榎本ナリコのenobi-navi

●榎本ナリコ及び野火ノビタの仕事関連最新情報と日常メモです●

実家にきています

  • 2012年05月15日
fa20fec5.jpgなんか時間がすぽっとあいたので、ブラリ実家にきています。いや母の日だからなんですけど。そりゃきのうだけれど。
なんか家のそうじが終わらなくて…しかし同居人のシュラバでアシスタントさんたちが来てしまう!
私も頼んでる方々ですが、モエスはフルデジタルなので、背景もみんなデジたるで描いてもらうため、アシスタントは全員在宅でお願いしています…ゆえに、すげえ長い間アシスタントさんがリアル(実体)で我が家にやってくることが2ヶ月くらいなかったのね。でも忙しかったのね。単行本作業と連載再スタート+αで
かつ、同居人もとても仕事していました。なんかずっとふたりして別々なことをやっていた…そんななか、アマゾンの箱を誰もたたまな(以六行削除)

はっと気がつくと、アシスタント机がなんらかのもので埋まってて、コピー機のうえに空段ボールのタワーができてて そんな案配になっていたの家中が。

この現状復旧を、同居人が身動きとれないから私!ひとりで!やった!たいへんだったわー

で、実家でノンビリねこつき!ワーオ!なはずであるが

実家はちゃぶ台生活で、どこにも机がないのです。私もかつては地べたでちゃぶ台生活だったが、いまは机椅子なので、地味につらい
てゆうか、腰が痛えええ!半端なくいてええ!
そして進まない仕事。ありー

まあねこは、私のことなど、もちろんめちゃめちゃ忘れてたけど、尻をぽんぽんしてやったらなんか思い出したらしい? とにかく腹毛を思う存分マフマフさしてくれた。はああああ…なんという癒し!さいこうねこさいこう!夜帰っちゃうけど!じゃらしまくったら爪だされて負傷したけど!

あーたまらんたまらん

ねこを…かならず…いつか…飼う!L(゜ロ゜)

今月から聖モエスの方舟、新章スタート!

  • 2012年05月11日
e27a69d0.jpgモエス、新章スタートです。新章スタートにあたって、タイトルが変わるよ!なので、『聖モエスの方舟』としては、四巻で完結なんですよ。まじでまじで!
新タイトルは、『星の少女たち』です。方舟発進編から2年後、いよいよ敵・セフィロト本星につくか!?て戦うか、話し合い解散か、はたして…ていう感じになります。
第一回は、新スタートを機に、これまでのお話のおさらいてゆうか、もっと客観的な侵略者と地球人類の50年にわたる攻防の歴史を描いてみました。てわけで先生たちの幼少期をからめた過去編です。

しかし…
描いてみて 気がついたら男だらけですよ?!女子…2年後の女子をメインにするはずが…っ

でもちょっとでてきますので、2年後の女子と、少年時代の先生方とあの人も出るので、みてね!カラーページもあるよ!
サンデーGX、5月19日ごろ発売です。よろしくお願いいたします。
(°∀°)ノシ


※貼付画像はトナエさん七歳。

こないだのスーパームーン

  • 2012年05月11日
34cbe17e.jpgまたブログ投稿のメアドがわかんなくなってしまった…て、てすと

こないだのスーパームーン。明るすぎて撮れなかった

聖モエスの方舟・ものすごいザックリダイジェスト

  • 2012年04月22日
a0f7c5af.jpg単行本も4巻となりまして、話も錯綜してまいりまして、まえの巻読まないとさすがにわけがわからないけどまえの巻を三冊も買うのはちょっぴり冒険…
そんなあなたに作者が自らすんごいザックリダイジェストです。

まず、
●SFです。
●舞台は未来。地球が国境を廃し、連合地球政府となってからの新世紀。
●が、突然人類は男子がほとんど生まれない遺伝子異常にみまわれ、出生率が激減。
●どうやらそれは謎の侵略者からの意図的な攻撃のようである。人類は50年もの間絶滅の危機とたたかっていたが、謎の敵ははるか彼方から、流星を落として人類の努力をはばむのだった。

●主人公・モエナは、どうみてもバカなのだが、親友で頭のよい友絵ちゃんと、孤島の修道院・モンサンミッシェルを礎にした、名門高校モエス学園に入学することになる。
●が、モエスは入学式当日にいきなり宇宙船となって宇宙に発進!モエスは人類が存亡をかけて宇宙に送り出した、武装した方舟だったのだ!

●入学した生徒たちは、選ばれた戦士だといわれて、なんか戦う羽目に。
●武器は制服の胸についた宝石・エーデルシュテイン。意志の力で操作する、シュテインシステムと呼ばれる重力操作装置である!任意の原子を重力子の力で固定することにより、なんでもアリの武器やエネルギービームとか出せるのだ!

●しかしモエスの行く手には、先を読むように敵がつぎつぎと立ちはだかるのであった!
●戦う少女たち!少年たちもいるよ。
●そして謎の宇宙人の正体とは、その目的とは?!


で、4巻いきなり読んでもだいたい大丈夫です。
よろしくお願いいたします!

単行本発売中!

  • 2012年04月22日
175661ae.jpg聖モエスの方舟、4巻発売中です。
4月19日から!
巻末にひみつURLがのってまして、アクセスいただくと、期間限定でおまけまんがが読めます!よろしくねっ
(°∀°)ノシ

聖モエスの方舟とは!

  • 2012年04月05日
f884ba99.jpgどうもっ!4月19日ごろ、「聖モエスの方舟」第4巻が発売です!

なんかホムペの方に、解説コーナーとか特設したいがなかなか手が回らないので、ブログで叩き台というつもりで、ぶつぶつ設定や裏話など、語っていこうかとおもいます。
まず、ざっくりと世界観とか設定とか!


聖モエスの方舟、とは!

このお話の舞台は、地球人類がようやく人種や民族や国家を越えて、地球人全体のアイデンティティーに目覚め始めた頃。年号は統一され、A.U.(after・union)となって80年…という未来のお話です。
国という単位は廃止され、「地方」「言語圏や文化圏」というくくりは残っているものの、地球全体が一つの社会的国家になっている世界です。言語も母国語のほか、基本的には公用語が使われています。歴史的・学術的見地から、文化圏を守ろうという活動はなされていますが、一般の市民生活のレベルでは、人種を越えた結婚がなされ、混血も進んでいます。
人類全体の共同作業として、宇宙開発もある程度進み、一応は戦争や差別のない、理想的で平和的な世界に、人類は生きていた…はずでした。

しかし、AU0080年、大型の彗星が地球に接近。直接の衝突はなく、彗星の尾が地球をかすめるだけで、夜空を埋め尽くす大流星雨に人類はうっとりと見とれていたのでした。

しかし、この流星雨こそ、宇宙の彼方よりの侵略者・「セフィロト」が、人類を滅ぼすために放った攻撃だったのです。
流星雨に紛れ込んでいた特集な宇宙線により、ほとんどの人類…とくに男性のもつ遺伝子、Y染色体が破壊されてしまった!

Y染色体は男性を男性にする遺伝子である。Y染色体を失った人類から、男子は生まれてこない…。
こうして、ひとびとが気づかないうちに、人類は謎の侵略者によって、一夜にして滅びの呪いをかけられたのだった…!



今日はここまで!また明日!
Profile
榎本ナリコの本
野火ノビタの本
  • ライブドアブログ
榎本ナリコのenobi-navi