日式社畜榎田の諸国漫遊記

社畜こと榎田が、主にJAL、そしてできる限りビジネスクラスを利用して諸国を飛び回った記録を、ラウンジやマイル事情、ご当地グルメなどを中心にご紹介します。

ハノイと名古屋を中心に、社命を受けて世界を飛び回る社畜のブログです。
搭乗記やラウンジ紹介など、先輩諸兄のお役に立つべく幅広く執筆してまいります!

どうも、榎田です。

先日のシアトル出張の際、シアトルに赴任したばかりの現地駐在員が生活用品の買い出しのためにディスカウントストアを訪問するとのことだったので、暇を持て余している榎田も同行させてもらうことにしました。物価の高いシアトルにあって、確かにお値打ちだったように思いますので、今回はその様子をご紹介させていただきます。


スポンサーリンク


IMG_6688
榎田一行が訪問したのはシアトルから南へ少し行ったKENT周辺にあるディスカウントストアになります。場所は下のGoogle Mapをご覧ください。アメリカ版工業団地なのか、無駄に広い道路の両脇に倉庫やらが広がっている一角になります。

IMG_6687
NOW OPEN TO THE PUBLICの看板と申し訳程度の風船でリテール向けに開放していることをアピールしているこちらが榎田が訪問したDiscount Direct Furniture and Mattressesになります。 

IMG_6689
線路があるとどうしても写真を撮ってしまう榎田です。これまでご紹介した鉄道関連の記事の一例はこんな感じです。よろしければこちらもご覧ください。

上海リニアで上海浦東空港まで!上海トランスラピッド乗車記!
近鉄の観光列車「青の交響曲」に乗って奈良の吉野から大阪の阿部野橋まで出張!
社畜、立山砂防軌道に乗って秘境トロッコ体験!

IMG_6698
というわけで、いかにもオフィス用途を無理やり小売り店舗に変更したような内装の店内へ進みます。

IMG_6690
店に入るとこんな感じ。服が多そうな感じでしょうか。Tシャツが5ドルで売られていたと、今ならメルカリで売る商品の仕入れとしても使えそうな感じであります。

IMG_6695
大人向けから子供向け、普段着用からスポーツ用まで、幅広く揃っております。

IMG_6692
スポーツ用品の一角はこんな感じ。さすがアメリカ、アメフト関連グッズなども多く見受けられました。


スポンサーリンク


IMG_6691
一角には電化製品も。PC用モニターなどがありました。

IMG_6696
おもちゃの一角もあり、その一番目が届くところにamcのテレビドラマWalking DeadのGLENN役のスティーヴン・ユァン(Steven Yeun)さんのフィギュアがありましたので思わず一枚!

スポンサーリンク

第1話「導かれし屍たち」



IMG_6697
今や懐かしいSANYOロゴのテレビ。箱もぼろぼろで、さすがディスカウントショップに来た商品という感じです。その奥には、日本の元気な大学生の定番のラクロスが…。ラクロス部の華やかそうな大学生活とは無縁の孤独学生時代を過ごした榎田、ラクロスを見ると悲しくなってしまいます…。

IMG_6694
最後にこちら。薬コーナーです。外の箱がすこし破れていたりしていますが、その分お値段もお値打ちでした。アメリカの薬はなかなか強く、日本ではお医者さんにかからないと処方してもらえないものが普通に買えるようですが、それらがお安く買えるのはなかなか魅力的です。同行した駐在員も風邪薬を買っておりました。

欲しい商品がいつもあるとは限りませんが、宝物探しの感覚で楽しめるディスカウントストア。アメリカでの新生活を開始する新駐在員や留学生の皆さまや、メルカリでアメリカのものでも売ってみようとお考えの方などにおすすめできそうなお店でした。


スポンサーリンク

世界一わかりやすいメルカリ完全活用ブック (DIA Collection)



場所はこちらになります。



関連記事
日本の古着屋も買い付けに使うというシアトルのリサイクルショップThirft Shopを訪問!
出張の合間にamazon GOへ行ってみた!アメリカ・シアトル出張!
エアタヒチヌイで行くタヒチ・ボラボラ島出張!②TN77便でパペーテまで機内紹介編


スポンサーリンク
世界No.1の空港ラウンジサービス【PriorityPass】
プロの料理人のマンツーマンレッスン!【RIZAP COOK】
沖縄旅行ならJALで行く格安旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)

どうも、榎田です。

先日のシアトル出張の際、シアトルのシンボルであるスペースニードルという名のタワーがあるシアトルセンターに立ち寄ってみることにしました。さすが一級観光地だけあり、多くの観光客で賑わっておりました。今回はその訪問の様子を簡単にご紹介させていただきます。


スポンサーリンク


IMG_6682
飛行機も鉄道も乗り物であれば大好きな榎田。こちらのシアトルモノレールも乗ってみたいところですが、今回は車でアクセスいたしました。

IMG_6684
シアトルセンターのポップカルチャー美術館の近くの駐車場に止めてみることにしました。奥には水陸両用車のRide The Duck of Seattleの発着所もありました。陽気な乗員が乗客をコールアンドレスポンスであおっており、榎田には無理だなと思った次第です。

IMG_6685
一時間9ドル~の観光地プライスの駐車場となります。

IMG_6681
こちらがシアトルの風景によく出てくる象徴的なタワー、スペースニードルであります。

IMG_6654
せっかくなので足元からも一枚!

IMG_6587
有名観光地だけあり、カフェなども充実しておりました。

IMG_6589
こちらの券売機でチケットを購入できます。店員さんと英語で話してチケットを買いたいという留学スタイルを楽しみたい方には有人のカウンターもありましたが、少々混雑しておりました。

IMG_6590
チケットの値段はこんな感じ。大人29ドル~のところ、26ドルの謎の割引が。金運に恵まれたと感動しておりましたが、どうやらスペースニードルは改修工事中でその分値下げしていることがあとからわかりました。ちなみに調べてみると2018年5月までは改修工事が入っているようですので、ご注意ください。

IMG_6592
さすがアメリカ。空港ばりの手荷物検査を抜けてスペースヌードルに入場できました。

IMG_6593
いきなり鉄筋のこちらは…そうです。天井の改修工事中の様子です。

IMG_6609
足元はむき出しのコンクリ。

IMG_6631
こんな感じで工事感は漂っております。

IMG_6621 
さすが展望台。周りに遮るものもなくいい景色が楽しめます。

IMG_6627
こちらはシアトル市街地方面。夜は夜景がきれいだそうです。

IMG_6628
奥にはタコマ富士こと、マウントレーニアがそびえたっております。確かに富士山っぽい感じです。

IMG_6629
アメリカの富豪でしょうか?水上飛行機でシアトル市街地遊覧飛行でもしているのか、多くの機材が飛び回っておりました。

IMG_6632
こちらは以前「シアトルの風光明媚なアルカイ(ALKI)ビーチでくつろぐひととき!アメリカ出張!」でもご紹介したアルカイビーチ方面になります。

IMG_6640
改修工事の影響でこのように工事中の資材などが映りこんでしまうのが残念ですが…

IMG_6643
こちらはシアトルの夜景が楽しめる公園として有名なケリーパーク方面になります。


スポンサーリンク


IMG_6624
改装中ですがタワー内には仮設のショップが。

IMG_6622
このように甘い香りをぷんぷんさせながらポップコーンを販売されてしまっては…

IMG_6626
買わないわけにはいきません。ポップコーンをぽりぽり食べながら観光した榎田であります。

IMG_6646
タワー見学を終え、エレベーターで降りてくると、どの国でも定番ですがお土産コーナーがあります。

IMG_6648
こちらはタワーに上るときに撮影された記念写真がデータとして無料でいただけるというサービスが。最近の事情はよく分かりませんが、榎田が子供のころは1000円くらいで少し大きめの紙に印刷してくれるという感じだったような。時代は進みますね^^;

IMG_6649
シアトル随一の観光地だけあってか、お土産コーナーは大充実です。

IMG_6650
ちなみに上のほうに見えているのが、入場時の通路になります。

IMG_6651
スペースニードルを全面に打ち出したTシャツのほか…

IMG_6652
我らがICHIRO SUZUKIのおもちゃまで。さすがシアトル、さすが世界のイチローであります。


スポンサーリンク

Number(ナンバー)951号 ICHIRO BACK TO MARINERS 2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))



IMG_6653
なんとなく風鈴ぽかったので一枚!

IMG_6654
外に出てきました。


スポンサーリンク


IMG_6660
タワーのほかにも公園が広がっております。

IMG_6661
この時のイベント会場ではアフリカフェアが行われておりました。

IMG_6662
いかにもアフリカな小物が販売されておりました。

IMG_6663
アフリカっぽいものその2です。世界を飛びまわる社畜とブログ上名乗っておりますが、大変お恥ずかしいことにアフリカ大陸は以前ご紹介した…

社畜センチメンタルシリーズ!学生時代のエジプト・ルクソール旅行!
社畜センチメンタルシリーズ!ナイルエクスプレスで行くルクソールからカイロまで!
社畜センチメンタルシリーズ!エジプト・カイロでスフィンクスの視線の先のKFCに行く!

のエジプト以来訪問ができておりません。なんとか機会を見つけてライオンでも見に行きたいと考えております。

IMG_6664 
こんな感じでアフリカっぽいイベントも。旧正月のころにはベトナム人移民コミュニティー主催の旧正月(テト)のイベントなども行われるそうです。

IMG_6665
展示会場のなかに入っていたスタバで一服してから帰ることに。

IMG_6668
広々としており気持ちがいいものです。

IMG_6676
興味ないふりをしつつも虎視眈々と人間の持つ食べ物を狙っているこちらの鳥。観光客のアイドルとなっておりました。また、日本人の学生さんがホームステイしているのでしょうか、ステイ先のホストファミリーっぽいおばあちゃんと熱心に話す日本人の方をお見受けし、観光地に来たなーと出張していることしばし忘れ、くつろぐことができた榎田でした。


スポンサーリンク



場所はこちらになります。

関連記事
シアトルの景色のいいGas works Park!ハウルの動く城っぽい景色を堪能!
シアトルからポートランドへ小旅行①フードカートとアウトレット編!
エアタヒチヌイで行くタヒチ・ボラボラ島出張!⑧社畜、初のカヌーブレックファーストを堪能!


スポンサーリンク
世界No.1の空港ラウンジサービス【PriorityPass】
東京で結婚相談所をお探しなら~IBJメンバーズ
国内空港ラウンジ無料【楽天ゴールドカード】

どうも、榎田です。

先日のシアトル出張の際、日本の味が恋しくなった榎田は回転すしチェーン元気寿司の米国店舗であるGENKI SUSHIで食事をいただくことにいたしました。栃木県宇都宮市が誇る元気寿司さんだけに日式のお味が楽しめました。東証一部上場(証券コード:9828)の元気寿司さんの海外展開が気になる投資家の皆様のご参考になればと思います。


スポンサーリンク

IMG_6756
日本でもおなじみのロゴが掲げられたこちらがGENKI SUSHIです。ショッピングモールに入っているタイプの店舗になります。

FullSizeRender
メニューはこんな感じ。お皿の色でお寿司の値段がわかる日式スタイルであります。

FullSizeRender
こちらはアメリカで発展した感のあるSUSHIROLLのメニューです。かつてはカリフォルニアロールだったのが、いろいろな種類のロールとして進化しているようです。

FullSizeRender
回転すしに行くと食べたくなる一品ものも充実しております。

FullSizeRender
デザート・ドリンクもこの通りです。なお、榎田が一番寿司な回転ずしネタはくら寿司のシャコなのですが、こちらでは残念ながら取り扱いがないようでした。


スポンサーリンク


IMG_6754
まさに日本風の店内。

IMG_6742
元気寿司オリジナルの元気ロールが二階建てで榎田を迎えてくれます。

IMG_6744
シアトルロールなんてのもあるようです。

IMG_6743
榎田はまず初めに一番お安い1.75ドル皿のスパム寿司からいただきます。沖縄にいくとスパムが食べたくなる米国かぶれの榎田、安定のスパム味を堪能です。

IMG_6745
いい歳になっても子供の味覚を維持する榎田。続いてはオニオンサーモンをいただきます。

IMG_6746
こちらは…、ロール名を失念しました…。

IMG_6752
こちらはスパイシートロです。日式としてはネギがないとやや物足りない感じですが、お味はおいしゅうございます。

IMG_6753
サイドメニューの天ぷらうどんにも手を伸ばします。野菜かき揚げもしっかりとボリュームがあり、これで3.95ドルならかなり(アメリカ物価では)コスパがいいように思います。

FullSizeRender
〆にたまごをいただきました。


スポンサーリンク

株主優待ハンドブック 2017-2018年版 (日経ムック)



日本の味がしっかりと楽しめるGENKI SUSHI。日本の異常なまでの高コスパな回転すし業界から見るとやや値段が高いように感じますが、アメリカの法外な高物価で見るとコスパは悪くないのではないと感じました。

株主優待もある元気寿司さん、日本では主に魚べいを利用させていただいておりました。アメリカでもぜひ成功してほしいと願う榎田でありました。

榎田はこちらのシアトル近郊のFactoria Mall店を訪問しました。



関連記事
根室花まる寿司で激ウマランチ!札幌出張!
江戸川区京成小岩の激辛四川料理「珍珍」さんでいただく孤独のグルメの出張飯!
京都ラーメンの天天有をシアトルでいただく!アメリカ出張社畜飯!


スポンサーリンク
スカイスキャナーで航空券比較検索
非公開求人多数!ブランクがあっても安心の転職支援なら看護師WORK
ウォールストリート・ジャーナル日本版

どうも、榎田です。

先日のシアトル出張の際、古着が激安で購入できるアメリカ版リサイクルショップであるThrift storeというお店を訪問する機会に恵まれました。日本の古着屋さんもシアトルに買い付けに来る際に使うということで、どんなものなのか見学してきましたのでその様子をご紹介させていただきます。メルカリでアメリカ古着を売ってみようとお考えの方のご参考になれば幸いです。


スポンサーリンク


IMG_6544
グーグルマップでThirft Storeと打ち込んでみるとやまほど検索結果が返ってくるのですが、今回榎田はシアトル近郊Redmondの一角を訪問してみました。場所は下に貼ったGoogle Mapをご覧いただければと思いますが、Thirt Storeが集結しており、リサイクルショップ街のようで見て回るのに便利な場所でした。というわけで一軒目に訪問したのがこちらのDISCOVERY SHOPさんです。

IMG_6542
中に入るとこんな感じ。AMERICAN CANCER SOCIETYさんが運営しているようです。調べてみるとアメリカのThirft Storeは、慈善団体(このお店でいうとがん患者をサポートする協会)が支援者に古着など使わなくなったものの寄付を求め、それで集まった服をこのようなお店で販売し、そこから得た収益を慈善団体が行う活動経費などに充てているようです。

IMG_6537
このような背景ですので、古着が非常にお安く販売されております。購入したお金が社会の助けになるというのも買い物客にとっても気持ちがいいものです。また販売することが最重要であるためか、大幅なディスカウントもされるようで、この日は黄色のタグが付いたものは半額での販売となっておりました。

IMG_6540
中に入ってみるとこのようにキッズ用品やスポーツ関連グッズ。

IMG_6538
季節がらか海で使えるものなども展示されていました。サーフボードなども売られておりましたが、新品はなかなかお高そうです。

IMG_6539
化粧品類もこの通り。アメリカ人は買い物好きと聞きますが、手あたり次第買って、使わなくなったらすぐにこのようなお店に持ち込んでいるのでしょうか。新品も多く見受けられました。

IMG_6541
ぬいぐるみも充実です。


スポンサーリンク


IMG_6553
続いてはさきほどのお店から徒歩5分くらいのところにあるこちらのBargain Boutiqueさんへ。こちらはSeattle Children’s Hospitalさんの運営のようです。

IMG_6551
英語での理解が難しい榎田を恥じますが、要は社会のためになることがミッションということでしょうか。

IMG_6547
こども病院運営のためか、こちらは子供の服が多い印象でした。服もきれいなものが多く、2-3ドルで購入できるものも多かったです。

IMG_6548
大人向けのものもきれいなものが多く、また高尚な設立意義を感じさせない明るい雰囲気の店内で、若者も多く来店しておりました。

IMG_6554
冬物コーナーでたまたま見つけたこちらは日式ゆかたです。日本旅行の際にテンションが上がってしまい浴衣を買ったものの、シアトルで使う機会もなくこちらのお店に持ち込まれたのでしょうか…。

IMG_6555
シアトル近郊に本社のあるエディーバウアーがきれいな状態で持ち込まれておりました。

IMG_6545
家電製品も比較的きれいな状態で持ち込まれておりました。

IMG_6546
グラス類も多く置かれておりました。また、写真は失念しましたが家具類も多くありました。中古ということに抵抗がなければ、新しくシアトルに駐在される駐在の方などは、Thirft Shopで中古品を揃え、日本帰任時に再びThirft Shopに引き取ってもらうのが予算的にも荷物的にも身軽なのではないかと思った榎田であります。


スポンサーリンク



IMG_6556
最後にご紹介するのはこちらのGOODWILLさん。なかなか大手のようでお店の規模も大きく、品ぞろえも大充実でした。Thirft Storeにご興味のある方はまずこちらのお店を一番に訪問されてみるのをおすすめいたします。

IMG_6558
店内はこんな感じです。普通のお店と遜色ない規模です。

IMG_6576
こちらも日替わりで指定されたタグのものが割引され、販売しやすくしているようです。日本の古着屋さんの買い付けの場合、やはり仕入れを抑えるべくこのような割引の機会をねらっての買い付けになるのでしょうか。

IMG_6559
日用品の一部は新品の販売も行われているようでした。

IMG_6560
榎田は電化製品コーナーから物色です。

IMG_6561
品ぞろえも大充実です。

IMG_6562
スポーツ用品もこんな感じで置いてあります。

IMG_6563
日本ではまずお目にかからない古いテニスラケットが…。

IMG_6564
家で運動するバイクまでありました…。100ドル以下だったような気がします。

IMG_6565
ゴルフにテニスボールも大充実です。

IMG_6566
榎田は若干抵抗がありますが、中古布団も売られておりました。

IMG_6567
サイクロン式の掃除機まで。さすがにiRobotはありませんでしたが、使わない家電として寄付されるようになる日もアメリカですので近そうです。

IMG_6568
若干日本風ではないような気がしますが、招き猫も売られておりました。

IMG_6569

KAZUHIRO SASAKIのフィギュアもありました…。懐かしい逸品です。

【ご参考】

佐々木主浩―メジャーをゆるがす大魔神 (シリーズ・素顔の勇者たち)



IMG_6570
お店の中には本コーナーもあります。外国人御用達ガイドブック、Lonely PlanetのTokyo版が売られておりました。日本で買おうとするとお値段が結構するのですが…。

【ご参考】

Best of Tokyo 2018 (Travel Guide)




当たり前ですが、洋書が幅広く揃っております。英語の中古本を買いたい人にもおすすめです。

IMG_6571
若い人は知らないかもしれないSANYOブランドのモニターも売られておりました。

IMG_6573
こんなドラムセットも…。

IMG_6574
家具もこんな感じで大充実です。新生活をアメリカで始める人にはぜひThirft Storeのぞいてもらいたいです。

IMG_6578

自転車も無造作に置かれておりました。


スポンサーリンク


いかがでしたでしょうか。最初榎田はThirft Shopと書かれたお店を街中で見かけたときに「thief (どろぼう)Shop」と見間違い、どんな店なのか困惑したのですが、リサイクルショップ、しかも社会貢献までできる機能もあると知り、なかなかいい制度だなと感心した榎田であります。アメリカに留学・転勤で新生活の準備を買いそろえないといけない方にはかなりおすすめできるお店になります。また、古着の買い付けを検討されている方の参考にもなれば幸いです。

最後にご紹介したGOODWILLの場所はこちらになります。ほかの店もここから徒歩5分くらいのところにありますし、ほかにも近くに数件のThirft Storeがあるようです。このリサイクルショップ街ともいえるREDMONDのこの一角、ぜひ訪問なさってみてはいかがでしょうか。





関連記事
マイクロソフトのインド人社員もご用達?Redmondのカレーの名店Kanishkaさんを訪問!
エアタヒチヌイで行くタヒチ・ボラボラ島出張!TN77便でパペーテまで機内紹介編
日本航空JAL957便エコノミークラスで行く釜山出張!


スポンサーリンク
【無料カウンセリング】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!ライザップイングリッシュ
お土産・お取寄せならJTBショッピング
【快適生活】TV・ラジオ・新聞通販でおなじみのオンライン通販サイト!

どうも、榎田です。

先日のシアトル出張の際、マイクロソフト本社のお膝元であるシアトル郊外のRedmond(レッドモンド)を訪問する機会がありました。そちらにインドカレーの名店があると聞き、早速訪問してきましたのでその様子をご紹介させていただきます。


スポンサーリンク


IMG_6414
マイクロソフト本社のお膝元、Redmondにあるこちらのカレー屋さんがKanishkaさんです。マイクロソフトで勤務する外国人の半数がインド人といわれており、そのお膝元で名店として知られるこちら、その味に間違いはないだろうと出張用務が一息ついた夕方に訪問してみました。

IMG_6415
さすが名店。ひっきりなしにインド人家族が入ってきます。持ち帰りにしてみましたが、それでも20分ほど待ちました。テレビではインド人のソウルスポーツであるクリケットが延々と放送されておりました。

IMG_6416
紙袋に一式入れてくれます。出張先のホテルに戻って気付きましたが、注文したはずのラッシーが入っていなかったのはご愛敬です。

IMG_6417
2種類のカレーにナンを注文しました。ライスはデフォルトでついてくるようです。

IMG_6418
こちらがチキンカレー。辛すぎないものを選んだのが功を奏したか、非常においしくいただきました。

IMG_6419
そしてこちらが店員さんのおすすめとして伺ったマンゴーカレー。食べやすいお味でペロリといけました。

IMG_6420
一緒にいただくのはもちろんこちらのナン。ガーリックナンにしましたが、焼きたてを入れてくれたのか非常においしくいただけました。持ち帰りなのに20分程度待ったのはおそらくこちらのナン待ちだったようです。


スポンサーリンク


IMG_6459
お持ち帰りが大変においしかったので、日を改めてランチを攻めてみることにしました。こちらのランチ、なんとカレービュッフェとなっております。カレー数種類にカレー風味のおかずが20種類ほどでしょうか、置かれておりました。

IMG_6458
こんな感じでいただきました。ナンもビュッフェの中に含まれており、随時アツアツのものが運ばれてきます。

IMG_6460
しっかりタンドリーチキンまでいただき大満足のランチになりました。お値段もアメリカ物価からすればそれほど高くなく、例えばランチビュッフェで13ドル程度でした。さすがマイクロソフトのお膝元、Windows Phoneを片手に順番待ちするマイクロソフト勤務(と思われる)お父さんとインドの服装をしたお母さん、聡明そうな顔のキッズの家族が多くおり、ランチも順番待ちが発生しておりました。大人気店だけにクオリティは確かですので、お近くをお通りの際はぜひ訪問されてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

インド・シフト 世界のトップ企業はなぜ、「バンガロール」に拠点を置くのか?



場所はこちらになります。



関連記事
シアトル近郊カークランドにあるカレー屋Dakshinさんでいただく出張飯!
シアトル近郊の日曜市、Ballard Sunday Farmers Marketでくつろぐ出張合間のひと時!
インドのタージマハルで旅猿出演インド人に出会う!


スポンサーリンク
一流料理人があなたの劇的な料理上達にコミット!【RIZAP COOK】
お土産・お取寄せならJTBショッピング
世界No.1の空港ラウンジサービス【PriorityPass】

どうも、榎田です。

先日のシアトル出張の際、好天に恵まれたタイミングを生かして市内の観光名所、ガスパークへ行って見ました。その名の通り、昔からガス工場かなにかがあった場所が、現在は公園として開放されているのですが、なかなか気持ちよかったので、その様子をご紹介させていただきます。


スポンサーリンク


IMG_6395
ガスパーク、正式名称ガスワークスパーク(Gas Parks Park)はシアトルからみてレイクユニオンを超えた向こう側(北側)になります。榎田は車でアクセスしましたが、ありがたいことに無料の駐車場がばっちり整備されておりました。シアトル市内から車が混んでなければ15分程度で到着できます。

IMG_6396
さっそく公園へ。コンクリの柱でしょうか、むき出しの柱を生かしてハンモックを掛け、読書を楽しむ欧米人が。なんでも楽しんでしまう欧米人にはいつも感嘆させられます。特にアジア旅行中の羽を伸ばしまくった欧米人と言ったら…^^; 軟弱日式社畜である榎田、勝ち目がないなと欧米人を見かけるといつも思うのであります。

IMG_6397
入ると昔のガス関連施設が。この既視感はなにかと考えてみたら…ハウルの動く城ですね。

ハウルの動く城 特別収録版 [DVD]


榎田は映画そのものを見たことがなく、ポスターしか見たことがないのですがそれでもピンときました。映画を見た方ならより一層ハウル感があるのではないでしょうか。

IMG_6398
公園は小さく先へ先へ進むとあっという間にレイクユニオンに面した先端へ到着します。こんな感じで右手にはシアトルタワーことスペースニードルが、正面にはシアトルの高層ビル街が見えております。

IMG_6399
右手には道路の高架が。

IMG_6403
決定的瞬間を逃した榎田をどうぞお許しくださいなのですが、目の前は飛行艇の発着地となっており、水上飛行機が離発着しておりました!飛行機版撮り鉄ことスポッターのみなさんは、カメラを立てて写真撮影に勤しむのも良さそうです。

IMG_6404
一番ハウル感のあるこちらを最後に一枚!シアトルの景色のいい公園として取り上げられているこちらの公園ですが、その知名度のわりに公園内にはなにもなく、ただただまったりするだけになります。先端まで行って写真をちょろっと撮って帰るだけなら所要時間は15分といったところです。観光の方はもちろん、シアトル出張される方の出張合間の暇つぶしにも最適だなと感じた榎田でありました。


スポンサーリンク


場所はこちらです。



シアトル近郊のスノコルミー滝を観光!ツインピークスファンの方はぜひ!


新幹線で行く、休日の旅

どうも、榎田です。

先日のシアトル出張の際、京都ラーメン「天天有シアトル店」を訪問してきました。京都への出張の機会も多く、これまでも何度となく京都ラーメンをご紹介してきましたが、シアトルでいただく天天有さんは、日本で食べる味と遜色なく、大変おいしゅうございました。今回はその様子をお届けさせていただきます。


スポンサーリンク


IMG_6700
シアトルのキャピトル・ヒル(Capitol Hill)にTentenyu Ramenはあります。あたりはかつての高級住宅街らしくおしゃれなカフェが散見されるエリアで、最近では日本食レストランやラーメン屋なども多く出店しているそうです。そんな一角のおしゃれな建物にあの京都ラーメン天天有さんは入っております。京都でいうと閉館してしまいましたが、かつての新風館のような雰囲気がある建物になります。

IMG_6701
でかでかと「京都 天天有」と。店員さんのTシャツも然りです。

IMG_6702
たいへんおしゃれなオープンキッチンスタイルです。

FullSizeRender
ラーメンの種類は「Tentenyu Ramen」「Tentenyu Chashu Ramen」「Toripaitan Ramen」Toripaitan Ramen「Mushroon Ramen」の4種類になります。

IMG_6704
サイドメニューも充実しております。

IMG_6705
目を引く天天有の歴史。昔は万来軒という屋号で屋台で出していたところ、京都市から店舗で営業するように命令が下り、居抜物件で営業を始めたが、お金もなく居抜物件に残っていた昔の屋号「天天有」という看板を外すことなく、結局その天天有という名が浸透した…と。いかにも昔の京都っぽいエピソードが英語でつらつら書かれております。

IMG_6714
ビールはサッポロ。Sakeもあるようです。

IMG_6713
気になる調味料は基本のコショウ、七味、紅ショウガ。

IMG_6718
それにこちらの辛味もありました。

IMG_6707
店員さんがおもむろに壁際の操作盤をいじると…

IMG_6708
このようにすっかりオープンカフェスタイルに…。ちなみに店の目の前の道路は有料で路上駐車ができるほか、写真でも写っているコインパーキングにも駐車可能でした。

FullSizeRender
で、いよいよ気になるラーメンへ。榎田はチャーシュー麺をチョイス。

IMG_6710
同行者①はラーメンに味玉トッピング。

IMG_6717
同行者②はラーメン大盛りをチョイス。替え玉はないため、おなかがすいた方は初めから大を頼んだほうがよさそうです。

IMG_6715
こちらは榎田がいただいたからあげ丼。なかなかおいしゅうございました。

IMG_6716
同行者①はスパイシーマグロ丼を。そこそこスパイシーだったそうですが、これまたおいしゅうございましたとのことでした。

榎田は以前の京都出張の際、四条烏丸のCOCON烏丸の地下で天天有をいただいたのですが、その時と遜色のないお味でした。シアトルでラーメンといえば「シアトルのKIZUKI(輝月)ラーメンでいただく社畜の出張飯!」でご紹介したKIZUKIラーメンが一番と現地駐在員に聞いていたのですが、榎田的にはこちらの天天有のほうが圧倒的においしかった印象です。おいしい京都ラーメンを味わいにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

場所はこちらになります。


これまでにご紹介した京都ラーメン関連記事はこちらになります。
新福菜館より旨い?!社畜、ラーメン親爺で京都ランチ
京都市右京区常盤のラーメン京都てんぐでいただく一人飯!京都出張!
嵐電で行く京都・宇多野のラーメンの名店!桃花春を訪問!
京都が誇るこってりラーメン、無鉄砲本店でとんこつラーメンを喰らう!京都の田舎というよりもはや奈良!
京都の担々麺の名店、坦々さんでランチ!京都出張!


スポンサーリンク

京都のラーメンはカルチャーだ。―記憶に残る80杯

どうも、榎田です。

先日よりお伝えしておりますシアトルからポートランドへの小旅行シリーズ、最後の第5弾として、ポートランド名物となっている奇抜なドーナツ、ブードゥー・ドーナツ(Voodoo Doughnut)をテイクアウトで購入した様子をご紹介させていただきます。


スポンサーリンク


IMG_6093
ポートランドの中心部から車を走らせることわずか5分程度でブードゥードーナツへ到着です。いつも混雑しているとの話を聞いていましたが、この日もあいにくの天候にも関わらず店の外にまで行列ができていました。店内で食べようとするとあまりイスがないので時間がかかるかもしれませんが、テイクアウトにすれば、意外と列の進みは早く、15分程度で購入することができました。

IMG_6095
ドーナツ屋とは思えない奇抜のピンクの建物になっておりますが、駐車場に目をやるとピンクの車が。移動販売でもやってるんでしょうか?

IMG_6096
15分ほど列に並び、カウンターで注文することに。いろんな種類がありよくわかりませんでしたので、店員さんおすすめのセレクションを注文することに。

IMG_6097
このようにディスプレイはありますので、お目当てのドーナツがあればもちろん指定買いすることも可能です。奇抜なお店だけに、店員さんも体のあちこちからピアスの針が突き出た奇抜なファッションでした。今も昔もファッションの最先端の方は飛びぬけてますね…。

IMG_6098
内装もピンクで統一されております。店内の飲食スペースはそれほど多くはありません。

FullSizeRender  
待つこと数分で店員さんが手際よくドーナツを選んで入れてくれます。中身を見るか?と聞かれましたが、変なのが入っていたところで交換してくれなんて言えるわけのない軟弱榎田、すごすごをお金を支払い店を出ます。ちなみにこちらのお店はニコニコ現金払いのみです。ご注意ください。

IMG_6099
中を開けるとこんな感じ。とにかく甘いドーナツが大量に入っていました。写真を失念しましたが、一番甘かったのは、チョコレートドーナツにこれでもかとマーブルチョコが埋め込まれているやつでした…。いいお土産にはなりましたが、もしポートランドに住んでたとして、リピートするかなと考えると、かなり疑問です…。逆に甘党の方にはたまらないお店かもしれません。いずれにしてもポートランド土産の筆頭になります。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク



場所はこちらです。


関連記事
シアトルからポートランドへ小旅行①フードカートとアウトレット編!
シアトルからポートランドへ小旅行②レジデンスインポートランドダウンタウン/リバープレイス編!
シアトルからポートランドへ小旅行③ピトック邸で景色とアメリカの歴史的建造物を堪能!
シアトルからポートランドへ小旅行④名店ノンズカオマンガイでタイの鶏飯をいただく!


スポンサーリンク

ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる

どうも、榎田です。

先日よりご紹介しておりますポートランドの旅ですが、今回は第四弾としてポートランドでいただいたタイ風チキンライスことカオマンガイの名店、ノンズカオマンガイ(Nong's Khao Man Gai)をご紹介いたします。


スポンサーリンク


IMG_6080
ガイドブック地球の歩き方などでもアメリカンドリームの体現者として紹介されているノンさんのお店、ノンズカオマンガイになります。

B05 地球の歩き方 シアトル&ポートランド 2017~2018



ノンさんのカオマンガイはフードカートと呼ばれる屋台とこちらのレストランでいただけます。雰囲気的にもフードカートの方が美味しそうなのですが残念ながらこの日はフードカートの方がお休みでしたので店舗の方を訪問することにいたしました。こじんまりとした店舗に多くのお客さんが訪れており、イスを探すのに一苦労でした。

IMG_6079
注文はこちらのカウンターでおこないます。

IMG_6075
かつてはちょこちょこあったタイ出張ですがそういえば最近行ってないな…と看板を見てふと思った榎田であります。かつてのタイ出張のフライトの様子、よろしければこちらをご覧ください。

タイ国際航空ロイヤルオーキッドスパラウンジでマッサージ!ファースト・ビジネス利用者限定サービスに社畜感動!
2017年3月リニューアルのJALバンコクサクララウンジでくつろぐひととき!
社畜、日本航空JAL738便のビジネスクラスでバンコクから中部国際空港に帰国!

IMG_6076
チキンライスのおいしい食べ方が漫画スタイルで紹介されております。これならアジアに出張したことのない欧米系社畜も安心ですね。

IMG_6077
というわけでこちらがカオマンガイと付け合わせで頼んだレバー煮込みです。スープはチキンライスについてきます。

IMG_6078
シンガポールやマレーシアそしてベトナムでもチキンライスを食べてきた榎田ですが、さすが名店だけあっておいしゅうございました。アジアを拠点に出張するアジア系社畜にとっては、辛さが足りないかなと言う印象ではありましたが、一方でアジアで避けて通れないパクチーがこちらでは控えめでしたので大変食べやすかった逸品になります。ポートランド随一の有名店であり、おそらく皆さんこちらのお店にいかれることになると思いますが、期待裏切らない味になっておりましたのでぜひぜひ訪問なさってみてください。

場所はこちらになります。


スポンサーリンク

どうも、榎田です。

先日よりご紹介しておりますシアトルからポートランドへの小旅行ですが、今回はポートランド市街地随一の観光地と言っても過言ではないピトック邸訪問の様子をご紹介いたしまします。暇を持て余しておりましたので、邸宅の様子を余すところなく写真に収めて参りました。ポートランド旅行気分を味わっていただければ幸いです。


スポンサーリンク


IMG_6031
ピトック邸、英語ですとPittock Mansionはポートランドの山あいにあります。お金持ちになると山あいに住みたくなるのは、アメリカポートランドも神戸の山手も変わりませんね。

IMG_6034
こちらがピトック邸の外観です。重厚感があっていい感じです。これまた神戸の街並みを思い出させます。

IMG_6041
建もの探訪がお好きな方を除いては、この邸宅の最大の見所は邸宅そのものよりは敷地から見えるポートランドの街並みになります。英語ではAn amazing viewと表現されております。

IMG_6040
こんな感じです。これもどことなく神戸の六甲山の風景に似ています。

IMG_6046
ベンチも置かれており癒しの空間になっております。写真ではイマイチですが、実際はなかなか気持ちのいい景色でありました。

IMG_6047
振り返って邸宅の方を見てみると…

IMG_6048
こんな感じで大変素敵な写真が撮れます。ちなみにこの景色を見るだけだと入館料等の支払いもいりません。ちなみに駐車場の料金も無料でした。

歴史的建造物に特段の興味がなく、観光地でそれっぽい写真が取れれば大満足の方はここまでで十分かと思います。

榎田は典型的なそのタイプでおそらく建物見学は飽きてしまうだろうと思ってはいたものの、せっかくここまで来たので探訪させていただくことといたします^^;


スポンサーリンク

小林製薬の糸ようじ? フロス&ピック デンタルフロス 60本 (おまけ付き)


IMG_6049
入場料を支払い中へ進みます。さっそくおしゃれなお部屋が目に飛び込んで来ます。

IMG_6050
多分こちらのダンディな方がピトックさんです。

IMG_6051
このように素晴らしい景色を毎日眺めていたようです。シンプルに羨ましいですね。

IMG_6055
お金持ちのお家の定番のピアノ?オルガン?が置かれております。

IMG_6056
高級そうなカップ類が。実際に使われていたものだそうです。

IMG_6057
スプーンがどのように使い分けられていたのかが解説されています。全体的にかなり詳細な、マニアックな解説がなされておりました。

IMG_6058
ダイニングですね。ローソクがこんなに立ってると火災が心配です^^;

IMG_6059
お手洗いはこんな感じ。日本がまだ明治とかその頃にこんな綺麗な設備だったわけで、さすが欧米諸国と言わざるを得ません^^;

IMG_6060
食物を保管するスペースもあったそうです。

IMG_6061
朝食はこちらのテーブルだったそうです。毎食ワンルームのちゃぶ台でいただく榎田はどうしたらいいんでしょうか^^;

IMG_6063
こちらはベッドです。自分の使っていたベッドが後世、いろんな方に見られると思うと恥ずかしい気がします。

IMG_6064
これは驚いたのですが、当時から温水シャワーがあったそうです。

IMG_6065
こちらは奥様の寝室。

IMG_6066
ご家族の寝室です。

IMG_6068
一家団欒のくつろぎスペースだったそう。ソファーを昔から使ってたんですね。

IMG_6069
旧式のミシンがあったので思わず一枚!

IMG_6071
階段を登り2階へ。

IMG_6072
お子様のお部屋だそう。写真は撮りませんでしたが、地下にも展示スペースがありました。

IMG_6073
最後に邸宅の外観を一枚!邸宅探訪はご興味がある方にはたまらない雰囲気になっておりました。そうでない方も邸宅の外観や見下ろすポートランドの町並みなど、写真スポットは多くありましたので、ぜひ足を運んで見てはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



場所はこちらです。


キャセイパシフィック航空CX450便で香港から台湾経由で成田へ帰国!香港→台北編!


どうも、榎田です!
連日お伝えしているタヒチとポートランドの出張記ですが、
今回はタヒチ・ボラボラ島のインターコンチネンタルタラソ&スパで頂きましたカヌーブレックファーストの様子をお伝えいたします!

これまでの様子

 





スポンサーリンク


IMG_0962
早朝は海の透明度はイマイチですが、これはこれで美しい海の色をしています。

IMG_0963
心洗われた社畜は鳥なんて撮ってしまいます^^;

IMG_0964
ほら貝の音が。砂浜方面に視線を向けると白い二人乗りカヌーが接近してきます。

IMG_0965
カヌーブレックファーストではありませんか!
宿泊プランに一食分だけふくまれておりました。会社の粋な計らいに感謝です!
ちなみに普通に頼むと一人一食1万円ほどします。これに限ったことではありませんが^^;

IMG_0968
うーむ、ナイススマイル!

IMG_0966
次々と搬入されます。

IMG_0967
このお姉さんがテーブルセットをしてくださり、待ち時間にカヌーに乗せてくれます。

IMG_0969
ホテルスタッフはみなさんいい笑顔です

スポンサーリンク


IMG_0970
今日ほどインスタグラムをやっていないことを悔やんだ日はありません^^;
心地よい風の吹く中で最高の朝食ですね!

IMG_0971
フルーツにチーズにシリアルにパンケーキに盛りだくさんです。
パンケーキは食べきれずに社畜のお昼ごはんとなりました。

他の日は朝食ブッフェで頂いたのですが、ブッフェで食べ過ぎてしまう社畜は基本的に1日2食で十分過ごすことができました。

どうも、榎田です。

前回の「シアトルからポートランドへ小旅行①フードカートとアウトレット編!」に引き続いてのポートランド小旅行の第二弾として、今回はポートランドの一泊で利用したホテル、レジデンス イン ポートランド ダウンタウン/リバープレイス(Residence Inn Portland Downtown/RiverPlace)さんについてご紹介させていただきます。本来は長期滞在用ホテルのため、充実の設備で一泊にはもったいないホテルでした。


スポンサーリンク


IMG_6006
ポートランドの観光を終え、夜にホテルにチェックインした榎田。フロントの方の対応も、さすがマリオットグループだけあって、しっかりとした対応でした。


IMG_6007
それでは気になるお部屋に進みましょう。

IMG_6008
こんな感じです。ベッドの柔らかさが写真からも見て取れますね。

IMG_6009
ベッドの横には大型テレビ。もちろんテレビ台は可変式でベッドに寝ながら見るもよし、ソファー側に向けてみるもよしです。

IMG_6010
キッチンテーブルはもちろん完備であります。なぜなら…

IMG_6011
この通り本格的キッチンが備え付けのためです。大型の冷蔵庫も大変ありがたく、まさに長期滞在者向けのホテルです。

IMG_6012
このようにくつろぎのソファーもあります。榎田の日本の家であるワンルームではこんな設備置きたくても置けません。まさに出張中だけの楽しみであります。

IMG_6013
奥にある仕事机と合わせてもう一枚!


スポンサーリンク


IMG_6014
続いては水回りのご紹介です。この通り髭剃りがはかどりそうな大型洗面台に…

IMG_6015
バスタブ付きは日本人としてはうれしい限り。

IMG_6016
深さもそこそこあり、日式風呂が楽しめました。

IMG_6017
アイロンにアイロン台は出張族の方に重宝しそうです。

IMG_6018
おしゃれなポートランド紹介雑誌も置いてありました。

IMG_6019
こちらは免費のコーヒー類。

IMG_6020
こちらは備え付けの食器類です。恥ずかしながら榎田の家より充実しており、かつ高品質なものが揃っているように見受けられました。

IMG_6021
ナイフにフォーク類です。お箸はなかったような気がします。

IMG_6022
鍋類もあります。

IMG_6023
料理に使ういろいろです。お好み焼きも余裕で焼けそうです。

IMG_6024
大型冷蔵庫ものぞいてみます。こんな感じです。

IMG_6025
仕事用机はこんな感じ。これまで出張中の業務報告作成などのPC作業が大変捗りそうです。


スポンサーリンク


IMG_6026
チェックインできたのが夜だったため、夜食を食べにロビーにあるレストランPressPDXへ。バーも併設されているためか、おつまみっぽい食事しかありませんでしたが、このミニハンバーガーは絶品でした!

IMG_6027
サラダもおいしかったです。

IMG_6028
〆にこのスペアリブ。つけだれがなんだかよくわかりませんがクセになるおいしさでした。

IMG_6030
このレストランは翌朝の朝食会場にもなっておりました。

IMG_6029
朝食はビュッフェとなっております。榎田が向かった時にはちょうどタイミングが悪く品切れになっていたのですが、なんと日本のお米+のりが置いてありました!日本人の利用者も多いのかもしれませんね。


スポンサーリンク



完全に個人的な余談ですが、最近海外出張(タヒチアメリカ)が続いているので英語力が前よりはアップしてきたかなとちょっと自信がついてきたところだったのですが、チェックイン時に「なんでポートランドに来たの?(旅行?ビジネス?)」という問いがスタッフさんからあり、その際Why~ではなく丁寧な表現であるWhat brings you to come…と聞かれたのですが、榎田はBringに引っ掛かり…カバン一つ!と自信満々に答えてしまいました…。本来なら旅行だよ!もしくは出張だよ!と答えないといけなかったのですが…。結果にコミットでおなじみの【30日間全額返金】ライザップイングリッシュさんのお力でも借りて英語力をつけないと後輩社畜たちに示しがつかないなと思い始めた榎田です。

そんなこんなで大満足の、レジデンス イン ポートランド ダウンタウン/リバープレイス(Residence Inn Portland Downtown/RiverPlace)さんでの滞在となりました。最後に1点苦言を呈させていただくと、比較的大容量の駐車場があるにも関わらず、一泊35ドルもの料金がかかるところはぜひなんとかしていただきたいなと…。それ以外は快適でしたので、ポートランドにご旅行の予定がある方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか?


続いてはポートランドの名所を訪問した「シアトルからポートランドへ小旅行③ピトック邸で景色とアメリカの歴史的建造物を堪能!」をご覧ください。


関連記事
タイで買ったiPad miniをアメリカのApple Storeで下取りに出して最新のipadを入手!
エアタヒチヌイで行くタヒチ・ボラボラ島出張!⑤インターコンチネンタルタラソ&スパ お部屋編
社畜、ブセナテラスに泊まる沖縄出張!チェックインからお部屋編!

どうも、榎田です。

先日のシアトル出張の際、オフの二日間を活かしてオレゴン州の最大の都市であるポートランド(Portland)まで足を運び、小旅行を楽しんできました。その様子を何回かに分けてご紹介いたします。今回はポートランド名物ともいえるフードカートとアウトレットについて簡単にご紹介させていただきます。

スポンサーリンク


IMG_6085
ブログのご紹介はポートランドの中心地にある広場、パイオニアコートハウススクエア(Pioneer Courthouse Square)から始まります。このブログをよくご覧いただいている航空ファンの方にはぜひ、全米有数の使いやすい空港といわれているポートランド国際空港(PDX)と成田を結ぶデルタ航空の直行便DL68/DL69便の様子をぜひご紹介したいところですが、今回の小旅行ではシアトルから車でのアクセスとなりました。こんな榎田をどうぞお許しください…。

シアトルからポートランドへは高速道路であるインターステート5号線(Interstate Highway 5)をひたすら南下し、Tacomaなどを抜けること約3時間ちょいで到着します。市街地はやや車も多かったのですが、農村地帯は車も少なく気持ちのいいドライブが楽しめました。今回はポートランドでゆっくりするため一泊二日の旅程にしましたが、距離にして片道180マイル(290キロ)くらいですので、朝にシアトルを出て、ポートランドでランチや買い物を楽しみ、夜にシアトルに戻るという日帰りプランも十分可能です。車の旅もおすすめです。

IMG_6089
こちらはポートランドが誇る世界的大企業、ナイキの本店であるNike Portlandです。ポートランドはナイキのほか、ライバルであるアディダスのアメリカ本社、アウトドアブランドのコロンビアが本社を構えるそうですが、ポートランドのあるオレゴン州では消費税がかかりません。なので、NIKEに限らずお買い物にお得感があります。写真を失念しましたが、このNIKEの近くのショッピングセンター、パイオニアスクエアにはApple Storeがありますが、ドライブがてら無税でのiPhone購入のため、シアトルなどワシントン州から買い物に来る人も多いようです。州ことで税金の有無が変わるなんて、さすが連邦制であります^^;

IMG_6091
ポートランドの町並みはどこか歴史的な気がして落ち着きました。


スポンサーリンク


IMG_6083
ここで小腹がすいた榎田、ポートランド名物のフードカートを食べにAlder St. Food Cart Podに足を運んでみました。四方を道路に囲まれた一角は有料の駐車場になっており、それを取り囲むようにフードカートとよばれる飲食店が並んでいます。日本でいう屋台街のような感じでしょうか。

IMG_5997
以前「エアタヒチヌイで行くタヒチ・ボラボラ島出張!⑤インターコンチネンタルタラソ&スパ お部屋編」などでご紹介していますようにタヒチ出張に行って以来アイランド飯に惹かれてしょうがない榎田、今回は目に止まったこちらのハワイアンのフードカートに狙いを定めます。

IMG_5999
ハワイアンハンバーグステーキをいただきました。かなり絶品で美味しゅうございました。その他、タイベトナムなどアジア系のほか、メキシコなどの南米にギリシャなど、各国の料理が並んでおりました。我らが日式SUSHIもありましたので、ご興味があれば挑戦されてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク


IMG_6001
お腹が満たされた榎田。ポートランド市内から30分ほど車を走らせたところにあるWoodburn Premium Outletsを訪問してみました。

IMG_6005
消費税がかからない上にアウトレットで割引価格で買い物ができるのはなかなか快適でした。店舗数も多く、ポートランド出張や旅行の際の暇つぶしの一つの選択肢として、訪問されてみるのも悪くないのではないでしょうか。

ご紹介したフードカートのポッドはこちらになります。


また、ウッドバーンプレミアムアウトレットはこちらになります。



関連記事
シアトルプレミアムアウトレットとオルダーウッドモールで買い物するシアトル出張!
シアトルからカナダへ車で入国からのバンクーバー観光!
ワシントン州北部のベリンハム国際空港を訪問する出張の合間のひととき!


スポンサーリンク

ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる

どうも、榎田です。

先日のシアトル出張の際、現地駐在員の買い出しに同行し、シアトル最大の日系スーパーである宇和島屋を訪問しました。

シアトルの日式駐在員の先輩諸兄諸姉を支えるスーパーと聞いておりましたが、大充実の品揃えとなっておりました。

これからシアトルに駐在されるご家族のみなさん等のご参考に少しでもなれば幸いです。


スポンサーリンク

IMG_5976
こちらがシアトルに駐在する日本人なら誰しもが相当の回数お世話になると言われる宇和島屋です。その名の通り、愛媛県宇和島出身のご夫婦が始められたスーパーとのことです。

規模の大きい店舗はシアトルのインターナショナルディストリクトにあるそうですが、榎田が今回訪れたのはシアトル郊外のレントン(Renton)店になります。

IMG_5966
スーパーに行くとどうしてもシーフードコーナーが気になる榎田。さっそく足を運んでみると、この通り生簀が置かれており、魚たちが泳いでおりました。また、シアトルに来たらやはり食べたいアラスカサーモンも写真は失念しましたが、切り身やそのままの姿などでしっかりと販売されておりました。

IMG_5967
海鮮類で特に豊富に揃っていたのがカキです。いろんな種類が売られております。駐在員の話によると、カキ剥きを買って生で食べているそうです。今回残念ながら時間がなく生牡蠣を挑戦することができませんでしたが、大のカキ好きである榎田、次回のシアトル出張時にはぜひ生牡蠣をトライすると心に誓ったのでした。


IMG_5968
続いてなぜか目に止まったのがこちら。なんと京セラ製のセラミック包丁が売られておりました。これです…。

京セラ セラミック 三徳ナイフ 三徳包丁 140mm ピンク FKR-140PK




IMG_5969
こちらは日本の化粧品類です。日式洗顔料が充実のラインナップで揃っておりました。写真を失念してしまったのですが、榎田が愛用するスカルプDも販売されており、それには大変驚きました。

アンファー(ANGFA) スカルプD オイリーシャンプー 2017年版 350ml





IMG_5970
続いては野菜コーナーです。おいしそうな白菜が置いてありました。Nappaと書かれてましたが英語なんでしょうか。

IMG_5971
こちらは総菜類です。同行した駐在員は奥さんが日本に帰国した時などに、こちらのお惣菜を買って食べると言っていました。

IMG_5973
このように日本のグッズが充実のラインナップで置かれておりました。京都のお土産屋のような様相です。シアトルでだるまを買う人がいるのか不明ですが…。また写真を失念しましたが、象印など日式炊飯器やタイガーのポットなど日本の生活用品も色々と置いてありました。

IMG_5974
こちらは榎田が欠かせないビール類です。日本のアサヒやサッポロからアジア系駐在員胸熱のタイやシンガポールのビール、中式の青島ビールなど多くの種類が置かれておりました

IMG_5975
焼酎に日本酒も充実のラインナップでした。


スポンサーリンク


以前のハノイ出張の際は「日本の食材ありすぎ!ハノイ駐在員御用達のUnimartへ行ってみた!」にてハノイにあるハノイの駐在員御用達の食材が置いてあるスーパーをご紹介しましたがそれに比べても圧倒的な品揃えの豊富さでした。もちろん値段は日本よりも高いですがこれだけ揃っていれば日本と同等の生活ができるなと確信した榎田でありました。

シアトル近郊に宇和島屋は3店舗あるようです。参考に地図を貼っておきます。

①シアトル/Seattle


②ベルビュー/Bellevue


③レントン/Renton


関連記事
アシアナ航空OZ271便にてシアトルからソウル仁川まで出張!
ハノイ駐在員必見!?ハノイからカタール航空ビジネスクラスで出張!
エアタヒチヌイで行くタヒチ・ボラボラ島出張!②TN77便でパペーテまで機内紹介編

スポンサーリンク

アメリカ・カナダ・メキシコ・ブラジル駐在員の 選任・赴任から帰任まで完全ガイド


どうも、榎田です!
先日からお伝えしているタヒチ・ボラボラ島出張の様子ですが、
本日は出張の合間のオフの様子をお伝えします!

これまでの様子

 




スポンサーリンク


BlogPaint
皆がやるであろうこの構図。同僚も拙僧も大はしゃぎです^^;

IMG_0947
ビーチも美しいのですが、プールも負けていられません! 

BlogPaint
ナイスインフィニティです!^^;

IMG_0948
ちなみにプールカウンターに行けばタオル類も無尽蔵に貸してくれます!

IMG_0946
あとはホテル敷地内のラグーンでシュノーケリングも挑戦してみました!

IMG_0953
このような感じで区切られていますので安心ですね!

IMG_0957
シュノーケリングセットももちろん免費でレンタルできます!

スポンサーリンク


BlogPaint
同行者がはまったのはビーチサイドのアイスクリームショップ。
1つ800円の暴利でも、ボラボラ島では気になりません!

IMG_0955
またビーチではエイの餌付けなんてのもあったりします。
これがまたかわいいのなんの^^;

IMG_0956
見るからにマッチョなタヒチアンガイが餌を捲いてエイを呼びつけます。

IMG_0952
それらが終わるとコテージに戻り、また海に浮かびます。
こちらは海上からとった一枚です。カメラを海に落とさないよう命がけです。

IMG_0951
何度撮ってもこのオテマヌ山と海のショットは飽きませんね^^;

引き続き、タヒチ出張の様子を「エアタヒチヌイで行くタヒチ・ボラボラ島出張!⑧社畜、初のカヌーブレックファーストを堪能! 」からご覧ください。


スポンサーリンク

どうも、榎田です。

先日のシアトル出張の際、どうしてもラーメンが食べたくなった榎田は、シアトル現地採用社員がおすすめラーメン屋、アロハラーメンを訪問してみることにしました。アメリカ人がおいしいと感じるラーメンはどんなものなのか調査してきましたので今回はその様子をご紹介いたします。


スポンサーリンク


IMG_5987
こちらがシアトル中心部から少し外れたところにあるアロハラーメンです。場所は一番下のグーグルマップをご覧ください。

IMG_5986
早速入店してみます。店の作りはこじんまりとしていて出張1人飯となった榎田も使いやすかったです。オーナーとみられる男性は韓国語をしゃべっており、韓国系移民の方が始められたラーメン屋のように見受けられました。

IMG_5982
気になるメニューはこんな感じです

IMG_5983
メニューその2です

IMG_5984
空腹にたまりかねた榎田はスパイシー味噌ラーメンにスモールガーリックフライドライスのコンボにしてみました。こちらがフライドライス、要はミニニンニク炒飯です。

IMG_5985
で、こちらがスパイシー味噌ラーメン。なかなか美味しゅうございました。ですが外国で食べる美味しいラーメンという感じの味で、日本人の感覚からすると100%日式ラーメンであるキヅキラーメンのほうがおいしいかなというのが正直な感想です。よろしければこちらもご覧ください→シアトルのKIZUKI(輝月)ラーメンでいただく社畜の出張飯!

IMG_5988
この通り小さなショッピングセンターの中にいますので駐車場は全く問題ございません。目の前に見えるグローサリーアウトレットと言うのは一体どんなものなのか気になりつつ、シアトルのオフィスにそそくさと戻った榎田でありました。


スポンサーリンク



場所はこちらになります。



関連記事
新福菜館より旨い?!社畜、ラーメン親爺で京都ランチ
京都が誇るこってりラーメン、無鉄砲本店でとんこつラーメンを喰らう!京都の田舎というよりもはや奈良!
シアトル近郊の日曜市、Ballard Sunday Farmers Marketでくつろぐ出張合間のひと時!


スポンサーリンク

どうも、榎田です!

先日からお伝えしているタヒチ・ボラボラ島出張の様子ですが、
今回は宿泊したホテル インターコンチネンタル ボラボラリゾートタラソ&スパの滞在をご紹介いたします!

これまでの様子

 



IMG_0906
商談を早々に終え、この風景を見たいがために昼にはホテルに戻る社畜。

BlogPaint
同僚も完全にくつろぎモードです^^;

スポンサーリンク



BlogPaint
この天蓋付きカウチソファがお気に入りのようです!

IMG_0918
見苦しい写真をお許しください^^;
インフィニティプール()にテンションが上がりすぎてしまいました。

IMG_0907
とかいろいろしているとすぐに夕方に。
オテマヌ山の後ろに沈むサンセット、ええやないですか^^;

IMG_0908
ではディナーに向かいましょう!
コテージから基本徒歩で移動します。

BlogPaint
来たのは3つあるレストランの一つ SANDS RESTAURANT
予約なしで普通に来れましたが、基本予約が欲しいみたいです。
海に思いっきり面していて風が気持ちいいですね!

IMG_0910
フランスが宗主国だけあってパンが必ず出てきておいしゅうございます。
緑の瓶は水(800円)です^^; 川越価格ですね!

スポンサーリンク



IMG_0911
アラカルトで頼みます。エビのシーザーサラダに

IMG_0912
タヒチ名物のポワソン・クリュ
魚と野菜のマリネですが、バニラソースのおかげで何とも不思議な味に化します。


IMG_0914
ボラボラエビの串焼き。これは付け合わせの野菜がしょうゆベースでおいしゅうございました。

IMG_0915
文明を捨て切れられずに頼んだカルボナーラ。

IMG_0913
デザートはお手製アイスクリームです!
なかでもココナッツアイスが本当に絶品でした!
ホテル内のアイス売店でも購入可能です。

程よい雰囲気のレストランでした。

次回もホテル内の滞在の様子をご紹介いたします!続きは「エアタヒチヌイで行くタヒチ・ボラボラ島出張!⑦インターコンチネンタルタラソ&スパ 滞在編2」をご覧ください。


スポンサーリンク

どうも、榎田です。

先日のシアトル出張の際、シアトルにあるショッピングモールのノースゲートモール(North Gate Mall)を訪問しました。ちょうど昼時でしたのでどこかでご飯を食べようと飛び込んだのがBlue Finというビュッフェスタイルのレストランでした。

それほど期待していなかったのですが、想像以上に日本風の料理が並んでおり、たらふく食べてしまった結果、日本から持ち込んだパンシロンのお世話になるほどでした。シアトルに長期出張や駐在されている方など、日本食が恋しくなった皆さんにはお勧めできるスポットかと思いますので、今回はその様子をご紹介させていただきます。


スポンサーリンク


IMG_6226
こちらがSushi&Seafool buffet Blue Finさんです。

IMG_6228
ショッピングモールのノースゲートモールの一角に入っております。こちらのショッピングモールは百貨店のメイシーズにノードストローム、JCペニーの三強がそろい踏みの大規模ショッピングセンターになっております。

IMG_6225
お値段はこちらの通りです。時間帯と曜日により、18.99ドル~29.99ドルとなります。定額となるとどうしても元をとりたくなり極限まで食べてしまう榎田であります。

IMG_6213
早速入店します。この通り店の中央部には寿司をはじめとする食べ物コーナーが鎮座しております。早速見てみましょう。

IMG_6210
真ん中にあるのは日式焼きそばです。右手は中式というべきか、日式というべきか…とにかく食べやすい味のチャーハンです。チャーハンは万国共通安心のお味ですね。

IMG_6211
シーフードビュッフェと謳うだけあって、アサリ?ハマグリ?の蒸しもありますが、子供舌の榎田からするとマーボードーフは欠かせません。だって、チャーハンがあるんですから、マーボチャーハンにできちゃうやないですか^^:

IMG_6212
こちらに見えるのはローストビーフです。榎田からすると高級感しか感じません。ローストビーフといえば以前「成田空港のANA国際線ビジネスクラスラウンジでローストビーフをいただく出発前のひととき!」でご紹介したANAラウンジのローストビーフの様子もあまり関係ありませんが、よろしければご覧ください。

IMG_6214
どうしても真ん中の招き猫に目が行きますが、こちらはなんとヌードルバーです。

IMG_6215
ラーメンやうどんなどが店員さんの手によって茹でられ、トッピングは自分で入れられるお子さん歓喜の設備です。榎田ももちろん大喜びです。最高!

IMG_6209
というわけでこの通り札幌ラーメンと…

IMG_6216
うどんまでいただいてしまいました。

スポンサーリンク

IMG_6217
ただいまプライベートジムRIZAPに通ってますというダイエット飯のみなさんにも嬉しいサラダバーです。

IMG_6218
もちろん寿司ビュッフェですから寿司は外せません。シアトルの名産のサーモンはやはり絶品でした。

IMG_6219
こちらには別腹のスイーツ類に…

IMG_6220
昔、よくファミレスでいただいた色付きゼリーがうれしいコーナーも。

IMG_6221
さらにはソフトクリーム製造マシンまで…

IMG_6222
広々とした店内の豊富な品ぞろえを見て回るだけで楽しくなります。

IMG_6223
のん兵衛の皆様向け、枝豆もございます。

IMG_6208
一昔前のファミレスのバイキングの雰囲気のあるビュッフェレストランになっておりました。お子様連れの方などは喜ばれるのではないでしょうか。


スポンサーリンク



場所はこちらになります。



関連記事
根室花まる寿司で激ウマランチ!札幌出張!
江戸川区京成小岩の激辛四川料理「珍珍」さんでいただく孤独のグルメの出張飯!
これまでのシアトル関連記事はこちらからどうぞ。


スポンサーリンク

バイきんぐ単独ライブ「クローバー」