一家に一本、ネジザウルス!をめざす社長ブログ

「道具」に機・能・美を追求して、世界中に発信する株式会社エンジニア

知的財産

大阪工業大学のメキシコ人研究生と知財学部生が来社!

昨日、大阪工業大学の知財学部林教授が、メキシコからの研究留学生33人を含むゼミの学生10数名を連れて来社されました。

林教授が部会長をしておられる関西ベンチャー学会の会報誌で、知的財産を積極的に活用している中小企業として(株)エンジニアを紹介したいという事でした。

起業を目指す学生諸君の参考になればと、
ネジザウルスの開発ストーリーや知的財産に対する取り組み方、そして「ものづくり中小企業を活性化させる秘訣」として弊社が提唱している「MPDP理論」についてお話をさせて戴きました。
大工大林先生1











M:マーケティング
P:パテント
D:デザイン
P:プロモーション
の4つが全て揃ったところにヒット商品が産まれるというMPDP理論

知的財産を専攻される学生諸君にとっては、最初のM・P・Dは理解できるが、最後のP:プロモーションについては具体的なイメージ(想像)が難しいようで、メキシコからの留学生からも質問がありました。

「ネジ・ザ・ウルス」というキャラクターを制作したこと、毎月一回4コマ漫画をホームページにアップしていること、そしてテーマソングを作ってPVをYoutube配信していることなどを紹介しました。

更に、4コマ漫画やテーマソングを外国語に翻訳して、海外向けの販売促進に活用していることもお話しているうちに・・・・ある事に気が付きました!!

「そうだ! メキシコはスペイン語や! スペイン語翻訳した4コマ漫画や、スペイン語の歌を聞いて貰おう!!」

スペイン語翻訳はNATIVEの方にお願いしているのですが、メキシコの方が漫画を見て、歌を聴いてどんな反応をされるか??この機会に是非確かめてみたいと思ったのです。

そして、早速プロジェクターに投影して見てもらう事に!!!
ウルス鑑賞中













先ずは第1話「バイクトラブル編」。


結構、受けてるやん! みんな(3人だけど!)笑ってるやん! もう一本、見てもらおう。次は第9話「なめる前に・・・編」だ〜!


だんだん笑い声が大きくなってるやん! 登場人物が同じやから感情移入しやすくなったから? 

ともあれ、「ウルスの大冒険」スペイン語版を見たメキシコの方が、オリジナル版と同じ場面で「ニヤッと」笑ってもらえることがわかり、とても感動しました。日本のコンテンツ産業には凄い潜在力があることも再認識できました。マンガを描いて貰っている画屋さん、翻訳して戴っている方にも感謝です!

さて、最後は、アレを聞いて貰わないと!! そうです、テーマソング「ウルスは僕らの救世主」のスペイン語版です。では、張り切って、どうぞ!!


「How was it?」(どうでした?)
「Oh! it's very sticky!」(結構、頭に残るフレーズですね〜)

「How about the pronounciation?」(発音はどうでした?)
「It was OK, but a little bit different.」(少し気になったところがあったけど、まあ大丈夫。)

良かった!! Sticky(頭にのこる)と言われたのが一番うれしいですね。スペイン語で歌って戴いた方もきっと喜ぶと思います。有難うございます!


メキシコの研究留学生も、大工大の学生諸君も、ここまでプロモーションするか〜みたいな感じでビックリされたようです。知的財産活用企業に勉強に来られて、マンガキャラクターを見せられるとは思っておられなかったでしょうね。

製品としての「ネジザウルス」は平成23年度の全国発明表彰の特別賞「日本商工会議所会頭賞」を受賞した国内特許登録2件、海外特許登録3件、PCT出願、意匠登録1件その他、数件出願中です。

同時に、「ネジザウルス」商標登録(文字)、「ウルス」のキャラクターの商標登録(図形)、文化庁著作権登録(共同)などによって、知的財産権を活用していることも併せて説明しました。

最後に、メキシコの研究留学生から、こんな素敵なお土産を戴きました!ソンブレロをかぶったメキシコを代表する楽団「マリアッチ」のボールペン! 有難うございました!いつかマリアッチに「ウルスは僕らの救世主」を歌って貰いたいですね!!
マリアッチボールペン


















弁護士のビクトリア・イダルゴさん、銀行家のエルメス バニュエロスさん、ベンチャー企業家のガジェゴス・リカルドさんの3人は、震災直前の3月7日に来日され12月まで大工大で研究されるとのことです。どうぞ日本での勉強が、お国の経済の発展に役立つことを祈念しています。

また、林ゼミの9名の学生諸君も7月10日の知的財産管理技能士検定合格を目指して頑張ってくださいね!弊社の社員も5人受験します。(知的財産管理技能士センター研修委員のネジザウルス・オヤジより)

林先生、本日は誠に有難うございました!お役にたてたかどうか甚だ心もと有りませんが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

「企業と発明」2011年4月号に掲載されました!

社団法人大阪発明協会が発行している「企業と発明」2011年4月号に、「大阪ものづくり発明大賞を受賞して」という拙文が掲載されました。企業と発明表紙












大阪ものづくり発明大賞は昭和51年から毎年実施されている「大阪優秀発明大賞」のなかの、中小・ベンチャー企業を対象とした発明表彰で、1月28日に行われた表彰式におきまして弊社の開発したネジザウルスGTが受賞させて戴きました。

本誌への掲載を機に、ネジザウルスGTの開発から得られた「MPDP」を更に推進することで、社会に役立つ「道工具」を創り出してゆきたいという思いを新たに致しました。 有難うございました!!

企業と発明1
























企業と発明2

























企業と発明3

「MPDP」が英語の論文に!

ものづくり中小企業を活性化する4つの秘訣が「MPDP」であるという私の持論が、英語の論文で発表されることになりました!

メキシコから
JICA研究員として、大阪工業大学に留学中のNancy Nara Gutierrez Silva さんが書かれた論文です。メキシコの中小企業における知的財産の認識を奨励し、競争力を強化する事が目的であり、その為に日本の中小企業の知財活用状況を約10ヶ月の日本滞在中に調査研究した結果が40ページにわたってまとめられています。

Nancyさんは昨年11月、
大阪工業大学の知的財産学科長の林教授とともに来社されました。そして、弊社の知財に対する取り組みや、ネジザウルスGTの開発から得られたMPDP(Marketing,Patent,Design,Promotion)について熱心にヒアリングされました。

ナンシーさん論文1














2011年10月頃に大阪工業大学大学院の紀要である「知的財産専門研究」にNancyさんの論文が掲載発表される予定です。

ナンシーさん論文2


この論文の中で、中小企業(Small and medium enterprises)の知財活用例として弊社が紹介されています。そして、「MPDPが中小企業を活性化する4つの秘訣です。」と説明させて戴いたことが、イラストで、しかも色つきでレポートされており、感動しました! 南詩惟(Nancy)さん有難う!

ナンシーさんMPDP













以下はYoutubeにアップした「ウルスの大冒険」のバイクトラブル編(スペイン語版)です。Nancyさんの論文の中には、弊社が「MANGA」を使ったプロモーションを展開し、商標権だけだなく著作権などにも対応しているということも特記事項として記載されています。


******************************

ネジザウルスGTの開発から得られた「4つの秘訣 MPDP」が日本だけでなくメキシコの中小企業の活性化にもお役にたつのであれば、こんなに嬉しいことはありません。有難うございます!

日本弁理士会近畿支部のトークセッション

先週、特許庁と近畿経済産業局主催、日本弁理士会近畿支部共催のトークセッションで、パネラーとして参加させて戴きました。

3月に移転したばかりの西梅田の日本弁理士会近畿支部で行われ、約60名の参加者のうち半数以上が弁理士の方でした。

タイトルは、「中小企業のための知的財産経営定着支援セミナー

 開会挨拶







経済産業省特許庁の主任産業財産権専門官(併)中小企業等支援企画係長の宮本様の開催のご挨拶に続いて、基調講演として、特許庁が取り組んできた支援事業に関して、インクタンク・ジャパンの塚越社長から成果報告がありました。
塚越社長





その後、トークセッションでは、知的財産経営に先進的な取組みをする実践する2社の経営者として、(株)エレムの宮原社長と私がそれぞれ1時間づつパネラーとして参加をさせて戴きました。宮原社長と土生先生






エレムの宮原社長と土生特許事務所土生弁理士のお話のなかには、弊社にとっても大変参考になるポイントがいくつかありました。

第二部最後の私のプレゼンテーションのテーマは、「ものづくり中小企業を活性化する4つの秘訣 〜ネジザウルスGTの開発から得られたMPDP」。パネラー高崎








コーディネーターの華山弁理士と塚越社長とのディスカッションの中で、中小企業と大企業で何故知財の取り組み方が大きく異なるのか? また、中小企業が知財を活用するためには何が必要なのか?について、「MPDP」の持論をお話させて戴きました。パネラー高崎2





最後に日本弁理士会近畿支部板谷支部長様から、「勉強有り、笑いありの大変有意義なセミナー、トークセッションでした。中小企業のための・・・というテーマでしたが、弁理士のための・・・と言っていいくらいですね。」という結びのご挨拶がございました。
板谷支部長




********************************
大震災と津波によって、国難ともいえる危機的な状況ですが、いまこそ私たち日本人がDNAに埋め込まれている「勤勉さ、情緒の豊かさ、手先の器用さ、職人気質、惻隠の情(武士道)」という原点に立ち返って、国家の再構築をすべき時です。

正確な数字は良くわかりませんが、ドイツの輸出の7割が中小企業によるものであり、日本の輸出の9割は大企業によるものと聞いたことがあります。 
日本の文化的、情緒的な伝統、技術を活かして、様々な分野の中小企業の製品が海外で販売されるようになればと願っています。その為に、必要なキー・コンセプトが「MPDP」であるというのが私の持論です。

今回、中小企業を戦略的にサポートされようとする志ある弁理士の先生方に、お話をさせて戴く機会を得てまことに有り難く思っております。ご紹介いただきました日本弁理士会近畿支部松下副支部長様に感謝しております。

是非、皆様とご一緒に、素晴らしい日本を造ってゆきましょう!

知的財産管理技能士(管理業務)二級に合格しました。

本日、国家試験「知的財産管理技能検定2級」の合格証書が届きました。

知的財産管理技能士

 

 

 

 

管轄は特許庁を所轄する経済産業省かと思っていましたが、厚生労働省となっています。 様々な職種の技能検定を実施、認定するのは厚生労働省の仕事なんですね。

「労働者の有する技能を一定の基準によって検定し、これを公証する国家検定制度であり、労働者の技能と地位の向上を図り、ひいては我が国の産業の発展に寄与しようとするもの・・・」

開発部の社員も何名か受験して、I君が3級合格! おめでとう!! 2級受験のYさんは学科は合格でしたが、実技で惜しくもあと一歩! Hさん、Aさん、Kさん、T君! 是非、再チャレンジして全員合格を目指しましょう!

 

プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ