5月15日午前11時、東京一ツ橋の如水会館において下村文部科学大臣から黄綬褒章の伝達を受けました。
伝達式














(42名の受賞者の中には紫綬褒章の松任谷由美さん、熊川哲也さんもご一緒でした。)
記念撮影



















その後、2時50分から皇居春秋の間にて天皇陛下の拝謁式に臨みました。
(褒章は内閣の助言と承認により天皇陛下から授与されます。)

「これからも健康に留意して国と社会のためにそれぞれの業務に励まれることを希望します。」という有り難いお言葉を賜りました。

天皇陛下のお声を間近にお聞きし、慈愛あふれるお顔を拝見している時に「MPDP」という言葉が強くイメージされました。

平成25年5月15日は私にとって忘れがたい一日でした。そしてこの日がさらに意味のある日になるように、精進努力を積み重ねて参ります。

どうぞこれからもご指導とご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い致します。