今日のスパムメール研究・対策 - Outlook Express メッセージルールによるSPAM対策5

Outlook Express メッセージルールによるSPAM対策
* 既に、収集されてしまったメールアドレスはSPAMER間で、流通(販売)してしまいます

* 中国、韓国からのSPAMはそのモラルの低さで目に余るものがあります、日本からのメールは誰かのプロバイダへの通報等により、数日で来なくなります(プロバイダを移って再開する事もあります)が中国、韓国からのSPAMはそういった期待はできません

* Outlook Express で簡単にできる2点の対策取り上げます、非常に効果がありますので、未だの方は是非行ってみて下さい

* 1点目は「ツール」−「メッセージルール」−「メール」によるSPAM対策
o 指定の詳細はOutlook Express メッセージルールの指定方法を参考にして下さい、ここでは見解のみを記します

o SPAMのほとんどが、「自分のホームページへの誘導を目的ととしている」、しかも独自ドメインがほとんどで、タイトルや送信者や内容は変えても、プロバイダから追い出され、次のプロバイダに移っても「誘導先のURLのドメインは一定である」点は注目に値します(この情報がSPAMERに悪知恵つける事にならないかと迷いましたが、あえて公開します)

o この条件を指定するのに一番ほしい、「条件=メール本文中の文字列」と「アクション=サーバから削除する」の組み合わせは、マイクロソフトで製品の不具合(機能しない)として認識しているとわかるまで、いろいろのルールを沢山作り、漏れて受信トレイに混入するSPAMに随分悩まされました
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;840555
o 「条件」=「メール本文中の文字列」、「指定文字列」=「誘導ページのドメイン」、「アクション」=「サーバから削除する」としたいと思いますが、残念ながら、Outlook Expressの不具合により受信してしまいます、「アクション」=「フォルダへの移動」しかありません、スパム専用のフォルダを作りそれを指定するしかありません

o ルールは作れば作るほど、SPAMと正常メールの混入がおこりやすく、おこった時、原因調査が複雑になります、1パターンでシンプルなのが一番正確に分離できます

o 直接削除できないのは確かに不都合ですが、そんなもんだと諦めれば、確実に受信トレイからスパムを分離できる事は非常にありがたい事です

* 2点目は「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」
o html形式のSPAMメールにはアクセス解析風の細工が施されているものも少なからずあります

o そうした場合、html形式で表示するとメールアドレスが有効でしかも内容が表示されている事がスパマーに知れてしまう事になります

o 「ツール」−「オプション」−「読み取り」の中にある「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックをつければhtml形式で表示されません

o html形式のメールはテキスト形式で読み取ると添付ファイルが付いております、SPAMでない場合は「表示」−「html形式のメッセージ」でhtml形式で見る事ができます

o ウイルス、スパイウエアー対策上から言っても、html形式で表示するべきではありません

* なお、誘導ページのURLをクリックする事は勿論ですが、受信拒否はこちらへとメールアドレスが書いてある場合、連絡するのは考えものです、場合によってはメールアドレスが有効でしかも内容を読んでいる事を知らせる事になります


目指せ青年実業家!?ロックを愛する男が、在宅ワークで人生を変える。
目指せ青年実業家!人生を変えるギタリストの話。
サイドビジネス、副業、在宅ワークはまだするな!
青年社長がスパムメールのマーケティングを研究するブログ。
インターネット・WEBマーケティング講座

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事



サイドビジネス、副業、在宅ワークはまだするな!クラプトン好きのギタリストの起業物語目指せ青年実業家!人生を変えるギタリストの話。ダイエットがスルスル加速するコツ。

Copyright (C) 2004-2007 青年社長がスパムメールのマーケティングを研究・対策するブログ。 All rights reserved.