この映画は黒人が奴隷時代の頃に、既に成功を納めた黒人が、
教養のない乱暴な白人を雇うという話だ。




社長なら無意識に雇用関係を
考えながらこの映画を観るだろう。




雇用を超えた信頼関係というのは、
お互いの理想ではあるが、
非常に難しく、
だからこそ物語として感動を生む。




(感想に対する説明のため記しました)



↓↓

少しだけ調べてみましたがあんまり仕事と関係なさそうでしたが、
それでも働くことに関して魅力が詰まっているというのが不思議な感じですね。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆高橋純の講演について

http://takahashi-jun.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━