1月23日に、幡ヶ谷36°5にてライブをしてきました。
新年一発目のライブでした。

 
今回も熊野に関する新曲も披露しました。
 
今回の新曲は、 平安時代末期に、後白河法皇が編まれた
今様歌謡集『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』 の中に収録されている熊野に関する歌の中から、 3つにメロディーを付けてみました。 

 もともとある言葉にメロディーを乗せるのって難しい!
この曲は、これからもまだまだ進化させていきたい曲ですo(^_^)o

10931375_788074267952255_7769161268992255268_n

※今回会場でお配りしたチラシ。

◾︎神の家の子 公達は
八幡の若宮
熊野の若王子 子守御前
日吉には山王 十禅師
賀茂には片岡 貴船の大明神
      ※名の高い神様の御子神(子供神)を並べうたった歌。

◾︎熊野へ参るには
紀路と伊勢路のどれ近し どれ遠し
広大慈悲の道なれば
紀路も伊勢路も遠からず
      ※熊野に参拝するには、紀伊路と伊勢路のどちらが近くて、どちらが遠いのだろう。
寛大で慈悲深い道ならば、
紀伊路だろうと、伊勢路だろうと遠くなんかない。

◾︎熊野へ参らむと思へども
徒歩より参れば道遠し
すぐれて山きびし
馬にて参れば苦行ならず
空より参らむ
羽賜べ 若王子
      ※熊野へ参りたいと思うけれど、
歩いて行くにはあまりにも遠すぎるし、
山は厳しい。
かといって、馬に乗ってしまえば苦行にはならない。
この空は熊野の若王子まで繋がっているだろうか。
どうか私に羽をください。


ちなみに、『梁塵』とは、
《名人が歌うと梁の塵も落ちた》
という故事から

《すぐれた歌》という意味だそうです。



 次のライブは2月20日です。
更に進化したものを見せられるよう頑張りますo(^_^)o



榎本有夏

※榎本有夏のブログは、様々な情報媒体をもとに、個人的な解釈した内容であり、史実とは異なっている部分があるかもしれません。ご了承ください。
万が一、間違いがあった時は、ご指摘くださると、ありがたいです。 



 ライブ情報

 ■2月20日(金)@真昼の月 夜の太陽
 瑠愛presents『touch XXX vol.23 〜Amor from Aphrodite~』
 open 18:00/start 18:20 T2300円(D別)
出演:瑠愛/芽音/長内映里/榎本有夏/沙知子/黒木ちひろ(O.A)
※終演後打ち上げあり 参加費1000円(おつまみ+1ドリンク)
※榎本は19:20〜19:50までの出演。

 ■3月25日(水) @高田馬場 四谷天窓.comfort
詳細未定

 ■4月18日(土) @幡ヶ谷36°5
詳細未定