一家に一本、ネジザウルス!をめざす社長ブログ

「道具」に機・能・美を追求して、世界中に発信する株式会社エンジニア

ISO

ISO(品質&環境)維持審査が無事終了!

昨日と今日、BVQI(ビューロベリタスジャパン)から審査員が2名来られて、今年で7年目の品質ISO9001と5年目の環境ISO14001の審査が行われました。

製造・技術、本社営業、海外営業、資材、財務の4部門について、
(1)マニュアルがきちんと作成されているか?
(2)そのマニュアル通りの運用がなされているか?
について徹底した審査を行って戴きました。

先ほどクロージングミーティングがあり、品質と環境それぞれ1件ずつ指摘事項がありましたが無事審査終了しました。

ISO9001

 

 

 

 

 

 

 

ISO14001

 

 

 

 

 

 

 

前回までの審査では、「社長と品質・環境管理責任者、部門長、内部監査員のみで審査してもらっている」雰囲気でしたが、今回は現場の社員に対するインタビューも多くなされ、全社でISOを取得、運用しているという一般社員に対するモチベーションアップに繋がったと思います。

次回以降も、一般社員や派遣社員に対しても、どしどし質問・インタビューして欲しいものです。

現下の厳しい経済情勢の中、決して安いとはいえないISOの維持・審査費用を無駄にすることなく、会社の体質カイゼンと業績アップにつなげて行きたいと思っています。

ISOの更新・維持審査完了!

2002年に取得した品質ISOの再認証審査と、2004年に取得した環境ISOの維持審査が昨日と一昨日行われました。 

BV

 

 

 

審査機関であるビューローベリタスは造船会社の技師であったときから良く知っていました。船の安全性を厳格に審査する第3者機関で、一般に「船級協会」と呼ばれています。

BVなどの船級協会の審査結果が保険会社に通知されて、その船で荷物を運搬する荷主に対する適正な保険料が決定されます。 つまり、安全性が高いと審査された船であれば、海上で事故が発生する可能性が低いので、荷主が支払う保険料は安くなります。 逆に、安全性に問題ありと判断された場合には、保険料が高くなります。 同社のホームページによると「ベリタス(Veritas)」はラテン語で「Truth」を意味するそうで、真実を伝え公正さを保つ、世界初の第3者機関として英国で誕生したとのことです。

世界のエンジニアユーザーに信頼と安心を与えたいという思いで、ISOの取得を検討し始めたときから「審査機関はBVで!」と決めていました。

お蔭様で、着実に社内の品質&環境管理体制も向上しており、今回も軽微な指摘事項や観察事項がありましたが、無事終了しました。

有り難うございました!

プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ