました。入社当初は、舶用エンジンに使用される直径200mmもの大きなネジと、直径2mmの小ネジとのスケールギャップも感じたこともありました。その後は、工具の品質不良の原因追究と対策などに、造船会社時代のトラブルシュートの経験が大いに役に立ちました。そのお陰もあり、ISO9001(品質)も早期に取得し、ISO14001(環境)も引き続き取得できました。

現在の「ネジザウルス・タカサキ」は世界で通用する工具の開発に向けて、社員とともに日々奮闘努力しております。

■中小モノ造り企業の活性化の為には、M(マーケティング)、P(パテント)、D(デザイン)、P(プロモーション)という4つの必須要素全てが融合したときに初めて大ヒット商品が誕生するという確信を持ちました。MPDP戦略と命名しています。

■平成25年春 黄綬褒章受章
このたび黄綬褒章受章の栄に浴し、身に余る光栄です。これもひとえに受章の対象となりました「ネジザウルス」を長年ご愛顧いただきましたお客様、並びにご指導を賜りました機械工具業界、関係団体の皆様方のお陰と心より感謝申し上げます。一緒に汗を流してきた社員とその家族とともにこの喜びをわかちあいたいと思います。今回の受章を機に、モノづくり企業活性化のための「MPDP理論」と「知的財産管理技能士」の普及に取り組んで参りたいと存じます。


■家族:妻と娘(音大生)

趣味:居合道(無双直伝英信流)初段 卓球(中ペン 裏&粒高)

資格:知的財産管理技能士(国家資格2級)

年齢:58歳

●ホームページ
http://www.engineer.jp

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ