2022年2月

岩手県一関市にある「果実の森」さんへ1年3ヶ月振りの訪問です。

前回行って結構満足して帰ってきたので2回目の訪問となりました。



果実の森入口
DSC_1538

ロビーなどは今回は省略🙇


部屋
DSC_1539

HORIZON_0002_BURST20220212144845498

TRIANGLE_0002_BURST20220212144904747

部屋のお風呂は温泉です。
DSC_1541

浴室は完全なる内風呂で窓は一切開きません。
そのため少々息苦しさを感じたりします。
HORIZON_0002_BURST20220212145027798

洗面所
DSC_1542

と、ここまでは前回とほぼ同じ。
部屋も前の部屋とそんなに違わないし、温泉の大きさも一緒だし、違和感なく過ごしていました。


あれ?と思ったのは夕食の時。

DSC_1546~2

DSC_1547

CENTER_0002_BURST20220212180613475

DSC_1548

DSC_1550

DSC_1551

DSC_1553

CENTER_0002_BURST20220212183559736

DSC_1554

DSC_1555

DSC_1556

DSC_1560

DSC_1561

写真だけで見ているとわからないとは思いますが、
夕食に関しては前回と明らかに違いました。

良くなっているのなら喜ばしいことですが、残念ながら逆です。
1年ちょっとでこんなに違う?ってびっくりする位に質が落ちていました。

料理そのものもそうですし、運んでくるスタッフの方の質もそうです。

なんと表現したらいいのでしょうか、見た目は綺麗にまとめてますが、おいしいものを食べてほしいという料理人の気持ちが全く伝わってこないお料理でした。

そして全体的に雑でした。

ここで一気にテンションが下がりました。

ため息が出てきました。
ここのお宿は決して安い料金ではありません。
むしろ高い部類のお宿です。

この時期は「岩手県民割り」をされていたので岩手県民の方はひとり5,000円引きとかで泊まれたと思います。
県民割りの効果もあり、37室位の部屋がほぼほぼ満室だったようです。

でも、岩手県民(生まれは岩手ですが)でない私達は正規の料金で宿泊しています。

その料金には全く見合わない内容の料理でした。

勿論、県民割りをしているから料理の質を下げてもいいという事にはなりません。
割り引いた分はいずれ補填されるのですから、いつもと同じものを用意しなければならないと思います。


夕食をいただきながらの会話も弾まなくなってしまい、無口になって行った私達。

気を取り直して温泉を楽しむことに専念しました。


一夜明けて朝食です。
朝食はバイキングです。

1644706537676

バイキングなので(2回目ですし)わかってはいましたが
う~んという感じです。

食べたいなと思う料理があまりなくて残念でした。
バイキングでもおいしいお宿は沢山あるんですけどね。


温泉宿に泊まるのは温泉に浸かるのが1番の目的なのですが、お料理もおいしくないと満足できないんだなと再認識した旅になりました。