エンジョブ「自分が源」ブログ

野々宮

2017年02月12日

博士こと野々宮です。

入社して半年、高速通勤で毎日滋賀県から通ってましたが、

そろそろ仕事にも慣れてきたので、

一人暮らしに挑戦することにしました


DSC_4541



敦賀はお世辞にも都会とは言えませんが、

ある程度のお店や公共施設は揃っているので、特に不便さは感じません。

海鮮は美味しいし、スキー場は近いし、

電車で京都大阪もすぐ行けるし、

いい土地に越してきたなぁと思います。

これからが楽しみです!

          


さてさて、
今回は、自分がエンジョブに入社するまでの話をしようと思います。



世間の学生さんは就職活動がぼちぼち始まったり、

既に内定が決まっていて新生活の準備をはじめてたり、

逆に上手く行かなくてまだ決まってない人もいたりと、

そんな時期だと思います。



自分はあまり就活が上手く行ってなかった方なので、

ここ数年のこの時期は苦しい時期でした。



自分は、社会人として初めて勤めたのが実はエンジョブでして、

初めての就活から入社するまでの4年半で就活を4回経験しています。

しかしどれも上手く行かなかったり、内定貰えても辞退してしまったり…。

1486918195184

気が向いたら就活して、それ以上に旅行行ってふらふらしたりと、

先行き不安な安定しない生活を続けていました。




4回目の就活は、昨年の6月でした。

その頃はWEBサイトの作成に興味があったので、

地元から通える範囲で未経験でもOKな職場を探していたら、

すぐにエンジョブにたどり着きました。



ところが、ハローワークに行って相談してみると、

既に採用予定人数が埋まっているし、公開日ももうすぐ終わるとのこと。

一応まだ公開しているので受けれることは受けれるだろうけど、

それなら受けても仕方ないかな…と弱気になっていました。



しかし、相談してくれた方が、

「一応問い合わせしてみましょうか?」と提案してくださったので、

じゃあせっかくなのでお願いしますと、問い合わせしてみたところ、

まだ受付しているとのことだったので、急でしたが次の日に面接を受けさせて貰えました。


もし、自分一人でデータを見ているだけだったら、まず応募自体していなかったと思います。

あの時、一言提案してくださったハローワークの方には感謝しました。

自分はあまり義理堅い人間でもないのですが、就職が決まった時に、思わずお礼を言いに行きました。



しかも、後から聞いた話によると、

ちょうどその日に募集の取り下げを会社からハローワークへ申請していたらしくて、

タッチの差で応募出来たみたいです。

運命だなぁとつくづく感じます。


DSC_6898



こうして、エンジョブに入社したわけですが、

何より恵まれていると感じたのは、やはり人間関係です。




一人や二人、この人とは反りが合わないって人が普通はいるものですが、
そういうことが全然無くて驚きました。


特に自分は個性が強くて、

あまり普通のコミュニティには馴染めないのがコンプレックスだったので、

本当に縁に恵まれたなぁと思います。





柳さんは、大らかで癒やしのオーラを放ちつつも、仕事に対する責任感の強い大先輩。


酒井さんは、忙しくてつい愚痴を零してしまうような状況でも、まったく言葉に出さない、
安定感溢れるナイスガイ。


Yさんは、リーダーシップがあり、後輩の抱えている問題も社長にビシっと言えるお母さん。


斎藤さんは、明るく元気のあることの素晴らしさを体現している、社内のムードメーカー。


大久保さんは、リピーターをたくさん作る優しい癒し系と逆境でも諦めないど根性を持ち合わせる姉貴分。


多田さんは、決めたことを完遂する意志の強さ、仕事の速さではピカイチの企業戦士。


橋本さんは、集中した時の仕事の速さが随一で、エンジョブのおしゃれな職人さん。



そして、いつも僕達が働きやすいように、一年中気にかけてくださって、

みんなに感謝し感謝されている社長。



こんな素敵な人達が集まり、仕事を続けているのも、
すべて社長の努力の賜物だと思います。

自分を拾って下さったことに、改めて感謝します。

PA283404





今度入社する後輩たちも、どんなキラリと光る個性を持っているのか、

今からとても楽しみです。

          

P.S.

せっかく雪が積もったので、
冬っぽい写真を撮りに行ってきました。

DSC_7082


DSC_7091

琵琶湖にはこの時期、コハクチョウが渡りに来ています。

昔は鳥が好きだったので、よく琵琶湖へ鳥を見に行ってました。

久しぶりに見に行きましたが、やはり力強く美しい鳥です。

enjob1 at 22:45|Permalinkclip!

2016年12月19日

目標

修士号までしか持っていませんが、博士こと野々宮です!

いつのまにかもう入社して半年経ちました。


はじめの研修期間の3ヶ月はとても長かった気がしますが、

繁忙期に突入してからは、

毎日あっというまに時間が経ってしまった気がします。





しばらくどこへも遊びに行っていなかったので、

ふと思い立って沖縄へ行ってきました。


いつしか毎年行くようになっていたので、今年はとうとう行けないかと思ってましたが、

1泊2日の弾丸ですがなんとか実現しました。


昔は沖縄なんて行こうものなら往復何万もチケット代がかかったものですが、

LCCが普及しているお陰で、数日前でも安いチケットが取れるようになりました。

便利な世の中になったものです。

01


ちなみに、目的はやはり虫採りです笑
(写真は、水中にいる2〜3mmのゴマ粒のような虫をすくい上げている私です)

PC234374

こんな虫を採ってました。

DSC_0093

こんくらいの大きさです。

まじめな話、年取ってくると老眼で見えなくなるらしいので今のうちしか楽しめません。
青春の虫ですね。


相変わらずきれいな海が広がっていましたが、

カメラを見返したら一枚も海の写真を撮ってなかったです(*ノω・*)テヘ-





さて、今回は「目標を持って仕事をすること」の大事さを最近痛感したので、

そのことについて書きます。



冒頭でもさらっと言いましたが、

忙しいと本当にあっという間に時間が過ぎてしまいます。


今回、僕が入社してはじめての繁忙期。


学生時代の就職活動や、大学院時代にあった研究発表の時期もそれなりに忙しかったですが、

そんなのが屁に思えるくらい毎日忙しかったです。



勤務時間は決まっているので、

とにかく効率を上げて上げてあげて、時間を作っていくのが大変でした。



うちの会社には、その日一日を振り返る日報と、

一ヶ月を振り返る月報というものがあります。


書く内容は、

今日一日頑張ったこととか、今月提案したこととか、そういったことです。



入社してからは毎日新鮮なことが多くて、

日報や月報に何書こうかな〜とわくわくするような日もありました。


ところが、4ヶ月目、5ヶ月目と繁忙期に突入するにつれて、

「あれ?今日何してたっけ?」

「今月何か提案してたっけ…」


という感じで、何をしていたのか思い出せないような日もちらほらと出てきました。



どうしてだろうと考えると、

やはり自分の頭で考えずに、人から言われた仕事を

ただただこなすことしかしてなかったんですよね。


言われたことを言われたとおりにしているから、

記憶に残らないし、

何が身についたかもよくわからない日々でした。




毎日仕事で疲れて帰ってきて、

「何のために仕事しているんだろう…」と悩む人って世の中にたくさんいると思いますが、

その原因の多くは、何か頑張る目標がないからだと思います。


06

痩せるという目標を持って奮闘した柳さん


ただ、全く何も得ない毎日だったわけでもなかったです。


うちの会社では、「明日の目標」や「所信表明」を各自発表する場があって、

その日、その月、その半年といった単位でいくつか目標を立てています。


その進捗や結果をみんなで共有して、

お互いに褒め合ったりフィードバックしあったりします。


そんな仕組みがあったお陰様で、ただ単に忙殺されるだけの日々では終わらなくて良かったです。

入った当初は、こんなに何個も目標立てる必要あるんかな?と思いましたが、

目標を立てる大事さをこの繁忙期に学びました。



また、自分で目標を作って宣言して、

みんなが応援してくれるし、周りもモチベートされる空気もいいなぁと思います。


今年、多田先輩が二回目の資格試験を受けていましたが、

実は誰かに言われて受けたわけでもなく、業務上必須だったわけでもなかったのです。

自分でもう一度受けると決めて、みんなにお願いして勤務中の勉強時間を確保し、

目標に向かって全力疾走されていました。

04


多田先輩がどうなったのかは、こちらからどうぞ。


他にも、何か自分の中で夢や目標を持って毎日を過ごされている先輩方ばかりで、

応援したくなるし、やる気や勇気を貰ってます。





あと3ヶ月もすれば、もう新年度です。

あっという間に自分も先輩社員の一人になってしまいますが、
まだまだ至らないところばかりで不安です><


「この会社に入ってよかった!」
「やってやるぞ!」
と新入社員に感動を与えられるような、

そんな先輩になるべく今日も1日頑張ります!
05


enjob1 at 01:12|Permalinkclip!

2016年10月23日

感謝すること

野々宮です!


入社して4ヶ月経ちました。仕事にも少しずつ慣れてきました。

社会人として実質初めての入社なのに、自分でもよく頑張ってると思います笑



DSC_0062




さてさて、働き初めてから価値観が変わるようなことがいくつかありましたが、

今回は「感謝すること」について綴ります。


DSC_0058-復元


自分は小さい時、とても恥ずかしがり屋でした。


人前に出て発表したり、

知らない人と会話したり、

人前で泣いたりなどなど…


普通の人が「照れくさいな」「恥ずかしいな」と思うことは大体出来ませんでした。

(一方で、突拍子も無い行動はしていたので目立つ存在ではありましたが…)


DSC_0061



ただ、成長するにつれて、段々と克服もしてきました。


高校で生徒会に入って全校生徒の前で発表する機会があったり、

大学の授業やゼミで発表したり色んな人と会う機会があったりと、

何かと乗り越えないといけない機会がありました。


おかげで、人前に出たり、人見知りしたりすることに関しては、

以前より抵抗がなくなりました。



DSC_0059


ところが、「感謝すること」に関しては、

未だ照れくさくて素直に言葉や行動で示すことができませんでした。


むしろ、今まで言ってこなかったからこそ、

急に感謝しだして気味悪がられるんじゃないかとか、

色々理由をつけて素直になれませんでした。





入社してすぐに、親への全力の感謝の気持ちを書いた手紙と

プレゼントをあげる機会を社長から頂きました。


最初は課題として与えられた気分で、

なにそれめっちゃ恥ずかしいやんって思っていたので、

ある意味入社してから一番キツイ課題でした笑


しかし、先輩社員の大久保さんから、

「課題としてじゃなくて、自分が思っていることを素直に書いたらいい。

私も最初は照れくさかったけど、手紙を出してからは親との関係が前よりも良くなった」


とアドバイスを受けて、

感謝することに素直になれてない自分がいることに気づきました。



悩むべきだったのは、

「どう書いたらクリア出来るだろう」じゃなくて、

「何を書いたら親に感謝の気持ちが伝わるだろう」なんですよね。




それからは、今までの人生で助けられたこと、迷惑かけてしまったことなど、

色々思い浮かべては、その時両親がどうしてくれたか考えて、

ありったけの感謝の気持ちで手紙を綴りました。


P9080113


手紙を出してからは、照れとか変なプライドも小さくなって、

両親にも素直に「ありがとう」と言えるようになってきました。



また、両親だけでなく、家族や友人、

社長や先輩社員の皆さんなど、

周りの人が色々な場面で支えて下さっていることに、

前よりも気づけるようになってきました。



例えば、

生まれてからずっと家に住ませてくれている父親、

朝早く起きて弁当を作ってくれる母親、

誰もがなかなか言い出せないことをビシっとフィードバックしてくださる社長、

社長がいない時でもみんなをまとめてくれるYさん、

パソコン関係の悩みなら何でも解決してくれる柳さん、

自分たちが休んでいる間にも一人で働いてくれている酒井さん、

明るく元気な声でみんなをモチベートしてくれる斎藤さん、

新人の指導の為に自分の仕事を二の次にして必死に考えて下さってる大久保さん、

弟のように気遣って社長にも提案してくださる多田さん、

たくさんある仕事を頑張って乗り越えようと奮闘する姿を見せてくれている橋本さん…

本当に様々な場面で、色々な人に支えれているんだなと、

世界を見る目が変わりました。




今までなら「ありがとう」と言えなかった、言うつもりもなかった場面でも

言葉が出るようになって、間違いなく僕の人生を豊かにしてくれました。



そんな風に自分を変えるきっかけを下さった社長や先輩社員の皆さんに、

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

いつもありがとうございます。





実は数日前から体調を崩して、2日間もお仕事のお休みを頂きました。

今はかなり忙しい状況なので、人一人抜けるだけでどれだけ大変かはよくわかっています。

そんな中でも嫌味一つ言わず休ませて下さった皆さんには頭が上がりません。

本当にこの会社の人たちは良い人ばかりだなと、改めて思いました。



明日からまた頑張るぞー!!

enjob1 at 23:33|Permalinkclip!

2016年08月28日

価値観の変化

こんにちは!野々宮です(´ε` )

入社して、2ヶ月が経ちました。



相変わらず毎日が濃密なので、

「まだ2ヶ月しか経ってないの!?」 というのが正直な感想です笑


DSC_7616


最近は出張に同行させて頂いてあちこち行ったり、

業務のことでたくさん指導して頂いたり、

慌ただしいけど充実した日々を過ごしています。



入社して色々なことを経験して、

物の考え方や価値観にいくつか変化がありましたが、

そのうちの一つが『マラソン』です!


jpg


僕は昔から体力が無くて、

万年文化部で体育の授業が憂鬱だった

典型的な運動音痴です。



当然マラソンなんか大嫌いで、

高校生の時はマラソン大会があったりしましたが、

毎年その時期だけ不登校したかったです。




時は数年流れて現在、

会社でマラソンをしているグループがあると聞いて、

僕はちょっと遠慮したいなぁと思っていました。

しかし、入社式の日に、先輩の斎藤さんから

「マラソンには仕事に対する姿勢が現れる!」


と教えていただきました。


一体どういうことだろう?と疑問に思い、

いっちょ走って確かめてみるか!と久しぶりにチャレンジしてみました。


そして、いざ本気でマラソンに参加してみたら、
マラソンに対する価値観が大きく変わりました。




先輩方はすでにある程度トレーニングを積んでいるので、

タイムとか気にしなかったら涼しい顔で走れるはずですが、

一度もそんな顔は見たことがありません。

練習でも本番でも、いつでも全力で走っています。


DSC_0017


仕事は楽しいですが、いつもそうとは限りません。

自分の体調が悪かったり、苦手な仕事が多くてなかなか進まなくて大変な時もあります。

でも、そんな大変な時にどうやって自分をコントロールするか、

どうすればもっと前に進めるかという考え方が大事になってきます。


与えられた仕事をノルマとか作業だと思ってしまうと、

嫌な仕事が来たらどうしてもやる気が無くなってしまい進まなくなります。

でもそこで、自主的に頑張ろうと思えるようになると、

もっとこうすれば良くなるんじゃないか?と考えるようになるので、

ドンドン成長しながら前に進むことができます。

まさに「自分が源」ですね。


DSC_0033


マラソンも初回は全然走れなくて、当然ビリケツ組でした。

達成感は大きかったですが、息切れしてしんどいし足は痛いし辛かったのも事実です。

でも、「せっかく走れる機会があるんだし、次はもっと楽に早く走れるようになろう!」と前向きに考えて、

あれこれ試しながら二回目三回目とトレーニングを重ねていくと、

走るのも楽になったし段々とタイムが縮まってきました。


DSC_0019


そして、なんと入社式から一ヶ月後のマラソン大会では、

入社式の時の記録から5分以上も縮めることができました!


まさかマラソンでこんなに嬉しい思いをする未来があるとは、

入社するまで思いもしなかったです。


DSC_0024


しかーし…

実はこの日以降なかなかスケジュールが合わなくて、
僕はトレーニングに参加出来ていなくてもう随分走れていないです…。


トレーニングに参加できている先輩を「いいな〜」と思いながら見ている自分がいて、

入社する前なら絶対そんなこと思わなかったなと、自分で自分に驚いています。


DSC_0035



今回、また新入社員の方が入社して来ますが、

ぜひともマラソンに挑戦して欲しいなぁ〜と思っています。


僕含めてマラソンに自信の無かった先輩も多かった(むしろ自信のあった人が少ないのでは?笑)ので、

苦手意識がある方もぜひ勇気を出して参加して欲しいです。

どんな方と一緒に走れるのか、今から楽しみです!

enjob1 at 14:47|Permalinkclip!

2016年07月02日

新たな人生の始まり

はじめまして!新入社員の野々宮と言います(^ν^)

今回、はじめてのブログということで頑張ります!


入社して2週間経ちましたが、一日一日が濃密で本当に

あっっっという間に過ぎちゃいました!


睡眠時間が全然取れなかった日もありましたが、
自分でも怖いくらい眠くなくって、

感動興奮に満ち溢れた毎日です。


実は、ちゃんと就職活動を始めたのが入社式の3日前で
それまで自堕落な毎日を送っていたのですが、

半月でここまで生活というか人生が変わるものかと驚いています笑



今回は、もっとも人生観の変わった入社直後の1週間のことを少し振ります。



ーーーーーーーーーーーー

6月20日 入社式1日目

実は僕の場合、採用されることが決まっていたわけではなくて、

入社式で自己PRとタイピングのテストをして両方合格したら、とりあえず採用という形でした。

入社式までの経緯はこれまた思い出深いのですが、また機会があればお話します。


P6203084



自己PRは社員全員の前で発表すると聞いていたので、


(集団面接みたいな感じで重苦しいのかなぁ…)

(正直に話しすぎて怒られないだろうか…)



と想像して待機していました。



しかし、いきなり下の階から大きい声が聞こえてきたと思ったら、

社員のみなさんが元気に

「おはようございます!」と挨拶しながら
キビキビした動きで入ってこられて、

「なんてエネルギッシュな会社なんだ!?」
とびっくりしました!!


全力でぶつかって来られてることに気づき、

「これはこっちも本気でやらないと失礼だな!」と思い、

誤魔化すことなくありのままの自己PRをしました。



僕の場合、自己PRの準備できる時間があまりなかったのですが、

正直な気持ちを伝えようと思い、

今まで情けないことをしていたこと、踏み出せずにいたこと、


だけど、ここで働いて自分を変えたい!!!って思いを伝えました

P6203014


自己PRのあとは、フィードバックと言って、
忌憚のない意見を言って頂く機会がありました。


先輩たちからは、

「どういう人間かわからなかった」

「志望動機であって自己PRじゃない」


「目を見て話していない。下向いて話していて残念」


など、グサグサとくる意見が来て、

全く自信がなかったわけでもなかったのでそれなりにショックでした。


でも、正直に話した内容に対して頂いた真摯なコメントだからこそ心に響いたのだし、

おかげでそれ以降のプレゼンに活かせた部分もあったし、本当にありがたかったです。


悪いところを悪いとハッキリ言える人間は世の中にそう多くありませんし、

ましてやそれが許される社風の企業も僕は他に知りません。

だって、言ったらその人に嫌われるかもしれないからです。



それでも、会って数分しか経ってない僕に対してハッキリと言って下さった

皆さんの思いやりは本当に凄いと思います。

あの時の先輩方の気持ちは、
最初に受けた愛として、ずっと忘れたくないです。


P6203105



2日目、入社してはじめての大失敗をしました。

この日は最初に、1日目で学んだことを発表する機会がありました。

「プレゼンの仕方がダメだったから、
もっと声やジェスチャーに気をつけよう!」

「面白く発表するぞ!」


と息巻いていました。


確かに、発表の仕方そのものは前日の先輩方のフィードバックや講義のおかげで随分良くなりました。

でも、伝えた言葉が薄っぺらく、ズレたことを言ってしまって、

社長の期待を大きく裏切る結果となってしまいました。



相手の期待を読み取ることができなかった、

本当に学んだこと、感動した思いというのを伝えることができなかった、


そんな不器用な自分が本当に悔しかったです。


しかも、この3日後にも同じようなミスをしてしまいました。

これまた、学習できてない自分が腹立たしく、

情けなくなってしまいました…。



今までの自分なら、「辛い!もう嫌だ!こんな会社辞めてやる!」と思ってしまうところでした。

だけど、先輩に「野々宮さんには落ちてほしくない!」と応援して頂いたり、

社長も本当に期待してくださっているのもわかっていたので、

「ここで逃げたら最低だ!」

「今までの自分と同じことをしたくない!」と思い踏ん張りました!

あの時の悔しさと逃げ出さなかった自分のことはずっと忘れたくないです。


P6243236



逆に、自分では気づいていなかった長所を見つけてくださったのも、

エンジョブに来てよかったことの一つです。



入社してから僕の長所に関してよく言われるのは、

「律儀」

「ストイック」

「誠実」


などですが、

今まで自分とは無縁なワードだと思っていました。


僕は自分のことを、

自分に甘くて、

困難に立ち向かわず、

人の好意を無碍にするような、


そんな人間だと思っていました。



でもよく考えたら、過去にそういったコンプレックスを持つ経験があったのは事実ですが、

このままじゃいけないって思って努力していつのまにか直してたんだと気づきました。


誰かに指摘されなかったら、ずっと僕は自分の長所を
コンプレックスのまま引きずっていたと思います。

そして、短所だと思っていたものでも直せるんだって気付きました。



そんな自分を救って下さったみなさんに、本当に感謝です。


P6223131

P6223156


今は、先輩方に通常業務のやり方を教えて頂いています。

覚えることが多いし、質問ばっかりしてなかなか進まない時もあります。

先輩方も本当にお忙しい中お時間を割いて教えてくださっているので、頭が上がりません。。。


まだまだ使い物になりませんし、人間的にダメなところもたくさんあります


でも、こんな自分を認めて期待して下さっている社長や先輩社員の皆さんに早く恩を返せるように、

しっかりと確実に!仕事ができるように頑張ります!!!


そして、一流の社会人となって、

会社への恩返しも、

家族への恩返しも、

自分の夢も絶対に実現します!!!




やるぞー!!!おー!!!
DSCN6122



enjob1 at 20:48|Permalinkclip!

Copyright © En Job. All Rights Reserved.