エンジョブ「自分が源」ブログ

大久保

2017年01月22日

人こそ人の鏡

こんにちは〜



最近寒い日が続きますが、

酒井さんに頂いた、にゃんこブランケットでほこほこと過ごせるので

幸せな大久保です(*・ω・)ノ(*・ω・)ノ





そらにゃんや、にゃんこマスコットは癒されます〜





そらにゃんと橋本さん






さて。


突然ですが

みなさんは「人こそ人の鏡」ということわざを知っていますか?


意味・・・他人の言動は鏡に自分をうつす鏡のようなものであるから、他人を見て自分を改める参考にせよということ。(故事ことわざ辞典参照)







去年、新しいメンバーが2人加わりました



橋本さんと野々宮さんです




二人を見ていると、不思議な気持ちを抱く時があります。



まるで自分を見ているように感じるときがあります。



何かな〜〜っとずっと思っていましたが

最近、理由がわかりました



二人の中に自分と似た部分があったからなんです



橋本さん



それは、ほんの些細な部分です。


気になること、というのは

要は自分の中にあること、というのを聞いたことがあります。





自分の中にあることでないと、

そもそも気付くことすら出来ないそうです。




でも考えてみたら確かにそうだと思います。



みなさんも、人と接していて

「ん」と思うことはないですか


それは自分の中にあることです。





私で言えば


誰がどういう状況なのかわからない、と嘆く時がありますが


それを言う時、自分自身もそれをしています。



だから、今どういう状況なのか、あとどれくらいなのか言わないからわからない、と


言われることがあります。。。




人に対して感じた時、自分自身に置き換えてみてください。







野々宮さん







自分がそういうことをしていると、気付いたら


次は、どうしてそういうことをするのか


見ることが大事です




実際、自分が思っている事を実は自分もしている。


情けない話ですが、事実です。



そんな自分を見たくなくて、目をそらしてしまうときもあります。


見ないふりをしてしまいます。



でも、目をそらすのではなく、受け止めることが大事だと気付きました。




でも実際、自分が「こうした方がいい」と言われても

素直に聞かないです。



でも・・・とか、絶対失敗するもんとか。


言い訳が出てきます。





でも心の奥底ではそれが正しいというのはわかってます。



行動と一致しない、ということがありました。




そんな中、後輩が入ってきてくれて


自分と同じような部分を見たとき、


ああ、自分はこう思われていたんだな、と客観的に自分を見たような気がしました。



もしかすると、先輩の中でも、そう感じる人もいたのかもしれません。



ワイルドブラザース





まだまだ自分のことで、自分で気づいてない部分もあるかと


思うけれど、人を見て、我ふりなおせと同じように


人に感じたことを、自分は?と自分に置き換えて見ることも大切なのかと思いました。



それが例え、自分の見たくない部分であったとしても、



自分にもこういう部分があったんだと

気付くことで、自分の視界も広がっていくことに繋がっていくと思います。




それは嬉しいことばかりではなく、辛いこともあるかもしれません。


でも見ないふりをしていては、結局何も変わらないです。



自分自身と向き合うことも大切と感じたのも、二人に会えたから感じたことです。



気付かせてくれた橋本さんや、野々宮さんには感謝です



二人を見ていて感じる私ですが、


そういう人と出会えるというのは貴重だな〜と思いました




これから出会う人にも感じることがあるかもしれません。



そのとき感じた気持ちを大切にしていきたいです



それは自分を知るキッカケになるはずです




自分を知っていけるというのは幸せですね




同じ日はない


enjob1 at 23:59|Permalinkclip!

2016年11月27日

憧れの人☆

こんにちは〜





つい最近!


ルーキー野々宮さんがうちのアイドル”そらにゃん”に

初めてご飯をあげていました〜〜〜ぱちぱちっ


そのショットがこちら



そらくん初触り










私事といえば、


家に帰ったときに祖母が出かけた先でもらったという紙の編み箱

すっごく立派で、私も作りたい!!

と思い、協力してもらいつつ地道に作っている最中の大久保です


なにげに、結構難しく、ちまちまと進めております(笑)


出来たらこんな感じになる予定デス



籠











さて



突然ですが

みなさんが子供の頃、

「憧れたアニメや主人公は誰ですか??」





なぜ突然聞くかというと

先日、その話を聞いて「へぇ〜〜〜〜と面白かったのでお伝えしたいと思います





みなさんが小さい頃

「○○の主人公のようになりたい!」

「○○のアニメが好き!」



と必ずあったのではないかと思います。






その”憧れ”の存在こそが

自分の成りたい自分、潜在意識にある憧れ、だそうです





私はこのことを聞いたとき、なるほど〜と心にすっと納得しました





格好いい!

こういう風に自分もありたい!


と思います。




エンジョブのみんなともこの話をしました。


みんな、いろんな憧れがありました






社長は何と「ルパン三世〜」


社長とルパン1



どことなく、似てる気がします。(笑)






新ルーキーは「ドンキーコング〜」


ルーキーとドンキーコング1



野々宮さんはチャレンジ精神が旺盛です。


普通、初めてのこととかは勇気が必要で

始めの一歩がなかなか踏み出せなかったりしますが

そこを踏み出す勇気を持っています


様々なことにチャレンジして行っています。





橋本さんは「お邪魔女どれみ」


橋本さんと御邪魔女どれみ



今年入社の橋本さんは

今までと違う環境で、大変なことがあっても前向きに取り組んでめきめき成長中です







酒井さんは「キン肉マン」


酒井さんとキン肉マン1



ふざけているようでも、どんな状況でも諦めず

勝利を目指していくキン肉マン。



酒井さんは、緊急事態が起きたとしても

冷静に対処し、収めてくれます。


エンジョブの縁の下の力持ちです






柳さんは「ドラゴンボールの孫悟空」


柳さんと孫悟空1




楽しそうに修行とかしているところがとても印象に残っていますと話していました。


柳さん自身も、今繁忙期でありえないくらいどたばたしていても

笑顔で毎日取り組んでいます





斉藤さんは「セーラーマーズ、ポケモンのサトシ」


斉藤さんとセーラーマーズ&さとし



誰かと一緒でないと自信がない、という人ではなく、
自分一人でも強くてまっすぐだったから


ライバルの立場の人とも最後にはわかりあって
友達になる。そんな主人公みたいな人になりたいと思ったから


斉藤さんは人に対して寄り添う優しさを持っています。



よく昔の斉藤さんの話を聞きますが、

今聞いても全然想像がつかないくらい

いつもみんな全体のことを考えて、自分から勇気を持って先陣を走って後輩に見本となる

背中を見せてくれています





多田さんは「もののけ姫」


多田さんともののけ姫



弱い自分自身を変えたい

という気持ちを強く持っていて、憧れの存在のようになる

困難があっても、壁にぶつかっても立ち向かって成長を続けています



まさに戦うファイターです




私が好きなのはアニメではなく
漫画の主人公です。


「スキップビート」という漫画の「最上キョーコ」という女の子です。


彼女の最後まで諦めない根性がすごく格好よくて、好きです


最初は復讐から始まりますが、

いろんな出会いや、チャンスに

挑んでいき、自分のしたいことを見つけて

一歩ずつ進んでいきます



自分のしたいことをいている人を見ると

とてもキラキラいてます


そんな姿に憧れます





大久保&キョーコ






みなさんにも小さいころ憧れたヒーロー、

お気に入りのアニメや漫画、嵌っていたものがあると思います。




それは自分の潜在意識で

自分がこうありたい!


こういう格好いい人間になりたい!



という気持ちからきているはずです。



自分の憧れを知ることで


自分はこういう人間になりたかったんだ、と気づくことが出来ます。


それが大事だと思います。


気付いて、じゃあ今の自分はその憧れの人に近づいているのか?


と考えることが出来ます。




憧れの人に近づけるように


じゃあどうしていこう!と目標が出来ます。



憧れの人がいることは”目標”が出来ることだと思います。



壁にぶつかった時、すぐ投げ出してしまったりするときがあります。



そういうときに、この話を思い出したいです。


この話の中で好きな言葉があります。


いつまでもあきらめに踏ん切りがつかないのは

自分が納得するまでぶちあたっていないから

自分に無理だとかは

八方手をつくした人間だけが言うことだ




後悔というのは

自分が怯まず挑んでいたら感じることのない感情です。




憧れの人に近づいていけるよう

壁にあたったとき、一回で逃げ出すのではなく、

別な方法はないのか?


違う方法を試してみよう!



と踏みとどまって次へ目を向けていきます

enjob1 at 19:00|Permalinkclip!

2016年10月02日

十人十色☆

こんにちは〜(○´∀`)ノ゙


以前ご紹介したスクスク育った

『育てるヤクミ』を、ついに! ついに!!


いただいた大久保ですんふふ♪ (*´艸`*)



パスタ




大久保のは紫蘇なのですが、それほど匂いや味が濃いというわけではなく

柔らかい味がしました


ご馳走様でした〜。









さて、先日、


みんなから新しく入ってきてくれた人たちについて紹介がありました



私たちからすると、たった半年、3ヶ月としても

ずーーーーっと前から一緒にいる仲間のように感じています





エンジョブにはいろんな人たちがいるなぁ〜と思います


いろんな人たちが集まっています。



このエンジョブに入って会社というものは「チーム」なんだ、ということを実感しました





今回は、チームについて書きたいと思います。






みなさんは、

「この人、自分と似てる」とか思う人はいますか?


そう思う人はいても、自分と全く同じ人、というのはいないと思います。



似ているようでも、みんなそれぞれ特徴があり、

雰囲気、考え方、行動、すべて違います。



エンジョブにいると、いろんなタイプの人がいて不思議な感じがします。


でも目指すべきところはみんな同じところを向いている。



辻裏さん、酒井さん、柳さん





コツコツと毎日、時間内にすべきことをこなしていく人。




みんなが休みのときに、代わって仕事をして

みんながしている仕事を一人で全体をこなして支える縁の下の力持ち。





会社のインターネットや、PC、すべての知識を豊富に持ち、

会社に活かすだけでなく、お客様一人ひとりの

要望を叶えれるようなプランを作成して提案する人。





平井さん、橋本さん






出社するだけで、社内の雰囲気をガラッと変える人。





お客様を待たせないことを考えて


電話を1コールで取る人。





毎日が勉強で、指導を受けることがあっても

凹まず、自分と真っ直ぐ向き合っている人。





会社の未来のことを考えて


新しい情報を得てみんなに発信したり、


みんなの考えがバラバラにならないように集まって

情報を共有したりと先立って動く人。






飯田さんとりっくん





挙げたらキリがないくらいいろんな人がいます。



そんないろんな考えを持つ人がいて


それぞれが個人個人の思いで仕事をしていたら
バラバラになってまとまりがつかないと思います。





そんな時にどうするかというと、

集合してどうしていくか、という方向をみんなで話し合います。



酒井さんのブログにも書いてありましたが、


これをするようになって効率がよくなったと感じます!





仕事を任されると、自分がしないといけない、


と思うけれど、エンジョブではその人はもちろんですが


その人しかしてはいけない、というわけではないです。




つまり、「一人」ではなく「みんなで」するということです。



「個人」ではなく、「チーム」ということです




だからこそ、いつもフォローしてもらって助けてもらったりして

何とか毎日を過ごすことが出来ています




これで人に無関心の人ばかりだったら


絶対に上手く回っていないと思います。




自分のことだけ考えていては


それは会社としてではなく、個人で仕事をしています。



それでは誰にも報告、相談せず


進めているので、途中で問題が起きるか、


起きてから気づくことになると思います。




エンジョブでは、



お互いに気づいたことを言って改善していく方針があります



多田さん、博士、斉藤さん




お互いに信頼していないと、なかなか思ったことを

相手に伝えたり、聞いたりすることが出来ないと思います




決して、この人が嫌だから言うのではなく、


絶対に乗り越えられる



そう思うから言えます。




問題があれば、みんなで共有したり、

今後同じことにならないために、どうしていくか?


というのを話し合います



それを繰り返すことで、


チームの団結力も高まって行っているように感じます。




昔、先輩が言ってくださった一人じゃないよという言葉




改めて、チームというものを実感しています




一人だと頑張るには自分自身の意志力、遂行力が関わってきます。



でも誰かが頑張っているから、頑張ろう、


そう思えるのは一人の時ではないです





私も、社長を始め、先輩方がいてくださって


たくさんいつもフォローしてもらっていました。




まだまだ個人のことでいっぱいになることもありますが、


エンジョブチームの一員として


自分が出来ることをまず一つ一つ取り組んでいきます







・・・・最後に、最近会えてない はぐちん。


はぐちん



enjob1 at 23:59|Permalinkclip!

2016年08月07日

ベストパートナー

こんにちは〜(。・ω・)ノ゙


以前に多田さんが言ってましたが
社長からいただいた育てるサラダ・薬味を社内で育てて
だんだん大きくなってきたのがうれしい大久保です



育てるサラダ・ヤクミ






今までこういう育てるものが成功したことがないので
頑張って育てます













最近、社長、斉藤さん、野々宮さんと出張で頑張ってきてくれて
うれしいお土産を持って帰ってきてくれます


営業で目に見える成果を持って帰ってくる
3人がすごいです



でもその間、そらにゃんに会えないのでここで・・・




すぴすぴ





斉藤さん、野々宮さんたちが営業に行って頑張ってくださってます


頑張ってる姿を見て、改めて”営業”というものの大切さを感じました。



そこで今回は、ベストパートナーについて話そうと思います。






先々月の6月に営業セミナーに行かせていただきました。

参加させてもらったのは酒井さん、斉藤さん、多田さん、そして大久保の4人です。








私は今まで”営業”というものを経験したことはなく、
そもそも”営業”って何なんだろう?という基本的なこともわかっていませんでした。



営業というと、
自社商品を相手に売ること



というイメージですが


そうではなく、
お客様の問題を解決すること




自分でもお客様でも
こうなりたいこうしたいという気持ちがあります。



それに近づくためのお手伝いをするというイメージです。




折衝セミナー






自社商品を売ること=自分軸
(自分がしたいこと)





ですが、それだとこちらの一方通行で

お客様の希望するものと違うものを押し付けられても

お客様は嬉しくないし、気持ちも動きません。




そうではなく、

お客様が何を求めていて、どうしていきたいのか?

希望に近づくためにはどうしたらいいか?

とお客様の希望を聞いて手助けをしていく。



こうするとお客様の希望に近づくことが出来ます


それが顧客軸になります。




営業というのは
この”顧客軸”が強く関わってくることを知りました。



学ぶこと全てがへぇ〜〜〜ということばかりで
目からウロコです




営業手法






今まで自分がしていたことがどうだったのか?

考えると、いかに自分軸での話し方、考え方で

お客様と接していたのかに気づくことが出来ました。


こちらの提案している商品を売ろう売ろう

と自分のことばかりで、売ろうとしているものが

お客様の希望に添えれているのか?

考えたことがありませんでした。




まず、お客様はどんな人なのか

どういう理想を思っているのか

どうしていきたいと思っているのか


全くわかりませんでした。


それはつまりお客様について知ろうとすらしていなかったということです。



それでは接客業に携わらせてもらっているのに
全く意味がありません。


「営業」意味についてすら理解が出来ていなかったです。


”ベストパートナー”となるために
お客様が求めているものは何なのか


寄り添っていけるように頑張ります


そしてセミナーに参加させてもらっただけでなく、

社内で共有し、社内みんなでレベルアップしていけるようにしていきます



正直、電話とか営業というのとは
今まで無縁と思っていましたが、現在携わらせてもらっています。


人との接し方、お客様に寄り添うことの大切さを
学ぶことが出来たこのセミナーに参加させてもらえたことがとても有難いです。



参加させてくださった社長、そして留守を預かってくれて柳先輩、Yさん、Hさん
ありがとうございます




セミナーの中で、意識を変えるためには行動改革が必要。

と教えてもらいました。


意識は簡単に変えることが出来ません。



その時にこうしないとと思ったとしても
また簡単に戻ってしまいます。



意識だけで変えようとするのではなく、
行動を変えることが大事。




行動を変えると、結果も変わります。


いい結果になれば、これを続けていこう!となり
今までと違う行動を続けていこうと思います。



それが続くことで意識も変わっていく。





営業セミナーで学んだことも
実践に取り入れなければ今までもなんら変わりません。


だからこそ、学んだことを取り入れて行動を変えていくことで
意識改革をしていきます。



誰でも苦手なことがあります。



でも苦手だから・・・と逃げていたら何も変わらない。



斉藤さんもエンジョブのみんなも、
困難があったとしてもどうしたらいいか考えて立ち向かっています


私も営業が苦手で、苦手意識が強かったですが
このセミナーに参加させてもらって大切さに気づかせてもらいました。



ベスト




営業のイメージが変わりました



当社に問い合わせしてくださるお客様に感謝したいという思いも芽生えてきました
(今頃・・・?という感じですが。。。



お客様の希望に近づくお手伝いが出来るベストパートナーとなれるよう頑張って行きます




enjob1 at 21:00|Permalinkclip!

2016年06月12日

日々、向上

こんにちは〜


最近、昼は暑く、夜はちょっと寒い感じなので

みなさん体調には気をつけましょうね〜






余談ですが

先月ですが初 お散歩に行ってきました〜

二人と行けて幸せいっぱいでしたぁ


行かせていただいてありがとうございましたぁ


初さんぽ






最近の出来事というと、
いろんなことがあったのですが

私事で、今年も無事、私の祖母の93歳誕生日をお祝いすることが出来ました〜


毎年ながら幸せです〜


祖母のお祝いなのに、

「好きなケーキ買ってきねの」となぜか私にお金を渡す祖母。(苦笑)


誕生日の意味ないやん
ってツッコミいれてました( 








さて、



今回は会社の「社風」について話したいと思います。


と、いうのも

最近新しい人が入ってきてくださったのですが
そのときにした他者紹介のときの「向上心が高い」というフレーズを聞いて
みんなに当てはまるなぁーと思ったからです。


先々月、新入社員の橋本さんが入社してきてくれて
歓迎会がありました〜


ピザパンつくり




みんなでピザ、パン作りをしました


普通であれば、ただ楽しむだけで終わるのかもしれませんが

それだけでないのがエンジョブです


ただ、ぼーっとしているのではなく
自分から何かすることはあるか?

率先して準備を手伝ったり、気づいたことをフォローしたり

周りのことをよく見られている人が多いです


歓迎会というイベントでも

細かく見ていることは
必ず普段の仕事のときでも出てきます。



歓迎会のときにしかせず、仕事ではしていないというのはないです。


自然とフォローされている人は

普段の仕事でも、フォローをしてくださったりしています。



何気ない一コマでも、

普段の仕事へ影響があったことに気づきました。




それだけでなく、

みんなでマラソンに出たりすることもありますが

それも仕事に影響している部分があります。



全力投球




マラソンへの姿勢がそのまま仕事でも同じということです。


例え、走るのが遅かったとしても

最後まで諦めずに走る人は、仕事でもどんな状況でも最後まで諦めない


こうしたらとアドバイスを受けてすぐに取り入れて走るのが速くなった人は
仕事でアドバイスをもらったら、素直に受け止め実行し、最初時間がかかっていたのが
早くなっていきました


最初にペースを上げて、スピードを落とさないように走る人は
最初からエネルギー高く仕事に取り組み、次から次へと仕事をさばいていきます


周りに「もっと行けるだろう」と激励をしている人は
自分が頑張り背中を見せてみんなもやる気にさせたり、
仕事でも人の背中を押してフォローをしたり、全体を把握しています






そして、私の尊敬している先輩


斉藤さん尾上さん


P5142916



二人はよく”二人で一人”と言われていました。

斉藤さんは
元気ハツラツでまず行動というような人です。

ガッツがあり、まず自分が率先して行き、みんなに自分の背中を見せる
という人です。


尾上さんは
パッと見、控えめな感じですが
実は影の支配者(笑)

気づきの天才で、誰も気づいていなかったことに
気づいてフォローしたり、誰かがするべきことがしていなかったのであれば
その人に教えてあげて気づかせてくれます。

人のために動ける人です。


私から見ると、そんな二人ですが
二人が入社したときは違っていたというのをよく聞きました。


変わったというのは
二人が日々こうしたらもっと良くなるんじゃないのか?

これはこういうことだったのか?と
日々気づいて改善して、行動してきたからこそだと思います



そんな先輩と出会えて
いろんな自分に気づくことが出来ました。


最強の二人に出会えて幸せです






そして、仕事だけでなくプライベートにも繋がっているという話もありました。


Yさんには5歳の男の子がいるのですが
会社の朝礼で始めたハッピー体操というのを家でもしてくださっていたそうです。


そしたら自分から「ママ〜今日はハッピー体操しないのぉ〜

と自分から言ってくるそうです


それをYさんから聞いたとき

すっごく嬉しかったです


仕事でしていることでも、プライベートでも取り入れている。


しかもそれが嬉しいリレーで繋がっているという事実が本当に嬉しく思いました。

はっぴー体操








普段の生活の中での
何気ない日常全てプライベートでも、仕事にも関わっているんだと感じました。



今まで仕事とプライベートは別物という認識でしたが

プライベートでもしていることが、仕事にも出てきたり、

逆に仕事でしていることがプライベートでも同じようにやったりと

全て関わってきている。



このエンジョブには

この人のこういうところいいな
すごいなと思う人ばかりです。

見本となる人たちばかりが周りにいるので
毎日たくさんの刺激を受けています


毎日同じ人に会っても変化があったりするので、全く同じ日というのはないです

私も日々どうしたらもっと効率よく出来るのか

どうしたら上手く出来るのか?考えて、周りの見本となる先輩を見て
真似て精進していきます



enjob1 at 17:43|Permalinkclip!

2016年04月24日

援助

こんにちは〜〜(。・ω・)ノ゙♪


最近、多田さんのお母様からお手紙をいただいて

多田裕未さんのことをぎゅ〜〜っとしたくなった大久保です(`・ω・)ω-*)ぎゅ



そらにゃん






多田さんのお母さん、お返事ありがとうございました(´_ _)



とても早いお返事をいただいてビックリしました!




内容を拝見すると、
多田さんへの愛情をすごく感じました

多田さんからも話しをよく聞くのでお互いに思い合っていて
読んでいる私までほんわか心が温かくなりました




多田さん








さて、余談ですが
熊本で地震がありましたね。

すごく被害が大きく出ています。



そんな話しを聞いて、どんなことでも
いつ起こる、とわかることはないです。



地震や津波、事故、病気。。。


だからこそ、毎日毎日があることに
感謝を忘れてはいけない

痛感しました。


両親や祖母、家族、そして自分とかかわる人たちに
伝えれるときに感謝を伝えていかないと!









さて、今回は”援助”について書きたいと思います。



と、いうのも3月に研修に行かせてもらい、すごくこのことについて感じたからです



話だけでなく、ゲームや実践を通して気づきがたくさんありました。


一番の印象に残っていることが

自分が今までどれほど援助を受けていたかということです。



入社時





私は3兄弟の一番末っ子になります。


なので自分にいうのもあれですが
ものすご〜〜〜く甘やかされて育ってきました



なので指導されると

何でそんなこといわれないといけないのか?と反発して一人で勝手に拗ねたりしてました。。。



でも

言われるうちが華とはよく言ったもので


指導してくれるのも自分のことを思って言ってくれている。

とてもありがたいことです



本当に嫌な人、言っても無駄だと思う人には言わない。


そう教えてくれた先輩がいます



指導をいただいてることも

気づいて欲しいからいってくれている。



本来であれば
自分で気づいて、直していくのがベストです。



でも手を差し伸べてくれていたということに気づきました。




それなのに
自分は反発してひどいことをいったり、受け取らなかったりしていました







援助というと目に見えるものや、言葉だったり
というイメージですが

いろんな形の”援助”というものがあることを知りました




一緒に研修を受けた多田さん、

自分の背中を見せてみんなを引っ張って行こうと行動している姿を見て

私も頑張ろう!と勇気をもらえた。


これも”援助”




真っ直ぐ相手にとって辛いことで、発信したことで自分がどう思われるかとか
考えず相手のためを思って言葉を伝えてくれる


これも”援助”



逆に、自分で気づいて欲しいとあえて何も言わず見守る


これも”援助”



相手に寄り添うこと


これも”援助”






私が入社した年に会社の研修旅行でフィリピンに行きました



このときに

尾上さんと斉藤さんから大きな援助をいただきました



フィリピン




私は自分の考えてることや、思っていることを伝えるのが苦手です。




そんな私に気づいて寄り添ってくれました。




すごく声もかけにくかっただろうと思いますし、
突っぱねてひどい態度もしていたと思います。


それでも寄り添ってくれた尾上さんと斉藤さんに
すごく心が救われたのを覚えています。






思っていること、感じていることを表現するのは

大切
だと研修でも強く感じました。




言葉にしないと

その人が何を思って、どう感じているのかわからない。




気づいたことがあったとして

それが誰かのミスだとすると

そのミスした人に伝えないと、その人は気づかないままになってしまう。



それではその人のためにもならない。



だから伝えることが大切。







当たり前なことなのに

今まで気づいていなかった、という事実に気づくことが出来ました



気づいたことや、感じたこと、

相手に伝えると、嫌な顔するかも、自分のこと嫌になるかもという考えが

頭をよぎりますが、それは自分のことを考えているからです。




本当に相手のことを思うなら、そうは思わないはず。


自分の弱さにも気づくことの出来た研修でした



そして今までの自分がいかにたくさんの”援助”をもらってきていたか




気づくことが出来たのだから


今まで”援助”してきてもらったものを


返していけるよう新しく入ってきてくれた橋本さんにも伝えていきます



新しい仲間


enjob1 at 17:13|Permalinkclip!

2016年03月13日

自分を変えるのは”自分”

こんにちは〜


社内のオアシス

そらにゃん”のひとつひとつの行動、仕草にメロメロな大久保です




そらにゃん







そうそう、
この間、みかんを食べたんですが
ごつそうな皮で、皮は食べれないだろう〜と思ってたら
意外にぺろっと、食べれました!


しかもすっっっごく甘くておいしいかったです



みかん










さて


もうすぐ4月になり、私も3年目に突入します。


もう3年目になるのかと、時が経つ早さをしみじみ感じています。




4月になると新しい人、新たしいことが始まったりでわくわくします




今回は入社したときの印象深い「言葉」について書きたいと思います





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




今の会社、エンジョブに入社させてもらって
すごく勉強になることが日々たくさんあります




初めてのブログでも書きましたが
(参照:http://blog.livedoor.jp/enjob1/archives/2014-05-11.html


ずっと心に残ってる言葉があります。




自分を変えるのは自分




「なんだよー、そんなの当たり前じゃん!」


と思うかもですが


その当たり前がわかっていませんでした。




背中を見せてくれる先輩





何をするのでも、考えるのもすべては自分。




これを食べようと思うのも自分



これをしようと思うのも自分



これをするようにと言われたことをするのも自分




最終的には自分で判断して、決めてしていること




「会社がやれといったからやるんだ」という考え方を常に以前はしていたように思います。

環境や回りに責任を持っていこうとしていました。



要は自分が責任者になりたくなかったんです。




今でも自分の責任になるのが嫌で、


客観的に見ると自分でしていることなのに
自分ではない、と言っていることがあります




決めてるのは自分





自分で決めてしていることなのに、嫌そうにしているのはおかしいんじゃないのか?



と言われたことがあります。




そのとおりで返す言葉がありませんでした。



私は今まで周りに決めてもらうことが多かったです。


進路でも自分が何をしたいか見ようとせず、
周りがこっちがいいよ!といわれると、そうか、とそれで決めてしまったり。




誰かが言ったから、で決めると
あとで何かあったとしても「その人が言ったから」といえば大丈夫だからと思っていたのだと思います。



個人の人生のことなので、最終的に決めているのは自分にもかかわらずです




こうやって書いていると、


自分は今まで何をやっていたんだろう??



と思います。




でも逆にいえば


自分がこうする!

と決めてしまえばいい






人に言われたからする、のだと


「何でこんなことしないといけないんだろう」
「自分でやればいいのに」
という気持ちが出てきてしまう



でも
最終的によくなるからこうしよう!と自分が思って決めて
することには、同じようなことは思わないです



今まで、自分がこうしよう!と
決めてきたものというのはあまりないんじゃないかな、と思います。




でもこれからは
自分はこれをする!

こういう自分にしていく!!



というイメージを想像して日々を過ごして行きます!





それでも時には躊躇するときや、
戸惑ってしまうこともあると思います



でもそういうときに、一歩踏み出す勇気を出せるのも自分自身。


「自分が行動を変えなくては何も変わらない


”自分を変えるのは自分自身”



この言葉を思い出して
自分を奮い立たせてチャレンジして行きます!!




P8312014


enjob1 at 15:23|Permalinkclip!

2016年01月31日

「目標」と『目的』

こんにちは〜(・∀・)ノ




最近、はぐたんに会ってないなぁ……
はぐたんを思い出しながら書いてます……(笑)









はぐちゃん








はぐたんが歩くと「てけてけてけ…」と足音が
するんですが、それがめっちゃ可愛いです(*≧∀≦*)










さて本題ですが


みなさんは目標目的って


違う意味だと知ってましたか




言い方や漢字が違うのはわかるけど
意味は同じじゃないの

と最近まで思っていました(゜_゜;)





そんな私を見かねて、斉藤さんが

分かりやすく教えてくれました




斉藤さん





まずをイメージします。



この山を登ります。



「この山を登るぞー



これが目的です。






山を一度に登りきるのは大変なので
まず一合目まで頑張ろう



これが目標です。




なんとなぁ〜くわかるでしょうか?












柳さんや、酒井さん、斉藤さんもエンジョブみんな
今年に入りそれぞれ「所信表明」を掲げました。


私もそうです。


私は3点挙げました。


感情の起伏をなくすこと(浮き沈みが激しいので・・・)


まず出来る、すると考えること


することを書き出す




発表しましたが、書いてあることは一般的に当たり前のことです




でもその当たり前のことが自分には足りないです。






これらは所謂目標にあたります。


じゃあ目的



といわれると正直そこまで考えれていなかったな・・・・と思います。






でもエンジョブ経営ビジョンにある社会に通用する一流の人間になるを目指したい



当たり前のことも出来ないようでは一流になれません



一流の人間になれるよう、それまでのステップを達成して行けるように日々を過ごしていきます




一流の人間






毎日を過ごして行く中で、目標を掲げたはいいが


段々、目標しか見ていなくなるときがあります。





例えば、目標で毎日何個これをすると決めたとします。



それをして行く中で、何個それをするという動作、行動に意識がいってしまう場合があります。



これでは何のためにしているのか意味がなくなってしまう。




数を決めてするのはいいが、なぜそれをするのかを忘れてはいけないです。




そのために目的を忘れずにいなければいけない。





木戸さん






木戸さんもよく何度も何度も話してくださっていた目的を考える



自分がなぜそれをしているのか?


目的を念頭に置いて初めて「目標が成り立つ」のだと思います




私の場合、”社会に通用する人間になる”目的





それを踏まえて、掲げた目標を意識し、一歩一歩近づいていけるよう頑張ります



目標に向かって走る



enjob1 at 22:32|Permalinkclip!

2015年12月13日

受け入れる

こんにちは〜

そらにゃんの寝顔を見ていると

気持ちよさそうだなぁ〜と

ほにゃ〜となる大久保です(*´ω`*)


そらくん






今回は

最近なんでだろう?と思うことがあったので
そのことについて書きたいと思います!



テーマは「素直さ」です



エンジョブで、素直さナンバー1といえば

今年の4月に入社してきてくれた

多田さんです(*≧∀≦*)



というのも、彼女は

まずどんなことに対しても一生懸命に取り組みます!


なんだよそんなの誰でもそうじゃん!と
思った方、違うんです!


電話が鳴れば駆け足で走っていく、

階段を登るのも本気で登る、

ご飯を食べるときも本気、

納豆をかき混ぜるときも本気。



一つ一つ力強く取り組まれます。


多田さん




おいしいものは素直に口に出して

「美味しい〜♪(^q^)」

と見てるこっちも幸せになるような笑顔になります☆



その多田さんのような素直さは大切だと感じます。








最近、社長に「なんで素直に受け取らないのか、
なんでまずわかりました。と受けないのか」

と言われました。


言われて「!?」と自分で思いました。



改めて自分自身を思い出すと

何かを頼まれたときや、言われたときに

必ずと言っていいほど、「いや…」「でも…」と

言っていました。




なんでだろう?


自分でもよくわかりません。


でもおそらく、自分を正しくするための"言い訳"
なのだと感じます。


すぐに取り組まない理由を言って
自分は悪くないんだ、仕方ないんだと
自分を正当化しようとしているのだと思います。



でもよく考えると、すぐに取り組んで
損になるようなことはほとんどないです。


真っ直ぐ思いを伝えてくれる



研修に行かせていただいたときにあったことと
同じことをしていました。



人は頼まれたことや、お願いをされたときに

自分にとって損か得かを考える。


まさにそれです!



自分ではそういうつもりがなかったとしても
言われて考えていたことに気づきました…



研修では
その考えてしまう前にまず「はい!」と言うのが
大切と教えてくれていました。


学んでいたときは、そうだ!と思っていても
本当にはわかっていなかったです。



社会人として当たり前のことに気づかず
ずっといました。





でもエンジョブに入社させてもらってからは
その当たり前のことを真っ直ぐ伝えて教えてくれます。


本音でぶつかってくれる



普通は、思っていても自分には関係がないからと
言わなかったり、相手に伝えて嫌われたら嫌だから言わないとかいろんな理由で言わないことがあると思います。



でもエンジョブの人たちは
そこを目を見て伝えてくれます。



正直、最初言われると
「 何でそんなこと言われないといけないんだ」
「自分のことが嫌いなんだ」
と悔しいなら悲しいやら情けないやら、という
気持ちが出てきました。



でもよくよく考えると
そうやって教えてくれるのはすごく有り難いことです!


自分で考えると、
もし自分が相手に伝えるなら
わかってほしい、改善してくれると思うから
伝えたり、出来ると思うから伝えます。



「教えてくれてること=応援してくれてる」

ことなんだと感じるようになりました。


道を示してくれる



感じるようになったけるど、
気持ちと言動、行動が一致してないこともあります…


まだまだ素直に受け取ってるとは
言えないことも多々あります(--;)


でも言われて凹んだとしても
頑張ろう!と
思えるのはみなさんの応援があるからだと感じます。


見守ってくれる人たち



「 はい!わかりました!」

と受け取るのは自分だけでなく、相手も
お互いに気持ちのいいものです。


背中を押してくださったり

間違っていたら正しい方向に導いてくれたり

温かく見守って応援してくれたり



自分一人では気づかなかったことを

伝えてくださったり


いつもありがとうございます!



応援してくださってることを無駄にせず、
日々精進していきます!




BlogPaint


enjob1 at 21:16|Permalinkclip!

2015年10月25日

当たり前を当たり前に思わない

こんにちは



この間すごく久しぶりに”はぐ”たんが

出社してきてハッピーになった大久保です


野村さん初対面だったんですが「触りたい・・・」と何度か言ってました

犬好きだそうです



はぐたん、1コマ









8月末に野村さんが入社してきてもうすぐ2ヶ月経とうとしています



野村さんはPC関連に強く、知識も豊富な方です

でもおちゃめな部分もあったりするので社内に溶け込むのが早かったです




野村さん





野村さんが話す話にはすごく興味を引かれるものであったり、
勉強になることがたくさんあります。


素敵な言葉をたくさん発信されています



野村さんが話された中の私が感銘を受けた言葉の一つ
『当たり前を当たり前と思わない』ことについて書きたいと思います。





今年の9月27日(日)に”おおい健康マラソン”がありました



BlogPaint




私の実家は鯖江なのですが
鯖江マラソンとかは家からも近いこともあり、家族が応援に来てくれたり
しましたが、嶺南のマラソンには遠いので来たことはありませんでした。


ですがなんと


おおい健康マラソンに
家族が応援に来てくれました


そのことを知ったのは走り終わって後だったのですが
しかも両親だけではなく、私の姉、そしてその子供(私の姪っ子です)も一緒に来てくれました




マラソンで走ることは伝えていたのですが
用事があって別のところに行っていると聞いていたのでまさか来てくれるとは
思っていなかったのですっごくビックリしました



おおいマラソンで斉藤さんはなんと
そして私は位、Yさんは位に入りました


しかもなんとこの大会でメダルをもらえました


メダルなんてほとんどもらったことなかったのでそれだけでも
すごくうれしくて興奮しました



そんな中、斉藤さんの表彰式を見ようとふと周りを見渡したときに
見覚えのある人を見かけました。



父でした。




最初は表彰式の方でなくこっちにカメラ構えている人がいるなぁ・・・


としか思っていなかったのですが

それが父と気づき、来てくれていたことに本当にビックリしました



しかもその後に母や姉、姪っ子たちも駆け足で来ました




なんともいえない気持ちになって

ちょっと泣きそうでした



応援来てくれました





家族に応援に来てもらえるってすごく嬉しいことだな〜〜と感じました



小学校のときのマラソンとかは

両親に来てもらうのは当たり前のように思っていました。




でも応援に来てもらえるのは決して当たり前ではないことに


今になってやっと気づくことが出来きました





いろんな理由があって応援に来れない方とかもたくさんいます。


応援に来てもらえてる私は幸せ者です






そして私は家族にも近くに住んでいるので頻繁に会っています。


でも斉藤さんは両親と離れて頑張ってます。



この間の福井マラソンは本当に大切な時間だっただろうと思います。






日々を過ごしていると、段々どんなことでも

当たり前のように感じてしまっていることに気づきました。





でもよくよく考えてみると


本来当たり前でないことがたくさんあることがわかりました。




当たり前に感じてしまっていると、段々「感謝」や「大切さ」も忘れてしまうように思います。



「今このときの時間」も何でもない一コマと思ってしまっています。





でもそうではなく、


また同じことが必ず起こるとは限らない。



今いる人たちとずっと一緒にいれるかもわからない。





”当たり前を当たり前と思わない”ことでその大切さに気づくことができます。




そうすると、忘れていたことも思い出せると思います。



家族が応援に来てくれたこと・・・・・・



当たり前ではない。




遠いところを応援に来てくれてうれしい。



また同じことがあるとは限らない。今回限りかもしれない。



来てくれてうれしいということを伝えたい。




いろんな感情が出てきます





”当たり前”に思っていたら何も思わないです。





そういうことがマラソンのことだけでなく、


日常の中でもたくさんあります。



その一つ一つに対して『当たり前ではない』ことを忘れず


日々を過ごしていきます






野村さんにはそういうことに気づかせてもらえる


キッカケをもらえて本当にありがたいです



ありがとうございます




みんながいるから頑張れる


enjob1 at 22:22|Permalinkclip!

2015年09月06日

プラスの習慣☆

こんにちは



今日はなんと多田さんの旅行業務取扱管理者資格試験でした〜


自分が受ける訳ではないのですがドキドキです〜


そして吉田さんも受けに来ていたようです



二人とも今まで頑張った成果を発揮出来ますように・・・・




箱そらにゃん1





さて、最近、斉藤さんと研修に行かせてもらった大久保です




どんな研修かというと



朝礼の研修です


朝礼というと、朝みんなで集まって今日する予定を話し合ったりするイメージかと思いますが、


ここでいう朝礼は


朝礼をキッカケに、プラスの習慣を作っていくことです



内容は これ、というものが決まっているわけではありません。

 

「言葉」「動作・表情」「イメージ」が基本となりますが


する内容は会社によって様々です。


今回の研修は2日間ありました


一日目は朝礼の効果、自分達の会社に朝礼について考える。


二日目は1ヵ月後になるので、それまでに朝礼を取り入れてどうだったか発表する、というものでした



朝礼いってきました





実は今年の4月にこの朝礼を始められたてっぺん(居酒屋)さんに

研修に行かせてもらい、その時に私達の会社にも真似して


実際に、みんなで大きな声を出して


挨拶訓練「おはようございます」「ありがとうございます」の言い合い

ハイ訓練「ハイ」「ハイ」の掛け合い

イメージ訓練目を閉じてプラスをイメージする

ポジティブワードついてる・スーパーハッピー・できてる



を取り入れていました



打ち合わせ




でも今回の研修を通して感じたことは


まず今までは、大きな声を出してただそれらをすることで満足していたことです


何でそれらをするのか目的を考えていませんでした





朝礼を通して、会社をどうして行きたいのか


自分が変えていこうという気持ちではなかったことに気づきました。



私は「朝礼」を通してみんなが笑顔になって


お互いにフォローし合える雰囲気にしていくことが目標
です



そのことに気づかせてくれた研修でした



朝礼も新たに追加していったものもあります






一つは体操です



心と体は関連していて、ラジオ体操のようなムキっとしたポーズをとって


「私は落ち込んでいます」


とは言えないと思います。



ということは、身体を動かすことは気分転換にもなるし、


考え方もポジティブになるということです



当社では


PC仕事で方が凝ったりする人もいるので


体操を取り入れたら好評でした



おにぎり




もう一つはどうしてもいれたかった


一言ストロークです



ストロークというと、心の栄養という意味です。




おせじではなく、相手に対して思っている事を伝えます


感謝と同じだことだ思っています


感謝もなかなか仕事をしている中で、思っていても直接伝えれなかったり


することがあります。



そういう場を設けることで伝える機会が増やしたいと思いました



そしてこれはすることで相手を承認することに繋がるのだと知りました



褒められると誰でも嬉しいと思います



それをお互いに出来る環境にすることで


何かあったりしたときに、フォローしあえる関係、


誰かが落ち込んだりしたときに、


その人を引っ張ってあげられるようにしていきたいと思っています







正直、私は今まで自分が落ち込んだときに


今の先輩方のおかげで落ち込んでも起き上がって来れました。




何度も何度も何度も持ち上げてもらってきました




それを今度は自分がしていけるような人間でありたいと思っています




てっぺん渋谷






研修を受けたからもうバッチリ


というわけでは当然ないです



まだまだこれからも改善していくことはあります









今回、斉藤さんと参加させてもらって


普段話さないようなことも、たくさん話す機会がありました




お互いにこういう風にしていきたいね


朝礼を通してみんなにプラスを与えていきたい


与えることのできる人間になりたいね





という話をしました。



話したことで同じ事を思っていたことと気づくこともありました



同じ事を思う仲間がいるということが、こんなに心強いものなのだと知りました




今回、研修に行かせてくださった社長、ありがとうございました



そしてサポートしてくださったみんなありがとうございます



一緒に頑張ってくれた斉藤さん、


斉藤さんがいてくれたから頑張ることが出来きました。


本当にありがとうv(o^▽^o)v




何のために朝礼をするのか


目的を忘れず、周りの人たちへの感謝の気持ちを忘れず



みんな、および自分自身のプラスの習慣を作っていきます



仲間


enjob1 at 22:24|Permalinkclip!

2015年07月20日

先輩から学んだこと

こんにちは



最近、斉藤さんから手作りのひつじのキーホルダーをもらって

うきうきの大久保です

すっごくかわいいし、手作りでこういうのが作れるのってすごいなぁ〜〜と思います



ひつじ











そして大久保家についてですが

5月にうちの祖母が92歳の誕生日を迎えました


めでたいことなので載せさせてもらいました


祖母92歳




ちなみに今年の祖母の誕生日は

家族全員とはいきませんでしたが

兄以外は全員そろって(姉の娘たち含む)お祝いを出来たのでよかったです














さて、今回はエンジョブでのマスコット的存在であり、ワイルドタイガー)の
柳先輩について書きたいと思います




やなぷーさん





というのも、


最近斉藤さんがおススメの”ボノロン”の話から、


誰かが「柳先輩」やなロン


言ったのが発端で、それ以来ずっとやなロンが頭の中から離れません・・・






そんな『柳先輩』のすごいところを大きく3つ挙げたいと思います。






柳先輩のすごいところその1


常に変わらずにいるところ・芯がぶれない



一見、当たり前のように思うかもしれませんが

なかなか出来ることではないと思います。




普通、人は機嫌のいいときと悪いときと分かりやすく、相手に当たってしまったりする

ときがありますが、柳さんは自分が辛いとき、疲れてるときでも表に出さず明るい声で挨拶してくれます。


そして芯がぶれません


例えば、クレームがあったときにあっちこっちとぶれていては信用を持ってもらえません。


そしてぶれてしまうと相手に隙を付かれてしまうこともあります。


こちらが出来なかったことをお詫びするのは大切ですが、


譲れないことは決して譲らない・芯がぶれないことの大切さを教わりました。




芯が大切ロン








柳先輩のすごいところその2

即行動!!



前にも載せたことがあるかもしれませんが

柳さんの行動の早さはまさに今すぐ実行という言葉がピッタリです


柳さんにこれを今すぐお願いします、とお願いすると

本当に今すぐしてくれます。


たとえ別のことをしていたとしても「今すぐ」とお願いしたことを優先して

すぐにしてくれます。


私だとたぶん、今自分がしていることがあったら、なかなか優先して

頼まれたことをするというのに時間がかかってしまっていたと思います。



すぐにしてほしいことをすぐにしてくれることが、こんなに気持ちいいことなんだと

自分が頼んでしてくださったのを見て感じました。




今すぐ実行




それは仕事だけでないです。

私はコーヒーがそこまで得意ではなく、当たったコーヒーをプレゼントしたら

「ありがとう」と言ってすぐに飲まれてました。



常に何でも行動に移すのが早いから仕事も速いのだと気づきました。


考えてみると 普段行動が遅いのに、仕事だけ速いという人はいないですね。


そして

行動が早い=頭の切り替えが早い

なのだと思いました。



ずっと同じことで悩んでばかりというのは悪循環です。


一旦切り替えて次へ行動を移すことは

時短にもなるし、次のことへ切り替えることで悩んでいたことも

解決することもあります。




悩んでいても、悩んでいるだけで終わってしまう。


一旦気持ちも切り替えることが効率のいい人の特徴かもしれないと感じました。









柳先輩のすごいところその3


話がうまい


最近、昔の柳さんは話すのが苦手だった、というのを聞いて

本当にビックリしました



柳さんの話はとにかく分かりやすい

相手にわかりやすく説明するのがうまいです


つい最近、数人の人の前で話をする機会をいただいたのですが

なんとか話すことが出来たのは、柳先輩のおかげです



人に話をするとき、自分の頭も話すことがまとまってないままに

話して結局、何が言いたいのかも相手に伝わらず終わってしまうことが

多いのが通常ですが、この時はよかったと言ってもらえました


うまくいったのは、事前に柳先輩が聞いてくださってアドバイスを

くださったからです



始めと終わりに話すことを決める


何について話すか、流れを理解する


話す順番(流れ)を考える




最初は何から始めて、最後はどうもっていくか

このことについては以前に社長からも教わったことがあることでした。



最初と最後がちゃんとしていたら、途中がグダグダだったとしても

ちゃんとしていたように聞こえるそうです(



柳さんは教わったことを実践しているからこそ話しがわかりやすいんだろうなと思いました。




何について話すが流れを理解する

話す内容について文章化して、一字一句同じように話すのではなく

大体の内容を箇条書きで書き出す、といったイメージです。


箇条書きでも話す内容は大体分かります。


そこだけ押さえていたら箇条書きの単語から、一つ一つ+αしていけば

話しが広がって行きます。




話す順番を考える


話す順番というのは結構重要なのだと感じました。


こういう流れで話せばいいのかと思っていたことが

順番を変えるだけで、相手にわかりやすく、次の話しにも繋がりやすくなる

ことがある
ことを教わりました。



始め、私は嫌なことを先に話して嬉しいことをあとに持ってきた方がいいと思ってましたが

最初から嫌な話は聞きたくないです。


先に嬉しいことを話して、間に嫌な話も入れる。


そしてそこからこういうように改善したんだ、という流れに持っていくといいと教わりました。




そのアドバイスのおかげでなんとかなったのは言うまでもありません。



柳先輩講義





柳さんからそういった実践で役立つことや、学ぶことたくさんあります。


そういう先輩が身近にいることがすごくありがたいです。







余談ですが弱虫ペダルという漫画でこういう一文があったそうです。



先輩にありがとうは言えるが同じお返しをすることはできない。

先輩からもらった恩は後輩に返していく。そうやって繋げていく。



この言葉が印象的でした。



この言葉のように


先輩たちから私がしてもらってきたことを


新しく入ってきた後輩、吉田さん、多田さんにも今度は私が繋げていけるよう頑張ります




後輩へつなげる


enjob1 at 15:00|Permalinkclip!

2015年05月24日

今そのときに…

こんにちは

夜ご飯を連れて行ってもらえるのが至福の大久保です


大食い女子ーズ




そのおかげか、身体も大きくなったような気がします・・・(苦笑)



今月の5/10(日)には

私、大久保、そして吉田さんの地元の鯖江

鯖江マラソンがありました


自分のことばかりの内容になりますが

今回感じたことを書きたいと思います


恒例の儀式



去年は5キロを走りましたが、今年は3キロでした


鯖江マラソンは個人的に好きです


理由はたぶん地元だから、というのと

家族が応援してくれるからだと思います



去年もそうでしたが

今年も家族が応援に来てくれました



正直、去年は恥ずかしいからやめてよー!と言ってました・・・


でも姿が見えただけで、来てくれてると思うだけで


どこからか力が出てくるのを感じました



なので、今年も鯖江マラソンでるからね〜!と宣言してきました 


そしてなんと初入賞できました

斉藤さんの次の5位になることができました


10位内に入れたことはすっごくうれしかったです



入賞しました




やっぱり家族が応援にきてくれたことが強いんだろうなと思います



今年も来てくれると聞いてどこにいるかな?と探しましたが

現場はたくさんの人で、見つけるのは困難です。



そんな中、走って最初のときに母を見つけたときはうれしかったです



でも母の姿しか見えず、今回は来てくれたのは母だけなのかと思ってました



でも表彰してもらえるとのことで順番待ちしていたら

なんと偶然祖母に会いました


祖母はお手洗いに行って表彰式をしているな、と何気なく見たら見つけた、と言ってました




私も何気なく周りを見ていたらたまたま祖母を見つけてビックリしました


その時、なぜか涙が出てました



正直、理由は今でもよくわかりません




でも、


祖母も見に来てくれていたんだ、ということ


4月も会ってますが、5月もまた会えたこと


祖母に5位に入賞できたことを見せることができたこと


いろんな感情がでてきました


祖母と




斉藤さんのブログに書かれていたのと重なりますが


社長から


大久保さんのおばあさんはいい年をしているのだから

いつどうなるかわからない


というのを何度か言われました。



聞いてるときは何でそんなことをいうのか


と思ってましたが、


よく考えると当たり前のことです。



祖母は今年92歳になります


なぜか私の祖母は大丈夫

今とずっと同じだと思ってました。

根拠は何もないのになぜかそう思っていました。


でも年は取っていくものだし、

体力も衰えて行きます。


92歳という年齢で姿勢もよく、言葉も交わせて会話ができるということはなかなかないです。

周りに言われて気づきました


本当はもっと早くから気づいて伝えるべきだったのだけれど


今からでも伝わるうちに伝えて行かないといけないと思っています


祖母



交通事故とかも誰も予想してなる人はいないです。


だからこそ、会えるときに、言えるときに言わないと

あとであの時言えばよかったこうすればよかったとなるのだと。



正直、家族に素直にありがとう、と伝えることが出来ません。


心で思っていても言葉に出ていないことが多々あります。




それでも少しでも言えたら、という気持ちはあります。



言わないのは恥ずかしいから別に言わなくてもわかるだろうというのも
あるのかもしれませんがそれは全部自分の保身です。



相手に伝えて損になることは一つもないです


ただ自分が、というところで引っかかっているだけです。




そこの一歩勇気を持って踏み出したら

後悔することは一つもないです。


勇気を出してよかったとなるはずです




今まで家族に対して

たくさん八つ当たりをしてしまったこともありました



この会社に来て家族に感謝すること、伝えることの大切さに学ばせてもらいました


それは社長がそのことに気づかせてくれたからだと思います


この会社に来なければ、そのことに気づくこともなく

後悔していた人生になっていたかもしれません


今そのとき



伝えることがいかに大切か

気づかせてもらったのだから後は実行していくのみです



少しずつでも自分の保身のために逃げてしまわずに

今を大切にして感謝を伝えて行きます


enjob1 at 16:11|Permalinkclip!

2015年04月12日

一人じゃない

こんにちは


最近は気温も暖かくなってきて桜日和だったので

祖母とお花見に行ってきました(*´∇`*)♪


久しぶりに祖母と二人で出かけて、たくさんいろんな話をしたりと

ゆっくり過ごしました


お花見







今月の4月1日には入社式がありました


早いもので、私もこの”エンジョブ”に入社させてもらって1年経つんだな

としみじみ思います




今回はその入社式を振り返って感じたことを書きたいと思います




今年の入社式、実は1ヶ月以上も前から、尾上さんと斉藤さんとで綿密にスケジュールを立てて

当日を迎えてました


聞いた話ですが、今までは当日行き当たりばったりな感じだったようです



入社式初日のスケジュール、2日目、3日目、それ以降の流れや、台本、


誰が何について話すのか、など細かく進められていました


途中、流れのリハーサルを全体でやったりもしました


私にとっては、新入社員としてではなく、逆の向かえる立場になるので

どういう流れなのかわからないことだらけだったので、とても助かりました



入社式に向けて







今年入ってきた新入社員さんたちは

とても素敵な人たちです




当日までも、それぞれいろんなすべきことがあった中、

迎えた当日。



驚きがたくさんあっただろうと思います。



そんな中でも前に前にと取り組んでくる姿勢には

心打たれるものがありました






多田さん



とても感情豊かで、素直に表現する多田さん

彼女はまとっている空気が澄んでいて、とても純粋な人だと感じました









吉田さん



日に日に自分のありのままを表現される吉田さん

言われたことを素直に受け止めて、自分の中に

落とし込んで、次へ次へという姿勢がとても伝わります







今回、まだまだ未熟な私が新入社員さんを迎える立場になり、


どうなるのかという思いもありました



でも、入ってきた新入社員さんたちを見ていると


入社当時に自分も感じていたこと、思っていたこと、を思い出しました





覚えないといけないことをうまく出来なくて、気持ちばかり焦ってしまったり、


上手くできないことばかりで、社長や先輩たちに飽きられてしまうんじゃないかと不安になったり、


とにかく早く覚えて役立てるようになりたい


いろんな思いがありました







正直、不安なことばかりで、そのことばかりに目がいってしまっていたように思います






私がなんとか1年やってこれたのは、


支えてくださった社長をはじめ、


たくさんフォローしてくださった先輩方、


そしていつも身近にいて支えてくれた尾上さんと斉藤さん。



その存在以外にないです






人は一人ではやっていけない。


辛いとき、自分だけ、と思ってしまうことが多々あります。



でも、実は支えてくれてる人がいます。



それは会社だけでなく、家族、友人といろいろです




みんながいると思うと、


一人のときとは比べ物にならない力が発揮できると実感してます





社員の3分間スピーチ






新入社員さんたちを見ていると、

私がいつの間にか忘れてしまった気持ちを思い出します




逆に思い出させてもらったり、勉強になることもあります。


初めは夢に向かって挑んでいくけれど、

日々が過ぎていく中で壁にあたることもあると思います。



私が今まで、先輩たちにしてきてもらったことを

今度は私自身が新入社員さんたちにしていきたいと思っています




壁があるから人は強くなって行けます



一人じゃないです

みんないます

一緒にがんばっていきましょう


みんなで


enjob1 at 13:33|Permalinkclip!

2015年03月01日

今すぐ実行!

こんにちは

この間社長から桜餅をいただいて初めて葉っぱごと食べれた大久保です 笑

今まで葉っぱは取って中身だけ食べてました・・・


葉っぱと一緒に食べたらおいしかったです


IMG_3837





早いもので入社させてもらってからもうすぐ後1ヶ月で1年経ってしまうんだと
しみじみ思います


最近常々、行動規範にもある『今、すぐ実行!』が大切だなと感じてます




というのも、私はすぐにできるものほど、

後でできるからと後回しにしてしまっていました。



それでその場ですぐにやれば終わることを後に回して、

後で大変になっていたように思います





それは仕事だけでなく、報告も同じでした


そのときに言えば解決したことを、あとになっ言ってつしまっていたから

逆に長引いてしまったり、問題が大きくなってしまったり・・・

ということがありました。





まだすぐ実行!を100%実行できているかというとそうではないです




行動する前に、どうしたらいいんだろう?と頭で考えてしまっていて

その時間が長くて多かったように思います。




最近お給料をいただきまして、その中に社長からのコメントが書かれていました。


「最近仕事の手が空いたという報告を頂ける様になり成長を感じています。
少なくとも昨年の10月までと比較すれば、
2月はかなり忙しいです。気づいていましたか?」



と書いてくださっていました。



少しでも以前の自分から成長できてるのかとうれしかったです



改善していけたとすると、周りに見本となる人たちがいることが大きいと思います








毎日書類残を残すことなくきれいに処理して行く斉藤さん

P9260015




問題に気づいたら、本人に「すぐやって」と指導する尾上さん

写真 1




社長から指示があってもなくても、何でもすぐ実行に移されるYさん



お願いしたことをすぐ取り掛かってくれる酒井さん

P8030734




言われたことを即実行する柳さん

柳さん




何より何でもこれはいい!と思ったことを取り入れ実行にうつしてくださってる社長

DSC_0568




エンジョブにはたくさんの『すぐ実行』をしている人たちがいます




普段の業務におされて、『・・・だから』、『・・・があるから』 といった言い訳をするのではなく、


(すぐに実行しないから言い訳がでてしまうのだと思います・・・。)




今の自分の課題でもある「即実行!」をしていけるよう

見本の社長、先輩たちのように、次2年目になる自分が

今度入社してくる人たちの見本となれるように,

去年の自分と同じ自分の繰り返しにならないよう頑張ります

enjob1 at 10:37|Permalinkclip!

2015年01月18日

2人の先輩☆

こんにちは

この会社にきて
そらにゃんやはぐちゃん、尾上さんの家族のこころちゃんやきらちゃん
に出合って心が浄化される(?)感覚を知った大久保です

動物セラピー』ってこういうことかぁ
どうぶつサイコーです

BlogPaint




さて、今回は私の先輩の斉藤さん尾上さんについて書きたいと思います

BlogPaint



斉藤さんは私が最初の面接のときに最初に出会った人です

私が入ると『はぁーい』と奥から声が聞こえてきて笑顔で対応してくれました

第一印象は
すっごく元気で明るい人だな
笑顔を見てると私まで自然に笑顔になれていたと思います


斉藤さんは声がとても透き通ってるというか、
声がよく通ります





私はどちらかというと声が出せなくて、声を出す方法アドバイスをもらうと

”話しかける人に向けて、というよりも
その向こうにいる人にいうように話す


ことがコツとのことでした



常に意識していないと
つい、いつもどおりの何も変わらない自分が出てきてしまいます


そうならないように
自分自身が意識して私が斉藤さんに抱いたような印象を
他の人にも持ってもらえるようにがんばりたいです


BlogPaint



斉藤さんは自分から先陣切って、やります
という人だなという印象もありましたが、それは斉藤さんが意識されているからなのだと
一緒に過ごしてきてわかってきました



私が入社して間もない頃
発表をすることになり、その指導をしてくださいました

その中で
「たとえ分からなくてもまず はい と自分から挙手しよう
とありました。

そう心がけてるということも話していました


斉藤さん自身、意識の積み重ねをしてきたからこそ今の斉藤さんがあるんだろうなと感じました






尾上さんはお姉さん的存在の人です

私には姉がいますが、会社にも姉ができたようでちょっとうれしかったりします

現在進行形で日々、たくさんのことを指導してくださいます

そして周りのみんなにも「今は○○だから●●しよう」と指示を出したり、「これは●●だから
○○したら?」と的確なアドバイスとくれたりする頼りになる人です

BlogPaint



そして、尾上さんは私に”安心”を与えてくれた人です

私が行き詰ってしまっていたときに

尾上さんからの『一人じゃないよ』という言葉にすごく救われました

そしてすごく親身になってくれます

落ち込んだときとか、頭をポンポンと撫でてくれたりします



片付けや段取りが悪い私に
・一つの作業をする時に他にも出来ることがあれば一緒にしてしまう
・時間を決める
・電話の話し方一つでも時短できる
・何からしたらいいのかわからないなら、一度紙に書き出す


など教えてくれました


斉藤さんからも同じことを教えてもらったこともあります


二人からはたくさん一緒にいてもらってたくさん教えてもらってます

尾上さんの笑顔には癒され、斉藤さんからは面白い話で和ませてくれたりと

楽しいです


BlogPaint



まだまだたくさん手をかけてしまうことがありますが

強い意識を持って自分を変えてきた斉藤さんと尾上さんと

一緒にこれからもがんばっていきたいです


私自身も、同じことの繰り返しばかりで成長しないままではなく、

斉藤さんや尾上さん達のように、日々意識して取り組んでいくようがんばります


最近、大井さんの日報に書かれていたのですが
『大久保さんはいい先輩がついてくれて良かったですねー
とありました


本当にその通りです


斉藤さんと尾上さんが先輩で幸せものだな〜〜☆
と思います

これから一緒にがんばっていきたいです

がんばりましょう

BlogPaint


enjob1 at 17:50|Permalinkclip!

2014年12月14日

感謝の気持ち

こんにちは(´∀`*)


最近、社長と一緒に出勤してくる『そら』くん


BlogPaint




斉藤さんのカピバラさんのお母さん姿

(写真を載せたかったのですが、載せれませんでした

ものすごく癒された大久保です(笑)








12月頭になんと雪が積もりました

いきなりです



実は私、車のタイヤを替えていなくて

社長をはじめ、柳さん、酒井さん、尾上さん、斉藤さんに

車を出してもらってしまいました・・・

本当にありがとうございました




実家から雪の降ってる中、タイヤを交換しに
来てくれた両親にも心から感謝です


今まで私は親を始め、兄弟や、友達、周りの人へも

感謝を伝えれていなかったな、と思います。




エンジョブへ入社させてもらって、


「待ってもらっておいて、『ありがとうございます』も言わないんだね。」


と言われたことを覚えています



正直、


今も言えてなかった・・・・

と思うことがたくさんあります。


なんで言えないんだろう


言わないんだろう


と恥ずかしい限りです・・・。




自分に足りないもの。


数えるとキリがないですが


人として基本の感謝の気持ちが足りてないな、と改めて感じました。



入社してから


両親へ日ごろのお礼を言って肩もみをしようということがありました。


肩もみは普段からもたまにしていたので

普通にできるのですが

お礼を改めて言おうと思うと、照れくさくて恥ずかしくて

あんまりちゃんと言えていなかったように思います



今も全然まだまだまだまだまだ足りてないです


相手への感謝を言葉にできていない未熟者です。


心で思っていても

相手へ言葉にしないと

本当には伝わらないですね



恥ずかしいけれど、

たった一言でも言葉にしていうだけでも

違うので言葉に出していけるように

していきます








お母さん、

BlogPaint


いつも相談にのってくれたり

明るくいてくれてありがとう

一番身近な存在だから言葉に出せる機会がなかなかないけれど

いつも私の心配をしてくれるけれど、

自分の身体のことも気にかけて

元気でいてくれることで私も元気になれるから

ありがとう






お父さん、

BlogPaint


いつもからかってしまうことが多いけれど、

ブログのことをさり気に見て気にかけてくれていたり、

車とか困ったことがあると、率先していつも動いてくれて

頼りになります。

いつもわがままいってごめんね。

最近本当に身体が心配です。


お酒を飲みすぎてないかとか、

飲みすぎてないかとか、

飲みすぎてないとか・・・・。



自分の身体だけどみんなのことも考えてくれるといいなぁと思う。

倒れたりすると心配するのは家族なんだから。





おばあちゃん。

BlogPaint


いつも帰るとおかえり〜

元気にすごくうれしそうに言ってくれます。

何気にその一言がすっごくうれしいです

ちょっと涙がでそうになるときもありました。

うちの祖母は

なんと91歳


でも腰も曲がってなくて、

自分のことは自分でできる91歳

自慢の祖母です





なんだか

家族に向けての内容になってしまいましたが、


この間父が

「ブログに載ってたけど・・・・」


という言葉を聞いたので


家族に向けて書かせてもらいました。


書かせてはもらいましたが


今度帰ったときに

『ブログ見てね』と言おうと思います。

あと直接 言葉に出しても言えるように精進していきます



家族だけではなく、キッカケをくださった社長


BlogPaint



ありがとうございます


社長が家族に感謝しないとあかんな。

言ってくださったり、肩もみの機会をもらったりしなければ

今以上に感謝を全く伝えることが出来なかったと思います。



会社の皆さん。

いつも指導してくださって、フォローしてくださってありがとうございます

BlogPaint



enjob1 at 17:01|Permalinkclip!

2014年10月26日

6ヶ月経ちました!

こんにちは

最近、いとこの結婚式に出席させてもらって幸せを

わけてもらった大久保です



入社してから1ヶ月、3ヶ月、そして気づけば6ヶ月(半年)が経ち、

 (゚∇゚ ;)?・・・・・・・・Σ('◇'*)エェッ!!?? って感じです



今回はその6ヶ月を振り返りたいと思います



この会社に来させてもらってから

驚きの連続です



というのも

まずは一番最初の『入社式』からビックリしました


3日間が、3ヶ月間のように感じるほど長く感じました(大げさかもしれませんが)



発表や、社長・先輩方のお話、齊藤さんにプレゼンテーションの指導をしてもらったり、

声だし練習、そして2日目には走ってました←(


初日の入社式が終わった後、みんなでご飯を食べにいった帰りに

男性陣が会社まで走っていたのですが

木戸さんの全力疾走がすごく早かったのが印象深かったです

DSC_0246


このとき、木戸さんが『全力投球』という言葉が当てはまる人だと感じました


入社式だけではないですが、

入社式からずっと社長や先輩方には迷惑をかけてしまうことも多々あるのですが

都度、指導してもらったりしながら、それでもあたたかく見守ってくれます


ありがとうございます




そして初マラソン、若狭マラソン参加

今まで学校行事で走ることはあっても

個人的にマラソンをしたことはなかったです


正直、マラソンに参加する人いるのかな?と失礼なことを

思っていたのですが、予想を上回る人の数でした


会社で参加する人、個人の趣味で参加する人、家族で参加する人、

健康のために参加する人などいろんな方がいました


走ったのは3キロでした。

3キロというと数字が小さいので少なく感じますが

メートルになおすと3000メートル


短いようで長かったです

P4200041


私もなんと15位になることができました

自分にとってはマラソンで15位取れたというのは

すごくうれしかったです

実家に戻ったときに、家族にも話すネタになりました






そして

会社の癒しの存在のそら君、はぐちゃん、尾上さんの家族のこころちゃんと、きらちゃん

DSC_0340



そら君は毎日社長と一緒に出勤します

最初は逃げられてしまっていたのですが

齊藤さんにコツを教えてもらって、最近少し慣れてきてくれました


もうかわいすぎてメロメロです


みんな癒しを求めるときに、そら君のところにいきます

会社のアイドルです


はぐちゃんやこころちゃん、きらちゃんもたまに

来てくれます

DSC_0720



みんな人懐っこいです


会社に動物がいるって、まずないので

すごく癒されます。

これぞまさしく動物セラピーです


例外もいるようですが・・・(苦笑)




7月には渓流の里での懇親会

8月には研修旅行でなんとフィリピンに行かせてもらいました

P8070989


社員の家族も含んだ大人数での旅行で、みんなとだけでなく

家族の方とも親睦を深めることができ、齊藤さんの幹事っぷりを

間近でみることもできました

懇親会で幹事をさせてもらった後だったので齊藤さんの幹事、

内容は全く違いますがあれだけの大人数をまとめたり仕切るのは

とても大変だとわかりましたし、それでも先頭きって走り回る齊藤さんが

かっこよかったです


懇親会や研修旅行等を通して

この会社の人たちは、どんなことにも真っ直ぐで

でも自分のことばかりでなく、みんなで支え合ってるんだというのを

強く感じてます


DSC_0225



そういう環境にいさせてもらって

私は自分のことしか考えれてないな、ととても恥ずかしく思いました


入社してから今までの半年間、

たくさん社長や先輩方に助けられてきました。


自分のミスで迷惑をかけてしまったこともありました

遅刻してしまったこともありました



たくさん助けられてきて

自分のすることだけしていればいい、周りは関係ない、と考えるのではなく

みんなでフォローし合ったり、助け合うというのは

助けられる側からすると本当にありがたいことだと痛感しました




今私ができることというのは限られていて、迷惑かけることも多々ある状態ですが

来年入社してくる人たちにとって、

私が今すごく助けられてることをしてあげられるように

なりたいと思ってます


この会社に入社させてもらって


半年。


泣き虫な私なのでたくさん泣いてきました。

でもそれは辛い、悔しいだけの涙ではなくて

うれしい涙もありました


この会社にきて、支えてくれてることのありがたさ、

一人じゃないことを教えてもらいました



仕事のことだけでなく、自分自身を成長させてもらえる機会を

与えてもらえる会社というのはないです



たくさん迷惑をかけてしまうこともありますが

今こうして、一員としていさせてもらえて、

みなさんと出会えたことに感謝です


enjob1 at 12:44|Permalinkclip!

2014年08月24日

はじめての懇親会☆

こんにちは(*・ω・)ノ

最近平井さんから、「牛丼ばっかり食べてるね☆ 」といわれた大久保です(´∀`*)

・・・自分ではそんなに食べてるつもりなかったのですが

セブンの牛丼ですがお肉も柔らかくておいしいですよ♪



さて、今回は

1ヶ月ほど前にあった7月21日(月)海の日にした
『懇親会』について書きたいと思います♪



実は今回わたし、大久保が幹事をさせてもらいました!


P7210432



幹事をさせてもらって、いろんなことがありました。


幹事の難しさを改めて実感しました。

日程調整、スケジュールの立て方、準備物、連絡、レクリエーション、目的、
まとめることの難しさ、みんなで参加すること
を考えたり、実際した中で

もっとああすればよかったな、とかあれが問題だったな、と
問題点・改善点はたくさんあります。


でも得たものもたくさんあります。


懇親会であった魚釣り大会、魚つかみ取り、おにごっこ、
3チームでの競争、すいか割りなど
楽しかったことやうれしかったも書きたいんですが、


P7210477



今回は懇親会をして一番感じたことと、教わったことについて書きたいと思います。



一番強く感じたのは


”自分が幹事であっても、
周りの人に支えられてるから成り立ってる”



ということです。


今まで「幹事」というとその役割の人がいろんなことを指示しつつ、いろんなことを
動いていかなければいけないと思っていました。

私はどちらかというと自分から指示・行動していくようなタイプではなく、
今回幹事をすることになって

幹事になっちゃった、どうしよう!
普段声小さいってよく言われてるけど、大きな声出してみんなに声かけできるかな?
なにをしたらいいんだろう?準備物は?何を決めないといけないんだろう?

と不安ばかりでした。

でも当日になるまでにも社長を始め、みなさんからアドバイスや面談とかもしてもらったりと
当日も、当日までもたくさんフォローしていただきました。



今回の懇親会で幹事という意味を取り違えていたなと感じました。

周りの人に頼ったらダメ、自分でがんばらないといけない!と思い込んでしまっていました。


でもそうではなく、一人でするにも限界があり
協力を依頼、周りの人たちの協力があるからこそ成功するのだと強く感じました。



チームワークが大事、とよく聞きますが、その意味を本当には理解できていなかった
のだと思います。


今回の懇親会で仲間というのがどういうことなのか
理解することができたと思います。


本当に周りの人に支えされて今があるのだと感じます。


今回は懇親会をキッカケに気づいただけで
今までも周りの方のフォローはたくさんあったのだと思います。


でも私自身がそのことに気づいていなかっただけだと痛感しました。


自分のことでいっぱいになってしまって
自分ひとりでやらないといけない!自分がやらないといけないんだ!
ということばかり考えてしまっていて
周りにみんながいてくれていることに気づいてなかったです。



実は当日の役割分担を決めていませんでした。



でもみなさんは当日自分から魚を焼いてくれたり、飲み物を運んでくれたり、
焼くのをしてくれたり、次はこれした方がいいんはないの?と教えてくれたり


P7210498



といろんなことを進んで一緒にしてくれて、私が立ち止まっていると
次に行くべき道を教えてくれたりしてくれました。

来年入社予定の新入社員さんまで積極的に手伝ってくれてました!
ありがとうございました!!



このとき

『自分は一人じゃないんだ』

と思うことができたように思います。

それまでも、

「大久保さんは一人じゃないんだからね」

と言われたことがありましたが
そのときは本当の意味がわかってなかったのだと思います。


その言葉の意味がそのときになって
やっとわかりました。


本当に自分ひとりだったとしたら
一歩も動けず終わってしまっていたと思います。


周りの方がいて一緒にしてくれる。


そのことがたとえどんなに些細なことであったとしても
フォローしてもらってるものからするととても救われました!

みなさんには本当に感謝です!!

ありがとうございました!!!




そしてもう一つ
懇親会が終わって教わったことがあります。


懇親会当日は
当たり前ですが予定通りには行きませんでした。


たとえ予定通りしたとしても、それもおもしろくないですよね。


そういった意味では、社長考案のバットを使った3チームに分かれての遊びも面白かった〜♪
と個人的に思ってます。


P7210539



同じチームだった、○ちゃん、△ちゃん、○ちゃんの彼氏さんのおかげで3回連続
1位になったので、アイスのご馳走もらいました☆

暑い中でのアイスだったので、
ものすごーくおいしかったです☆

そういった予想外のハプニング(?)があった方が断然楽しいですね♪



予定通りに行かなくて当たり前!

失敗もありましたがそれはそれ!
してしまったものは変えることはできないので
次同じことを繰り返さないようにすることが大事!



『失敗したことを悔やんで落ちこむのではなく
次どうするかを考えることが大事』


エンジョブに入社させてもらってからよく耳にします。

みなさんから面談してもらった時によく言われることです。


”過去を見るのではなく、未来を見る”


そういう意味なのかなと思います。

その方が前向きになれると思いますし、
過去ばっかり見ている人よりも、次のことを考えてる人の方が
いいです!

つい、いじいじと過去にとらわれてしまうこともありますが
次の未来のことを考えていくようにたいと思います!

そして、今回”一人じゃない”ということが
どんなにうれしいことか分かりました。

私が助けられたように
今度は私もそういう人間になれるようにがんばります!

一人でがんばってるわけじゃない、

みんなでやってるんだ!ということを忘れず、

普段からみなさんへの感謝の気持ちを忘れず

感謝を伝えていきたいです。


P7210514


enjob1 at 17:15|Permalinkclip!

2014年07月05日

あっ!という間に3ヶ月

おひさしぶりです大久保です


早いもので今年4月に入社させてもらってから
3ヶ月も経ってしまいました( ・Д・)


入社式とかつい昨日のことのように鮮明に覚えています

DSC_0223


この3ヶ月は長いとは思いませんでした。
むしろもう3ヶ月
というくらいです


入社時と今の自分、何か変わっただろうか


この3ヶ月、
社長や先輩たちからの指導で、反省することや学ぶこともたくさんあって
凹んだ日もあったりしました

でも落ち込むだけでなく、また起き上がってこれたのは
社長や先輩方があたたかく見守ってくれたり、指導してくれたり
してくれたからです

尾上さんから言われたのですが、
いつも帰るときテンションが低くなって暗く帰っていたそうです

自分では気づいてませんでした

でも 最近、笑顔が多いね とか 言われたのでうれしかったです


それはやっぱり何度も何度も指導してくれたりする社長や先輩たちの
おかげの他ないです


BlogPaint



3ヶ月やってこれたのは、社長や先輩方のおかげです



毎日が新しい発見や気づきの連続です!!
こんな密度の高い毎日、3ヶ月を過ごしたのは初めてです

主に自分で気づいていなかった自分のことに気づくことが多いように思います。

「あ〜、わたしってこんなんなんだ」と
客観的に自分を知ることが出来ることが多いです。


この3ヶ月本当にたくさんのことがあって
今回だけじゃ書ききれないです。

入社式から始まり、
延期になってしまった歓迎会、マラソン大会(小浜、鯖江、若狭あじさい)、
先輩からの1日張り付き指導などいろんなことがありました

その中でも絞って社長講義での1件変わったことについての2点について書こうと思います。


と、その前に一つ報告です


前回のプログで”遅刻”をしてしまったことを書いてましたが


実はその後・・・・・・・・





遅刻してないです



正直、ちょっと危ないときもなかったとは言えないのですが
ほんとーによかったです

とは言っても気は抜かずに継続したいと思います


うれしかったので、報告します

みなさんからすると「ふ〜ん」って感じかもですが(苦笑)


さて、本題に入ります



まず
社長講義での1件についてですが
とある日のこと、みんながいるから会社が回ってるのだから
日ごろの感謝を伝え、ここをこうしたらもっといいということを話す、
というものでした

これはみんなが私のことをどう思っているのか聞けたとても重要な時間だったと思います。
なかなかそういう機会というのはないですし、はっきりと言ってくれることがないです。


自信をもつ、自分をアピール、自分から積極的に動く、
思い切りする、悩むのは昼に悩むこと


といろんなことを言ってもらいました。
しかも、ビックリしたのが
みなさんから言われたことで共通してることがあったことです


それは

自分から動くこと

自分でも感じていたことでした

勇気がなくて、自信がなくて一歩が踏み出せないことが
今までもたくさんありました

そこは自分でも思っていたことでもあり、周りからも同じように見られていたことに
気づくことができました

そのおかげで自分の課題もはっきりとわかりました

社長講義でこのディスカッションをしてもらえたこと、感謝しています


そして
この3ヶ月の中で変わったこと・・・


なんと、魔法の道具を手にしました


それは


ちょっといいですかカード〜      です


どこでもドアとかの道具みたいですが・・・

これを発案した木戸さんには感謝感謝です

木戸さんがブタさんを書いてくれたそうです

BlogPaint


そしてそれをカードにしてくれたのは
斉藤さん 

このカードのおかげで
今まで聞きになかなかいけていなかったのが
行けるように
まさに魔法の道具です!

それに、このカードを見せるとちゃんと教えなければならないという決まり
もあるとかなんとか・・・

なんにしても、このカードを最初にみなさんに提示して聞きに行ったときには
「なにそれ?」と笑われてました

BlogPaint


でも実際、質問しに行くととても丁寧に教えてくれたり、すごく親身になって考えてくれたりと
してくださって、本当にうれしいです

ちょっといいですかカードは
質問に行く勇気がでない私のアイテムです 宝物です

もちろん普通にカードがなくてもみなさん同じように接してくれます


なにかあったり、聞きたいことがあるときには
このブタさんカードを掲げるようにしてます


このカードが生まれたのは

あの社長講義のあとからでした


本当に社長はもちろん、先輩方からたくさん
助けられているなと感じます


このブタさんカードもどんどん有効活用して
自分の課題にぶつかって乗り越えていきます

BlogPaint


enjob1 at 23:01|Permalinkclip!

2014年05月11日

初心を忘れず!

はじめまして

今年の4月に入社した大久保です


入社して早くも一ヶ月たってしまいました
ものすごく早く感じます



そんな中、ブログを書かせてもらえるということで
今まで書いたことがない私は
人生
ブログというものを書かせてもらうことになりました

何を書こうか悩みましたが、
『初めてしたことは必ず見返すことがあると聞き、
入社してからの気持ちで
今後何年経っても忘れたくないことについて書きたいと思います




でも
先に謝っておきます。
かなり長くなってしまいました





入社して・・・
4月1日の入社式から怒涛の日々でした

DSC_0160


1日目から3日目でいろんなことがあり、
3日間しか経っていないのに
何ヶ月も経ってしまったような気がしてます


まずは入社式での自己PR・・・
緊張や不安、悔しさ、後悔でいっぱいでした。

DSC_0167


後悔がいっぱいで悔しくて、涙してしまいました

そして2日目
入社して3日目に、「入社式から今日までの感想」を発表します!と聞きました。

「発表!!??」とビックリしていると
先輩の斉藤さんより3日目のプレゼンテーションの指導をしていただきました


この時、声だし練習ということで大きな声をたくさん出しました
挨拶 「おはようございます」 
ハイ訓練「はい
お腹から声を出す
最後は3人で肩を組んで・・・
ファイトーおおーーーーー


この時、自分の中で何かが吹っ切れたような感じがしました

BlogPaint


自分でもよく分からなかったのですが
プレゼンテーションは”自分の思いを相手に伝える行為”と聞き、
1日目の自己PRを振り返ると正直、最悪の出来でした

でもだからこそ3日の「入社式〜今日までの感想・決意」は
今の自分の気持ちを正直に社長・先輩方へ伝えたい!
という思いでいっぱいでした


自分で言うのもなんですが
私は自分からこうしたい!と強く思うことは少ないです。
悪く言えば他人任せにしてることが多かったです

そんな私がこの気持ちを後悔しないように伝えたい
と強く思ったのは初めてでした

それに
発表中、また涙が出ていました。


なぜ涙が出たのか自分でもよく分かりません

でも
この時の涙は、後悔や悔しさからくる涙ではないのは確かでした


自分の話している内容は本当の気持ちであることを伝えたかったのか、
話しているうちに感情が高ぶって涙が出ていました。


自分の思いを伝えることが出来てよかったという思いと
それを受け取ってくれた社長・先輩方には感謝でいっぱいです

自分に自信がないことがたくさんあって不安がってたり
することが多い自分が嫌で、変わりたいと強く思いました

そんな自分を受け入れてくれたことが、
「見守ってるよ」といってくれているようで本当に嬉しかったです
ありがとうございました

BlogPaint



入社式から3日間の話が長くなってしまいましたが
入社式の日から忘れられない言葉があります

それは・・・・



自分を変えるのは自分しかいない


とても素敵な言葉だと思います



当たり前のことなのですが
今までの自分を振り返ると、

自分がこうなりたい
変わりたい


と思っても、どこか他人事のように思っていた節がありました

要するに自分で変わるつもりがなかったのだと思います。

そんなんでは変わるわけがないですよね・・・



でもその当たり前のことを先輩が社長の言葉ということで
入社式の先輩方からのスピーチの中で話してくださって
心のど真ん中に突き刺さりました

BlogPaint



そうだよ
駄目だったとか、後悔ばかり思っているんじゃなくて
自分はどうなりたいのか、
なりたいと思ったのならそれに向かって自分が努力すればいい


自分のことは自分が一番良く知っているのだから
自分を自分が変えるんだ

何で今まで気づかなかったんだろう
と思うくらい先輩のスピーチからは強い力をもらいました


これからもたくさん壁にぶつかったり、
挫けそうになることがあると思います・・・




実は入社してたった19日でその出来事がありました。
なんと遅刻をしてしまったのです

自分でもなんで
って思ったのですが、どこか気持ちが緩んでいる部分が
あったのかもしれません

してしまったものは、取り返すことは出来ません。

なので、約束をしました。
もう絶対に遅刻しないと
音のでかい目覚まし時計も購入し、ベットから離れたところに置くようにしました

ここが自分を変えるのは自分
というのを証明する・出来る部分になるのだろうと思います。

研修の段階での遅刻はかなり痛いです。

でもいつまでも引きずらず
今後絶対に遅刻しないということを証明していきたいです
証明していきます


でもそんな時こそ自分の初心を見つめ直したいです



自分を変えるのは自分

IMG00412


enjob1 at 22:12|Permalinkclip!

Copyright © En Job. All Rights Reserved.