エンジョブ「自分が源」ブログ

2016年12月24日

旅行

エンジョブの特徴の一つが社内旅行。

ただの和気藹々の旅行ではなく、「意味」と「意義」、そして「学び」を感じる点は他社ではなかなか見慣れないエンジョブ色だと思います。

初めて行ったのはいつだったか…。

15年ほど前だったでしょうか?

海外旅行に行ったことがない社員が多かったこと。

所得として利益を還元するのではなく(賞与はかなりの額を頂いていたのもあります)、海外旅行に行きたい。

そんなみんなの意思を社長が汲み取ってくれたのがきっかけです。

グアム


社長の本音は、海外旅行に行ったことがない社員があまりにも多すぎたため、自分が連れて行かなければ一生行ったことがない社員が出てくると悟ったのでしょう。

きっと「自分がやらねば誰がやる」と言う、経営理念の精神に則っていたのだといたのだと思います。

一回目が成功したので、二回、三回と続いてきたのですが、15年ほどたてば個人的に感じることもでてきます。

ホンコン


毎回毎回、旅行に参加しているのですが、やはり「誰と」行ったのかということが心に残ってくるのです。

グアムで回った観光や、やったこと、楽しかったことよりも、あの旅行で行ったきりの社員さんを思い出します。

村尾君がいたな。
ねえさんもいたし、みかこさんもいたな。と

香港では石丸君、やん君、じゅっちゃん、隊長がキャアキャア言いながらディズニーキャラと写真を撮りまくる女子に文句言わずに付き添ってくれたなとか。

シンガポール


また、企画や旅行スケジュールも社員が行うので、そこでその社員色も出るし、担当することで成長させてもらえます。

タイムスケジュールの組み方や、みんなの要望を取り入れるので、複数人との折衝力も必要になります。

社長への報連相も緻密さが要求されるし、現地で想定外のことは当然起こるので、必ず現場で柔軟な対応も必要になるし、決断力も磨かれる。

自分一人では解決できるから、みんなへ協力も求めるという体験ができる。



こうやって、旅行を積み重ねることで、エンジョブも進化してきたし、個人レベルで成長して来れました。

さて、社長はマンネリ化してきたことを理由に海外旅行はしないと言っていましたが、来年は主義を曲げて実施される動きになってきています。

目標に立てた利益が決算までに達成されたらハワイに行くとのこと。

ハワイに行くのは会社では二度目です。

ハワイ


しかし、やはり利益目標を設定するという手法は、今回初です。

決して「今まで通りにはしない」ところがエンジョブらしいと思います。



さて、過去に私が参加してきた旅行の集合写真を載せています。

今はもういない仲間、今も一緒に戦っている仲間。さまざまです。

今でもたまに会えばあの頃に戻った感じで懐かしく話せる人もいれば、一度も会っていない人もいます。

でも、一緒に行った旅行は暖かい思い出として心に残っているし、きっと一緒に行ったメンバーも同じではないかと思います。


そして、今の社内でも、まだ一緒に旅行に行っていない多田ちんや、橋本さんや、博士がいます。

またこうやって、一緒に旅行に行くことで、ずっと残る思い出を一緒に作って行けたらと思います。


ボラカイ



そして、私たちは業務としてお客様に旅行を提供しています。

忙しくなると、電話やメールなどで対応しているとお客様の顔が見えなくなってきます。

無事お客様を現地に送り出せばそれで終わりとばかりに、入ってくる案件をこなすだけになりがちです。

しかし、きっとお客様もこうやって10年、20年とたつと今は会っていない仲間との思い出を抱えてくれているかもしれません。

こうやって写真を見て、いろいろと思い出してまた旅に出たくなるかもしれません。

人を幸せにできる仕事ができる自分たちは、恵まれていると思います。

そんな恵まれた機会を作って頂けるお客様に感謝して、幸せなお客様を一人でも増やしていける、そんな会社を目指して来年もみんなと協力して邁進していきたいです!!

2017年もエンジョブが一丸となって進んでいきます!!


enjob1 at 22:50│clip!企画担当Y 

Copyright © En Job. All Rights Reserved.