日式社畜榎田の諸国漫遊記

社畜こと榎田が、主にJAL、そしてできる限りビジネスクラスを利用して諸国を飛び回った記録を、ラウンジやマイル事情、ご当地グルメなどを中心にご紹介します。

ハノイと名古屋を中心に、社命を受けて世界を飛び回る社畜のブログです。
搭乗記やラウンジ紹介など、先輩諸兄のお役に立つべく幅広く執筆してまいります!

どうも、榎田です。

先日、ハノイから成田まで日本航空JL752便のプレミアムエコノミークラスにて出張する機会がありましたので、その様子をご紹介いたします。

ちなみにハノイー成田路線はエコノミークラスからプレミアムクラスへのアップグレードは空席がある場合、1万円を払うことで当日アップグレードが可能の場合もあります。オファーがあった場合、そのコスパを考える参考にしていただければ幸いです。


スポンサーリンク



旅はハノイ、ノイバイ国際空港から始まります。

海外の空港で見かける鶴丸の安心感。

この日は31番ゲート、搭乗開始時刻は0:00でした。

 座席に座るとこんな感じです。エコノミーに比べて足元が広いというわけではないですが、リクライニングしても背もたれが倒れるのではなく、イスが前に伸びる感じなので、自分の空間が確保できるようになっております。逆に気兼ねなくリクライニングできるのもいいところです。
ちなみに足元を撮ってみるとこんな感じです。
 
横の座席はこんな感じ。足元がそんなに広いわけではないのはお分かりいただけるのではないでしょうか。

個人モニターはこんな感じ。大画面できれい映像でエンタメが楽しめます。

パナソニック製のヘッドフォンが配布されますので、エンタメがさらに捗ります。

コントローラーはこんな感じです。


スポンサーリンク

 
 
メニューが配られますので目を通します。プレミアムエコノミー利用ですと、JALのインスタント麺の"うどんですかい"が食べられるというサービスがついてきます。

ジャルックス うどんですかい 37g×15個



夜のノイバイ空港を離陸していきます。

以前のフライトの際は、着陸の1時間半程度前に機内食が配布されたのですが、この日は追い風が強く、予定よりも早めに成田に到着しそうとのことで、離陸後すぐに機内食タイムとなりました。

機内食はこんな感じです。やっぱり日本発の機内食の方ががおいしいですねえ。

リクライニングを最大にして仮眠します。目を覚ますと外は朝焼けとなっております。飛行機から見る朝焼けの美しさは感動モノですね。

成田着陸準備に入ります。

成田空港へ無事着陸です。

降り際に座席の様子を撮影してみました。

プレミアムエコノミーは2-3-2の配列です。

ビジネスは個室タイプのスカイスイートです。

朝の成田からこの日の機材B787を一枚。

朝焼けに映える鶴丸です。

ハノイ→成田はいわゆる"レッドアイ"の深夜のフライトであり、フライト時間も4時間程度なので、エコノミー⇒プレミアムエコノミーへのアップグレードをしてもその恩恵にあずかれる機会が少ないかもしれませんが、一方で深夜便だからこそ少しでも快適な座席で仮眠するという考え方もあるかもです。メリットとコスパを比較の上、アップグレードを検討してみてはいかがでしょうか?


関連記事
ベトナムの首都、ハノイ・ノイバイ空港のビジネスクラスラウンジを訪問!
日本航空JAL752便 B787のプレミアムエコノミーにてハノイから成田へ帰国!
やはりビジネスクラス!日本航空JL752便ビジネスクラスでハノイから成田に帰任!



【PR】
航空券徹底比較『スカイスキャナー』
最安値保証!ホテル料金比較のトリバゴ
空旅は出発の1時間前まで予約が出来ます

どうも、榎田です。

昨今、「パクチニスト」なるパクチー大好きな方々が増えているようです。



パクチーチップス



パクチー栽培セット



ペヤング パクチーMAX やきそば




一方、私榎田はパクチーは全く食べられないというわけではないものの、一つも好きではなく、ベトナム出張の際の食事でパクチー入りの食事に苦戦を強いられることもしばしばでした。

日本人の口に合う料理として名高いベトナム料理、パクチーのせいで全く楽しめなかったというのは悲しすぎますので、非パクチニストの方も楽しめるおススメベトナム料理5選をランキング形式にてご紹介させていただきます!


スポンサーリンク




おススメ第5位:コムガ―(Cơm gà:ベトナム風チキンライス)


日本人が大好きなチキンライス。シンガポールやマレーシアでも日本人必食ローカルフードになっていますが、ベトナムにもチキンライスはあります。甘辛いタレに玉ねぎが絡み日本人の口にかなりあいます!ですが、写真のとおり付け合わせにパクチーが付いてます。中に入ってるわけではないので、食べなければそれまでなのですが、パクチーエキスがライス部分についてしまうかもしれないということを考慮して、5位としました。(関連記事 :おすすめハノイ出張一人飯!ハノイで大人気のコムガー!


同率5位:バインセオ(Bánh xèo:ベトナム風お好み焼き)


こちらはバインセオ。ベトナム風お好み焼きとか言われたりしますが、パリパリの皮にもやしやひき肉などを炒めたものが入っており、それをライスペーパーに包んでいただくものです。写真のインパクトもあり、SNS映えもよいフォトジェニックな料理であり、味も大変おいしいです!が、こちらもコムガー同様、付け合わせにパクチーがついてくることを考慮し、同率5位といたしました。(関連記事:ハノイのベトナム料理の名店クアンアンゴンと路上カフェでくつろぐ出張中のひととき!


おススメ第4位:ビットテット(Bít tết:ベトナム風ステーキ)


ベトナム風のステーキのビットテット。あまりベトナム料理として取り上げられることはないかもしれませんが、社畜お気に入りのベトナム料理の一つです。アツアツのプレートで提供されます。ウシ型のプレートもいい感じ。ステーキ肉に加え、ハンバーグ風のお肉も出てきます。ネギはのってますが、パクチーは全く入ってきませんので安心していただけます!(関連記事:B級男飯!ベトナムのステーキ・ビットテットを名店で喰らう!



スポンサードリンク




おススメ第3位:ミーバンタン(Mỳ vằn thắn:ベトナム風ラーメン)


ベトナムの麺と言えば、なんといってもフォーなのですが、パクチー嫌いにとってベトナム本場のフォーは注意が必要な食べ物なのです…。一方、こちらのミーバンタンはトッピングはニラと春菊なので安心です。トッピングの揚げ餃子&水餃子、チャーシューとみんな大好きな逸品ばかり。安心しておいしくいただけます!細麺のベトナム風ラーメン、ぜひ召し上がってみてください。(関連記事:ハノイにていただく麺料理!ミーバンタン(MY VAN THAN)を食す!!


おススメ第2位:揚げ春巻き(Nem rán)


ベトナムで春巻きと言えば、どうしても生春巻きなのですが、生春巻きはパクチー嫌いにとっては最も注意を要する食べ物です。春巻きはすでに包まれているため、食べた後にパクチーが入っていることに気付いても、時すでに遅し…。口の中いっぱいに広がるパクチーの香りでしょんぼりしてしまうのです。また、取り除きたくてもめんどくさかったり…。一方、こちらの揚げ春巻きでしたら中にパクチーが入っていることは(榎田の経験上)ないので、安心していただけます。味もおいしくおすすめです!(関連記事:ハノイのベトナム料理屋の定番!クアンアンゴンで一人飯!


おススメ第1位:ブンチャー(ベトナム風つけ麺)


榎田おすすめ一位はこちら。ハノイの名物料理、ブンチャーです。あのオバマ大統領も絶賛したというのも頷ける絶品です。米麺のブンをつけだれにつけていただくのですが、つけだれに入ってる焼肉がいい感じです。パクチーはつけだれに入っておらず、付け合わせの野菜もレタスのような野菜でおいしくいただけます。ハノイに来られた際はぜひ食べてみていただきたい逸品です!(関連記事:オバマ大統領がハノイでいただいたブンチャーをいただく!ハノイ出張!


ちなみに…みんな食べたいフォーには注意!


 
ベトナムに来たら絶対食べたいフォーですが、フォーはパクチー地雷が潜んでいることも多く注意が必要です。特にスープに刻みパクチーが入っている場合、取り除きたくても不可能な場合も多く、スープから漂うパクチー臭に悩まされることになります。以前ご紹介したハノイのフォーの名店のフォーはそれほどパクチーが入っていないのですが、街中のフォー屋で普通に食べてしまうと、ベトナム人仕様でパクチーたっぷりになってることもあるので要注意です。(パクチー少なめなフォーの名店:ハノイのフォーの名店中の名店フォー・ザ・チュエンさんを3度目の正直で訪問!ハノイ出張飯!ハノイで牛肉フォーならここしかないでしょう!


パクチーがダメな方もぜひベトナム料理を楽しんでいただければ幸いです!


【PR】

29 地球の歩き方 aruco ハノイ 2017~2018 (地球の歩き方aruco)

どうも、榎田です。

先日、名古屋・栄のちょもらん麺をいただく機会がありました。私の中ですっかりブームになってしまった二郎インスパイア系ラーメンのご紹介になります!

スポンサーリンク



栄のど真ん中にあるちょもらん麺さん。入口はこんな感じになっております。
”清潔系二郎インスパイア”であるという噂を聞き訪問する運びとなりました。
ご多聞にもれず食券。社畜は推しメニューとのことの味噌ちょもらん麺を、同行者は黒ごまちょもらん麺を注文。
 
味噌ちょもらん麺のやさい大盛り麺大盛り!それぞれ100円追加 です!

同行者の黒ごまちょもらん麺。見た目通り黒ごまの風味が凄いとのこと^^;
 
自社麺工房で作っており、麺に日本酒を混ぜ込んでるとのこと。確かにほのかに香り、珍しい風味となりました。

場所はこちらになります。




スポンサーリンク

 

ありがたいことに当ブログは東海地域の皆さまによく読んでいただいているようです。名古屋への転勤や引っ越し、名古屋でのキャンパスライフなど、名古屋新生活を控える皆さまにも問うブログが少しでもお役に立てれば、是幸いでございます。これからも末永いご支援を賜りたく存じます。


関連記事 
【SFC修行】ANAの名古屋-石垣、那覇-名古屋でプレミアムクラス!NH579&NH308便に搭乗!
名古屋小牧空港からFDAに乗って山形空港へ出張!1
社畜、近鉄特急伊勢志摩ライナーに乗って伊勢にカキを食べに行く!

どうも、榎田です。

先日、ベトナム・ハノイの首都、ノイバイ空港のビジネスクラスラウンジを使用する機会がございました。ハノイ出張が重なっており、すでに「【随時更新】ベトナム・ノイバイ空港のビジネスクラスラウンジをまとめてみました。」でとりまとめていますように、これまでに何度もご紹介しておりますが、引き続き懲りずに再度ご紹介したいと思います!


スポンサードリンク



ノイバイ空港の共用ラウンジ前の各社のキャビンクルーの看板がいつもの通り待ち構えてくれます。それにしてもチャイナエアライン香港航空のクルーのかわいさが際立ちますね^^;


チャイナエアライン↓↓




香港航空↓↓



それでは入室することといたしましょう。

一時は故障中のものも多かった大型ロッカーですが、修理が進んだのか、故障中のものは見当たらずこちらに荷物を預けることで快適にラウンジを使用できます。が、とはいえここはベトナム。貴重品は入れないようにいたしましょう。

イスはこんな感じです。

ゆったりと配置されていますが、深夜の出発ラッシュの時間帯は混み合います。

人が少ない時に入れれば、横になっている方のように快適に仮眠もできます。


スポンサードリンク



続いては諸兄諸姉が気になるアルコールコーナー。こんな感じで配置されております。残念ながらビールサーバーはございません。

ビールはこちらで冷やされておりますのでどうぞ!

ベトナムなんだからベトナムコーヒーを飲みたいという皆様にはこちら!ベトナムコーヒーが配置されております。

当然コンデンスミルクが準備されております。苦めのベトナムコーヒーにあまーいコンデンスミルクをぶっかけてぜひベトナムコーヒーを満喫ください!

続いてはごはんコーナーをご紹介いたします。

端から順番にケーキ類に…

スイカ・ドラゴンフルーツに生野菜サラダ。

ベトナムに来たらやっぱり食べたい生春巻き…

ですが、こちらは細かい話ですと春巻きではなくフォークオンです。

以前「フォーは麺だけじゃない!ハノイ名物フォー料理を現地の食堂でいただくハノイ出張!」でご紹介したこともあるハノイ名物になります。

生春巻きなどはやはり市内で満喫しておくことがお勧めです、以前ご紹介したハノイのベトナム料理の名店の様子は「ハノイのベトナム料理の名店クアンアンゴンと路上カフェでくつろぐ出張中のひととき!」からご覧ください。

その隣には我らが日式SUSHIが。

キッコーマンソースにジャパニーズジンジャーも。要はしょうゆにガリです。ありがたい話です!

続きましてはラウンジ施設でその有無に注目が集まるシャワーについてです。ノイバイの共用ラウンジにもお手洗いの奥にシャワールームがございます。

こんな感じでアメニティも。ただ、JALやANAのラウンジのように管理は行き届いておらずタイミングや使用者のマナーによってはなくなってることもありそうです。

シャワールームは3ブースありました。ですが、こちらも日本のものに比べると質素といいますが、ジムのシャワールームのような感じです。深夜便搭乗の前など、どうしても一汗流したいという方も多いでしょうから、文句は言っていられません。

中はこんな感じです。

愛煙家の方のために喫煙室も用意されております。


ガラス張りで比較的高い位置にあるノイバイラウンジ。一番の魅力は抜群の飛行機ビューかもです。国内線を含めると飛行機の発着も多いので、写真撮影などがお好きな方などは早めにラウンジインして社員撮影に興じるのも悪くないかもしれません。


関連記事
ブルネイからワニのいる川をフェリーでコタキナバルへ!社畜センチメンタルシリーズ!
ホーチミンにあるカオス!スイティエン公園でワニ釣り!
バンコク・スワンナプーム空港スターアライアンス&ワンワールドビジネスクラスラウンジまとめ!


【PR】

世界の空港 飛行機撮影ガイド (イカロス・ムック)

どうも、榎田です。

最近、すっかり二郎系ラーメンの虜となっている社畜、先日も名古屋市内の二郎インスパイア系のお店、滝昇さんをいただいてまいりましたのでその様子をご紹介させていただきます。


スポンサードリンク




お世辞にも入りやすいといえない外観です。

インスパイア系らしく食券スタイル。殺風景な内装と店主がお出迎えです。食券渡すと「にんにく」「やさい」「からめ」「あぶら」を聞かれます。
 
にんにく、やさいマシ、あぶらでいってみました!
やさいのせいかスープが少しぬるいのが残念であります。

天地返しです!前回ご紹介した「歴史を刻め」よりはあっさりといただけました!
 

スポンサードリンク



ちなみにこちらの滝昇さん…



と、中毒性の高さに定評があります。




と、高評価なのですが・・・


と、マーボー麺というインパクトありありフォトジェニックな麺も存在しております!次回はマーボー麺もレポートさせていただきます!

場所はこちらになります!
 



関連記事
【飯テロ】東京八丁堀で手打ち麺の喜多方ラーメン!名店、七彩さんをいただく東京出張!
新栄の二郎インスパイア系ラーメン「歴史を刻め」を食す!
京都が誇るこってりラーメン、無鉄砲本店でとんこつラーメンを喰らう!京都の田舎というよりもはや奈良!

どうも、榎田です。

先日のベトナム・ハノイ出張の際、ハノイの旧市街を散歩する機会がありました。旧市街は欧米旅行者が集まる人気観光地です。ごちゃごちゃした古い街並みが醸し出す雰囲気が最高で、まさにカオスです。そんなハノイ市内観光のハイライトである旧市街、その中でも中心のタヒエン通りを歩き、ランチをしてみましたので、その様子を簡単にご紹介いたします。


スポンサーリンク



旅は旧市街の真ん中から始まります。

その一角のカフェで休憩してみます。
 
ごちゃごちゃした街並みを眺めつつ、飲み物が到着するのを待ちます。
 
instagram風に撮影してみました!ベトナムカフェ、やっぱりいいですねえ。


スポンサーリンク



その後はタヒエン通りに入ってみます。一層ごちゃごちゃしてきます。夜は欧米旅行客などがビールをあおっていたりします。一昔前のタイのカオサンロードといったところです。

小腹がすいてきましたのでごはんをいただいてみることにしました。


メニューも豊富でした。

まずはコーラでのどを潤します。

ごちゃごちゃしてますねえ。いい感じです。

ベトナム風の焼きそば、ミーサオ(My xao)をいただくことにしました!なかなかおいしゅうございます。

旧市街の一角で一枚。天気も良く気持ちよく歩くことができました。ハノイで少し時間が空いた時など、ぜひぶらぶらしてみてください!なお、夜はスリが多発しますので手荷物はくれぐれも注意してください!


関連記事
ハノイグルメのツートップ!フォーとブンチャーの名店を再訪するハノイ出張!

どうも、榎田です。

先日、日本航空JL751便にて成田からハノイへ出張する機会がありました。この日は天気も良く、航路にも恵まれ、東京の夜景を楽しむことができましたので、その様子をご紹介いたします。


スポンサーリンク


旅の始まりは成田空港から。

優先レーンが設けられておりますので、利用対象の方はスムーズに出国検査まで終えることができます。

乗り込むことといたしましょう。ハノイ便はサテライトターミナルから出発することが多く、その場合はメインターミナルからは少々時間がかかりますので注意しましょう。

今回はエコノミークラスでの利用となりました。

JALさんのご好意で非常口座席に座ることができました。

座席の様子はこんな感じです。足元には電源も完備で快適な空の旅となります。

非常口座席ですので、前の席がなく足を思いっきり伸ばせます!デメリットとしては、足元に荷物を置くことはできないため、手荷物は全て上の収納スペースに預けないといけない点、機内エンターテイメントが離発着時には使えない点くらいでしょうか。それらが問題ないのであれば、非常口座席はかなりの快適空間になります!

成田〜ハノイ間はJALの最新シート"JAL SKYWIDER Ⅱ"を搭載するB787での運航です。一回乗ってしまうと他のエコノミークラス利用時に大変苦痛に感じてしまうかもですのでご注意ください!


【PR】

未来をつくる仕事がここにある 航空会社図鑑


 

機材はゆっくりと滑走路へ向かいます。奥にはエアアジアXが駐機しております。

暗闇に佇むのはカタール航空機です。

夜の成田を離陸していきました。

この日は大変明るい月が出ておりました。月明かりに照らされて輝く川面に息を飲む社畜です。この時点で窓際座席に座れてよかったなと思っていたのですが…

千葉周辺が見えてきて窓の外を食い入るように眺めていると…

浦安の夢の国が見えてきました!そして…

東京上空に到着です。中心の明るいところが東京駅から銀座界隈、足元の暗いところが皇居です。晴海や豊洲の臨海エリアから羽田空港までばっちり見ることができます。

少し進むと新宿や渋谷の明かりが見えてきました。やっぱり新宿って広いんですねえ。

横浜から三浦半島を眺めることもできました。東京の夜景を満喫できて大満足の社畜でした。天候と風向きで夜景が観れるかどうか変わってくるかと思いますが、もし窓際座席をゲットできたら風景を楽しんでいただけたらと思います。


スポンサーリンク


夜景が見えなくなったところで機内エンタメの鑑賞タイムとします。非常席座席のエンタメは足元には収納されており、それを引き出すことでこのように綺麗な画面で映画などを楽しむことができます。

飲み物サービスが始まったところでふと外を眺めると…

機体左手には大阪湾が!手前には神戸空港、奥には写真ではわかりませんが関西空港が見えております。大阪市内を流れる淀川も綺麗に見えております。

と、再び夜景を堪能できた後、お楽しみの機内食タイムが始まります。

こんな感じでした!大変おいしゅうございます!

デザートはみんな大好きハーゲンダッツでした。


【PR】

ハーゲンダッツ業務用2L (バニラ)


食後にトイレをお借りしました。最新B787機材にはこのようなウォシュレット機能が搭載されており、快適性が著しく向上しております。

このようなスペースも用意されております。

やはり最新機材は快適性が違いますねえ。

その後、半沢直樹を楽しみます。以前ブームだった時にもJALのエンタメに搭載されていましたが、確か1話しか入ってなかったと記憶しています。今回は後半分がまるまる入っていたので久しぶりに楽しむことができました。


【PR】

オレたちバブル入行組 (文春文庫)




その後、機内の照明は落とされます。

中国本土上空を通過していきます。

広大な土地に広がる都市。

どこかわからずただただ眺めていると…

食い入るように眺めると社畜を哀れんでくださったのか、上海上空ですよと教えてくださいました。JALのCAさんの心温まる心遣いに大感激の社畜であります!

快適なフライトはあっという間。ハノイのノイバイ国際空港に到着です。

このブログでも何度となくご紹介してきたJALのハノイ便ですが、大満足で快適なフライトになりました。


関連記事



【PR】

どうも、榎田です。

先日、成田空港のJAL国際線ラウンジであるサクララウンジを訪問する機会がありました。今回はその様子を簡単にご紹介します。


スポンサーリンク



入り口の写真を撮り忘れたため、入室後の写真から始まります。

中はこんな感じ。広々としており、いつもながら快適空間となっております。

ですが、空腹に耐え兼ねた社畜。こちらの階段を上がりダイニングコーナーへ向かいます。

一目散に向かうのはJALラウンジ名物でありますカレーライスコーナーです。山形産はえぬきをいっぱいいただくことにしましょう。

清潔でおいしそうなサラダも大充実です。

麺派の諸兄各位におかれましては、温かいうどんのご準備もございますので、どうぞご安心ください。

やっぱりパンにコーヒーという先輩諸氏におかれましては美味しいクロワッサンにサンドイッチの準備もございます。ちなみにサクララウンジのパンと言えば、メゾンカイザーが監修していることであまりに有名ですね。

人が減ったところでダイニングをパチリ。

先輩が楽しみになさっているアルコール類はこんな感じでした。

というわけで社畜はこのような感じでいただいてしまいました。

振り返ると逆行の向こう側に非常にいい感じです。まさにフライト前の高揚する気分を一層盛り上げてくれます。


スポンサーリンク

お腹いっぱいになった社畜、階段を降りてソファーでくつろぐことにします。

こんな感じで下の階にもちょっとしたフードコーナーが設けられております。

下の階にもこんな感じでお酒も準備されております。


奥の方には仮眠スペースも。これは捗りそうです!仮眠室を使う際にはラウンジスタッフさんにお願いする必要があるとのことです。勝手に使わないよう注意いたしましょう。

思えば昨年度はANAの上級会員SFC修行に注力していたためJALの使用回数が減っており、サクララウンジに対してなんだか懐かしい気持ちになった榎田でありました。


関連記事
昨年度のANAの修行の一端はこちらからよろしければご覧ください。

どうも、榎田です。

先日のベトナムのハノイ出張の際、ベトナムのハノイにもついに上陸してきたMINISO(メイソー)の店舗を視察してきました!今回はその様子をご紹介いたします。


スポンサードリンク



そもそもメイソウとは…

と、ユニクロのようなロゴにダイソーのような語感、無印良品のような商品…と日本の有名3企業がブレンドされた日本発(?)の中国ブランドとのこと。日本人デザイナーが共同創業者となっているとのことですが、普通のベトナム人からすると日本のメーカーとの認識になっているようです。

かねてより気になっておりましたので、今回視察してみました!


スポンサーリンク

こちらがMINISOです。普通に読めばミニソウのようですが、日本語表記ではメイソウのようです。

BlogPaint
レジの後ろにもJapanese Designer Brandの表記が。こう書くと確かに嘘ではないですが、こんな記載だと日本製と思ってしまうのが普通ですよね^^; うまいなあ^^;
商品はこんな感じ。見た目はかなりいい感じです!

小物類も充実しているほか…

下着類に…

お人形さんとなぜか1体だけ残っているくまモン。

"HIGH QUALITY,AFFORDABLE PRICE"だそうです。良い品をお手軽な価格でといったところでしょうか。もうそれって無印良品やないですか^^;

ですが、こんなかわいいチキン達がいたり…

日本土産でも人気という話を聞く保温できるステンレスポットがあったり…

電化製品もパッと見たところかなりいい感じに見えたり…。


日本語を母国語とする我々からすると表記がイマイチだったりして、変に感じるのですが、そもそも日本のことをしらない外国の人たちからすると日本製と感じてもおかしくないクオリティの商品がそろっているという印象を受けました。値段もお手頃ですし、東南アジアや中国では日本企業の手ごわいライバルになりそうです。


【PR】

週末5万円からの東南アジア

どうも、榎田です。

皆さまAvgeekという言葉はご存知でしょうか?


"An AvGeek is someone who is passionate about aviation and that passion can be shown in countless ways."  - Airline reporter -
 

飛行機好きを示すこの言葉、これをTwitterで#avgeekとして検索してみると…飛行機好きの皆さまにとって興味がそそられる素敵な画像・映像がいっぱい出てくるのです!今回は社畜的に気に入った#Avgeekをご紹介したいと思います!


スポンサーリンク




海外の美しい#avgeek!
















説明不要のいい写真がいっぱい出てくる…飛行機好きが幸せになれる魔法の言葉、それがavgeekなのです!


世界の#avgeekが見つけたニッポン!











 
ANAが多くなりましたが、青色が海外avgeek達の心を惹きつけるのでしょうか。
それにしてもスカイマークのA380でのNY路線就航報道が出たときには心が躍ったものでした…^^;

 

世界の#avgeekの聖地、セントマーチン!






行ってみたいですねえ…。憧れです。


#avgeekのお気に入りはやっぱりB747!









B747の魅力は色あせないですね。



#avgeekの記憶に残り続ける香港アプローチ!啓徳旧香港空港!




今見てもワクワクするロマンある空港でした!




#avgeekがそわそわする横風!






見てる分にはたまりません!


スポンサードリンク




#avgeekもびっくり!







エンジンが剝き出しになったこの機体。カラーリングと足元に広がる風景、これってベトナム航空じゃないかと思うんですがいかがですかねえ。こちらで答え合わせをしてみてください → ベトナム・ハノイの空の玄関口、ノイバイ空港で飛行機見学!




#avgeekあるある!








やっぱり#avgeekはやめられません!








いい顔してます!いかがでしたでしょうか?お時間ができたら、ぜひ#avgeekで検索してみてください!!


関連記事

どうも、榎田です。

先日のベトナム・ハノイ出張の際、ハノイにあるサークルKを利用する機会がありました。

日本ではファミリーマートと合併してしまったサークルK、名古屋人としては寂しい限りだったのですが、ベトナムではまだまだサークルKブランドが残っておりますので、早くも懐かしい気持ちを抱えながらの訪問となりました。


スポンサーリンク

 
ハノイの中心地、まさに一丁目一番地であるホアンキエム湖ほとりの交差点。

そこにサークルKが店舗を構えています。
 
ハノイではまだまだ珍しい24時間営業です。

店内はこんな感じです。

アイスもいろいろ揃っているのですが、韓国製商品が目に留まり、日本アイスはありまんでした。日式社畜のはしくれである榎田、若干の寂しさは否めませんでした。

コンビニと言えばついつい食べたくなってしまうインスタントラーメン。ポットのお湯とともに完備されております。

続いては先輩諸兄のお楽しみ。アルコール類です。

こんな感じでベトナムビールが揃っています。

続いては先輩諸兄諸氏のご子息の大好物、お菓子類です。右上のハローパンダはベトナムでよく見かける明治の製品です。明治のロゴを見るとついつい買ってしまう榎田であります。

こちらにはまさに本物明治のチョコレートが置かれています。ベトナム人にとってもチョコレートの大定番となってほしいと願っています。

続いては日用品コーナーです。

日本のコンビニ同様あらかた揃っている印象です。旅行中に忘れ物に気づいても何とかなりそうです。

ひとしきり見学を終えた後、目に止まったこちら。日本のコンビニでも大定番である肉まんです。


スポンサーリンク

日本のコンビニでもついつい買ってしまう社畜。ベトナムのサークルKでも買わずにはいられませんでした。

中はこんな感じです。日本の肉まんのようなジューシーさはあまりなくちょっとパサパサしてるかなと言う印象でした。とは言えお味は結構いけました。機会があればぜひチャレンジしてみてください。


これまでのベトナム記事はこちらからよろしければご覧ください。
ホーチミンにあるカオス!スイティエン公園でワニ釣り!
オバマ大統領がハノイでいただいたブンチャーをいただく!ハノイ出張!
ハノイ名物のエッグコーヒー飲むなら絶対ここ!有名店"Cafe Giang"さんでどうぞ!


【PR】

コンビニ店長の残酷日記 (小学館新書)

どうも、榎田です。

先日の成田空港利用時に、アメリカン航空が成田空港に構える自社ラウンジアドミラルズクラブ(ADMIRALS CLUB)を利用する機会に恵まれましたので、今回はアドミラルズクラブの快適なラウンジの様子をご紹介させていただきます!


スポンサーリンク

 
成田空港の第2ターミナル。出国検査を終えて左手に進むとアドミラルズクラブの案内が出ています。


夕暮れの成田空港。手前にはJAL。奥にはアメリカン。いいですねえ。
エレベーターを降りると入口があります。米系航空会社ではありますが、成田空港にはなかなかの気合が入っていると評判のアメリカン航空・アドミラルズクラブです。考えてみると以前「日本航空JL707便ビジネスクラスにて成田からバンコクに出張!アメリカン航空アドミラルズクラブ編」でご紹介して以来、久しぶりの入室となるため心が躍る社畜であります。


こんな日式の置物が。成田のユナイテッド航空ラウンジもそうですが、米系航空会社ほど日本文化を全面に出してくれている気がします。

室内はこんな感じです。かなり広々としております。

奥にはアメリカン航空の機材が。なんかいいですねえ。

会話が弾みそうなこんな円卓もあるほか、お国は足を伸ばせるタイプの椅子もあります。椅子だけでみるとJALのサクララウンジより種類が豊富な気がします。

奥にはPCが設置されたビジネスコーナーもあるほか。

奥には電話で気兼ねなく話ができる電話ブースも設置されています。


【PR】



続いてはラウンジの華であるお食事ブースを見てみましょう。

お酒はこんな感じでキンキンに冷えております。

芋焼酎 山ねこもありました!気になるお値段は…。確認してみてください!

【PR】

山ねこ 芋焼酎 25度 720ml



続いてはお食事を。簡単な巻き寿司がおかれているほか。

ホットミール類もあります。パスタなど洋食系でした。

その他、サンドウィッチや…

欧米感を感じさせるナッツのおつまみ

同じく欧米感のあるカラフルなお菓子!

そして欧米人のラウンジの定番。リンゴ丸かじりもできるようになっております!社畜的にはキットカットがおいてあるのはポイント高いです!

社畜はこんな感じで簡単にいただきました!


スポンサーリンク


続いてはみなさんが気になるシャワールームです。奥の「憩」がいい感じです。

受付でシャワーを使いたい旨を話すとカードを貸していただけます。

アメニティは一式そろっています!

シャワールームはこんな感じです。椅子があるのがかなり◎です!!

天井まで高く開放感がかなりあります。

シャワー、ボディーソープはこのように設置されています。

シャワーはこんな感じ。湯量も温度も問題なしです!

湯涼みにベンチに腰掛けるとそばには空調が。

上から涼しい空気が降り注いできてかなり快適でした!

日本人的にはどうしてもJALのサクララウンジの方が魅力となってしまうのですが、それ以外の施設面はアメリカン航空のアドミラルズクラブ、かなりのスペックでした!今後使用される際のご参考になれば幸いです!!

成田空港でのラウンジの様子は「【随時更新】羽田&成田ワンワールド&スターアライアンスラウンジまとめ!」に更新していっています。よろしければご覧ください! 


関連記事

どうも、榎田です。

先日、香港から成田空港まで全日空NH810便のビジネスクラスにてフライトする機会がありましたので、フライトの様子をご紹介させていただきます。


スポンサードリンク



旅は香港空港の32番ゲートから。

本日の機材B767-300です。

座席はこんな感じ。旧式のシートとなります。

2-1-2の配席となっており、一人搭乗の榎田は真ん中の座席となりました。

足元はこんな感じ。さすがに広々としており快適です。

右側には手荷物を収納できるスペースが。こんな感じでなかなかの大容量です。

座席には毛布のほか、ヘッドフォンも配られます。


スポンサードリンク



機内中央に座るため外の様子がなかなか見えないのは残念です。

香港を離陸した機体はやがて水平飛行に入り、機内もまったりした空気となってきます。

社畜もこのように収納された個人エンタメを楽しむことにします。

こんな感じです。画質はやはりよくはないですが、しょうがないですね。アンジャッシュのライブDVDがありましたので楽しむことにしました。


【PR】

芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒



しばらくすると機内食タイムとなりました。

飲み物はワインのほか・・・

日本酒に焼酎に大充実です。


【PR】

杜谷 華むぎ 25度 1800ml



connoisseurs:目利き だそうです。

おつまみをいただき・・・

目利きとのコラボで生み出された機内食がこちら。

なかなかジューシーで大満足できました!!

〆は緑茶としました。ほっこりです。
 
ほっこりしていると機体は潮岬をかすめていました。快適なビジネスクラスの旅でした。


スポンサードリンク


とはいえ、行きのフライト「ANAの成田発NH809便ビジネスクラスにて香港まで出張!機材更新熱望のB767での運航!」でも書きましたが、やはり機材の古さは否めず…。B787あたりの導入を成田発着の近距離路線にも進んていくことを心待ちにする社畜であります!



関連記事
魅惑の香港航空HX528便ビジネスクラスにて香港からハノイへ出張!
エバー航空BR198便ビジネスクラスにて台北から東京成田まで出張!鼎泰豐を満喫できる機内食!
【SFC修行】中国国際航空ビジネスクラスでいくシンガポール修行まとめ!



【PR】
セブンプレミアム商品がここで買える!その他話題商品も続々登場!
国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』
お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

どうも、榎田です。

先日、名古屋のラーメン屋「新栄の二郎インスパイア系ラーメン「歴史を刻め」を食す!」をご紹介しましたが、以前京都に行った際に立ち寄ったラーメン屋「ラーメン京都てんぐ」も大変気に入ったので、その様子をご紹介いたします!


スポンサードリンク
店構えはこんな感じになります。さっそく入店してみましょう。


ラーメン屋で水不足に陥ることほど苦難なことはありませんが、ありがたいことにポットが準備されております!

みんな一緒ですねえ。

調べてみるとそれほど値段も高くないですし、日本中のラーメン屋さんには増設をお願いしたいところであります。

【PR】

タイガー 魔法瓶 保冷 ピッチャー 1.7L 断熱材 使用 タイプ ベージュ PPB-A170-C Tiger



メニューはこんな感じです。

このお店の魅力はなんといってもざるで提供されるネギ!ネギが大好物の社畜、ラーメン屋さんではネギトッピングの追加をお願いしたりすることもしばしばですが、こちらでは大満足の量が提供されるのでうれしい限りです!

こんな意見も。ネギ好きも多いようです。


というわけで、社畜。提供されたラーメンに…

どーんと載せてみました!ネギの風味が染み出して最高です!!

あっというまにペロリでした。


スポンサードリンク



最寄駅は以前「京都市内に残る路面電車、京福電鉄で嵐山へ!京都出張!」でもご紹介した京福電気鉄道の北野線・常盤駅になります。
京都の観光地、修学旅行の定番の一つでもある東映太秦映画村からもほど近くですので、近くにお立ち寄りの際はぜひ行ってみてください!

場所はこちらです↓

また、当ブログでこれまでご紹介した京都関連記事はこちらです。お時間許せば読んでいってください!
嵐電で行く京都・宇多野のラーメンの名店!桃花春を訪問!
京都の夏、鴨川の川床で納涼!名店うしのほね本店さんへ!
京都が誇るこってりラーメン、無鉄砲本店でとんこつラーメンを喰らう!京都の田舎というよりもはや奈良!


【PR】


京都 滋賀 うまいらーめん

どうも、榎田です。

先日、成田空港までのアクセスに京成スカイライナーを利用しました。昼過ぎのまったりした時間に利用することができましたので、車窓の様子を写真に収めてきました。

スカイライナーを利用する方のご参考になれば幸いです。


スポンサードリンク

 
旅の始まりは上野駅から。スカイライナー39号に乗り込みます! 予約なしでも駅のカウンターで簡単に座席確保できるので快適です!

先頭車両を1枚!

座席周りはこんな感じ。足元は広く、電源も用意されておりかなり快適です。

座席の幅はこんな感じです。背もたれが最近の航空機同様薄くなっており、その分前後の間隔にゆとりがあります。

社畜の心にぐさりと刺さる「うすい」行きの普通列車が。ちなみに残念ながら廃駅となってしまったのですが、社畜の心を鼓舞した増毛駅に廃駅前に訪問した際の様子は「廃線間近!?社畜、JR北海道の留萌本線で増毛駅へ出張!」をご覧ください。


【PR】

シネマの名匠と旅する「駅」 (交通新聞社新書)



出発するようです!
山手線やらの何重にも渡る線路を越えていきます。

 日暮里駅に到着です。京成バスではバス運転士募集中とのこと!日暮里を出発すると成田空港まで停車しませんので、いよいよスカイライナーの本領発揮といったところです。

スカイライナーは隅田川を渡ります。ちなみに以前ご紹介した隅田川を行く水上バスの様子は「もっと評価されるべき!東京水辺ラインでいく浅草→お台場!」からご覧ください。

世界の車窓ばりに前方車両がカーブしていく様子が楽しめるのですが、カメラではなんのことか伝わりません^^;ぜひ肉眼でお楽しみください。

こち亀のアニメのテーマソング、葛飾ラプソディでお馴染みの中川を通過します。

中川に浮かぶ夕陽をめがけてみたいものです。


【PR】

こち亀百歌選~主題歌ベストコレクション~


高砂駅を通過し北総線内へ

江戸川を渡ります。
 
東松戸を通過します。

ピンクの車体でお馴染みの新京成と少し並走!

だいぶのどかなところに入って来たかな?と思いきや…

北総線の敷地内に現れるメガソーラー

かなり長いなあと思って調べてみました。


千葉県が管理する成田スカイアクセス沿線用地(旧新幹線用地)の内、白井市武西から印西市若萩までの延長約10kmにまたがる日本最長のメガソーラー用地です。北総鉄道千葉ニュータウン中央駅から印旛日本医大駅までの計3駅にまたがります。2019年ラグビーW杯と2020年東京オリンピックを控え、更に増加が見込まれる成田スカイアクセスを利用者に対し、日本の玄関としてインパクトのある風景と、震災後の日本の再生可能エネルギーへの取組みを示すシンボリックな存在となります。

10kmもあればそれはインパクトがあるのも当然ですね!


スポンサードリンク


広大なメガソーラーを駆け抜け、目の前に大きな印旛沼の湖面が見えてくると成田はもうすぐです。

成田空港へ到着です。昔はここでパスポートチェックがありましたが、なくなって本当に快適になりました。

第2ターミナルからお目当のJALのフライトのためチェックインカウンターに向かう社畜でありました。

これまでご紹介してきた成田空港関連の記事はこちらからご覧いただけますので、お時間が許せばどうぞご覧になっていってください。 



空から見るのもいいですねえ。


関連記事
関空〜伊丹乗り継ぎ客無料リムジンバスサービスで便利で快適な大阪乗継をご紹介!
釜山金梅空港からライトレールへの乗り換え案内してから出張!
マカオ航空の乗り継ぎ時間を活用して深夜にマカオ市内へタクシーで向かう!



【PR】

どうも、榎田です。

先日、名古屋駅にそびえるJRセントラルタワーズ。その中に入るホテルマリオットのレストラン"ジーニス"さんにてディナーする機会がありましたので、その様子をご紹介いたします!


スポンサードリンク


JRセントラルタワーズとは名古屋駅前にそびえる高層ビルの一つです!


足元は名古屋民の待ち合わせ場所の大定番でもあります!

このビルには名古屋マリオットアソシアが入っております!

お部屋も快適そうですが…





なんといっても眺望が魅力です!







スポンサードリンク



そんなマリオットでの食事。社畜にとっては大一番でありました!^^;


前菜から始まり・・・

パスタ!!

そしてメインのお肉です!すべて大変おいしゅうございました!

が、ブロガーの端くれとしては写真をもっととるべきだったのですが、大一番の最中、なかなかいつものように写真を撮ることができませんでした^^;


夜景はこんな感じ。肉眼で見ると感動モノです!





名古屋にお越しの際はぜひ行ってみてください!

ちなみにこれまでご紹介してきた名古屋系の記事はこんな感じです。ご興味があれば見ていってください!

蒲郡クラシックホテルで頂く豪華な朝食と竹島水族館!蒲郡へ出張!
【飯テロ】名古屋のうなぎの名店、しら河!たまには地元のご紹介を!
特急しなので、たじみそ焼きそばを頂く多治見出張!


 【PR】

大人を磨くホテル術 (日経プレミアシリーズ)



ご参考までにナカネックスも貼っときます↓

どうも、榎田です。
 
先日のベトナムのハノイ訪問の際、定番の麺料理、ミーバンタン(MY VAN THAN)を食べてまいりました。以前もご紹介したお店ですが、やはり美味しすぎるので再度ご紹介いたします!


スポンサードリンク



お店構えはこんな感じ。ごくごく普通のお店です。

店の前にはバイクが止められております。店の前までバイクで乗り付けるのがなんともベトナム流です。

茹でた麺の上にたっぷりのニラやゆで卵などをトッピングし、アツアツのスープを注げば出来上がりなのです。注文して3分ほどで出来上がるまさにファストフードです。

2017-02-12-11-09-25
 こんな感じでできあがります!

中には揚げ餃子に…

水餃子…

気になる麺は細麺でこんな感じです。パクチーも全く入っておらず、パクチー嫌いにも安心してお勧めできます!

ベトナム訪問の際はぜひ食べてみてください! 

場所はこちらになります↓参考にどうぞ。

どうも、榎田です。

新コースで生まれ変わった東京マラソン2017。ちょうど東京滞在中でしたので、茅場町の交差点に見に行ってみました。高速レースとなった今年の東京マラソンを間近で観戦することができましたので、その様子を簡単にご紹介いたします。


スポンサーリンク

朝9時ごろの茅場町です。ボランティアの方が給水の準備をされていました。

朝9時すぎの茅場町。ポカリの風船が配布されているなど、まだまだ混み合う様子はなく快適に見ることができました。地下鉄でのアクセスも抜群ですし、折り返し含めて二回応援できるので応援ポイントとしても良く、時間が経つにつれて徐々に人が増えてました。

抜けるような青空です。ヘリコプターが上空を飛んでいます。

そうこうしていると車いすマラソンの先頭集団があっという間に。写真を撮り逃し、次に撮影できたのがこちらのタイマーが乗ったBMW。

続いて警視庁のパトカー。

カメラマンに・・・

日テレの放送車です。

見切れてしまいましたが、先導の白バイ隊に続いて…

ペースメーカーの方と優勝を飾ったウィルソン・キプサング選手が。初めてのマラソン観戦となったのですが、あまりの速さに大感動でした!!!

その後、ランナーが次々と駆け抜けていきます。

茅場町の交差点の様子を一枚。

茅場町から日本橋方面もぱちり。

早くも折り返ししてきた車いすマラソンの先頭集団をぱちり。早すぎて大感動です。

男子マラソンのトップ集団の到着を待ちます。

BMWが駆け抜けます。かっこいいすねえ。

監督が乗っている車でしょうか?

パトカーが駆け抜け…

カメラマン…

放送車…

白バイ隊と続き、いよいよ…
 
男子マラソンの先頭集団です。ウィルソン・キプサング選手の軽やかな走りを間近で見ることができました。

続いてカメラマンや…

放送車が狙うのは…

途中まで日本人トップを走った設楽悠太選手です。かっこいいですねえ。

最終結果は…

中肉中背、腹のふくらみが気になる社畜。皆様の熱い走りを見て、自分に喝を入れるばかりでした!!

 
スポンサーリンク