42GAMESの中の人のblog

「42GAMES」の中の人ブログです。

ゲムマ中止、つらいですね。ほんとつらい。
42GAMESもどちらも出展予定だったので、とてもつらいです。

ですが、これを読んでいる人は、
最後まで考えることをやめない人種なのは知ってます。

42GAMESはゲームを売ることを大事に考えています。
せっかく作ったゲームです。一人でも多くの人の手に渡ってほしい。
遊んでほしい。楽しんでほしいです。
お金だってかかってます。

ということで、ゲムマ大阪中止で得た制作者側の知見をまとめます。
当然知ってる。という事も多いと思いますし、小さなサークルの話なので
参考にならないサークルさんも多いかもしれませんが、
ゲムマ春中止でうわーな制作者の人に、少しでも参考になれば幸いです。

(購入者の方へのお願いは下にあります)


出展者の方へ
とにかく告知をしてください。ツイッターで良いです。
妄想ゲームズさんがやりだした
というハッシュタグがあります。どんどん使いましょう。

ーー3/25 8:23 加筆
#ゲムマ対処
には制作者にも役立つ情報が多いです。

#ゲームマーケット2020春
#ゲムマ2020春
あたりには作品情報が多いです。 
ーー 
 
作品情報を見かけたらリツートしてくれる人がいます。僕もしています。
何度もしましょう。うざいと思われないかとか、一旦気にしないようにしましょう。
新しく見てくれる人がいます。


通販の販路を確保しましょう。
エンゲムマ(春にされるかは未定)
・Amazon
あたりが良いと思います。
(あくまで通販の話です。委託なら他にもいっぱいあります) 

大阪の時はジェリカフェ通販さんも買取で動いてくれました。
現時点で見えませんが、おそらく何か動いてくれると信じてます。
(3/25 14:54 新作の買取りが始まりました。さすが。) 
何が素晴らしいって、ちゃんときれいな写真を撮って、
ツイッター上で告知してくれることです。

ビジュアルにも力を入れてるゲームなら、
ボドゲーマ、Amazonがおすすめです。
ランキングに食い込めれば相乗効果がありますし、レコメンドもあります。
一極集中すれば、ランキングも上げやすいです。
手数料が一番安いのはアークライトとBOOTHですが
ランキングは弱いので数が捌けても相乗効果は狙えません。
(4/3 23:27 追記 アークライトの通販はランキングがTOPページに出るので、弱くはないようです。失礼しました。)
ちなみにAmazon出品の話ならこれを読んで損はないです。

売れないかも、と思うならBOOTHの倉庫は使わないようにしましょう。
売れないと倉庫代がバカにならないです。
アークライト通販は委託手数料なしとか正気とは思えないのですが、
「まず公式を盛り上げる」という意味で少部数でも送りたいところです。
日付入力で躓いた場合「yyyy-mm-dd」とハイフンつなぎでいけます。(もう直ってるかもしれないです)

売れるかわからんので、BOOTHで倉庫を使わず、自家発送の手間も取れない場合
アークライト一択だと思います。アークライト儲かってるん?と思いますが、
小さいサークルは寄りかからせてもらいましょう。
面白いゲームを作れば、きっといつか恩返し出来ます。


BOOTHについて
BOOTHにはBOOSTという投げ銭機能がついてます。
稀に投げ銭してくれる人がいるので、万が一幸運にもBOOST頂けたら、
何を返そうか、考えておきましょう。
42GAMESは新作がトリテだったので、お礼にスコアパッドを作って入れるようにしました。

余談ですが、スコアパッドのようなメモ帳印刷なら、メモ帳王国がおすすめです。
対応がすごく良かったので、信者です。

BOOTH自家発送なら、手紙を入れましょう。
42GAMESはお客さんの名前だけは手書きにしました。
もちろん、無理して手書きにする必要はないと思います。
が、名前手書きにほっこりしてくれた方もいました。
ツイッターで喜んで頂けたのを見ると、心の支えになります。
で、手紙には「よければ感想をツイッターで伝えて下しあ」と入れましょう。
つぶやいてくれると、これが本当に心の支えになります。
あとでtogetterとかでまとめると、辛いときでも生きていけますし、
それを見て買ってくれる人もいます。


発送について
作品数が少なく、ポストに入る大きさなら、
郵便局のクリックポストがおすすめです。新作に絞っても良いかもしれません。
yahooウォレットか、amazonアカウントが必要です。


予約の扱いについて
ゲムマ用に予約フォームを作ってるなら、売り手からキャンセルしないでください。
僕は予約してたところがキャンセルになって悲しかったです。
予約してくれた人に感謝の気持ちをこめて、通販の案内をしましょう。
個別にメール案内が出来るならメールで。無理ならツイッターでも構いません。
案内は早いほど良いです。忙しいですけど、楽しみにしてくれてる人あってこそです。

商品が出来てなくても、BOOTHなら予約がありますが
BOOTH以外は商品ができてない場合「先に登録」はおすすめ出来ません。
自分のところのゲームが委託先に送れないから、
同時に購入されたゲームが委託先からお客さんに届かない
という事が起こり、針のむしろになるので、
BOOTH以外は、まず商品を委託先に送りましょう。



告知方法
通販情報をオンラインでまとめてくれている人がいます。

大阪なら、うらまこさんがいち早くまとめてくれました。(今回もまとめてくれるかも?)
ーー3/26 14:07
 今回のまとめのために通販URL募集とのことです。素晴らしすぎる
ーー
「あの頃のオレら」で有名な熊熊飯店さんもまとめてくれてましたし、春もされるそうです。
カタンのGPさんの所に通販情報がまとまりつつあります。

youtuberさんも作品を取り上げてくれてたりします。
今回の春の件でも、新作の案内を待ってくれてます。
特にマーマンさんは創作(同人)ボードゲーム作者にやさしい印象を受けます。
hal_99さん
マーマン Asobi チャンネルさん
素の人さん


相互レビュー
堀場工房さんは相互レビューを募集しており、大きな流れになる可能性もあります。



VAGE -Virtual Analog Game EXPO
また、大阪ではオンラインでエアゲムマという流れがあり、
Discordというアプリ上でオンラインゲムマがありました。
主催はペンとサイコロさんです。

この「場」は今も有効で、
毎日どこかしらのサークルのライブ配信を受け付けています。
春の出展者も当然配信できます。
スマホとPCがあればとりあえず動画配信できます。
不慣れなのはみんな同じなので、オンラインのインストでもやさしいです。
少しでも、コミュニケーションが取れるのが嬉しいです。
登録はこちらから。(現在470人ほどが登録しています。) 


オフラインイベント
8月には静岡アナログゲーム祭(3/25 13:07 募集は4月前半からとのことです)
あたりはまだ募集しているみたいなので、コロナが収まることを祈りつつ、
申し込んでみても良いかもです。盛り上げたいですよね。


ピンチはチャンスとな。レッツチャレンジ!
もうせっかくだから、海外にもチャレンジしようぜ。時間あるんだしさ。
BGGに登録するなら
ここから行くと日本語で申請した分を英語で登録してくれるようです。
ボランティアに感謝しつつ、申し込んでみたら新しい世界が広がるかも。
翻訳も良いの出てきましたよ。DeepL → https://www.deepl.com/translator
ちなみに僕は英語壊滅的にダメなので、ルルブ翻訳はSaigoさんにお願いしました。



購入者の方へ
今回みたいに、ゲムマが中止になると、専業の人ほど厳しいです。
面白いゲームを生み出せる人ほど苦しいとか、ほんとつらい。
なので、気になるサークルや作家さんが通販をしてるなら、ぜひ応援してあげてください。
ツイッターをしているなら、告知に協力してあげてください。

ーー3/25 7:03 加筆
ツイッターを使う制作者はツイートのネタに飢えてます。
そんなときにとても助かるのが皆さんの反応です。
「気になる」「ほしい」「買う予定リストに入れた」
「買った」「届いた」「遊んだ」
 どれも最高です。ぜひ購入までの各ステップでゲーム名を出してください。
エゴサをしているサークルは本当に助かります。 
ーー 

オフラインゲムマでもそうですが
購入した感想をツイートして、作者にリツイートされるまでがゲムマです。
面白いと思ったなら、ぜひオンラインに感想を掲載しましょう!
「面白い」の一言が聞きたくて、ゲームを作っています。
多くの作者はその一言を聞ければ、続ける事ができます。

あと、制作者側から見て、アークライトさん、今回かなり頑張ってると感じます。
自分とこだってゲムマ中止したら売上かなり変わるはずですし、
キャッシュフロー悪くなるし、返金もありますし
中国での生産も止まってるでしょうし、
通販サイトも突貫で用意して、使いにくいってクレーム来て。。
ボドゲ業界では大きな会社ですが、一般から見たら普通に中小企業です。
どうか応援してあげてほしいです。

もちろん、それ以外のメーカーさんもきっと大変です。
好きなゲームを作ってくれた企業、サークル、応援してあげて下さい。


みんなで笑ってゲムマ秋を迎えられるといいですね!

毎回「なんだコレwww」ってなる東京なかよしデザインさん。

2020大阪でリリース予定だった「コフンクラベ
がリリースされていたので、通販で購入し遊んでみたところ
  • ゲームとは
  • 遊びとは
  • 楽しさの根源とは
  • ゲームを通した学びの可能性
  • 幽体離脱
を考え直すきっかけになりうるゲームでして、
このゲーム体験を書きとどめておく義務を感じました。
ちょっと長いので、ツイッターではなく、ブログで書いておきます。


 IMG_6690

コフンクラベの内容物ですが、
古墳カードが大量に入ってます。
表面:古墳の衛星写真
裏面:古墳のデータ(墳丘長、高さ、古さ、人)
他にも得点トラックとかコマが入っていますが省略します。



全員に2枚ずつ古墳カードを配り、各自、裏面のデータを自分だけ確認します。
親の指定するデータ(墳丘長/高さ/古さ)を一つ選び 
全員1枚を選んで表面(衛星写真面)で場に出します。

場に4枚出たら(人数で4枚に足りない場合は山札から足す)
親が指定するデータで、1〜4位のランキングを予想します。

2つ以上合ってれば得点。
プレイングのために細かいルールは他にもありますが、基本これだけ。
これを6ラウンドします。


!!!!!ここから先はネタバレが入ります!!!!!!
未プレイの人は、このさきを読まずに、先に遊ぶ事をおすすめします。

続きを読む

定期的に話題に上がる、ボードゲームで「賭け」をすることについてです。

刑法185、6条にもある通り、日本では少額であってもお金を賭けることは禁止されています。それもあってか、ボードゲーマーにはボードゲームで賭けをすることを嫌がる人が多いです。ボードゲームを知らない人に「ボードゲーム=賭け」などという図式が出来てしまい、世間的に問題視されるようになってしまったらたまったものではありませんので、僕もたとえ「負けたたら奢り」程度であってもしないほうが良い。と思っています。「負けたら奢り」は刑法上は問題ないようですけど、わざわざそんなことしなくてもボードゲームは楽しいですし、基本的にする必要はありません。割れ窓理論というやつですね。

上記は前提です。

ボードゲームに初めて触れる人にボードゲームを紹介するとき、一定の割合で「賭けよう!」とか「負けたら罰ゲーム」となる人に出会います。その人達がなんでそんな事を言うのか?そんなのしなくてもゲームは楽しいのに!
僕もそう思っているのですが、いろんな人といろんなシチュエーションで遊んで、少し考えてみたところ「ゲームに真面目になれない人」の存在に気が付きました。ゲームをするときに、勝ちを狙わず、合理的な理由がないプレイをしてくる人がいます。特に多いのが忖度で仕事上の上長を勝たせようとしたりする人です。

あくまで僕の周りだけかも知れませんが「賭けよう」とか「負けたら罰ゲームな!」と言ってくるのは「社員と遊んでいる社長」や「後輩と遊んでいる上司」が多いです。これは彼らなりの気の使い方なのかもしれません。社員や部下に「仕事の気配りや忖度プレイは求めてないよ。お互いに勝つつもりで真剣に遊ぼう!」というメッセージなのかも知れません。明日になれば、また仕事の関係になるのかも知れませんが、今はそうゆうの無しで遊ぼう!って言ってるなら、それはボードゲームをしてる間くらい、上下関係を忘れて楽しんで欲しい、という僕の気持ちと同じです。(賭けはダメですけど。法的に)
ボードゲームをやっている瞬間は、少なくとも全員がルールの前で平等になり、勝ちを目指すべきだと思います。のでゲームの面白さに気づいた上長が「賭けよう」とか「負けたら罰ゲーム」と言い出した場合、忖度してしまうプレーヤーが「ルールの前に平等であり、自らの勝ちを狙いにいける」状態でゲームを楽しめるようになれば、いずれ罰ゲームは無くなると思いますので、自分が許容できる罰ゲームなら、少し付き合ってあげても良いのかも。と思います。ただ、自分が受けても痛くない罰ゲームを押し付けてくる面倒な人もいますので、全部とは言いませんけど。

上下関係を嫌う人が多いのは承知していますし、そもそも上下関係を遊びの場に持ち込むな、という意見があるのも理解できますが、他人の人間関係にに口を出すのもおこがましいですし、不幸にして上下関係のある中でボードゲームに出会ってしまった人を、全面的に排除するのは少しもったいないと思います。「ボードゲームで仲良くなって、仕事もスムーズにいくようになった」という現場も僕は何回か目撃しています。ボードゲームはデジタルゲームと違い、アバターではなく生身の人間が遊びます。考えたり、嘘をついたり、協力したり。普段は部下で自分の言うことを聞いているけど「対等な人間関係なら本来こう動く」というのをゲームを通して理解でき、自分に勝った部下の考えを支持できるようになったり、実は慎重派だったり、嘘が苦手な上司の性格を少し理解できたり。それはボードゲーム、ないし「一緒に遊ぶ」事が持つ可能性の一つだと思います。とはいえこれは事象であり、仕事の関係で仲良くなるのが、良いか悪いかは結局人それぞれなのですが、僕個人としては仕事のストレスが減るなら、良いことなんじゃないか?と考えています。


以下、賭けについてもう少し肯定的に書きますので、苦手な人は読まない方が良いかも知れません。

僕はパチンコ、競馬のようないわゆるギャンブルはしませんが、宝くじは買いますし、値上がりを期待して株を保有していますし、事業もしています。のでそもそも「不確定な未来にお金を賭ける」事には抵抗が無いみたいです。ので、機会あってラスベガスに行ったときにカジノそっちのけで、一緒に行ったボードゲームに興味がある仲間とホテルでボードゲームで賭けをして遊びました。その中で面白がって貰えた賭け方を紹介します。日本ではしないでくださいね。

大きな枠でいうとジャックポッド形式です。失点系のゲームを遊んで負けた点数分を共有で貯めていき、プラスの得点系ゲームで貯めた分を全部分配します。これだけだとゲームによっては動く金額が少なすぎるので、多面ダイスを使って点数のレートを決めます。僕が持っていったのは2、4、6、8、10、12、16、20、24、30面の様々なダイス。最初は適当に、2回目以降のゲームでは一番ジャックポッドに支払ったプレーヤーが2つサイコロを選び振ります。出た目を掛け算して、失点のレートを決めます。もちろん、知らない人には「このゲームでどのくらい点差がつく可能性があるか」を予め伝えます。
貯めるのには、ニムト、ゲシェンク、
えげつな7、インフェルノ。分配には、インカの黄金。という感じで遊びました。インフェルノと24、30面ダイスの組み合わせは強烈でしたけど、最終的にインカなら多少は取り戻せるし、遊んだのは運と自己責任感強いゲームが多めだったので、終わった後に人間関係がギクシャクしたりもなく、上下関係を忘れて本気で勝ちを目指してゲームを楽しんで貰えたようです。尚、一番勝ったプレーヤーはご祝儀だかで全員に飲み物を振る舞い、余った資金は全部カジノで吸われてました 笑

そんな遊び方をした後にボードゲームが好きになって、日本では賭けもせずボードゲームを楽しんでいるプレーヤーもいます。人間関係は人それぞれなので、自分と違うからといって、あんまり目くじら立てず、お互いに良いところを見て楽しめればいいなー。と思います。

↑このページのトップヘ