金庫診断士日記

2007年03月03日

鍵の勉強会

ひなまつり・桃の節句・平和の日・耳の日 ・三の日・金魚の日
土曜日はいつものごとく午前中に掃除やウインドー磨き、レジスターの配達と
金庫処分の下見がありました。
戸建の一階と聞いていましたが、実際は15・6段ある石段を登った家の1階で、
実質2階分になり、しかも古い金庫での耐火材は砂なので重量は300〜400kg
となり、見積は5〜6万くらいになります。
家の建替え時に処分された方が良いのではとアドバイスしてきたようです。
「百聞は一見にしかず」で金庫のような重量物では念入りな下見での見積が重要に
なります。
昼前からは鍵屋仲間が来て、情報交換とピッキングなどの技術の勉強会になりました。
今日は楽しい雛祭で〜〜す。
歳時記によると雛祭とは
「3月3日の上巳(じょうし)の節句に、女児のある家で幸福・成長を祈って雛壇を
設けて雛人形を飾り、調度品を具え、菱餅・白酒・桃の花などを供える祭。雛遊び。
季は春」
草の戸も住替る代ぞ雛の家 芭蕉
ことごとくまことをうつし雛調度 本田あふひ
雛飾りつつふと命惜きかな 星野立子
灯してうき立ち見ゆるひゝなかな 星野立子
娘の心吾が心雛飾らばや 稲畑汀子
美しきほこりの中に雛納 今井つる女
ケーキ屋さんの前を通ると、可愛い雛ケーキが飾られていて、思わず買いたくなり
ましたが、子供達ももう大人だし、家族が目下ダイエット中なのでそこはぐっと
我慢しました。
今夜は桜ちらし寿司と蛤のすまし汁のメニューの予定でしたが、肝心の蛤を買い
忘れてしまい、急遽、玉吸いに変更になりました。御免なさい。


enomoto_safe at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)