一家に一本、ネジザウルス!をめざす社長ブログ

「道具」に機・能・美を追求して、世界中に発信する株式会社エンジニア

社内勉強会

3現主義・MTS思考・口頭無形

弊社では朝礼時に唱和する内容を3ヶ月毎に見直しています。7月からは次のスローガンに決定しました。


一、 現場・現物・現実チェック。 全ての議論の出発点。≪3現主義≫

一、 虫の目、鳥の目、魚(さかな)の目。 3つの視点で考える。≪MTS視点≫


M:虫の目で詳細を把握。 T:鳥の目で全体を把握。 S:魚の目で潮の変化、トレンドを把握。

一、 再確認、忘れてないかを再確認。 頼みっぱなしは、自分も悪い。口頭だけでは、自分が悪い。 ≪口頭無形は荒唐無稽≫


荒唐無稽とは、言動に根拠がなく、でたらめなこと。 口頭無形は口頭連絡だけでは形が無いという造語。

 

 

 

 

錆びたねじ、なめたネジ、ネジ山には一家に一本ネジザウルス!

やんせん病のワクチン効果大!?

「やんせん病」はデンマークが発祥のように勘違いされるが、実は当社で数年前から指定している法定伝染病。べたべたの大阪の病気である。

当社では、WHOではなく、ISO 9001の今年度重点目標に掲げて、ウイルス撲滅を目指しているところです。

ところで、その「やんせん病」とはいったいどんな恐ろしい病気なのか・・・・?

■自覚症状 : 「・・・やん!」 「・・・せん!」 というやりとりが、社員同士、或いは取引先との間で交わされることがある。

■ウイルス : 顕微鏡で「やんせんウイルス」を拡大してみると、

「言いましたやん!」   「いや、聞いてません!

「渡しましたやん!」  「いや、見てません!

「送りましたやん!」  「いや、届いてません!」

と言っていることがわかりました。

■末期症状 : やんせん病が進行すると、組織の血液である情報の流れが阻害されて、体全体が機能不全をおこして、最後には死にいたる恐ろしい病である。

■原因 : ビタミンC(COMMUNICATION)の摂取不足が最大の原因と考えられています。

■治療 : 栄養素を含む「ほうれんそう」が最も効果的であることが解明されてきました。

■ワクチン : 無料の対策ワクチン(3種混合 写真↓)が大阪産業創造館で配布されています。 当社でも、3日間にわたって、私も含めて全社員がワクチンを飲んでいるところです。 「やんせん病」撲滅に大きな効果があることを期待しています!

やんせん病ワクチン

 

 

 

 

 

 

 

 

錆びたねじ、なめたネジ、ネジ山には一家に一本ネジザウルス!

Archives
プロフィール

ネジザウルス・タカサキ

こんにちは!既存の概念にとらわれない自由な発想で、新しい工具の世界を創造する螢┘鵐献縫△旅盧蠅任后

略歴:東京大学舶用機械工学科卒業後、造船会社のエンジニアとして10年間勤務、この間米国のRPIの修士課程卒業ののち、1987年2月家業の工具屋に入社、2004年9月に2代目社長となる。来年2013年は創業65周年を迎える。

「ネジザウルス・タカサキ」のルーツ:
小学生の頃、1歳上の姉と一緒に大阪の父親の会社によくアルバイトにきていました。ニッパやペンチのビニール絶縁と防錆油の入り混じった匂い、パッケージの四角い箱・・・・。仕事の後は、叔父の家で夕食を食べることもありました。(当時の社員さんで、いまでも働いて戴いている方も何名かおられます!)

大学卒業後、造船会社で、舶用ディーゼルエンジンの事故調査を担当し、世界中を飛び回りました。頻発する燃料ポンプの固着事故の原因が、プランジャー表面の微細な機械加工の凹凸であった事、クランク軸の軸受け損傷が、プロペラと船体の電位差によるスパークエロージョンが原因であった事など大事故のトラブルを迅速に解決できたことは大きな自信になりました。

レンスラー工科大学は全米最古の工科大学で、GEの発祥の地であるNY州のTroy市にあります。NASAのアポロ月面着陸指揮者のジョージ・ロー氏が学長でした。
大学院では、Tribologyという分野の研究を行いました。トライボロジーとは潤滑、摩擦、摩耗、焼付などを対象とする科学と技術です。スペースシャトルの耐熱タイルが脱落した事故の原因をテーマにした講義もあり、航空宇宙技術の深さを実感しました。軸受のコンピューター解析を行った修士論文はASME(米国機械学会)にも掲載されました。

その後、父と叔父が創業した作業工具メーカーに、家業を継ぐ形で入社しました。入社当初は、舶用エンジンに使用される直径200mmもの大きなネジと、直径2mmの小ネジとのスケールギャップも感じたこともありました。その後は、工具の品質不良の原因追究と対策などに、造船会社時代のトラブルシュートの経験が大いに役に立ちました。そのお陰もあり、ISO9001(品質)も早期に取得し、ISO14001(環境)も引き続き取得できました。

現在の「ネジザウルス・タカサキ」は世界で通用する工具の開発に向けて、社員とともに日々奮闘努力しております。

■中小モノ造り企業の活性化の為には、M(マーケティング)、P(パテント)、D(デザイン)、P(プロモーション)という4つの必須要素全てが融合したときに初めて大ヒット商品が誕生するという確信を持ちました。MPDP戦略と命名しています。

■平成25年春 黄綬褒章受章
このたび黄綬褒章受章の栄に浴し、身に余る光栄です。これもひとえに受章の対象となりました「ネジザウルス」を長年ご愛顧いただきましたお客様、並びにご指導を賜りました機械工具業界、関係団体の皆様方のお陰と心より感謝申し上げます。一緒に汗を流してきた社員とその家族とともにこの喜びをわかちあいたいと思います。今回の受章を機に、モノづくり企業活性化のための「MPDP理論」と「知的財産管理技能士」の普及に取り組んで参りたいと存じます。


■家族:妻と娘(音大生)

趣味:居合道(無双直伝英信流)初段 卓球(中ペン 裏&粒高)

資格:知的財産管理技能士(国家資格2級)

年齢:58歳

●ホームページ
http://www.engineer.jp

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ