エンジョブ「自分が源」ブログ

2017年01月15日

自己評価

こんにちは!
最近箸の持ち方を直し始めた齋藤です

小さいころから何回も言われてきたにも関わらず
直そうとしませんでしたが、
なんとなくでも自分でやろうと決めたら
案外簡単にできるということがわかりました

1484496442889



今回は「自己評価」というテーマについてです。


なぜこのテーマにしたかと言うと、
自己評価は単に「ふーん」で終わるものではなく、
自分の行動すべての根本になるもので、
考えるほど面白いと気づいたからです



まず、「なんで自分はできないんだろう?」と
日常でよく思っていることはありますか?

あるとすれば、それは何でしょうか?



私は、
人からのアドバイスを素直に受け取ること」です。


恥ずかしい話ですが、
私は人から指摘やアドバイスをもらったときに
否定や言い訳をして受け取らないのが癖です



しかし、それでは仕事が上手くいくはずはなく、
人から好かれることもない。
勇気を出して指摘してくれた人を悲しませ、
ついに誰も改善案を提示してくれる人はいなくなる。
そして自分の成長が止まる。
本人はそれにも気がつかない。


とても怖いことです。

DSC_5672


そこで、「なぜ素直に受け取れないのか?」と不思議に思い、
そうなる仕組みを考えてみました。


まず、純粋な改善案としてのアドバイスや
指摘をもらったときに反応している自分の気持ちについて


お前は間違っている、ダメな奴だ」と
言われているように感じています。
そうやって攻撃と思っているから、
拒否や言い訳といった防御の姿勢を取っていました。





では、実際に相手はそういうつもりで言っているのか?


違います。


自分が人にアドバイスをするときを考えたら分かりました。
勇気がいるけど、それでも相手に伝えたい」、
もっと上手くいくようになって喜んでほしい
という、攻撃とは正反対の気持ちです。

P4062660



なら、それが分かっているのに
何故いざその時になったら受け取れなくなるのか??



私が出した答えは、「自己評価が低いから」です。
自分で自分の可能性を信じていない」と言うと近い気がします



自分はまだレベルアップできる」と信じていれば、
伸びるためのやり方を教えてもらうことはきっと嬉しくなる


自分は弱い、これ以上はできないと思っているから、
指摘をされると怖くなる
弱いところは防御しないと倒されてしまうから。


自分は指摘もすべて受け入れ、
肯定的に改善していける器の人間だ


と自己評価を高く持てば、
笑顔で受け入れて相手に感謝を伝えることができるのでは?



本当の自信とは自分の主張を通し切ることではなく、
色々な意見を感謝と共に取り入れられること
ではないかと思いました





他にも色々な答えを見つけました



同じ失敗を繰り返し、どうしても改善ができない

嫌なこと、面倒なことをを後回しにしてしまう

悪循環の生活習慣を変えられない



全て、「自分なんてこんなもの」という評価を
自分ともあろうものが!」という評価に変えれば
全て解決に向かっていくのではないでしょうか

DSC_6948




自己評価」や「プライド」というと
高いのは傲慢だ、美しくない」という感覚が日本人にはある気がします。


しかし、確かにニセモノは嫌味になるけど、
本物はしっかりと高く持っているべきだと思います



人のことで考えてみても、
大切な人が「自分なんか」と言っているのは悲しい
そして、卑屈な人よりも向上心がある人といたほうが楽しい


だから、周りの人の為にも
自分は自己評価を高く持つべきだ!と思うのです




こうして何かしらのとっかかりを見つけ、
それをもとに改善をしていくのは楽しいことです


私たちの会社では、こういった個人の気づきを
共有することが日常です。


「自分ともあろうものが!」社内で流行させられるといいな



enjob1 at 22:54│clip!斎藤 

Copyright © En Job. All Rights Reserved.