えのしま貝散歩

江の島近くで拾える貝たち

昨日の夕方。
CIMG0441
アディーはなぜか川散歩を選択。海からいい匂いがしなかったのかな?

CIMG0442
川の向こう岸から鳴り響くお囃子。片瀬諏訪神社のお祭りに向けての練習です。サクッとお散歩は終了しました。


今朝の海岸。
CIMG0443
CIMG0445
大きく潮が引いていました。

CIMG0448
2ヶ月近く海水を被っていると、最初はきれいだった白杭もフジツボだらけに。

CIMG0452
何もなさそうで期待していなかったけど、

CIMG0450
オオシイノミガイがありました。貝殻を持つウミウシの仲間なので、図鑑でうっかり巻貝あたりを探しちゃうと見つかりません。整った形が好き。

CIMG0454
小さなアサヒキヌタレも。薬のカプセルのような面白い質感です。

CIMG0460
夜、スナガニは元気に動き回ったようです。

CIMG0462
見事にクズの葉が葉脈だけになっていました。カナブンの仕業かな。






昨日の夕方。
CIMG0326
雨、あがりました。海に入っているのはノリのいい若者たち。じゃないと寒くて入れないよ。

CIMG0329
雲海と呼んでいいのかしら?低く溜まった雲が山の稜線を際立たせています。

CIMG0331
羽織りものを脱ぐ間リードを離したら、アディーは2、3歩ノコノコ歩くと止まってしまった。あ~、左足でリードを踏んづけちゃってる。私に引っ張られていると思って前に進めないのね(笑)。

CIMG0334
波が全くありませんでした。


今朝の海岸。
CIMG0338
CIMG0358
貝殻だらけー。

CIMG0359
ほとんど破片だけどね。このような貝溜りが連なるのは秋冬の穏やかな北風の時期。8月のど真ん中でちょっと信じられない。

CIMG0344
波打ち際には、

CIMG0342
キンセンガニだらけ。おっと、右上はガザミだった。

CIMG0356
ガザミも何個かありました。脱皮殻なのか死骸なのかはわかりません。

CIMG0357
珍しい中身入りのバカガイ。

CIMG0347
引地川河口付近には、緩やかに寄せる波の跡がきれいに残っていました。



CIMG0322
去年生まれたオオクワガタのオスが羽化後入れておいた昆虫ゼリーを食べたのを確認したので、初めてクヌギマットから出してみました。こんにちは~。オスで55mmはとても小さいけど、菌糸ビンじゃなくクヌギマットならこんなもんかな?元気に歩き回ってよかった。メスはまだマットに潜ったままです。

CIMG0323
うちとのほぼ境界に生えているお隣さんのネズミモチの木にシジュウカラが遊びに来ていたので眺めていたら、続いてやって来たのはコゲラでした。こんなのが自分ちの庭(の隣)に来るなんて。

CIMG0325
山中湖のアオゲラに続き、またまたキツツキ類。最近ギーギー鳴き声が聞こえるのはこのコゲラだったのね。スズメぐらいの大きさだし、木に垂直にとまらないと気に留めないからこれまで気が付かなかったのかも。

CIMG0337
今朝も家の前の電線にとまっていました。お隣さんのネズミモチでコンコンやってくれないかなー。







昨日の夕方。
DSCN3613
DSCN3614
雨、止まないね~。どんだけ降るんだ。

DSCN3619
江の島寄りの貝溜りはフジノハナガイ中心でイマイチ。

DSCN3625
DSCN3626
ツバメなのかイワツバメなのか?雨の中数羽が砂浜や海の家の上をバンバン飛び交っていました。雨空の下、わんさか虫が飛んでるとはとても思えない状況なんだけどねー。


今朝の海岸。
DSCN3631
ちょい強めの霧雨。上に一枚羽織ってくればよかったと大後悔。肌寒い~。

DSCN3634
さすがにというかやっぱりというかパラソルやビーチベッドは出ていません。海水浴客ゼロ。

DSCN3640
その代りに貝拾いはそこそこ楽しめそうよ。

DSCN3635
チヨノハナガイが目立つ。

DSCN3637
小さなトリガイ(右)もあったよ。トリガイの殻も薄いから、軽い貝殻たちにちらほら混じります。

DSCN3638
ラッキー!ネジガイありました。

DSCN3643
カラスの換羽期のようです。いつもは黒くてツヤツヤのカラスも、この時期はみすぼらしくてかわいそうな姿に。

DSCN3645
寒々しい海岸でした。






↑このページのトップヘ