2013年06月10日

●紀宝バイパス開通記念マラソン

2f8837cb.jpg6月9日、紀宝バイパス開通記念マラソンに参加させていただき、7.2kmを45分50秒で完走する事ができました。

そして、いよいよ来週16日午前10時より紀宝バイパスの開通式があり、午後3時に開通です。


写真は嫁のお友達が走っている姿を撮ってくれました(^-^)vありがとうございました。
  

Posted by enoken at 20:06

2013年06月06日

●矢淵中への通学路

6d3af627.jpg今日は現地視察。昔から歩道が狭く危険であった矢淵中への通学路。

着々と、川側への道路拡幅が進んでいます(^-^)v
  

Posted by enoken at 19:04

2013年05月29日

●和歌山県新宮市にて

112068fd.jpg昨日は新宮市・紀宝町の議会議員で構成している、熊野川河口大橋促進議員連盟理事会&総会に出席しました。

現役員が留任となり、引き続き私も議員連盟の理事として選任されました。

熊野川河口大橋の経緯については鵜殿村時代に先輩議員からも受け継がれており、昭和初期に河口大橋の建設を陳情をしており、国は工事に着手するが戦争勃発で中断するなど、随分と長い歴史があります。ようやく新たなスタートを迎えました。
  

Posted by enoken at 22:21

2013年05月27日

●青年部局、東紀州ブロック結成式

da8d0483.jpg自民党三重県連 青年部青年局 東紀州ブロック結成式が5月25日に開催されました。

三ツ矢憲生衆議院議員を来賓にお招きして、ご講演をいただきました。

東紀州ブロックメンバーは74名。しっかり頑張って参ります。
  

Posted by enoken at 20:04

2013年05月26日

●すごいやんかトークin紀宝町

629a196f.jpg鈴木英敬三重県知事と、町内自主防災組織リーダーの皆さんとの『すごいやんかトークin紀宝』がありました。
  

Posted by enoken at 20:03

●紀宝町復興祭in浅里

25b4e9aa.jpg紀宝町浅里地区で開催された『元気やで〜紀宝町』復興祭に鈴木英敬三重県知事がご出席くださいました。

記念植樹の写真です。

紀伊半島大水害の時には、沢山のボランティアの皆様に助けていただきました。本当にありがとうございました。この場をお借りし厚く御礼申し上げます。
  

Posted by enoken at 08:09

2013年05月24日

●自民党三重県連青年部局、東紀州ブロック結成式

7aada643.jpg昨夜も遅くまで、打ち合わせをしていました。ついに明後日です。

自由民主党 三重県連 青年部局 東紀州ブロック 結成式

とき:5月25日(土)
場所:紀宝町まなびの郷
時間:午後3時〜
講師:三ツ矢憲生代議士

※多数のご来場をお待ちしています。
  

Posted by enoken at 08:05

2013年05月21日

●6月16日に紀宝バイパスが開通

bff0aa04.jpgいよいよ紀宝バイパスが、6月16日に開通です。

昭和47年に事業着手して約40年が経過し、ようやく開通する運びとなりました。

9日にはプレイベントとして、バイパス開通記念マラソンなど商工会青年部を中心に開催が予定されています。
  

Posted by enoken at 10:47

2013年05月19日

●戦艦大和最後の乗組員

今日は紀南PTA連合会総会に出席後、『戦艦大和の乗組員』であった熊野市在住の坪井平二さんの講演会に出席させていただきました。

戦艦大和は全長263mで15万馬力、沖縄海上特攻出撃時に左側を魚雷等(被雷12本、被弾6発)により乗組員3332名と共に沈没しました。

しかし、二つに割れた戦艦大和と共に海に沈んだのですが、水中で砲弾の弾薬が爆発し、体ごと海上に吹き上げられて一命を取り留めました。

いわば最後の戦艦大和により奇跡的に爆風で助けられたのです。

その後、坪井さんは、戦艦雪風などに救助され生還者269名のうちの1人です。


坪井さんは90歳を越えましたが、今もなお戦艦大和の最後を通じて命の尊さを伝える講演を続けてくださっています。

当時の特攻艦船の状況
戦艦大和 沈没
(3332名の内、20歳代が65%で20歳以下が100名)
戦艦矢引 沈没
戦艦雪風 生還
戦艦冬月 生還
戦艦磯風 沈没
戦艦浜風 沈没
戦艦涼月 生還
戦艦朝霜 沈没
戦艦初霜 生還
戦艦 霞 沈没
  

Posted by enoken at 22:19

●皇太子殿下が来県!

ae643915.jpg皇太子殿下ご臨席のもと、第24回全国『みどりの愛護』のつどいが、紀北町熊野灘臨海公園で開催され、式典と記念植樹がありました。

我が国は、古くから自然を愛し崇敬し、長い歴史のなかで数々の優れた文化を育んできました。
この貴重な緑を守り育て親しむとともに、その恩恵に感謝し、豊かな心を育むことを願って開催されています。


ツヅラ峠を守る会より愛護活動事例の紹介、国土交通大臣表彰や三重県知事表彰のあと、地元中学生より誓いの言葉として決意表明がありました。
その子達が、大人になったとき、緑を大切にする気持ちが花開き実を結ぶと思います。


皇太子殿下のおことばでは、殿下のやさしさと、国民のことを常にお考えになられ、祈りを捧げていただいていることに察して、この上ない幸せでした。
  

Posted by enoken at 00:39

2013年04月24日

●靖国神社参拝

611b77e4.jpg本日、靖国神社を参拝しました。28日主権回復の日、龍馬プロジェクトメンバーで正式参拝ですが、私は参加できないので今日お参しました。

日本国の為に命を賭けて戦った英霊に、敬意と感謝の意を表すのは日本人として、当然の事です。
  

Posted by enoken at 12:19

2013年04月23日

●名古屋ドーム

3b76a9f3.jpg津で用事を済ませて後、いざ尾張へ出陣!
阪神タイガースの応援に名古屋ドームへ来ています。

能見、任せたぞー。5連勝頼むでー\(^o^)/
  

Posted by enoken at 17:14

2013年03月21日

●一般質問

0c540e63.jpg今日は9時から一般質問!
・防災対策
・給食費の公会計化
・就労継続支援B型事業
・大綱説明について

生涯学習センター、診療所、福祉センターなど公共施設でも議会生中継があります。

閉会して1週間後にインターネット録画中継が始まります。
  

Posted by enoken at 22:16

2013年03月20日

●義家先生と意見交換

3244d0d0.jpg義家弘介文部科学大臣政務官と、地方の教育再生について、学力向上、いじめ体罰、大学入試、教育委員会制度など、意見交換させていただきました。


議会の方は、昨日4名が一般質問され、エノモトは21日の9時から登壇します。
  

Posted by enoken at 14:28

2013年03月17日

●靖国参拝

fb9286ce.jpg昨日は小泉進次郎局長率いる、自民党青年部青年局の合同会議、全国大会があり出席しました。

本日は青年局150人のメンバーで靖国神社を昇殿参拝し、第80回自民党大会へ。

安倍総裁が力強い決意を述べられていました。
我が県の、田村厚生労働大臣をはじめ、三ツ矢代議士や桜井代議士、島田代議士にもご挨拶し意見交換させていただきました。
  

Posted by enoken at 20:35

2013年02月20日

●福島にて

d06d9dbf.jpg自民党青年局TEAM-11一周年報告会では、福島のりんご農家の阿部さんが、切実な現状を訴えられました。
福島だけの問題ではなく、日本全体の問題として共通認識が必要であると感じた。

これから7月、8月、9月は桃の収穫、12月はりんごの収穫。みんなで支援していこ−!

写真は新潟4区、金子めぐみ衆議院議員と福島にて。(04年、ミス日本 関東代表)新潟は北越紀州製紙関係がありお話させていただきました。
  

Posted by enoken at 12:27

2013年02月18日

●副議長に就任しました。

a2eacf02.jpg昨日の臨時議会で、選挙により副議長に就任させていただきました。

第一に紀伊半島大水害からの復興に向けての決意と、副議長の名に恥じないように頑張って参ります。
  

Posted by enoken at 12:41

2013年02月16日

●青年局TEAM-11福島にて

eeff8e06.jpg自民党本部にて、三重県連青年部を代表して榎本が、小泉青年局長に激甚災害に指定された、紀伊半島大水害について東紀州災害の復興支援をお願いしました!
正式に日程を提出して下さいとお答えいただきました!三重県連青年部青年局も頑張ります!


2日目は、小泉進次郎衆議院議員(青年局長)率いるTEAM-11のメンバーで浪江町の警戒区域内視察。

・東京電力福島復興本社(Jヴィレッジ)視察
・桜の苗木植樹、(楢葉町)
・検問所富岡市から警戒区域内へ
・大堀相馬焼窯倒壊現場、(浪江町)
・牛の野生化現場(浪江町 )
・スクリーニング

最後に、チームイレブン1年間の活動報告会が開催されます。仮設住宅の皆さんもお越しいただました。


日本を取り戻す、福島のふるさとを取り戻す。
  

Posted by enoken at 17:27

2012年12月19日

●一般質問で登壇しました。

390fb0cd.jpg議会が閉会し、新幹線で江戸に向かっています。

今日の一般質問では、一般家庭で祝日に国旗を掲げる家庭が少なくなっている現状と、中能登町での先進的な国旗掲揚普及について紹介、紀宝町議会の議場への国旗掲揚の必要性など。

建国記念日を例に、日本の国そのものが出来たとされる、記紀神話中で神武天皇が即位したとされる日、及び明治憲法が発布された日(近代日本の成立)という日で、2重に建国を祝っている事など、町民の方が知らないと思うので周知できないか質した。

答弁では執行部より、前向きな回答があり驚きましたが、ちゃんとやってもらえるのか半信半疑です。
  

Posted by enoken at 21:57

2012年12月03日

●日本を取り戻す戦い

c29c35e6.jpgもうすぐ日付が変わり、明日、12月4日から衆議院選挙が始まります。

12月16日の投票日まで選挙期間中、公職選挙法の規定に基づきホームページやブログ、フェイスブックの更新をお休みさせていただきます。あしからずご了承ください。
  

Posted by enoken at 23:56

●街頭活動

3c70f579.jpg昨日は諸先輩方と一緒に、熊野市・御浜町・紀宝町で街頭活動を行いました。

寒い中でしたが、沢山のご声援をいただきました。
  

Posted by enoken at 23:33

●御浜町で

21fbd211.jpg今日は朝から紀南病院の月例監査に出席しました。

昨夜は、御浜町議会議員である、高岡洋副議長の町政報告会に参加させていただきました。
  

Posted by enoken at 11:16

●ありがとう

03ae328f.jpg紀伊半島大水害から1年3ヶ月経った現在も、三重ローカルアクトのメンバーが、東紀州復興支援の活動を継続してくださっています。
改めて敬意を表します。
  

Posted by enoken at 11:08

2012年11月24日

●烏止野神社例大祭

cab30a44.jpg昨年は台風12号の被害で御輿は中止になりましたが、2年ぶりに復活しました。

写真は梶鼻の海での、禊ぎです。若者達が頑張ってくれました。
  

Posted by enoken at 18:51

2012年10月30日

●高校活性化協議会

8148a88e.jpg昨日、第四回紀南地域高等学校活性化推進協議会を傍聴。まだ最終まとめではありませんが、以下の3点について意見集約されていた。

ゝ南高校を1学年2〜3学級、木本高校を1学年5〜6学級の単独校として存続することが望ましい。

⊂来的に、地域状況を考慮し、紀南高校が1学年2学級、もしくは、木本高校が1学年5学級の維持ができない時、統合は避けられない。
※避けられないという表現は次回で再検討する。

5南地域の教育の活性化を推進するために、地域の小学校、中学校、高校の保護者および教職員、地域の教育行政関係者、そして、地元企業の代表者を含む協議会を設置し、絶えず地域の子どもの教育を地域全体で考えていくべきである。
  

Posted by enoken at 18:07

2012年06月28日

●議会中継が見られます。

6月議会一般質問の議会インターネット録画中継が開始しました。
ぜひ、ご覧ください。

1.全国学力・学習状況調査について
2.国旗・国歌の取り組みについて
3.スポーツ振興について

http://www.kiho-town.stream.jfit.co.jp/?tpl=speaker_result&speaker_id=5
※紀宝町HPより  

Posted by enoken at 21:21一般質問 

2012年06月27日

●3月議会一般質問議会中継

3月議会一般質問、インターネット中継はこちらで見られます。

1.紀宝町総合計画と人口増対策
2.防災対策及び台風12号災害対策

※全国学力学習状況調査についての質疑は、1時間11分過ぎから30分まで行っています。(防災教育の関連質疑で行っています)
http://www.kiho-town.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=42
※紀宝町HPより  

Posted by enoken at 21:34一般質問 

2012年03月20日

●全国学力・学習状況調査に紀宝町だけ不参加!

38df8445.jpg昨日私が教育問題を一般質問中にえらい事実が発覚。4月の全国学力、学習状況調査で三重県内小中565校のうち、561校が参加、4校が不参加。参加率99.3%
なんと紀宝町の4小学校が不参加である事が判明!
大問題である。

全国学力・学習状況調査は小6と中3の学力達成状況と生活習慣などを調査するもので、決して競争をあおるものではなく、子どもたちの抱える課題を把握し、それをしっかり改善するための方策をたてるために、県内すべての小中学校で全国学力状況調査へ参加することを県教育委員会をあげて推進している!

なのに紀宝町教育委員会はなぜ参加を表明しないのか。

災害は言い訳にならない、ちなみに隣の和歌山県は100%参加。

なぜ今まで明らかにしなかったのか?

紀宝町の子どもたちだけ参加しないことについて保護者の方々が知ったらどう思うか?

しかも紀宝町は5小学校ありますが、1校が参加、4校が不参加である。

まったく理解できない。

まだ公開されていませんが(実施日から約1週間後)議会インターネット中継の3月一般質問で見られます。この教育問題の質問部分は1時間10分過ぎから30分まで行っています。

  

Posted by enoken at 10:03子育て・保育・教育 

2012年02月15日

●三重の夜明け 東京研修

総理大臣官邸記者会見室

















安倍元総理とのツーショット

















靖国神社参拝

















靖国神社


















北原ライフサポートクリニック

















安倍元総理

















政策集団「三重の夜明け」(代表:田合名張市議、副代表:高島亀山市議、事務局長:榎本健治)メンバー8名で2月10日、11日に東京研修を開催しました。

1日目は、衆議院第一会館で安倍元総理と昼食を交えなが、現在の日本について意見交換。そのほか、紀伊半島大水害、外交問題や郵政民営化や皇室継承問題である男系男子維持について、ご当地ナンバーである自動車「熊野」ナンバー導入について、熊野の干物、などなど様々な分野について意見交換。私たちの質問に全て答えて下さいました。

その後、地元選出の三重県5区三ツ矢のりお代議士の部屋を訪問。台風12号大水害時のダム問題について意見交換。

その後、三重の夜明け代表の田合名張市議が松下政経塾出身であり、本多首相補佐官の案内で内閣総理大臣官邸を見学。総理官邸記者会見室や組閣時撮影する階段、要人を招く部屋などを見学。

その後、メンバー全員で靖国神社を参拝し、愛する祖国、愛する故郷、愛する家族のために尊い命を捧げられた英霊のまごころやご事蹟に直接触れる事によって、日本人として大切な事を学ぶことができました。遊就館も拝観させていただきました。

2日目は、八王子にある北原国際病院と駅前の北原ライフサポートクリニックを見学し、昼食を交えながら北原先生の勉強会を開催。北原茂実先生は「世のため人のためより良い医療をより安く」を病院理念として、院内ボランティア通貨制度やワンコイン・ドックなど様々な改革を実践。話をうかがっている中で、病は気からというが正にその通りであり、決してマイナスの言葉を発してはいけない。プラスの言葉を発していくことで周りを巻きこみながら、そのような方向に自然と進んでいくという、素晴らしいお話を聞かせていただきました。また北原先生は、鈴木英敬三重県知事とも親交があります。著書に「病院がトヨタを超える日」講談社2011が出版されています。

夜は東京に住む熊野市南郡出身者の三重県人会も開催し参加しました。

2日間の研修でしたが得るものが非常に多く、今後も三重県内において、「すごいやんか三重」「しがらみのない三重」を実現するため本会を結成し、会員相互が三重県を愛し、三重県の素晴らしさを理解し、現在・将来について議論しあい、その実践・研究活動として「すごいやんか三重」「しがらみのない三重」の実現を目指していく。そして「三重の夜明け」が「日本の夜明け」につながる活動をしていく所存である。  

Posted by enoken at 00:53その他(エノケン日記) 

2012年02月06日

●東員町で勝利!

7feb7414.jpg東員町議会議員選挙で、近藤はるたか君(32)が勝利をしました。

これから、三重県内の若手市町議で連携を取りながら政策集団・三重の夜明けが、政策を作っていけるように頑張ります。

勝利により三重県内の東西南北、各市町の若手がつながりました。
  

Posted by enoken at 00:47若者と政治 

2012年02月04日

●三重県東員町は雪国だった。

3日に東員町で同志が町議会議員選挙に立候補、応援に行ってきました。
東員町めちゃめちゃ寒い。三重県の最北端に位置する町。雪国やんかって感じ。まだ至る所で雪が積もっています。やっぱり紀宝町の方があったかい。

寒い中ですが政策集団『三重の夜明け』の仲間が集結し年末以来の再会で、熱い話に盛り上がりました。
三重の夜明け代表の田合名張市議、副代表の高島亀山市議、倉本桑名市議と一緒に街頭演説でしゃべりまくりました。
  

Posted by enoken at 21:00若者と政治 

2012年02月03日

●電源開発への要望書

1月31日に電源開発(Jパワー)が紀宝町を訪れ台風12号による紀伊半島大水害時の、ダム操作についての説明を受けました。エノモトは、なぜ電源開発の方から謝罪の言葉が出ないのか、お亡くなりになられた方がいる中で企業としての社会的責任、いわいるコンプライアンスについてどの様に考えているのか追及しました。
紀宝町議会からは、台風12号による「紀伊半島の大水害」に伴う要望書を電源開発株式会社水力発電部、西日本支店長様宛に提出しました。
内容は以下に掲載します。

 平成23年9月上旬に襲来した台風12号は、紀伊半島南部に記録的な豪雨をもたらし、河川の氾濫や土石流の発生などにより、多くの生命と財産が失われました。また、道路の崩壊や断水などライフラインの被害も甚大であります。
 我々が暮らす熊野側流域では、ダム群の最下流に位置する小森、二津野ダムにおける合算流量が、9月4日明け方のピーク時に18000㎥/sを超え、相賀地点における流量は、新宮川水系河川整備基本方針で示された計画高水流量19000㎥/sを大きく上回りました。熊野川が増水し氾濫するとともに行き場を失った支川においても氾濫がおこり、多くの尊い命が失われ、家屋が流失するなど未曾有の被害を被ったことは紛れもない事実であり、流域の住民の不安は高まるばかりであります。
 紀宝町においても死者1名、行方不明者1名、全壊61、大規模半壊315、半壊481など全世帯の2割に近い1004世帯にかつてない極めて大きな被害をもたらしました。
 本議会として、このような大水害が二度と起こらないよう、次の事項について早急に改善をするよう強く要望する。

熊野川流域に設置されている11基のダムは全てが利水専用ダムであり、生命財産を守ることを最優先にしたダム運用を行うため、

一、ゲート操作による水位低下、事前放流による更なる貯水容量確保など可能とする現行のダム操作規則(規程)を見直すこと

一、電源開発(株)が設置し管理している池原、風屋両ダムにおける既設の目標水位(池原29メートル、風屋ダム24メートル)以下への新たな基準設定により、貯水容量を確保すること

一、治水機能の付加により、洪水調整を可能とした多目的ダムへの転用を図ること

一、住民へのきめ細かい情報提供(ダムの水位や放流量など)を行うこと  

Posted by enoken at 01:13暮らしと安全 

2012年02月01日

●臨時会での本音

32db3941.jpg昨日の紀宝町議会臨時会で一般会計補正予算(8号)で合計で約3億5千万円を減額補正。
内容は23年度事業が台風水害により取り止め、または延期する事で、災害復旧費として計上して、町道・農地・林道の復旧費に組み替えるものでした。

しかし、23年度事業が何もかもが水害で出来なかったでは話しになりません。特に衛生費で合計約4億3千万生ゴミ堆肥化事業が減額されていますが、議会に対しての説明が一切ありませんでした。運営に対して自分も反省しなくてはいけませんが、常任委員会での説明が必要であると感じた。

減額する事にとやかく言うのではありませんが、説明の部分で議会軽視であり、もう常任委員会はいらないのではないかとも 感じている。

いくら忙しくとも予算は公金であり『手順』を踏む必要がある。それが物事を進めていく道理であるし、それを省略してはいけない!
  

Posted by enoken at 16:03町政の動き 

2012年01月31日

●絵本約600冊が紀宝町へ

7e17fa06.jpg今日は、松阪市に本社がある株式会社ファーラウトの島田代表取締役が、竹上三重県議(自民党)と共に紀宝町を訪れて、台風被災地支援に会社で集めた絵本を約600冊寄贈して下さり、私も同席させていただきました。竹上県議は私たちが現在通っている自民三重政治塾の塾長です。

紀宝町としては、被災した保育所(相野谷・鮒田通園めだか)や小学校などで活用していきたい考えています。

株式会社ファーラウトでは、被災地支援のために呼びかけて集めて下さったようです。

子どもたちの為に大切に使わせていただきます。本当にありがとうございました。今日は同席できませんでしたが大久保県議(鷹山)から保育所などが甚大な被害があった紀宝町をご紹介していただきました。絆に感謝感謝です。
  

Posted by enoken at 23:40子育て・保育・教育 

2012年01月30日

●台風災害復旧進捗状況。

35ff3778.jpg災害復興対策特別委員会を開催。
避難所は昨年の9月4日の時点で19ヶ所1036名が避難されていましたが、今月1月21日の午後5時をもって大里多目的集会施設に避難されていた、3世帯6名の方が退所され閉所させていただきました。

本日の委員会で明らかになった台風災害復旧進捗状況ですが、教育委員会関係では成川小学校 校舎体育館の復旧工事は2月着工予定で完成が3月30日。

相野谷小学校 校舎体育館復旧工事は2月着工予定で完成は三ヶ月後の5月を予定。

矢淵中学校 技術室 部室の復旧工事は2月に着工予定で備品については随時購入。校舎とテニスコート法面復旧工事は4月以降になる見込み(※現在体育館の耐震補強工事を行っている為)

教職員住宅関係は矢淵が2月着工予定。深田の5戸は完了。浅里と飯盛は24年度を予定。明和の教員住宅は裏山の土石流災害復旧状況、高岡区など関係機関と調整対応協議中。

次回は災害復興対策委員会での町内巡視を検討しています。
  

Posted by enoken at 18:48暮らしと安全 

2012年01月27日

●地方議員連盟協議会

熊野ブロック

















自由民主党三重県地方議員連盟連絡協議会、熊野ブロックの会合が開催されました。地方議連会長である服部県議も参加。協議の中でエノモトは2点質問させていただいた。国会が開会されて自民党の国政の動きと解散を含めた状況、南部地域(東紀州)の数字を含めた活性化について。  

Posted by enoken at 23:13その他(エノケン日記) 

2012年01月25日

●3月議会の日程が決まりました。

自民党 谷垣総裁

















紀宝町台風12号視察時、谷垣総裁の写真。自民党が今国会で衆議院解散に追い込めるか期待しながら3月、6月、9月に注目したい。

一方、町政ですが、議会運営員会が開催され31日の臨時議会の上程2議案について説明を受けました。また、3月紀宝町議会定例会の日程ですが、第1日目を3月5日に開会して、19日、21日、22日、23日と決まりました。一般質問は再開日の19日からとなります。
 
※紀宝町議会は昨年からインターネット中継を開始しました。
http://www.kiho-town.stream.jfit.co.jp/?tpl=speaker_list
  

Posted by enoken at 23:08その他(エノケン日記) 

●議会だより掲載用(12月一般質問要約)

議会だよりは文字数の制限があり、一般質問全文はけいさいできませんが、昨年から紀宝町議会ではインターネット中継が始まりましたので、詳しくは録画中継をご覧ください。
議会中継は こちら ⇒ 紀宝町議会H23年12月定例会一般質問(榎本)
※しかし、3つめの質問の「こども議会」は教育長が開催をしようとしません。インターネット中継を見ていただけると良くわかると思いますが、出来ない理由ばかり述べています。そんな答弁は聞きたくありません。 行政はもっと、どうしたら開催できるかという前向きな議論をしてほしい。


●防災対策について
榎 本 :東日本大震災での地震・津波、台風12号での大水害、土砂災害で明らかになった課題は何なのか。今後3連動地震に備えて今回の災害を教訓にどのように生かしていくのか。

防災担当理事 :特に早急な対策として、情報伝達手段の確保。そのほかにも、自主防災組織の育成強化。ライフラインの重要性でテレビやラジオ、インターネットなどから情報をとられている方が大半と思いますが、停電により情報が得られなかった。また電話での連絡も取れない。飲料水、生活用水の確保がままならない。住民生活にとって、かかすことができないライフラインの寸断がダメージを大きくする要因になった。また、避難所の把握や避難場所、避難路の確保、備蓄類の配布方法、救助体制、本部体制など、反省すべき点も多々ございます。今後、発生が予想されます3連動地震につきましても、事前の減災対策など、様々な課題も上げられております。自らの安全を守るために、広報啓発活動にも取り組んでまいりたいと考えております。

榎 本 :実は三重県の方でも、平成23年の10月に三重県緊急地震対策行動計画を発表されました。この題名は生きるために備えよ。そして生きるために逃げよということで記載をされている。東北地方の太平洋沖地震で、国の中央防災会議が想定した災害のレベルとは大きくかけ離れた大津波であった。従前の想定に基づき、各種防災計画、防災対策を進めてきたことが一部地域においてかえって被害を大きくさせた可能性も否めないということがわかった。紀宝町の防災計画の見直し時期はいつなのか。時期を伺います。

防災担当理事 :防災計画の見直しは、国の防災会議が発表される計画に沿って見直しをかけていきたいが、議員ご指摘のありました三重県がこの10月に作成しました三重県緊急地震対策行動計画につきましては、東北地震の最高9.0を、想定したいろいろな課題等を定義されております。当町におきましても現在の浸水予測高の倍近くになるような数値もお示されると思う。

榎 本 :7月に東北地方の方へボランティア行かせていただいき、一番驚いたのは南三陸町で防災対策庁舎が3階をはるかに上回る津波で鉄骨鉄筋しか残ってなかった。海岸から100mくらいの場所にあり、当町も海岸から近い場所に位置するわけで、2階にサーバー室があり、防災機能の拠点であります。南三陸では、防災無線のほうで女性のかたが避難してくださいということを3階からずっと言い続けて、最後には津波でお亡くなりになられたということをお伺いました。三重県が発表した津波高、12mともいわれているなかで、2階にある広報であるとか、特に防潮扉のサーバー室機能や情報機器は守っていけるのか。

防災担当理事 :議員ご指摘の現在の庁舎では被災する恐れが非常に危惧されている。この地域の方々の避難場所、避難ビル的役割も担っております。現在の国の浸水予想高では1階の一部が浸水するということですが、今回の三重県の見直しでは約12mの高さを想定されている。そうなりますと2階が浸水する状態になります。そうすれば防災機能、情報、防災無線とか、町の心臓といわれておりますコンピューターのサーバー関係が浸水する状況になりますので、特に重要な二つの施設が浸水するということになれば情報も途絶えます。東北のときもいわれておりましたけども、震災後の復旧作業にも、コンピューター等のサーバー室が機能しなくなれば遅れるとことも懸念されますので、早急に庁舎の見直しについては対応してまいりたいと、担当では思っている。

榎 本 :次に、避難時の交通渋滞や災害時の要援護者の逃げ遅れ、児童生徒の避難方法などにより被害が拡大した問題が指摘されていますが、台風12号の時、一番人口が密集している鵜殿地区は高台である鵜殿小学校は車が大渋滞であった。ましてや東北のときも津波による水死が92.4%に上っている。要援護者のかたの避難手段や車での避難、観光客の避難誘導など。国道42号からも避難誘導標識が必要ではないか。

防災担当理事 :議員ご指摘の東北の大震災での課題でもあります。国道から誘導看板の整備も早急に検討しており、御浜町さんと図案を統一して、近隣の市町から来ていただいてもその看板が分かるようにしていきたい。

榎 本 :断水時、紀宝町が持っている海水を真水に変える浄水機は活用できなかったのか。使用できなかったとしたらなぜなのか。危機管理の面からも利用できないのであれば見直しが必要ではないか。

環境衛生課長 :確かに浄水機は現在4台あります。断水時すぐに四日市、伊勢市、鈴鹿市の給水車が来ていただき給水活動を実施。それに職員はり付けるよりも、給水車のほうが効率がよいという判断でさせていただき、浄水機の使用はしませんでした。

榎 本 :救援物資や支援物資の配給についてバラツキがあった。災害時の配給体制をどのように確立していくのか。

福祉課長 :効率的に救援物資を配給できる受け入れ体制及び運搬体制の構築。議員ご指摘のとおり被災者のかたで本当に救援物資が届かなかったというかたもございます。真摯に受け止めて今後の検討課題としてしっかりと対策を講じていきたい。

榎 本 :次に、避難所のあり方を検討していくなかで、例えば避難所に太陽光で電力を備蓄できるシステムを備えることはできないか。使用しなかったときは、区の電気料として区へお金が入る形のシステムを構築できないか。

防災担当理事:このソーラー発電につきましては、非常に平時のランニングコストもかかります。コストとも照らし合わせながら、順次整備をしていきたいというふうに思っております、ソーラー発電だけでの対応というのは非常に厳しいんではないかなと思っております。発電機等を各地区に配置させていただいて、照明の確保には努めていきたいと考えている。

榎 本 :三重県内で防災に対して、各市町の初動体制での連携をどのように考えているのか。海岸部に位置する市町と山間部に位置している市町との情報の共有や連携など必要ではないか。

防災担当理事:3連動等の地震・津波になりますと、近隣市町の連携をはじめ、県内市町とも連携をなお一層図り、相互扶助の協力関係を構築してまいりたい。近隣市町の共助、県内の共助の構築っていうのは非常に大事と認識をしている。

榎 本 :先般東北ボランティアへいったとき、宮城県ですが各市町の自治体が被災したために、宮城県自体が状況を把握できなかったと。だから初動体制で大変遅れてしまったということも言われている。3連動地震では初動体制の部分で、被災してない自治体と被災している自治体と、瞬時に行動できる協定を議論して進めていただきたいと思います。


●地域活性化について
榎 本 :自動車「熊野」ナンバー実現に向けて。全国で現在19地区のご当地ナンバーが誕生をしております。田辺市から以南新宮市、紀宝町、御浜町、熊野市、または尾鷲周辺までは神話の時代にはじまり中世の熊野詣、江戸期から明治、大正の近世まで信仰の地として栄えた歴史から、全国各地に三千あまりの熊野神社が存在しております。また木材や備長炭等、産業の地、文化や学問の地として熊野地域はその名を馳せ、現在、紀伊山地の霊場と参詣道として世界遺産に登録され、熊野古道、伊勢路、中辺路等が全国的に癒しの地、蘇りの地として注目を集めております。今回の紀伊半島大水害を受けて、今後の復興に向けて地域で一帯となって取り組んでいく、そういった意味も込めて全国ブランドである「熊野」という地域名称を自動車のナンバープレートに導入できないか。すでに2県に跨るナンバープレートとして富士山ナンバーが静岡、山梨の両県で導入がされております。「熊野」ナンバー実現に向けて町の考え方は。

企画調整課長 :当地ナンバーにつきましては、平成18年には「鈴鹿」ナンバーも導入。認定基準としまして|楼萋胆等、複数の市町村の集合。登録自動車数が10万台。4存の地域名と混同しない。基準をクリアし関係市町村で住民や関係団体等にアンケートを実施し、意向を確認したうえで議会の支持を得て県へと要望、国土交通省より交付の認可を受ける必要がある。登録自動車数10万台の基準は、「熊野」という区域を考慮し対象地域を尾鷲市〜田辺市までで登録台数10万台はクリアできる。当地域で、「熊野」がご当地ナンバーとして導入されれば、全国に認められ、観光振興、地域活性化の効果が期待されることから、町としても十分かかわりをもっていきたいと考えております。

榎 本 :地域が一帯となって復興に向けて、この熊野ナンバーの導入を求めていきたいというふうに思っています。国土交通省のナンバープレート有識者会議でご当地ナンバーの拡大で観光振興に役立てようと世界文化遺産に登録された「平泉」や、その他では「奄美」、「前橋」三重県では「伊勢志摩」、などが追加を求めている。普通自動車、軽自動車を合わせると、尾鷲市〜田辺市で約21万台ある。紀宝町としてのゴーサインが必要ではいか。町長の考えは。

町 長 :今回の災害を受けて、地域全体の観光り、産業振興を図るうえで大きな一つのPR効果であり、紀伊半島南部の地域全体で取り組む私も一つのいい手段と思う。今後実現に向けて頑張っていきたい。実は私も声を上げており、熊野圏地域の振興策を考える市町村の協議会を作っていこうと検討している。災害前に那智勝浦町、新宮市、熊野から尾鷲を含めて協議会を立ち上げようと準備をしていたが、今回の台風の被害を受け少し延びていたが、熊野地域の売り込み方法をご遷宮等に合わせて、地域全体で協議会の立ち上げを考えている。その中で必要な議題として、前向きに考えていきたい。熊野地域全体の浮上に向けて知恵を拝借すればありがたいと思っております。

●子ども議会について
榎 本 :子ども議会の実施に向けて6月議会以降の進捗をお伺いします。

教 育 長:町内でも大きな被害がありまして、その時点からですね、実は私、子ども議会については、頭のなかから消えておりました。今回議員のほうから通告を受けて、新たに子ども議会を考えているわけですが、6月から今まで進捗は一切なかった。

榎 本 :頭の中から消えていた?今までの議論はなんだったのか。今の答弁聞いて残念で仕方ない。教育長は、今年度はやらないということですか。学校側に投げかけたけども、やれないということか。一昨年の子ども議会は教育委員会が主導して教育長がやっていこうと実施したが今年度は、もうやらないのか、やれないのか。どちらでしょうか。

教 育 長:先ほどのですね、頭になかったっていうことは大変良くない表現であるというふうに反省しております。来年度開催できるように今後取り組んでいきたいと今のところは考えております。

榎 本 :新宮市議会や九度山で開催されている子ども議会は大盛況だった。高校生や子ども達が町づくりに関心を持つ事で、受益と負担のバランスを学べる。来年度、実施すると言い切っていただいたら僕はもうこれ以上質問しません。

教 育 長:するしないは今の時点でははっきりいえません。

榎 本 :来年もまた1から検討し直すのはおかしいんじゃないですか。議論がゼロですね。教育委員会が主導して子ども議会を実施して下さい。  

Posted by enoken at 23:00一般質問 

2012年01月24日

●国会が始まりました。

野田総理

















今日から国会が始まりました。野田総理が今国会会期中に衆議院の解散を宣言するか注目です。(写真は、昨年台風12号現地視察で来町時)  

Posted by enoken at 16:13政治全般 

●7月に熊野スタジアムで世界少年野球大会開催

伊勢新聞
















伊勢新聞:1月19日付より抜粋
熊野で世界少年野球大会の開催を18日の知事定例記者会見で発表。
三重・和歌山・奈良共催、水害復興を目指し7月22日から30日まで。
メイン会場は熊野スタジアム。
王貞治氏が理事を務める財団法人「世界少年野球推進財団」と三重・和歌山・奈良の三県と日本野球連盟が主催。
鈴木英敬知事と王貞治氏は以前から親交があり実現。
知事は「紀伊半島南部地域では、台風12号で多くの尊い命が失われ、甚大な被害をもたらされた。被災された地域とそこに暮らす方々を、スポーツが持つ人を元気にする力、みんなを一つにする力で勇気づけ、未来へとつながる機会にしたい」とコメント。

みさなん今年の夏は、ぜひ東紀州にお越し下さいね。  

Posted by enoken at 00:22その他(エノケン日記) 

2012年01月19日

●ローカルアクトが義援金を届けて下さいました。

紀宝町役場


















東紀州復興支援チャリティーTシャツを販売しているローカルアクトの皆様が、40万9647円の義援金と、サッカーJ1名古屋グランパス全選手のサイン入りボールと写真、三重県津市出身(名古屋グランパス)の金崎選手特大サインTシャツ、女子サッカー伊賀FCくノ一全選手のサイン入りTシャツと写真をお届け下さいました。
全国の皆様、県内の皆様に心より感謝を申し上げます。
更に、紀宝町社会福祉協議会へは10万円の支援金。
熊野市へは17万円、御浜町には10万円、熊野市社会福祉協議会へは3万円。
名古屋グランパスのサイン入りボールは各市町1週間ずつバトンリレーしていきます。
紀宝町、御浜町、熊野市、尾鷲市、紀北町まで。
※義援金の配分は被害状況により算定しているようです。なお、尾鷲市・紀北町は被害が少なかったので、義援金を辞退し被害の大きかった南部に回して下さいとおっしゃった様です。
また、ローカルアクトのメンバーの内2人は大学の後輩です。  

Posted by enoken at 23:49その他(エノケン日記) 

テスト

cd898987.jpgテスト

明けましておめでとうございます。
ブログの更新の調子が悪く、普段携帯から投稿しているのですが、しばらく更新できませんでした。
今日、更新すると出来ました。なんでだろう?
その間、フェイスブックで活動の更新していました。  

Posted by enoken at 23:38その他(エノケン日記) 

2011年12月19日

●龍馬プロジェクト 東海龍馬塾

0e7dee25.jpg龍馬プロジェクト全国会 東海龍馬塾へ参加する為名古屋へ。
今回は、吉田松陰の『死生観』について皇學館大学の松浦教授から学びました。
立派な人物は死んで体“気”が消えても、その人物のうちにある“理”は時間も空間も超えて残る。
留魂録 冒頭の和歌
「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」
(歌意:たとえ私の身は、武蔵の野辺で朽ちはてようと、私の魂は、永遠にこの世にとどまり、祖国・日本を護りたい)
  

Posted by enoken at 23:05若者と政治 

2011年11月28日

●0.23%の引き下げ

180a6060.jpg紀宝町臨時議会が9時から開会。人事院勧告による町職員の給与の改正について、国家公務員が民間給与を上回る為、50代を中心に0.23%月額給与の引き下げについて2議案。
引き続き全員協議会があります。
  

Posted by enoken at 11:11町政の動き 

2011年11月23日

●東紀州

aaa5833c.jpg鈴木英敬三重県知事と一緒に三重の夜明けについて語りました。
  

Posted by enoken at 00:28その他(エノケン日記) 

2011年11月20日

●災害復興対策特別委員会

f916e6ef.jpg先日、第1回目の災害復興対策特別委員会(全議員13名)が開催され、委員長に向井議員が就任、副委員長に私エノモトが選任されました。

復興に向けて様々な意見を聞きながら取り組んでいきます。
  

Posted by enoken at 22:41町政の動き 

2011年11月11日

●ボラセン意見交換会

7cf8b754.jpg紀宝町災害ボランティアセンター意見交換会の傍聴の為、紀宝町社会福祉協議会へ来ています。

11月4日現在で支援金は116万2694円。
支援物資305件。
ニーズ受付628件。
ボランティア総数5314名。
個人が2566名。
内訳は町内953名、県内709名、県外904名。
団体は203団体で2748名。内訳は町内124名、県内1793名、県外831名。

被災者マッチング数639件(鮒田・大里地区はローラー作戦の為含まず)

資機材や災害用携帯電話、コピー機など無償貸与していただき、炊き出しや足湯ボランティアなど、三重県をはじめ各市町の応援を頂き重ねてお礼を申し上げます。

また開設期間中には、鈴木英敬三重県知事も激励に訪れていただきました。
ニーズの受付とも終了した10月16日に43日間のボラセンを閉所。

これから、運営についてスタッフやボランティアコーディネーター、民生委員など意見交換会とグループ発表があります。
  

Posted by enoken at 00:09福祉 

2011年11月08日

●最近の動き

98b28c57.jpg・11月5日(土)6(日)
日本福祉大学最後のスクーリングに出席のため、名古屋へ。講義名は『変り行く企業社会供戞
1日目は安全社会とは何かを考え、組織疲労とヒューマンエラーや子孫に残す安全社会など、竹下先生の講義が続いています。
2日目はゲスト講義として奈良大学 教授 Med.hafsi(メッド・ハフシ)氏、絆の心理学〜対人関係の解剖学について〜原子価論に基づくリーダーシップ論など、社会や企業の基礎である人と人の『絆』を新しい観点から取り上げる興味深い講義内容であった。心理学の分野からも、安全経営の課題を学生で考えました。

科目修了試験に合格していれば、ながい道のりでしたが来春に卒業予定です。


・11月7日(月)
朝9時より紀宝町立井田保育所の竣工式に出席。木造2階建で延床面積が830.5屬任后
最大の特徴は、7月に開所した地域密着型小規模特養『亀楽苑』が同じ敷地内にある事です。
多世代間交流が期待でき、保育園庭も芝生化の予定。

11月7日(月)午後13:30〜
昨日、三重自治会館で三重県国民健康保険団体連合会主催のセミナーに参加しました。

内容は『医療費の動向等について』や『社会保障と税の一体改革について』それぞれ、三重県の担当室長と厚生労働省担当係長より説明がありました。

医療費保険制度の課題の一つに非正規雇用の増加が上げられており、1985年に655万人だった非正規労働者は、2010年には1755万人と過去最高の水準となっています。

その他、11月10日に臨時議会を開催する事が議会運営員会で決定しました。
  

Posted by enoken at 12:43町政の動き 

2011年11月03日

●福祉の店オープン

de89b938.jpg本日10時から福祉の店『アプローチ』のオープニングセレモニーが開催されました。
閉店になったJA鵜殿店を社会福祉協議会が引継、障がい者の雇用を目的に就労継続支援B型事業として聴覚障がい者も含め、5〜7名でスタートします。

近い将来、移動販売も考えています。小売業の様なスーパーを社協が経営するのは全国的にもめずらしいみたいです。
  

Posted by enoken at 11:25福祉 

2011年10月24日

●充実した一日に感謝

7536ab58.jpg伊勢市外宮前で『うましくに伊勢シェフクラブ』主催 食の祭典へ参加しています。

熊野から、東紀州復興支援物産コーナーとして、みかん、梅干し、めはり高菜漬け、新姫ポン酢、コシヒカリ、熊野かるた、など販売しています。

東北石巻市からも物産コーナー(さんまこぶ巻き、ひじき)が出店しています。

高校生レストランで話題になった、『まごの店』相可高校の学生もイベントを手伝っていました。

その後、津を経由して名古屋へ向かい龍馬プロジェクト全国会 東海ブロックの龍馬塾へ参加しました。

東海地域の若手政治家など約30人が参加。今回の講師は豊国神社の村上名誉宮司。

日本を客観的にみる事ができる方で、特に現代の政治家は命を掛けて取り組んでいる政治家はいないと、渇を入れられました。

なんとかしてよという人がいる。なんとかするよという人がいる。

正しく後者が龍馬プロジェクトである。

久々に再開した仲間などとても有意義な時間となりました。
  

Posted by enoken at 20:03若者と政治