2024年02月18日

金庫屋 23回忌法事

頭髪の日・エアメールの日・嫌煙運動の日・冥王星の日・・・
日曜日の今日は実家の母の23回忌の法事が檀家寺の大円寺で2時からあります。
IMG_5579IMG_5590IMG_5587








2002年(平成7年)1月17日の阪神淡路大震災で全壊した実家から、故郷の丹南市のケアセンターへ移り住んだ母が平成14年3月5日に亡くなった忌日です。
突然お風呂の事故で母が亡くなってから、その事実を受け入れられずに心が乱れてしまい、立ち直る為に休日・盆休み・正月休みなど時間があれば写経をしました。
それが100枚になった時に姫路の円教寺へ奉納してから漸く平安を取り戻せたのでした。
IMG_4243IMG_5589写経用紙2








昔は「飾磨小町」といわれた母には、「澄照院釈尼松翠」というとても綺麗な戒名です。
3月の歳時記より梅の時期なので勝手に「梅ヶ香忌」と名づけ、毎年の忌日には誕生日と同じく、母から生まれたことを感謝する日と思い、俳句で母を偲んでいます。
平成25年には主人の母も94歳で亡くなり、もう我々夫婦には親がいなくなりました。
私も娘・息子に恵まれ、14歳・12歳・11歳の男児の孫にとって婆さんになっています。
孫にとっては生まれた時から我々は「ジイ」と「バア」なのです。
今年、私は年女で、段々と78歳で亡くなった母の年へ近づいてきていますが、いつまで経っても、母を恋うる気持ちは薄れません。

書写山円教寺(えんぎょうじ):書写山円教寺
兵庫県姫路市の書写山(しょしゃざん)に位置する寺院で、天台宗の別格本山である。山号は書寫山(書写山)。本尊は如意輪観世音菩薩(如意輪観音)。西国三十三所第27番[3][4]。現住職は第140世長吏(ちょうり)。




梅ヶ香忌
DSCN3926梅ケ香忌






母松枝偲びて名付く梅ヶ香忌
母の忌を心に畳む春の雪
春の雪爪染めぬまゝ母逝けり
あっけなき母の死を問ふ春嵐
水温む湖の面にも母の声
有難う泣きつゝ母へ告ぐ春夜
届かざる鮊子くぎ煮母逝きぬ
母想ふ只に真白き梅の朝
母に似し爪に喪心春の雨
梅ガ香に浸り母似の爪を切る
庭下駄を干すや亡母の梅日和
天国か浄土か善人母の春路
丹波路は母の終章涅槃西風
母を恋ふため息ばかり夜の梅
白梅や飾磨小町の母なりき
梅日和飾磨小町の残せし杖
哀しみに至らぬ想ひ春寒し
三月の空へ黙って発ちし母
冴え返る母へ通じぬ夜の電話
摘まるゝを待つつくづくし母の郷
母の忌となりたる朝の梅白し
春宵や母の形見の鮫小紋
褒めくるゝ母の声無し沈丁花
ハイカラは母の口癖神戸春
ため息に変わる涙や春寒し
鏡台に母は映らず春埃
春の蚊や煙れるごとく母逝きし
母恋のため息ばかり花ミモザ
レシートも母の遺品や春キャベツ
春雨や母の死今だ涙出ず
梅東風や母の旅路の白き足袋
花冷えや母の遺品にわが句集
樟脳と母の香かすか春ショール
母恋ひに湖風の声花の声
梅を観て桜を待たず母逝けり
母恋ひの句の母にあり梅寒し
水温む菜泥を落とす母似の手
喪心の写経に籠る去年今年
梅ヶ香に杖の身なるも浜小町
石楠花の揺るゝ薄紅母を恋ふ
母呼んで呼んでも泣けず麦の秋
八月の丹波母無き深山かな
母を恋ふため息著莪の花明り
高野秋法話に偲ぶ母の恩
秋風や石庭白く母偲ぶ
月明の上り框に亡母待つや
梅が香や亡母の23回忌修す


【合鍵作成】セントリージャパン(Sentry Safe) 金庫 鍵
Sentry Safe(セントリー日本、セントリージャパン) 製 の金庫、手提金庫の鍵を鍵や鍵穴に刻印されている、鍵番号から作成します。
≪主な鍵番号≫
金庫鍵 A〜Z 印(S54C)
金庫鍵 A〜K 印:○A○、○B○、○K○
金庫鍵 無印4桁:○○○○
※○の部分には、数字が入ります。
※鍵番号の1と7、3と6と8などの刻印は、見分けにくいので、ご慎重に。
※その他、鍵番号・アルファベットは様々です。


【開錠】手提金庫の開錠について
各メーカーの手提金庫の開錠作業を弊社(神戸市)の店頭で行っております。
基本的に手提金庫の開錠につきましては、弊社へ本体をお持込み頂いております。
出来る限り、破壊・破錠をしない開錠方法に努めておりますが、開錠作業に日数が掛かってしまうもの、すでに開錠が出来なくなっているもの、鍵の作成や取寄せが出来ないものもございます。

金庫・オフィス家具・鍵・錠前、何でもお任せください。
1920年創業 【榎本金庫株式会社】
神戸市兵庫区上沢通4丁目1-1 
TEL 078-521-4561
FAX078-521-4563
http://enomoto-safe.com/
info@enomoto-safe.com
登録番号T9140001012617


enomoto_safe at 07:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔